最終更新日:2023/9/21

(株)エス・イー・シー・ハイテック【コムシスグループ(サンコム・グループ)】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • インターネット関連
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
41億2,000万円(2021年度) 39億6,000万円(2020年度) 36億3,000万円(2019年度) 35億1,000万円(2018年度)
従業員
309名(2023年4月現在) 

「つなぐチカラで、ミライをつなぐ」 ~歩み続ける<情報・通信の最先端>~

弊社へご関心をお寄せいただき誠にありがとうございます♪ (2023/09/21更新)

PHOTO

★10月も開催枠多数です♪★
★生配信型説明会 受付中!★

こんにちは!

コムシスグループ(サンコム・グループ)
株式会社エス・イー・シー・ハイテック
人事総務部 採用グループです。

この度は、弊社へご関心をお寄せいただきまして誠にありがとうございます!!

IT通信業界や制御ソフト開発ってどんな仕事なの?

少しでもご興味がございましたら、是非一度セミナーに参加してみませんか?

当セミナーはオンライン(生配信)にて開催中です!

ご自宅からお気軽に参加いただけますので、
まずはオンラインセミナーにて、私たちの働き方や業務内容・やりがいなどを説明させて頂ければと思います。

詳細日程はマイナビの「説明会・セミナー」ページにて公開しております。
ご興味がございましたら是非ご確認下さい!

皆様とお会い出来ますことを、採用担当一同楽しみにしております♪

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
JR山手線 大崎駅(東京都品川区)の近くにある本社ビルの外観。駅から徒歩8分以内とアクセス良好。晴れた日は15Fフロアから富士山を見ることができます!
PHOTO
個人の成長が企業の成長に繋がるという考えのもと、社員教育には力をいれています。分からないことは何でも聞ける環境です。

“人と人がつながる”を支え続けてきました!

【5G時代にますます価値を発揮する当社の技術】
当社は元々、通信システムがアナログからデジタルに変わる時代の変遷のなかで設立され、通信キャリア、通信機器メーカーと共に技術の進化を支えてきました。キャリアグレードと呼ばれる、社会インフラを支える高度な技術水準は当社の大きな強みです。高速・大容量通信システム「5G」は、一般には動画視聴などで期待されていますが、産業界では、伝送遅延が極めて小さくなることに注目。自動運転など高度に即時性が求められる領域でも、インターネットを介したサービス提供が可能になります。今後、あらゆるサービスがインターネット化する世の中で、当社の技術がさらに価値あるものとなります。活躍できるフィールドはますます広がるでしょう。

【勉強意欲とやり抜く力を重視。多様な人材が強みを活かして活躍中】
通信の世界は進化が速く、次々と新しい技術が出てきます。常に勉強する意欲を持ち、どん欲に知識を吸収する人に来てほしいです。難しいことも多いので、あきらめずにやり抜く力も必要です。その努力に対して、当社はしっかり報いる会社です。面接でも、そのような資質を見ています。面接時点では、当社の事業領域について詳しく知っていなくても構いません。ただし、やはり通信やインフラに関心があり、やりがいを感じられる人が長く活躍できると思います。当社は、理系も文系もいれば、物静かな人もリーダーシップを発揮する人もいます。それぞれが強みを活かして活躍しています。社会を支える仕事に魅力を感じたら、ぜひ来てください。

【働きやすく成長実感を持てる会社♪】
当社は「人の成長が会社の成長」と考え、教育に力を入れています。新入社員の方は入社後、4カ月間にわたる充実した集合研修に始まり、配属後は先輩社員がきめ細かにフォローしながらのOJT、その後は2年生教育、3年生教育と段階的に、技術や社会人としてのスキルを身につけていきます。4年目以降は専門技術やマネジメントスキル、リーダー・課長・部長などの階層別研修のほか、技術に特化した様々な研修と資格取得支援の制度も充実しています。働き方改革や福利厚生の充実にも取り組み、全社員の定着率は96.7%です。育休を経て活躍する社員も多く、女性も男性も長く安心して働き、成長できる会社です。

会社データ

プロフィール

電気・通信・コンピュータ設備工事の分野で業界大手のコムシスホールディングス。
そのグループ企業として、最先端のIT技術の研究・開発に取り組んでいるのが弊社です。

大手通信メーカー・自動車部品メーカーをはじめ、日本のモノづくりを支える数々の企業や官公庁から、継続的な依頼をいただき、ソフトウェア開発を中心としたトータルソリューションを展開することで、情報通信分野の発展に貢献しています。


