最終更新日:2023/9/21

本多金属工業(株)【HONDALEXグループ】

  • 正社員

業種

  • 非鉄金属
  • 自動車・自動車部品
  • 建材・エクステリア
  • 輸送用機器
  • 金属製品

基本情報

本社
愛知県
資本金
9,600万円
売上高
166億円 【単体:2022年 5月期】 279億円 【連結:2022年度】
従業員
358名【単体:2022年5月】 838名【連結:2022年度】
募集人数
※各募集コースをご参照ください。

【理系学生大歓迎】【未経験者大歓迎】業界トップシェア、これからも伸びる素材製造メーカーの技術職として産業を支えましょう!

9月も終わりますが、「秋採用」として求人活動は継続しています! 対面でもWEBでも説明会受付中! (2023/09/21更新)

PHOTO

当社の技術で一番得意な、アルミ押出形材は、加熱されたアルミ合金を押出機に入れ、圧力をかけて製造します。

断面の形状の自由度が高く、さまざまな場面で活用されている押出形材ですが、難しい形状になるほど金型の精巧さが求められます。

HONDALEXグループでは、これまでに数万点以上の金型を手がけてきた実績があり、難易度の高い製品も対応可能です。

アルミ押出加工材は複雑な断面形状を製造することが可能です。
HONDALEXグループのアルミ製品は、さまざまな分野に利用されています。

このような技術を駆使し、いろんな分野で幅広く活躍しているアルミ製品を「製造スタッフ」として製造工程管理や品質保証などの職種で活躍してみませんか?

素材メーカーなので、最終製品は細かくご紹介できませんが、聞けば必ず知っている製品や商品に当社のアルミが使われている事を知れると思います。

製造工程を担当する事で、アルミの基礎知識、特性、加工技術を学ぶことができ、各セクション毎に学べることも多いと思います!

歴史も長いため、工場の外観は古さもありますが、業界トップシェアを誇っています。



  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
軽量かつ省エネに優れ、リサイクルもしやすい点がアルミニウムの特徴です。環境にやさしい商品として、今後もさまざまな分野での活用が見込まれています。
PHOTO
加熱されたビレットを金型をセットした押出機に入れ、圧力をかけることで金型孔の形状にしていきます。加熱時の温度は500℃。押し出す力は1,000トン以上にも及びます。

あらゆるニーズにさらなる価値で応えるアルミ押出技術

PHOTO

工場で使用する燃料(重油)を天然ガスに転換して設置されたLNGのタンクです。クリーンな工場づくりをめざし、2018年8月に設置されました。

私たちの会社はアルミニウムの成形加工、製品の開発・製造等を手がける専門メーカーとして、60余年の歴史を誇っています。中でもビレット(アルミニウムの塊)から鋳造、押出・表面処理、各種加工までの一貫生産体制が大きな特徴です。

そんな当社の特徴はビレット(アルミニウムの塊)から鋳造、押出・表面処理、各種加工までの一貫体制を有する点で、押出に必要な金型も自社で製作しているほどです。
加えてマシニングセンタ等の設備や機器も積極導入し、製造工程の大半をオートメーション化しています。技術力+提案型の営業が当社の強みと言えるでしょう。
また2018年8月には、工場で使用する燃料(重油)を、天然ガスに転換するLNGサテライト設備も設置。安全面や生産性の向上、省エネにも努めています。

当社が求めるのも、人と地球の未来にアルミニウムを通じて貢献する理念への共感です。そして、入社後は長く働いていただきたいと思っており、会社のことを包み隠さずお話しますし、その職場は失敗を恐れず、積極的にチャレンジできる環境だと思っています。モノづくりの世界ではチームでの連携が必要であり、だからこそ人間関係は良好。上司や先輩たちも、あなたの意欲を後押ししてくれます。
特に技術者に関しては多くの部署を経験することでアルミニウム押出のプロフェッショナルをめざすことが可能。資格などもたくさん取得し、適材適所での活躍をめざして下さい!

現在、当社がアルミニウム部材等を提供しているのは建築や自動車、電機、食品などの幅広い産業分野です。部材として提供されたアルミニウムからは網戸やシャッター、脚立、車のドアフレーム、ヒートシンク、ソーラーパネル枠など多くの製品が生まれています。ここではご紹介できませんが、みなさんの暮らしの身近なところにも当社の部材を用いたアルミニウム製品があり、毎日のように目にしているはずです。

軽くて加工がしやすい上、リサイクルにも優れたアルミニウムは、今後もその用途が大きく広がっていくことでしょう。
会社としては、国内の工場で高難易度の形状等にトライし、グループ会社のベトナム工場で量産を図るといった体制を確立し、事業のさらなる拡大をめざしていきます。

会社データ

プロフィール

東海地区を拠点に半世紀以上、産業と暮らしに欠かせない素材である『アルミニウム』に特化し、独自技術によりアルミ原材料から製品に至るまでの全てを、一貫生産しています。おかげさまで押出専業メーカーにおいてはトップシェアを維持しています。そして、人と地球の未来へ向けた環境事業にもアルミ素材の持つ将来性に夢を乗せて真っ向から取り組んでいます。

