最終更新日:2022/11/14

旭川信用金庫

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
北海道
出資金
22億5,600万円 (2022年3月末現在)
預金
9,652億円(2022年3月末現在)
従業員
392人(うち常勤役員8人)  (2022年3月末現在)

地域に根付いたコンサルティングサービスを提供。北海道内で資金量トップクラスの信用金庫です!

会社紹介記事

PHOTO
お客さまのことを第一に考え、お客さまに喜ばれるサービス提供に努めています。
PHOTO
課題解決型営業を主体に、地域貢献を実現する実力を持った人間力の高い金融プロを目指しています。

地元を元気にできる仕事。それが信用金庫の仕事です。

PHOTO

左)長谷川 祐輔 2016年入庫 永山南支店  右)萬城 芽生 2018年入庫 神居支店

信用金庫はメーカーとは違い独自の製品を販売しているわけではありません。お客様との信頼関係が重要な仕事です。個々の能力、人との繋がりや情報を利用してお客様に提案することで、課題解決や信頼構築に繋がります。「自分だからこそ喜んでもらえた」という実感を得たかったため入庫を希望しました。
現在は、主に個人や法人のお客様に対する融資業務を担当しております。お客様が何を望んでいるのかをヒアリングしそれに沿った提案が必要なので、「お客様の声に耳を傾ける」ことを意識して業務にあたっています。
仕事をしていて嬉しかったことは、提案したことに対してお客様に感謝されたことです。はじめは会社について深い話をしていただけませんでしたが、「御社のためにお力になりたいです。何かできることはありませんか?」と率直な気持ちをぶつけたところ、会社の悩みや課題など経営の深いところまで教えていただきました。
店全体を巻き込み提案できることがないかを考え、アイデアの提案に繋げることでお客様に喜んでいただくことができました。課題に向き合えたこと、考えたことを提案しお客様から感謝されたことは、仕事に喜びを感じることができやりがいに繋がりました。

長谷川 祐輔  2016年入庫 永山南支店


私は小学校の頃から教育関係で働くことを夢見ており、教育大に進学しました。しかし、世の中をもっと広い目で見つめてみたい、様々な仕事をする人々と関わってみたい、という思いから、金融機関に興味を持ちました。人が生きていくうえで必ず必要になる、お金を通じて、人々の生活を支えることができればと思い、入庫を志望しました。
現在は、預金係として窓口業務および後方業務を担当しております。お客様の口座の入出金や、振込等の受付に加え、一人一人のライフプランに沿った商品のご提案をおこなっております。
仕事をしていて嬉しかったことは、障がいを抱えながら絵本の執筆活動をしているお客様がおり、「お金にはならなくても、生きることの素晴らしさを伝えたい。多くの方に絵本を知ってもらいたい」という、本人やご家族の要望を叶えるべく、支店のロビーに絵本の紹介コーナーを作りました。すると、絵本を手に取り、読んでくださるお客様がたくさんいらっしゃいました。地域の方々に絵本や作家さんの存在を広めることができ、大変嬉しかったです。