企業理念の1つとして「技術の要は人財」を掲げています。

社員一人ひとりの成長があってはじめて会社も成長できます。
社員は『財産』です。
そんな思いから「人財」という言葉を使っています。 

弊社では役職についているベテラン社員に対しても、ほとんどが「さん」付けで呼んでいます。
そもそも社長が「なんで『社長』と呼ぶの?呼ぶなら名前で呼んで!」という方です。
社内の風通しがよく、思い切り自分の個性を発揮して行ける会社です。 

また、技術を核として動いている技術者集団。

プログラミングが好き! PCが好き! その熱意を大切にしています。 

事業内容
  • 受託開発
  • 技術派遣
情報通信ネットワークに関わる調査・企画提案、システム開発、ソフトウェア開発、評価業務、運用・保守、各種支援業務

---------------

 通信事業者向けのシステム設計・構築を中心にネットワークインフラの設計・構築、各種システムの保守・運用、組込みソフトウェア開発、IoTソリューション開発などを手がけるICT企業となります。情報通信工事や電気設備工事などを手がける東証プライム上場企業、コムシスホールディングスグループに属する企業でもあります。同グループのサンワコムシスエンジニアリングの100%子会社にあたります。

 通信、組込、およびIoTなど次世代技術の研究開発を事業の三本柱としており、このうち主力の通信領域の事業が売上の約6割を占め、クライアントは大手電気メーカーグループ各社をメインに、コムシスホールディングスグループ各社、システムインテグレーター・ソリューション開発ベンダー各社など。多くの優良クライアントを持ち、事業の安定度は抜群。

 1989年の創業以来、黒字経営を続け、自己資本比率65%以上と財務状況も極めて良好。高い技術力を誇り、堅実に事業を営んできました。BtoBの事業であるため、一般に馴染みは薄いが、通信など社会になくてはならないインフラや機器を、後方から支えるシステムを作り、見えないところで社会に貢献してきました。

 創業時に遡ると、通信機器のデジタル化に伴い、通信機器向けのソフトウェア開発の必要性が高まったことから、この領域の代表的な大手メーカーの協力を得て設立。「設立から20年は、共に通信キャリア向けのシステムを開発する事業を中核にしてきました。その後、培ってきた強みを活かして事業を広げようと考え、組込みソフトウェアの開発に進出しました」。

 組込みは自動車、家電、POSレジ、スマートフォン、通信モジュールなどに向けたソフトウェアを開発。そして近年は、通信×組込みの技術をIoTの領域に展開すべく、研究開発も進めています。今や通信と組込み、およびそれらが融合した技術は、多くの企業が求めるもの。これらが蓄積されているエス・イー・シー・ハイテックへの注目は高く、引き合いも絶えない状態が続いています。

 次世代通信「5G」の登場で一気に進むIoT化など、エス・イー・シー・ハイテックの力が必要とされる場面は非常に多く、当社の存在感が増す時代に突入しました。

PHOTO

受託事業だけでなく、Beaconやスマートフォン、Bluetoothを活用した自社プロダクト開発にも積極的に挑戦(「屋外リアルタイム位置情報システム」のアプリケーション画面)

本社郵便番号 141-0022
本社所在地 東京都品川区東五反田2-17-1
オーバルコート大崎マークウエスト15F
本社電話番号 03-5422-8900
設立 1989年7月5日(サンワコムシスエンジニアリング(株)の100%出資会社として設立)
資本金 3,000万円
従業員 309名(2023年4月現在) 
売上高 41億2,000万円(2021年度)
39億6,000万円(2020年度)
36億3,000万円(2019年度)
35億1,000万円(2018年度)
主要取引先 日本電気(株)
日本電気通信システム(株)
NECネッツエスアイ(株)
NECソリューションイノベータ(株)
サンワコムシスエンジニアリング(株)
日本コムシス(株)
コムシス情報システム(株)
代表取締役社長 笠原 淳至
事業所 本社(東京都品川区東五反田)
技術開発センター(千葉県我孫子市)
平均年齢 38.2歳(2023年4月1日時点)
サンコムグループ 通信事業者向けインフラ・ネットワークを中心に、企業・社会公共向け通信ネットワークのフィールドで、 ネットワーク技術とソフトウェア技術を核としたトータルソリューションを展開。
情報通信分野の発展に寄与するだけでなく、豊かな社会の実現に貢献していきます。

・サンワコムシスエンジニアリング(株)
・三和電子(株)
・サンコムテクノロジ(株)
コムシスグループ コムシスホールディングスの一員として、通信情報基盤構築、IPネットワーク構築、モバイルソリューション、環境事業などを通じ、お客様の企業価値の向上と社会貢献に努めて参ります。

