最終更新日:2022/7/23

(株)ヤマダホールディングス【東証プライム上場】/(株)ヤマダデンキ[グループ募集]

  • 上場企業

業種

  • 専門店(複合)
  • 専門店(家電・OA機器)
  • 専門店(書籍・音楽・インテリア)
  • 住宅(リフォーム)
  • 商社(複合)

基本情報

本社
群馬県、東京都
資本金
711億円(2022年3月 連結)
売上高
1兆6193億円(2022年3月 連結)
従業員
22,951人(2022年3月)

すべての人を笑顔にすること。それが私のお仕事です。 くらしをシアワセにする、ぜんぶ。 

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「暮らしまるごと提案」をコンセプトに、家電からインテリア・家具、住宅など、時代のニーズを先読みした多彩な事業を展開しています。
PHOTO
2022年に家具大手「大塚家具」を合併。シナジー効果を狙い、お客様利便性の向上、新たな客層へのアプローチを狙った新事業を展開しています。

お客様に、「暮らしをまるごと提案」。「創造と挑戦」が私たちの原点です

PHOTO

ヤマダホールディングスグループは、環境への取り組みのシンボルとして、YAMADA GREENマークを作成しました。

「暮らしまるごと」をビジネスモデルに掲げる私たちは、家電や家具、インテリア、住宅、リフォームなど、暮らしに関わるあらゆるセグメントを有しています。また、近年はリユース・リサイクル、再製品化・再販する仕組みを構築、製品ライフサイクルをグループ内で完結することで、社会全体の環境負荷低減に貢献しています。
今後も、グループシナジーを活かした「暮らしまるごと」のご提案を通じてお客様の快適な暮らしをサポートしていくこととあわせて、ESG経営の推進により社会環境の変化とお客様の多様なニーズに対応し、「社会に不可欠なインフラ」として必要とされる企業であり続けたいと考えています。

■お買い物から快適な暮らし方まで、「暮らしまるごと」ご提案
ヤマダホールディングス「暮らしまるごと」をコンセプトに、全国に広がる店舗ネットワークやオンラインサービスを通じて、みなさまの暮らしをまるごと支える事業を展開しています。商圏規模にあわせた多様な店舗形態ネットワークを展開、家電や家具のお買い物から、住まいや暮らしのご相談、環境にやさしい暮らしの実践まで「暮らしまるごと」をご提案します。

■グループのフィールドとなる、5つのセグメント
ヤマダホールディングスグループ最大の特徴は、暮らしに関わるあらゆるセグメントを有していることです。家電セグメントでは家電の販売を中心に、家具・インテリアの取り扱い等、幅広い価格帯の豊富な品揃えでお客様の多様なニーズにお応えします。住建・金融・環境などのセグメントでは、グループ会社がそれぞれのフィールドで暮らしに関わるあらゆる商品とサービスを取り扱っています。このようなグループシナジーを活かした「暮らしまるごと提案」は、ヤマダホールディングスならではの強みです。

■グループ全社をあげて、SDGs達成に取り組む
2015年9月の国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発目標」、いわゆる「SDGs」。2030年までに持続可能でより良い世界を目指すこの国際目標の達成へ向け、私たちはグループをあげて取り組みを推進しています。「快適な住空間の提供と社会システムの確立」「循環型社会の構築と地球環境の保全」「社員の成長と労働環境の改善」の3つを当社の「SDGs達成に向けた重要課題」として選定、持続可能な社会の実現を目指します。

会社データ

事業内容
■ヤマダは変わります。
くらしのすべてを支えるサービスを創造し、
より多くの人々にシアワセを届けるために、
さまざまな挑戦をし続けます。
笑顔があふれる未来、ヤマダが実現します。

■社会のインフラとして不可欠な企業であり続けます。
・全国47都道府県にヤマダデンキ店舗展開!
・2001年より業界売上高No.1!
・家電からリフォーム、インテリアまで「暮らしまるごと提案」
・2018年、弊社初の女性取締役誕生!
・陸上競技部によるスポーツ文化振興に貢献!

