最終更新日:2023/3/1

KMバイオロジクス(株)【明治グループ】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 薬品

基本情報

本社
熊本県
資本金
100億円
売上高
437億46百万円(2022年3月期)
従業員
2,051人(2022年6月)

バイオテクノロジーで世界中の人びとの“健康な未来”を支えます

若手が果敢に挑戦し、成長できる環境があります! (2023/02/13更新)

PHOTO

当社の社員は薬学系や生物化学系だけでなく、農学系、理工学系・機電系・文系等、学生時代の専攻が様々です。

それぞれが自身のベースとなる専攻分野・強みを活かし、異分野の知識を吸収しながら日々の業務に励んでいます。様々な強みを持つ若手社員が多くいるからこそ、分からないことは一から教えてもらえますし、自分の専攻を活かし、若手ながら社内ではその分野の第一人者となっている社員も多くいます。

製薬業界はもちろん、上記のように挑戦し成長できる環境に興味のある方は、ぜひKMバイオロジクスHPや会員制ページをご覧頂き、当社の雰囲気を感じてみてください!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
KMバイオロジクスはヒト用ワクチン、動物用ワクチン、血漿分画製剤、新生児マススクリーニング検査の4事業を行う製薬会社です。
PHOTO
若手社員の割合が高く、チームの中で果敢に挑戦できる環境があります。また、それぞれが多様な背景を持ち、異分野の知識を吸収しながら日々の業務に励んでいます。

当社の魅力はここ!

私たちKMバイオロジクスは、国内で唯一「ヒト用ワクチン」「動物用ワクチン」
「血漿分画製剤」「新生児マススクリーニング」の4事業を行う製薬会社です。

「ヒト用ワクチン」は感染症の予防と公衆衛生の向上に、「血漿分画製剤」は先天性疾患や重篤な疾病の治療に、
「動物用ワクチン」は動物の健康と安全な食品の供給に、「新生児マススクリーニング」は疾患の早期発見と早期の治療開始に貢献しています。

極めて広く、多彩な場面での貢献を1つの会社の中で実感できることは大きな魅力です。
また「ヒト用ワクチン」「血漿分画製剤」の2分野では、研究・開発・製造・販売を一貫して手掛けるという点も大きな特徴です。
これらの事業領域によって「人々の“健康”を守ること」が私たちの大きな役割であり、責任でもあります。

私たちKMバイオロジクスは、無限の可能性を秘めたバイオテクノロジーにより
世界中の人びとの“健康な未来”を支えていきます。

会社データ

プロフィール

KMバイオロジクスの特色は
「バイオテクノロジーを基盤としたワクチンや血漿分画製剤などの
生物学的医薬品に特化して開発と供給を行っている」ことです。

流行すると多くの人々の健康を損なう感染症を「予防」するワクチンや、
患者さんの治療に欠かすことのできない医薬品を、
安定的に供給することで社会への貢献を目指します。

事業内容
・ヒト用ワクチン、血漿分画製剤の研究・開発・製造・供給
・動物用ワクチンの製造
・新生児マススクリーニング
本社郵便番号 860-8568
本社所在地 熊本市北区大窪1-6-1
本社電話番号 096-344-1211
設立 2018年3月7日
資本金 100億円
従業員 2,051人(2022年6月)
売上高 437億46百万円(2022年3月期)
事業所 ・本社/熊本事業所
・菊池研究所
・合志事業所
・阿蘇事業所
・新生児スクリーニングセンター
・配送センター
・東京事務所
代表者 永里 敏秋
沿革
  • 1945年
    • 熊本医科大学教授太田原豊一博士の首唱により、
      戦前熊本医科大学に、ワクチン、抗血清、
      診断抗原等の製造・供与を目的に設置されていた
      実験医学研究所を母体として
      財団法人化学及血清療法研究所を熊本市に設立
  • 1950年
    • 動物用医薬品の製造開始
  • 1962年
    • 阿蘇支所を開設
  • 1966年
    • 血漿分画製剤の製造を開始
  • 1969年
    • 清水研究所を開設(後に本所へ)
  • 1977年
    • 新生児マススクリーニング検査を開始
  • 1980年
    • 完全分子型静注用人免疫グロブリン製剤「ベニロン」を発売
  • 1985年
    • 菊池研究所を開設
  • 1988年
    • 遺伝子組換えB型肝炎ワクチン「ビームゲン」を発売
  • 1991年
    • 生体組織接着剤「ボルヒール」を発売
  • 1999年
    • Bb-DNT、Pm-DNT両方の精製トキソイドを含む
      豚萎縮性鼻炎ワクチン 「スイムジェンART2」を発売
  • 2001年
    • ・鶏用7種混合ワクチン「オイルバックス7」を発売
      ・先天性プロテインC欠乏症治療薬「アナクトC」を発売
  • 2012年
    • 不活化ポリオを含む小児用4種混合ワクチン
      「クアトロバック」を発売
  • 2014年
    • 血友病インヒビター止血治療薬「バイクロット」を発売
  • 2017年
    • 合志事業所を開設
  • 2018年
    • KMバイオロジクス(株)発足
      ・化学及血清療法研究所(化血研)の医薬品製造販売業、
       新生児マススクリーニング検査事業を承継
      ・明治ホールディングス(株)の連結子会社

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.1年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.5時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.2日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 45名 42名 87名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 45名 5名 50名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 7.3%
      (220名中16名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、階層別研修、機能別研修、外部セミナー受講制度 など
自己啓発支援制度 制度あり
自己啓発通信教育制度、TOEIC受験補助 など
メンター制度 制度あり
OJT指導制度あり
※配属後1年間は、先輩社員がOJT指導者となってサポートしてくれます!

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、東北大学、東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、岡山大学、広島大学、山口大学、九州大学、九州工業大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、大阪府立大学、早稲田大学、東京理科大学
<大学>
広島大学、山口大学、九州大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、熊本県立大学、福岡大学、崇城大学、東海大学、熊本保健科学大学、九州保健福祉大学
<短大・高専・専門学校>
北九州工業高等専門学校、久留米工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、熊本高等専門学校、大分工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、沖縄工業高等専門学校

※採用実績校は一部抜粋です。

採用実績(人数) 2022年度 43名
2021年度 42名
2020年度 45名
採用実績(学部・学科) 【理系】薬学系、医学系、生物化学系、農学系、獣医系、機械工学系、電気電子系、情報系など
【文系】法、経済、社会など
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 22 20 42
    2020年 25 20 45
    2019年 16 19 35
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2021年 42
    2020年 45
    2019年 35
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 2
    2019年 9

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp52294/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

KMバイオロジクス(株)【明治グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. KMバイオロジクス(株)【明治グループ】の会社概要