 ・日本コムシス(株)
 ・サンワコムシスエンジニアリング(株)
 ・(株)TOSYS
 ・(株)つうけん
 ・NDS(株)
 ・(株)SYSKEN
 ・北陸電話工事(株)
 ・コムシス情報システム(株)
 ・コムシスシェアードサービス(株)
通信×組込み技術に脚光 IoT社会の到来とともに、通信やネットワークに長けたエンジニア、組込みエンジニアを多く擁している弊社の価値は高まっています。弊社の大きな強みである人的リソースは、外からは宝の山のように見えていることと思います。例えば車載の組込みソフトウェアも、かつてはその機器の中で完結していました。現在は車両内の機器同士が車載LANでつながり、協調制御される。走っている車両同士も含め、色々なものが通信でつながる。自動運転技術は、その粋を集めたものです。まさにエス・イー・シー・ハイテックの得意分野であり、今や弊社の技術や人材は、最先端のプロダクトや近未来の生活に直結するものとなっています。
IoTプロジェクトにも参画 通信やネットワークに長けたエンジニア、組込みエンジニアを多く擁している弊社の人的リソースを活かすべく、R&Dにも積極的に取り組んでいます。IoTの拡大や発展を目指し、NTTドコモ様が国内有数企業と連携して立ち上げた研究プロジェクト『Project Linking』にも参画。同プロジェクトでは、一般ユーザーが日常の様々なシーンで利用できるアプリケーションを開発、公開しています。ここで得たノウハウも、いずれエス・イー・シー・ハイテックのリソースと融合することで、弊社に新たな可能性をもたらすことになると考えています。

既に、この領域への挑戦も始まっています。自社プロダクト『スポーツ向け屋外リアルタイム位置情報システム』です。ウェアラブルのビーコンとスマートフォン、省電力・高性能のBluetoothを組み合わせたもので、競技中の選手の位置情報を、リアルタイムに表示する。屋外スポーツのシーンでの使用を想定しており、選手は自身の中間順位を知り、大会運営者は先頭と最後尾の選手の位置の監視に、沿道の応援者は、応援している選手のトラッキングに利用できる。高速で移動するバイク競技部分での認識も可能だ。社内でアイデアを出し合い、「こんなのがあったらいいね」というものを、実際に形にしました。
このような挑戦は今後も続いていきます。
新たな価値創出へ 新しい価値を生み出すための活動にも注力する。クラウドビジネス、AI・ビッグデータ、セキュリティーといったキーワードで、社内には4つのワーキンググループがあり、有志のメンバーが集ってアイデアを出し合い、発表。事業になりそうなら組織化していく。もはや通信、組込み、IoTと明確に事業領域を区切れる時代ではない。すべてがシームレスになっている今、組織を超えて有志が集まり、知恵を出し合う。これから入るメンバーへの期待も大きい。「新卒で入られる方は、社員にはないフレッシュな考えが魅力、我々とは違う経験をもっています。我々が知らないものを見せてくれて、そこで化学反応が起きることが楽しみです」。実際、新卒で入ったメンバーも積極的にワーキンググループに参加し、周囲の刺激となっています。 
エントリー後について 「説明会・セミナー」ページより、
オンライン形式での説明会(生配信版)をご案内しております!
説明会ご視聴後、選考のご案内を致しますので、
まずはこちらよりお申込み下さい!
オンライン説明会 弊社では現在、オンライン(生配信or録画)での説明会を開催中です。
セミナー視聴後、ご希望される方に選考のご案内をお送り致します♪

■オンライン説明会について
 Web上でご参加いただける生配信版会社説明会(ライブセミナー)を
 2種類開催、またいつでもご視聴頂ける録画版説明動画を配信しております。
 まずは「説明会・セミナー」ページより
 当オンライン説明会へのご参加、ご視聴をご検討下さい♪
ハイテックチャンネル https://youtu.be/JvzUiALZi6o
沿革
  • 1989年 7月
    • サンワコムシスエンジニアリング株式会社の100%出資会社として東京都港区に設立
  • 1995年
    • 本社部門の事務所を移転(東京都千代田区)
  • 1997年
    • 千葉県我孫子市柴崎台に技術開発センター(天王台ハイテックビル)を建設
  • 1999年
    • ISO9001認証を取得
  • 2001年
    • 本社部門の事務所を移転(神田)
  • 2004年
    • 技術開発センターでISO14001を取得
  • 2010年
    • 技術開発センターに本社移転
  • 2011年
    • ISO27001(ISMS)を取得
  • 2017年
    • 東京都品川区東五反田に本社移転
  • 2017年
    • スポーツ向け屋外リアルタイム位置情報システム(ABeacon)の提供を開始 