■常に新しい事へチャレンジしています。
・「暮らしまるごと」をサポートする「ヤマダNEOBANK」金融サービス提供開始
・「使用済み家電製品からなる再生プラスチック」利用によるお買い物カゴのヤマダデンキ店舗への導入
・脱炭素社会の実現に向けたヤマダホールディングス「環境マーク」作成
・家電・家具業界初!ヤマダデンキ&大塚家具にSTAFF START・LINE STAFF START導入
・お客様から引き取った調理器具の「グループ完結・金属再資源化」運用試験開始
・日本初 音声操作対応電動ベッド”アシステック1”が「b8ta Tokyo - Yurakucho」に出品決定!
・ヤマダホールディングスとAmazon、日本国内初、Amazon Fire TV搭載の「スマートテレビ」を発表
・ヤマダホールディングス 「パートナーシップ構築宣言」を公表 サプライチェーン全体の共存共栄の関係構築へ
・経済産業省が目指す、2050年カーボンニュートラルの実現と社会変革を見据えた取り組みとしての「GXリーグ基本構想」への賛同を表明
本社郵便番号 370-0841
本社所在地 群馬県高崎市栄町1番1号
本社電話番号 027-345-8725
創業 1973年4月(昭和48年)
設立 1983年9月(昭和58年)
資本金 711億円(2022年3月 連結)
従業員 22,951人(2022年3月)
売上高 1兆6193億円(2022年3月 連結)
営業利益 657億3百万円(2022年3月 連結)
経常利益 741億36百万円(2022年3月 連結)
平均年齢 株式会社ヤマダホールディングス
 44.5歳(2022年3月)
株式会社ヤマダデンキ
 39.6歳(2020年3月)
平均勤続年数 株式会社ヤマダホールディングス
 12.8年(2022年3月)
株式会社ヤマダデンキ
 12.7年(2020年3月期)
募集会社一覧 株式会社ヤマダホールディングス
株式会社ヤマダデンキ
募集会社代表者 【株式会社ヤマダホールディングス】
代表取締役会長 兼 社長 CEO 山田 昇
代表取締役 兼 副社長執行役員 村澤 圧司
代表取締役 兼 専務執行役員 小暮 めぐ美

【株式会社ヤマダデンキ】
代表取締役会長 小林 辰夫
代表取締役社長 上野 善紀
募集会社1 (株)ヤマダデンキ
【本社所在地】群馬県高崎市栄町1番1号
【設立】2020年4月1日
【事業内容】家電・情報家電等の販売及び住まいに関する商品販売
【資本金】1億円
【事業所】全国47都道府県及び海外に店舗展開
募集会社2 (株)ヤマダホールディングス
【本社所在地】群馬県高崎市栄町1番1号
【設立】1983年9月
【事業内容】グループ経営戦略の企画・立案及びグループ会社の経営管理・監督、グループ共通業務等
【資本金】連結711億円
関連会社 (株)ヤマダホールディングス 主要グループ企業

【デンキセグメント】
(株)ヤマダデンキ[募集会社1]
[配属店舗]
 「LABI」(都市型店舗)
 「テックランド」(郊外型店舗)
 「家電住まいる館」(家電からインテリア、リフォームまで)
 「Web.com店」(インターネットと店舗の融合店舗)
 「テックライフセレクト」(くらしのあらゆるモノがそろうエリア最大級の店舗)