萬城 芽生 2018年入庫 神居支店

会社データ

事業内容
旭川市・札幌市・富良野市を含む18市16町1村を営業地区として、預金業務・貸出業務・内国為替および外国為替業務・有価証券投資業務・付帯業務およびその他の業務(日本銀行歳入代理業務)、国債窓口販売業務、投資信託窓口販売業務、個人年金保険等の窓口販売業務、遺言信託代理店業務など)を行っています。
本社郵便番号 070-8660
本社所在地 北海道旭川市4条通8丁目
本社電話番号 0166-26-1166
設立 大正3年(1914年)4月11日
出資金 22億5,600万円 (2022年3月末現在)
従業員 392人(うち常勤役員8人)  (2022年3月末現在)
預金 9,652億円(2022年3月末現在)
貸出金 3,283億円(2022年3月末現在)
事業所 40店
(旭川市内25・旭川市近郊5・札幌
市内5・富良野市・近郊5) 2021年3月末現在
関連会社 (株)旭信ビジネスサービス
平均年齢 36歳11か月(2022年3月末現在)
財務指標 (2022年3月期)
当期純利益 12億7,900万円
経費率 0.59%
不良債権比率  2.81%
自己資本比率 17.53%
沿革
  • 1914年
    • 有限責任旭川信用組合設立
  • 1951年
    • 旭川信用金庫に改組
  • 1966年
    • 日銀との当座勘定取引開始
  • 1976年
    • 預金量1,000億円突破
  • 1977年
    • 道内の信金でいちはやく店外CD設置
  • 1982年
    • 預金量2,000億円突破
  • 1990年
    • 預金量3,000億円突破
  • 1992年
    • 旭川信金産業振興奨励賞の創設
  • 1995年
    • 東北以北の信用金庫でいちはやく外国為替を取り扱う
  • 1997年
    • 預金量4,000億円突破
  • 1998年
    • 旭川市の指定金融機関となる
  • 1999年
    • 預金量5,000億円突破
  • 2002年
    • 富良野信用金庫と合併
  • 2004年
    • 創立90周年、新インターネットバンキング取扱開始
  • 2006年
    • M&A業務・遺言信託業務の取扱開始
  • 2007年
    • ATM時間外手数料の完全無料化開始、動物キャラクター通帳の取扱開始、旭川高専との産学連携
  • 2008年
    • 地域貢献室を設置、地域力連携拠点事業の開始
  • 2009年
    • 旭山動物園「もっと夢基金」への寄贈
      旭川市民がん検診受診率向上プロジェクトへの参加
  • 2012年
    • 地域振興部を創設
  • 2013年
    • 会長に杉山信治、理事長に原田直彦が就任
  • 2014年
    • 創立100周年
      文書管理センター新設
  • 2015年
    • 預金平残8,000億円突破
  • 2017年
    • 課題解決推進部の新設
  • 2020年
    • 西支店を「しあわせ応援プラザ西」にリニューアル
      トライアルワークセンターをオープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.1年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.6時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 7名 8名 15名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 7名 0名 7名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
あり

新入職員集合研修(ビジネスマナー、業務知識、オペレーション等)
新入職員フォローアップ研修
新任テラー応対研修
新担当者研修
※係や経験に応じ各種研修を実施
自己啓発支援制度 制度あり
あり

通信講座、検定試験合格者への受験料補助
公的資格奨励金
メンター制度 制度あり
あり(メンター手当あり)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
キャリアコンサルティング制度を2021年度に創設。キャリアコンサルタント資格保有者である当金庫職員と、外部キャリアコンサルタントの両方が選択可能。希望者は数回実施可能。
自らのキャリアを考えることで、仕事に対するモチベーションの向上、人材の定着や組織の活性化を図っている。
社内検定制度 制度あり
あり

全信協実務試験、銀行業務検定

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 6 15 21
    2021年 10 17 27
    2020年 11 16 27
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 27
    2020年 27
    2019年 26
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 1
    2020年 2
    2019年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青山学院大、青森公立大、旭川大、亜細亜大、大阪経済大、小樽商科大、神奈川大、関西学院大、関東学院大、北見工大、京都産業大、釧路公立大、国学院大、国士舘大、駒澤大、札幌学院大、札幌大、札幌大谷大、首都大学東京、成蹊大、専修大、仙台大、高崎経済大、高岡法科大、拓殖大、千葉商科大、中央大、東京経済大、東洋大、同志社大、獨協大、名古屋商科大、新潟大、日本大、函館大、弘前大、福井県立大、法政大、北星学園大、北海学園大、北海商科大、北海道大、北海道教育大、明治大、横浜国立大、立教大、龍谷大、立命館大、早稲田大 他

<短大>
旭川大学女子短期大、國學院女子短期大、札幌大学女子短期大、札幌国際大学短期大、静修女子短期大、名寄女子短期大、藤女子短期大、北海道女子短期大、北海道武蔵女子短期大、北星学園大学女子短期大 他

<その他>
旭川高等専門学校、旭川大学情報ビジネス専門学校 他

前年度の採用実績(人数) 2022卒 (予定) 大卒18名、短大高専卒12名
2021卒 27名(うち大卒16名、短大卒2名、高卒9名)
2020卒 27名(うち大卒14名、短大卒3名、高卒10名)
2019卒 26名(うち大卒12名、短大卒3名、高卒11名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

旭川信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
旭川信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 旭川信用金庫の会社概要