最終更新日:2023/1/16

電機資材(株)【日本製鉄グループ】

業種

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)

基本情報

本社
東京都
資本金
3億1,000万円
売上高
単体:391億円(2021年3月期) 連結:434億円(2021年3月期)
従業員
単体:137名(2021年12月現在)

日本製鉄グループの鉄鋼専門商社です。高品質の電磁鋼板を中心に最適な素材、製品、サービスをお客様へ提供し、エネルギー効率化社会の発展を通じて地球環境に貢献しよう!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
電機資材(株)は社員の名前と顔が一致する、少数精鋭のプロ集団。社員間の距離が近いだけでなく、キャリアや年次に関係なく意見を言える自由な社風も魅力だ。
PHOTO
車メーカーや部品メーカーが集中する名古屋支店は、当社にとっても重要拠点。堀内さんはここで営業の陣頭指揮を執るだけでなく、後輩の育成にも力を入れている。

身近な製品にも使われる電磁鋼板。将来有望な商材を手掛ける専門商社です!

PHOTO

電磁鋼板営業部/成瀬部長

電磁鋼板は電力インフラや電気製品、自動車など、多様な産業分野で使われている鋼材です。多くは私たちの目に見えないところで活用されていますが、身近な製品に利用されていることも。例えば、ハードディスクのスピンドルモーターや、ノートパソコンに搭載されている冷却ファンの超小型モーター。これらの高性能モーターにも、一般的に電磁鋼板が多く用いられています。

当社の特徴は、まず高度な商品知識を身に付けたプロフェッショナルな営業担当者が揃っていること。次に製品の二次加工までできる工場を自社で構えていること。そして、多種多様なお客さまとの取引で蓄積した圧倒的な情報量です。当社は日本製鉄(株)が製造する電磁鋼板の国内販売シェアの大部分を持っているので、製品のノウハウや販売網に関する情報が集約されるのです。それをチーム内で共有している点も、大きな強みです。

商社パーソンの役割は、仕入先であるメーカーとお客さまをつなぐこと。当社で活躍している方に多いのは、「人と人をつなぐこと」にやりがいを感じる人財。「人と関わるのが楽しい!」と思う方との出会いに期待しています。
(電磁鋼板営業部/成瀬 寛暁/1996年入社)

電磁鋼板の主な用途はモーターの鉄芯材料です。成長著しい自動車業界では、ハイブリッドカーや電気自動車の生産量が増えるに従い、電磁鋼板の需要も拡大しつつあります。私が勤務している名古屋支店では、数名の営業担当者が力を合わせ、高品質な電磁鋼板を多数の自動車部品メーカーのお客さまに販売しています。

私たちの役割は、品質管理・納期調整・安全などに気を配りながら、最適な商品をお客さまに提案・販売すること。豊富な商品知識を求められますが、入社前から電磁鋼板に詳しい人はまずいません。そのため、当社には万全の教育・研修体制が整っています。
入社時研修では、電磁鋼板に関する基礎知識を座学で習得。当社工場での現場研修では、電磁鋼板の加工法や生産手順などを身に付けることができます。配属後は上司や先輩から学ぶOJT期間。実務を通じて営業パーソンとしてのスキルを高めていきます。

電磁鋼板は環境との親和性も高く、将来性が期待される鋼材です。意欲あふれる皆さんと共に、その市場を更に拡大していきたいですね。
(名古屋支店/堀内 潔貴/2004年入社)

会社データ

事業内容
1.電磁鋼板の販売(材料の販売及び加工)
2.電磁鋼板加工品の販売(モーターコア・巻き鉄芯など加工品の販売)
3.その他鋼材・非鉄金属等の販売(カラー鋼板、メッキ鋼板、銅合金、光ケーブル等)

PHOTO

技術系総合職の担当に必要な要素は、商材に関する専門知識。工場ではコミュニケーション能力や統率力が求められます。それらは入社後の研修で身に付けることができます。

本社郵便番号 101-0044
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ3F
本社電話番号 03-6853-8011
創業 76年
設立 1946年11月18日
資本金 3億1,000万円
従業員 単体:137名(2021年12月現在)
売上高 単体:391億円(2021年3月期)
連結:434億円(2021年3月期)
事業所 本社/東京都千代田区鍛冶町 2-2-2 (神田パークプラザ)

大阪支店/大阪府大阪市西区靭本町 1-4-12 (本町富士ビル)
大阪支店 姫路出張所/兵庫県姫路市南畝町2-34

名古屋支店/愛知県名古屋市中村区名駅南 2-13-18 (NSビル)

九州支店/福岡県北九州市八幡東区前田 2142 (日本製鉄(株) 九州製鉄所 八幡
管理センター)