【住建セグメント】
(株)ヤマダ住建ホールディングス
・(株)ヤマダホームズ
・(株)ワイ・ジャスト
・(株)家守り
(株)ハウステック
(株)ヒノキヤグループ

【金融セグメント】
(株)ヤマダファイナンスサービス
・(株)ヤマダフィナンシャル
・(株)ヤマダ少額短期保険
・(株)ヤマダライフ保険
・(株)リペアデポ

【環境セグメント】
(株)ヤマダ環境資源開発ホールディングス
・(株)シー・アイ・シー
・東金属(株)
・インバースネット(株)
(株)三久

【その他セグメント】
(株)ヤマダトレーディング
(株)ヤマダフードサービス
(株)ヤマダテクニカルサービス
日本ツーリストクラブ(株)
コスモス・ベリーズ(株)
(株)イーウェルネス
(株)J・スタッフ
(株)ビー・ピー・シー
沿革
  • 1973年
    • 群馬県前橋市で電気店を個人創業
  • 1983年
    • (株)ヤマダ電機を設立
  • 1987年
    • 前橋市に本社ビル完成
      大型総合家電店舗(核店舗)の第1号となる「テックランド本店」を開設
  • 1989年
    • 株式を店頭公開
  • 1997年
    • 環境問題に配慮した(株)シー・アイ・シーを設立
  • 2000年
    • 株式を東京証券取引所 市場第一部に上場
  • 2001年
    • 家電専門量販店売上高日本一を達成
      ヤマダ電機ポイント制を導入
  • 2002年
    • (株)ダイクマの株式取得
  • 2004年
    • 研修施設「礎生塾」を開設
      女子陸上競技部を創設
  • 2005年
    • 国内家電専門量販店初のナショナルチェーン化を実現
      全国47都道府県への直営店出店を達成
  • 2006年
    • 都市型大型店舗「LABI」の第1号店を大阪府・難波にオープン
  • 2007年
    • 研修施設「礎生塾」新館を開設
  • 2008年
    • 群馬県・高崎駅前に新本社ビル完成
  • 2009年
    • 旗艦店舗「LABI1日本総本店池袋」を東京・池袋駅前にオープン
  • 2010年
    • 国内専門量販店として初の売上高2兆円を達成
      海外1号店「ヤマダ電機瀋陽店」を中国・瀋陽市にオープン
  • 2011年
    • エス・バイ・エル(株)を子会社化
      高崎本社機能を対象としてISO14001認証を取得
  • 2012年
    • (株)ハウステックを子会社化
      (株)ベスト電器を子会社化
  • 2014年
    • リユース・アウトレット業態店舗の展開
  • 2015年
    • 業界初「電子保証書」「ポイント保証」サービス開始
      ソフトバンク(株)と資本業務提携
  • 2017年
    • 「家電から住宅空間」をトータルコーディネート「LABI1 LIFE SERECT高崎」オープン
      家電住まいる館1号店「家電住まいる館YAMADAシーサイドひたちなか店」がオープン
  • 2018年
    • (株)ナカヤマを吸収合併
      (株)ヤマダホームズ設立
  • 2019年
    • YAMADA web.com新店舗オープン
      (株)大塚家具を子会社化
  • 2020年
    • 「(株)ヤマダ電機」より「(株)ヤマダホールディングス」へ商号変更
      (株)ヤマダ環境資源開発ホールディングスを設立
      (株)レオハウスを子会社化
      (株)ヒノキヤグループを子会社化
  • 2021年
    • (株)ヤマダ住建ホールディングスを設立
      (株)ヤマダデンキに家電販売事業を統合
      暮らしのあらゆるものが揃う「Tecc LIFE SELECT」新店舗オープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.4年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 13.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.4日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 127名 375名 502名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 127名 35名 162名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 4.5%
      (3560名中160名)
    • 2020年度

    役員 7.9% (3/38) 管理職 4.4% (157/3557)

社内制度

研修制度 制度あり
【各社共通】新入社員研修・管理職候補者研修 等
自己啓発支援制度 制度あり
【各社共通】業務に必要な資格について取得補助
メンター制度 制度あり
【各社共通】制度あり
社内検定制度 制度あり
【各社共通】社内有資格認定試験

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 236 140 376
    2020年 284 120 404
    2019年 150 35 185
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 376
    2020年 404
    2019年 185