会社の特長

【企業理念】
私たちは人と地球の未来にアルミニウムを通じて貢献します。

【経営方針】
・顧客本位の精神でお客さまの気持ちにこたえる製品づくり
・人間尊重を基本とし取引先・社員・地域を大切に
・創造性と独創性を尊重し自己実現をとおしてテクノロジーカンパニーをめざす

【働きやすい職場】
個人やチームで考えた改善提案を積極的に取り入れ、既に多くの改善提案を採用しています。自らのアイデアが形になる可能性も高く、優秀提案には賞金が授与されます。
  
【風通しの良い社風】
QC委員活動、安全衛生活動、TPM活動・ISO推進活動等々、各部署が集まって様々な会議・勉強会・打ち合わせ会などが企画され、品質向上やスキルアップに取り組んでいます。
こうした活動は、工場間の連携や社員間の交流にも役立ち、問題点の共有も出来るうえ若い社員の発表の場もあり、風通しの良い社風だといわれています。

【リクレーション】
創部40年となる歴史のあるソフトボール部を始め、レクレーションバレー部や社内ゴルフなど、社内リクレーションも充実しています。ベテラン社員から若手社員まで楽しく活動しています。入社後ぜひご参加ください。

【地域貢献】
工場では夏休みに『社員の家族工場見学会』を企画し、子供さんを中心に家族の方に働く姿を見てもらう活動に取り組みました。お子さん達からは貴重な夏休み体験になったと好評をいただき、社員さん達も働く姿をみせることで働き甲斐を再認識した、家族の絆が深まった等々の声が聞かれました。

こういう会社って、どうですか?

事業内容
私たち本多金属工業(株)は、社会貢献を使命として、さまざまな企業活動に尽力する『Hondalexグループ』の中核を担っており、鋳造・押出・アルマイト・加工の一貫ラインを備え、今後更なる需要が期待されるアルミニウム合金の製造および販売を行なっています。
さらにお客さまのニーズを開発・設計・製造・販売部門で、トータル的な商品化に取り組みながら様々な分野のご要望にお応えする技術提案渉外を得意としています。

製造品目に関しては、アルミによる各種金属製品および、各種建材やエクステリア製品の部材を製造しています。
また、建築物などの構造材料全般の製造に加え、車のあらゆるパーツをはじめ、鉄道・船舶、航空機の部材も製造しています。

アルミニウムはリサイクル・リユース・リデュースに優れているため、建築産業、自動車産業、電機産業、食品産業など幅広い業界の方にご利用いただいています。

また、海外市場の販売拡大に向けて、2010年にはベトナムのホーチミン近郊にあるアルミニウム形材製造工場へ大型設備を増設し、さらなる製品力の強化、ならびに付加価値製品の開発を目指して発展し続けています。

アルミ/非鉄金属/総合職/メーカー/製造業/トップシェア/営業職/技術職/愛知県/岐阜県/東海三県/海外/社宅/押出/設計/デジタル/生産管理/SE/システムエンジニア/表面処理/中部圏

PHOTO

最大6,500mmの製品を着色する事ができる大型アルマイトラインを有す。

本社郵便番号 460-0008
本社所在地 愛知県名古屋市中区栄三丁目32番22号 青木ビル
本社電話番号 052-251-4811 (代)
創業 1954(昭和29)年4月
資本金 9,600万円
従業員 358名【単体:2022年5月】
838名【連結:2022年度】
売上高 166億円 【単体:2022年 5月期】
279億円 【連結:2022年度】
事業所 ■マテリアルグループ
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目32番22号 青木ビル
 TEL (052)251-4811(代) 
■東京支店
 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-4-1 大手町21ビル9階
 TEL (03)3518-8131(代)
■西日本支店
 〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町六丁目10番24号 堀場ビル2F・3F
 TEL (06)6763-2531(代)
工場 ■恵那工場
 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町字横平2710番地
 TEL (0573)25-5204(代)
■恵那武並工場
 〒509-7126 岐阜県恵那市武並町新竹折20番
 TEL (0573)28-2872(代)
■恵那東工場
 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町字土々ケ根2631番地3
 TEL (0573)25-5208(代)
■稲沢工場
 〒492-8167 愛知県稲沢市長束町青木田102番地
 TEL (0587)32-5171(代)
■福島工場
 〒492-8441 愛知県稲沢市福島町沼角田1番地211
 TEL (0587)36-5173(代)
主な取引先 伊藤忠商事(株)・岡谷鋼機(株)・三井物産(株)・住友商事(株)
豊田通商(株)・アルコニックス(株)・豊和工業(株)・佐藤商事(株)
(株)笹野マックス・三菱商事RtMジャパン(株) 他
HONDALEX GROUP ■本多金属工業(株)
■本多商事(株)
■恵那アルマイト(株)
■(株)ナカソ本多ロジテック
■HONDA METAL INDUSTRIES VIETNAM,LTD(ベトナム)
■VINA MOLD & METAL PRODUCTS CO,LTD(ベトナム)
沿革
  • 1954年
    • 本多商事(株)の合金塊部門分離独立
  • 1960年
    • 750トン水圧プレスを設置し、アルミ「形材」「棒」「管」の製造開始
  • 1963年
    • 愛知県稲沢市に稲沢工場を建設し、横型油圧1,250トン押出機、
      金型製造設備、ビレット鋳造設備設置
  • 1969年
    • 岐阜県恵那市に恵那工場を建設し、横型油圧1,800トン押出機
      金型製造設備、ビレット鋳造設備、自動アルマイト設備を設置
      稲沢工場より油圧1,250トン押出機を移設
      資本金4,800万円に増資
  • 1972年
    • 恵那工場に月産1,000トンのカラー表面処理システムを設置
  • 1973年
    • 恵那工場に油圧1,500トンの押出機を増設
  • 1975年
    • 稲沢工場に横型油圧2,350トン押出機を増設
  • 1981年
    • 稲沢工場の横型油圧1,500トン押出機を新鋭機に更新
      福島工場を建設し稲沢工場の加工部門を移設
      資本金9,600万円に増資
  • 1984年
    • 恵那工場に第2アルマイトライン月産800トンの表面処理工場を完成
  • 1987年
    • 恵那工場鋳造設備を新鋭設備に更新
  • 1988年
    • 恵那工場新鋭直間兼用1,650トン押出機増設
  • 1989年
    • H1年・恵那市テクノパークに武並工場を建設
  • 1992年
    • 恵那工場に第3アルマイトライン月産750トンの表面処理工場増設
  • 1993年
    • 恵那工場に1250トン押出機を横型油圧1,400トン押出機に更新
  • 1995年
    • 恵那東工場増設
  • 1997年
    • 恵那東工場に横型油圧2,500トン押出機を増設
  • 2001年
    • ベトナム ホーチミン市に VINA MOLD & METAL PRODUCTS Co, Ltd.を設立