袖ヶ浦工場/千葉県袖ケ浦市中袖31

堺工場/大阪府堺市北区八下北6-21
堺工場 三重出張所/三重県多気郡多気町東池上800

株主構成 日鉄物産(株)   23.8%
日本製鉄(株)   20.8%
(株)メタルワン  10.7%
(株)日立製作所  7.0%
(株)東芝     7.0%
三菱電機(株)   7.0%
(株)ダイヘン   4.0%
 他
主な仕入先 日本製鉄(株)
(株)メタルワン
日鉄物産(株)
伊藤忠丸紅鉄鋼(株)
日本金属(株)
主な販売先 (株)東芝
三菱電機(株)
(株)日立製作所
(株)ダイヘン
(株)安川電機
等 国内外の重電・家電メーカー、HEV・EVメーカー各社向け
主要取引銀行 (株)三井住友銀行
(株)三菱UFJ銀行
(株)みずほ銀行
(株)商工組合中央金庫
経営理念 私たちは、高品質の電磁鋼板を中心に最適な素材、製品、サービスをお客様へ提供し、エネルギー効率化社会の発展による地球環境改善に貢献します
行動指針 ・法と社会のルールを守り、信頼を大切に誠実に行動しよう
・活発に対話し、協力していきいきとした職場としよう
・自己研鑽に励み、高い目標へ積極的に挑戦しよう
沿革
  • 1946年11月
    • 日本電機工業会の資材調達部門を継承し、独立の民間法人として、資本金100万円にて電機資材(株)を設立
  • 1948年10月
    • 日本製鉄(株)の電磁鋼板の販売を開始
  • 1956年9月
    • 三井物産(株)が資本参加、電磁鋼板・薄鋼板の販売を強化
  • 1966年6月
    • 大阪府堺市に堺工場を新設
  • 1977年6月
    • 千葉県袖ヶ浦市に袖ヶ浦工場を新設
  • 1994年2月
    • 三井物産(株)、萬宝電器集団公司との共同出資で、広州日宝鋼材製品有限公司を設立
  • 1994年11月
    • 袖ヶ浦工場に磁気シールドパネル加工工場新築、シールドパネル加工事業を開始
  • 1995年3月
    • 香港支店を開設
  • 1999年8月
    • (株)メタルワンが当社に資本参加
  • 2005年1月
    • 堺工場に斜角剪断加工ラインを導入、電磁鋼板剪断加工(斜角・短冊加工)事業を開始
      (2009年5月にラインを増設し、二基体制となる)
  • 2006年5月
    • 兵庫県姫路市に大阪支店 姫路出張所を開設
  • 2010年5月
    • 日本製鉄(株)の一次商社(指定商社)となる
  • 2011年1月
    • 電機資材(香港)有限公司及び広州電基資材貿易有限公司を設立
  • 2014年9月
    • 袖ヶ浦工場に斜角剪断加工ラインを導入、電磁鋼板剪断加工(斜角加工)事業を開始
  • 2015年4月
    • 三重県多気町に堺工場 三重出張所を開設
  • 2017年6月
    • 資本金を3億1,000万円に増額
  • 2018年4月
    • 日鉄物産(株)による三井物産(株)の鉄鋼事業一部譲渡に伴い、日鉄物産(株)が三井物産(株)保有の当社株式全てを取得
  • 2018年5月
    • 広州電基資材金属製品有限公司を設立
  • ISO関連
    • 2004年 6月 ISO14001取得
      2008年12月 ISO 9001取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 0名 2名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.5%
      (135名中2名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
◆新入社員研修
 本社で当社の事業概要を学び、その後、工場で電磁鋼板の基礎について
 学んでいただきます。
 電磁鋼板の知識について初歩から丁寧に説明いたします。

◆電磁鋼板に関する研修
 電磁鋼板は専門性の高い素材です。
 電磁鋼板のスペシャリストがわかりやすく説明いたします。

◆自社工場での研修
 設備や加工について学んでいただきます。
 ・発電・送電などエネルギー分野の知識
 ・自動車・家電・産業機器・ロボットなどモータ利用分野の知識
 ・機械、電気、計測装置など設備に関するスキル
 ・安全衛生・環境・防災・品質に関わる法令及び工場運営の知識(主に技術系総合職)

◆若手社員研修
 若手社員同士の情報交換を通じてさらに自分を磨く研修

◆中堅社員研修
 次世代リーダーを育成する研修

◆リーダーシップ・マネジメント研修
 部下の育成や組織活性化のためのリーダーシップを習得する研修
自己啓発支援制度 制度あり
◆簿記研修の取得
 業務上必要な経理の基礎知識を学んでいただくため
 簿記検定3級を取得していただきます。
メンター制度 制度あり
◆OJT指導者研修
 上司や先輩社員などの指導担当者が新入社員を教育・育成する方法を学ぶ研修
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
検査技能資格検定(ノギス・マイクロメーター等)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 0 1
    2020年 3 0 3
    2019年 3 1 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 3
    2019年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
東北大学、茨城大学、東京大学、東京外国語大学、滋賀大学、高知大学、北九州市立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、法政大学、中央大学、神田外語大学、日本大学、津田塾大学、成蹊大学、國學院大學、東洋大学、二松学舎大学、拓殖大学、国士舘大学、関東学院大学、武蔵大学、千葉工業大学、南山大学、同志社大学、大阪経済大学、大阪体育大学、神戸学院大学、福岡大学、九州産業大学

前年度の採用実績(人数)  2022年 2名
 2021年 1名
 2020年 3名
 2019年 4名
 
 

取材情報

技術職総合職として、活躍の場が広がる面白さ。「商社におけるエンジニア」という選択
機械、電気の知識を生かし、キャリアアップする先輩たち
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

電機資材(株)【日本製鉄グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
電機資材(株)【日本製鉄グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 電機資材(株)【日本製鉄グループ】の会社概要