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知産業大学、愛知淑徳大学、愛知みずほ大学、青山学院大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、石川県立大学、茨城大学、宇都宮大学、江戸川大学、追手門学院大学、桜美林大学、大阪大学、大阪大谷大学、大阪学院大学、大阪教育大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪商業大学、大阪市立大学、大阪電気通信大学、大阪府立大学、大谷大学、大妻女子大学、大手前大学、岡山大学、岡山県立大学、岡山商科大学、岡山理科大学、活水女子大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢大学、金沢学院大学、金沢工業大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、九州大学、九州産業大学、共愛学園前橋国際大学、京都大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都女子大学、京都橘大学、京都府立大学、共立女子大学、近畿大学、金城大学、金城学院大学、岐阜大学、久留米大学、大正大学、玉川大学、駒澤大学、駒沢女子大学、群馬大学、群馬県立女子大学、慶應義塾大学、敬愛大学、県立広島大学、広島大学、広島工業大学、甲南大学、甲南女子大学、皇學館大学、高崎経済大学、高崎健康福祉大学、高崎商科大学、国士舘大学、國學院大學、国際武道大学、佐賀大学、阪南大学、埼玉工業大学、埼玉大学、三重大学、山口大学、産業能率大学、四日市大学、滋賀大学、滋賀県立大学、実践女子大学、芝浦工業大学、首都大学東京、駿河台大学、尚美学園大学、大阪樟蔭女子大学、上智大学、城西大学、信州大学、新潟大学、神戸大学、神戸女子大学、神戸学院大学、仁愛大学、椙山女学園大学、成城大学、成蹊大学、星城大学、聖学院大学、聖徳大学、西南学院大学、静岡県立大学、静岡産業大学、静岡理工科大学、摂南大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、千葉経済大学、専修大学、前橋工科大学、創価大学、早稲田大学、大東文化大学、拓殖大学、筑波大学、中央大学、中央学院大学、中京大学、中部大学、津田塾大学、鶴見大学、帝京大学、東海大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京女子大学、東京大学、東京電機大学、東京農業大学、東京理科大学、東北学院大学、東北大学、東北福祉大学、東洋大学、桃山学院大学、福岡女子大学、藤女子大学、同志社大学、南山大学、二松学舎大学、日本女子大学、日本大学、富山大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、福井大学、福井工業大学、福岡工業大学、福岡女学院大学、福岡大学、福島大学、佛教大学、法政大学、北海道教育大学、北海道大学、北九州市立大学、北陸大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋産業大学、名古屋市立大学、名古屋女子大学、名古屋商科大学、名古屋大学、名城大学、明治学院大学、明治大学、立教大学、立正大学、立命館大学、流通科学大学、流通経済大学(茨城)、龍谷大学、麗澤大学、和光大学、和洋女子大学、帝塚山大学
<短大・高専・専門学校>
名古屋短期大学、名古屋医療情報専門学校、名古屋情報メディア専門学校、名古屋女子大学短期大学部、名古屋工学院専門学校、名古屋外語・ホテル・ブライダル専門学校、麻生情報ビジネス専門学校、麻生建築&デザイン専門学校、専門学校福岡カレッジ・オブ・ビジネス、武庫川女子大学短期大学部、富山情報ビジネス専門学校、日本動物専門学校、専門学校日本動物21、日本電子専門学校、日本工学院専門学校、日本外国語専門学校、専門学校日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ、専門学校日本鉄道&スポーツビジネスカレッジ21、専門学校東京スクール・オブ・ビジネス、東京ITプログラミング&会計専門学校、帝京短期大学、中央情報経理専門学校、中央工学校、大阪夕陽丘学園短期大学、大阪法律公務員専門学校、大阪電子専門学校、大