最終更新日:2022/6/7

(株)豊田中央研究所

業種

  • シンクタンク・マーケティング・調査

基本情報

本社
愛知県
資本金
30億円
売上高
215億6,441万円(2021年3月期)
従業員
944名(2022年4月1日現在)

トヨタグループの先端技術を牽引する企業研究所で、まだ見ぬ未来社会を創り出す一員になる。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
トヨタグループの事業発展に貢献する豊田中央研究所。ものづくりに欠かせない創造性をもって、自律的に変化を続ける姿勢が重視される、チャレンジングな企業風土です。
PHOTO
「社会に貢献できる研究成果」をめざす研究職。多彩な分野の研究者同士が交流できる環境と、社内外の関係者とのチームワークが、イノベーションを生み出します。

変化し続ける世の中の一歩先を行き、世界にインパクトを与える技術を創り出すために。

PHOTO

20年先・30年先を見つめ、「もっと、すごい研究をしよう」という意識は、豊田中央研究所のDNA。従業員一人ひとりの行動が、世の中を変える発明につながっています。

■企業理念
「研究と創造によって産業とその基礎の発展に尽くし、人類の永続的な繁栄に貢献する」
トヨタグループの先端研究を担い、暮らしに大きな変化をもたらす発明と技術開発をめざす私たちの最大の喜びは、研究を通じて人や社会に貢献することです。

■トヨタグループから期待されていること
1)各専門分野の技術を融合し、トヨタグループの事業を研究で支える
2)これからのトヨタグループの事業のため、イノベーションを起こし未来を創る

目の前の課題に取り組むことはもちろん、新たな技術分野や新事業の創出が望まれています。

■豊田中央研究所の特徴
「豊かなモビリティ社会を構築していくための一歩先回りした研究と、社会そのものを変えるイノベーティブな発明や発見に果敢に挑戦」
研究テーマ設定は、グループ各社からの依頼に基づく研究テーマと、当研究所が独自に提案・推進するテーマの二つ。「人工知能」「再エネ利活用を主体としたエネルギーマネジメントシステム」など、未来のモビリティ社会を構築していくための先端研究に挑戦しています。

「異分野間の交流がイノベーションを生む」
さまざまな分野の研究者が多彩なテーマに取り組み、異なる専門分野とコラボレーションできる環境が整っています。また、社外や海外に出て学び、自らを成長させることが推奨される企業文化です。

「先端研究を支える運営部門も一流をめざす」
世界最先端の研究所は運営部門も一流であるべきと考え、新しい仕組みの整備が常に進行中です。研究所ならではの先進的な取り組みやデータの利活用を通じた新しい提案が求められています。

会社データ

事業内容
「研究と創造によって産業とその基礎の発展に尽くし、人類の永続的な繁栄に貢献する。」を基本理念とし、トヨタグループ各社の出資により、科学技術と産業の発展に寄与しています。

トヨタグループの研究機関である当社は、トヨタグループ各社の重要課題を解決するだけでなく、グループ全体の先端研究をリードし、「新産業・新事業を創る」という使命があります。部署を越えた研究活動も行っており横の繋がりも強く、知識と技術を高められる自慢の環境です。グループ各社の様々な課題に対して、委託を受けて研究を進めたり、当社独自の基礎から応用までの研究テーマを提案・推進したりと幅広く活躍していただけます。
本社郵便番号 480-1192
本社所在地 愛知県長久手市横道41番地の1
本社電話番号 0561-63-6509
東京キャンパス郵便番号 112-0004
東京キャンパス所在地 東京都文京区後楽1 - 4 - 14 後楽森ビル10階
設立 1960年11月
資本金 30億円
従業員 944名(2022年4月1日現在)
売上高 215億6,441万円(2021年3月期)
株主構成 (株)豊田自動織機
トヨタ自動車(株)
愛知製鋼(株)
(株)ジェイテクト
トヨタ車体(株)
豊田通商(株)
(株)アイシン
(株)デンソー
トヨタ紡織(株)
技術協力契約会社 トヨタ自動車東日本(株)
豊田合成(株)
日野自動車(株)
ダイハツ工業(株)  (他35社)
代表者 ■代表取締役CEO 古賀伸彦
■代表取締役所長兼CRO 中西広吉

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.9日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 31名 37名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 8名 14名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
豊田中央研究所で最も大切なのは、一人ひとりの研究者です。
成長の各ステージで求められる実務知識・スキルを習得し
一人ひとりが研究プロとして確実に成長していく教育制度を用意しています。

【新入社員・若手社員教育】
毎年バージョンアップしながら、新入社員の研修に力を入れています。
◆導入教育 : 会社生活の基礎を学ぶ
◆データサイエンス教育:世の中が激変する中、様々な問題を解決するのにDXが必要となるため、その基礎知識を学び、チームで課題に取り組み、データ解析ができるようにするための研修です。
◆トヨタ工場実習: モノづくりの現場で、品質や安全に対する姿勢や当社に求められている役割を学ぶ実習です。
◆プレゼンテーション研修: 人を惹きつけるプレゼンテーションスキル・英語論文のテクニックを、相互学習・相互評価によって学びます。
◆配属後のフォローアップ:先輩社員制度及び人事によるフォローアップ面談があり、安心して業務に取り組めるように、配属後のケアを行っています。

【留学支援制度】
◆グローバル研修派遣制度:国内外の研究所や企業など自社以外の環境で最先端の研究を体感したり、組織運営の考え方や専門知識を学んだりすることを支援する若手所員対象の制度です(生活費やプログラム費用を会社が補助します。)

◆グローバル留学派遣制度:新技術の習得や世界トップレベルの研究ネットワークの構築、学位取得などを目的に、海外の研究室や大学で学ぶことを支援し、グローバル人材への成長をサポートします。(滞在中の生活費、研究費などを会社が補助します。)

◆国内留学制度:全所員を対象に、業務に支障のない範囲において博士後期課程への通学を許可し、自己啓発による学位取得を支援しています。

【マネジメント教育】
◆昇格者研修:全所員を対象に、業務に支障のない範囲において博士後期課程への通学を許可し、自己啓発による学位取得を支援しています。

◆新任役職者研修:新任役職者を対象にした研修です。労務管理、安全など、役職者として習得すべき知識やマネジメントスキルを学びます。

◆メンタルウェルネス研修:新任役職者を対象に、メンタルヘルスにおける知識、気づき、ストレス耐性、ストレス対処、リラクゼーションなどを学び、職場運営に活かします。
…他
メンター制度 制度あり

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 7 6 13
    2020年 9 3 12
    2019年 11 6 17

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、首都大学東京、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東北大学、名古屋大学、名古屋工業大学、北海道大学、明治大学、早稲田大学

など

前年度の採用実績(人数)               2020年    2021年    2022年(予)
--------------------------------------------------------------------------------
研究職・事務系総合職     12名     13名    17名

取材情報

チャレンジし続ける人を応援する制度が充実
先駆的な研究成果を世界に発信する研究所の一員として
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)豊田中央研究所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)豊田中央研究所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)豊田中央研究所の会社概要