      ISO 14001 恵那工場認定取得 
  • 2005年
    • ISO 9001 VMMP認定取得
  • 2006年
    • ベトナム ホーチミン市に HONDA METAL INDUSTRIES
      VIETNAM,LTD.を設立
      ISO 9001 福島工場認定取得 
  • 2007年
    • ISO 9001 稲沢工場認定取得 
  • 2010年
    • HMIVに横型油圧2,500トン押出機を増設
  • 2013年
    • ISO 9001 恵那工場認証取得
  • 2015年
    • ISO 9001 HMIV認定取得
  • 2018年
    • 恵那工場の消費燃料を重油・灯油からLNGに転換
  • 2019年
    • ISO 9001、ISO 14001 武並工場 製造三課 認定取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.8年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.6時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.4日
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
入社してからは、スキルアップのため、下記のようなさまざまな
研修が用意されており、必要な各研修に参加していただきます。
会社内で開催する研修と社外での研修があります。

・新入社員研修     ・ISO 14001/9001 内部監査員養成研修
・班長・主任研修    ・リスクアセスメント研修
・次世代リーダー研修  ・自動車アルミ化技術講習
・幹部研修       ・JIS品質管理責任者セミナー
・中核人材育成講座   ・品質管理セミナー(不良・不具合再発防止)
・営業スタッフ研修   ・生産管理研修(トヨタ生産方式)
・中堅企業研修                          など

自己啓発支援制度 制度あり
会社が業務上必要とする教育受講、資格取得の費用については
全額会社が負担いたします。

《過去取得実績資格》
・エネルギー管理士    ・品質管理検定
・公害防止管理者     ・第一種衛生管理者
・危険物取扱者      ・玉掛技能講習
・特定化学物質作業主任者 ・フォークリフト運転技能講習
・第一種 電気工事士    ・第三種電気主任技術者
・保全技能士       ・アーク溶接
・エネルギー企画推進者                 など

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
愛知工業大学、茨城大学、大阪大学、神奈川大学、近畿大学、岐阜大学、静岡理工科大学、豊橋技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、福井大学、福井工業大学、名城大学、山形大学、山口大学、早稲田大学
<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知工業大学、愛知工科大学、愛知淑徳大学、茨城大学、大阪市立大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、岐阜大学、近畿大学、群馬大学、慶應義塾大学、高知大学、神戸大学、国士舘大学、駒澤大学、静岡大学、芝浦工業大学、大同大学、千葉工業大学、中京大学、中京学院大学、中部大学、東海大学、東京国際大学、富山大学、豊橋技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、南山大学、福井大学、福井工業大学、法政大学、名城大学、山形大学、山梨大学、龍谷大学、早稲田大学

ほか  (五十音順)

採用実績(人数) 2018年  2019年  2020年  2021年   2022年
----------------------------------------------------------
8名     9名    15名   11名    7名

  
   
  

先輩情報

品質向上を目指して!!
林 政貴
2011年入社
化学生命工学部化学・物質工学科
稲沢工場 製造課
ソフトボール部所属 
PHOTO

取材情報

業界を支えるアルミ押出形材専業メーカー、本多金属工業で働く魅力とは?
将来性や可能性を秘めたアルミを扱う仕事は面白い!
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp52965/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

本多金属工業(株)【HONDALEXグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. 本多金属工業(株)【HONDALEXグループ】の会社概要