阪千代田短期大学、大阪成蹊短期大学、大阪情報専門学校、大阪情報コンピュータ専門学校、大阪女学院短期大学、大阪国際大学短期大学部、大阪外語専門学校、大阪医療秘書福祉専門学校、大阪デザイナー専門学校、大阪コンピュータ専門学校、OCA大阪デザイン&ITテクノロジー専門学校、大阪ITプログラミング&会計専門学校、大妻女子大学短期大学部、大原法律専門学校、大原法律公務員専門学校、仙台青葉学院短期大学、折尾愛真短期大学、静岡産業技術専門学校、聖和学園短期大学、聖徳大学短期大学部、盛岡大学短期大学部、水戸電子専門学校、水戸経理専門学校、専門学校神田外語学院、神戸電子専門学校、神戸女子短期大学、新島学園短期大学、新潟情報専門学校、新潟公務員法律専門学校、新潟会計ビジネス専門学校、新潟ビジネス専門学校、新潟コンピュータ専門学校、上野法律専門学校、上野法律ビジネス専門学校、上田女子短期大学、上智大学短期大学部、実践女子大学短期大学部、自由が丘産能短期大学、三重短期大学、札幌商工会議所付属専門学校、札幌科学技術専門学校、専門学校札幌ビジュアルアーツ、専門学校札幌デザイナー学院、埼玉女子短期大学、高知開成専門学校、高崎商科大学短期大学部、香川短期大学、広島情報専門学校、広島情報ビジネス専門学校、広島工業大学専門学校、広島外語専門学校、広島会計学院ビジネス専門学校、広島コンピュータ専門学校、厚木総合専門学校、専門学校穴吹工科カレッジ、専門学校穴吹デザインカレッジ、専門学校穴吹コンピュータカレッジ、専門学校穴吹ビジネスカレッジ、熊本電子ビジネス専門学校、熊本市立総合ビジネス専門学校、熊本工業専門学校、金城大学短期大学部、近畿コンピュータ電子専門学校、共立女子短期大学、京都経済短期大学、京都公務員&IT会計専門学校、岐阜聖徳学園大学短期大学部、岐阜市立女子短期大学、関西外国語大学短期大学部、鎌倉女子大学短期大学部、専門学校岡山情報ビジネス学院、岡山科学技術専門学校、横浜デジタルアーツ専門学校、宇都宮短期大学、宇都宮ビジネス電子専門学校、育英短期大学、愛知文教女子短期大学、愛知大学短期大学部、愛知学院大学短期大学部、トライデント外国語・ホテル・ブライダル専門学校、トライデントデザイン専門学校、トライデントコンピュータ専門学校、専門学校デジタルアーツ仙台、ケイセンビジネス公務員カレッジ、アルスコンピュータ専門学校、あいち造形デザイン専門学校、あいちビジネス専門学校、KCS北九州情報専門学校、KCS福岡情報専門学校、KCS大分情報専門学校、HAL大阪、HAL東京、HAL名古屋、沼津情報・ビジネス専門学校、出雲コアカレッジ、滋賀短期大学、専門学校山形V.カレッジ、専門学校静岡電子情報カレッジ、金沢星稜大学女子短期大学部、仁愛女子短期大学、札幌医療リハビリ専門学校、龍馬情報ビジネス&フード専門学校、宇部フロンティア大学短期大学部、河原電子ビジネス専門学校、東京ITプログラミング&会計専門学校仙台校、東京ITプログラミング&会計専門学校名古屋校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、東京IT会計公務員専門学校大宮校、横浜公務員&IT会計専門学校、東京ITプログラミング&会計専門学校杉並校、大阪ITプログラミング&会計専門学校天王寺校、大原ビジネス公務員専門学校岡山校、大原法律公務員専門学校大宮校、大原簿記学校、大原簿記公務員医療情報ビジネス専門学校津田沼校、大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校

前年度の採用実績(人数) 2022年 650名予定
2021年 376名
2020年 404名
2019年 185名

先輩情報

お客様に寄り添った接客を行い、笑顔という御褒美を頂ける仕事。
小西 海斗
2019年
テックランド行橋店 白物担当
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ヤマダホールディングス【東証プライム上場】/(株)ヤマダデンキと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ヤマダホールディングス【東証プライム上場】/(株)ヤマダデンキを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ヤマダホールディングス【東証プライム上場】/(株)ヤマダデンキの会社概要