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.0年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.9時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 5名 6名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■基礎をしっかり固めて、社会人・技術者のベース作り
 ・新入社員教育(5カ月の集合教育)…厚生労働省認定の技術者研修プログラム
  ⇒実務に入ってからつまずいてしまわないよう、新人研修の中でしっかりと基礎力をつけていただきます。
 ・新入社員フォローアップ教育(OJTメンター制度)
 ・2年生、3年生教育(集合(予定))
 ・各種専門技術教育

■専門技術やマネジメントスキルを磨く
 ・各種専門技術教育
 ・PM・リーダーシップ教育
 ・顧客関係・提案力強化教育
 ・各種マネージメント教育

■高度な技術を磨くスペシャリスト
 SDN/NFV/VMware/KVM/OpenStack/Python/品質管理/レビュー技術
 Docker/コンテナ/Ansible/Zabbix/UML技術/AI(データ分析)/クラウド構築(AWS,Azure) 等
 

■充実の中堅社員研修/管理職研修
 継続したスキルアップには、座学で知識を学び、その知識を業務に展開して
 実践することによりスキルに変えるというサイクルが必要です。

 当社では、中堅社員教育として、
  ・マネジメントスキル(コンセプチュアルスキル)
  ・テクニカルスキル
  ・ヒューマンスキル
 の3本を柱とする教育カリキュラムを構築しており、
 社員の多様なキャリアパスに対応しています。
自己啓発支援制度 制度あり
■資格取得援助制度(全額会社負担・業務関係が対象)
資格取得支援制度…業務に必要なスキル向上を支援する目的で、対象となる資格を取得した際に、全額会社負担いたします。その他情報処理技術者資格取得のe-ラーニングや、業務上有益な資格取得については自主的に勉強会を開いたりなど積極的に行っております。
メンター制度 制度あり
■職種別OJT制度あり
新入社員が配属されてから一人に対し年次の近い先輩が一人ついてサポートする制度です。
業務や社会人としてのマナー、仕事における不安や悩みの解消、業務の指導・育成など次のステップに進むためのアドバイスをしてくれます。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
年2回直属の上司とカジュアル面談を実施し、キャリアコンサルティングを受けられます。(面談内にて、キャリアパスを元に階層別教育や資格取得教育、目標設定、ジョブローテーションの相談などを実施)
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
千葉大学、千葉工業大学、電気通信大学、日本大学、北陸先端科学技術大学院大学、早稲田大学、東京理科大学、東京電機大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学
<大学>
愛国学園大学、愛知工業大学、会津大学、青森大学、青山学院大学、茨城大学、いわき明星大学、岩手大学、岩手県立大学、宇都宮大学、江戸川大学、大阪学院大学、大阪工業大学、大阪電気通信大学、岡山理科大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢大学、金沢工業大学、川村学園女子大学、関東学園大学、学習院大学、北見工業大学、九州工業大学、近畿大学、金城学院大学、久留米工業大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、高知大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、産業能率大学、四国職業能力開発大学校(応用課程)、静岡産業大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、湘南工科大学、尚美学園大学、職業能力開発総合大学校、十文字学園女子大学、上武大学、聖徳大学、専修大学、創価大学、拓殖大学、第一工業大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、筑波大学、つくば国際大学、帝京大学、帝京科学大学(東京)、帝京平成大学、電気通信大学、東亜大学、東海大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工科大学、東京工業大学、東京工芸大学、東京国際大学、東京情報大学、東京造形大学、東京電機大学、東京理科大学、東邦大学、東洋大学、長岡技術科学大学、名古屋工業大学、南山大学、新潟大学、新潟工科大学、二松学舎大学、日本大学、日本工業大学、日本文化大学、八戸工業大学、広島大学、広島市立大学、福岡工業大学、福山大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、北海道大学、北海道情報大学、武蔵大学、武蔵野大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、目白大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、流通経済大学(茨城)、麗澤大学、和光大学、早稲田大学、和洋女子大学
<短大・高専・専門学校>
明石工業高等専門学校、阿南工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、石川工業高等専門学校、一関工業高等専門学校、茨城工業高等専門学校、宇部工業高等専門学校、大分工業高等専門学校、大阪公立大学工業高等専門学校、小山工業高等専門学校、香川高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、木更津工業高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、釧路工業高等専門学校、熊本高等専門学校、久留米工業高等専門学校、高知工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校、仙台高等専門学校、津山工業高等専門学校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、東京工業高等専門学校、東京都立産業技術高等専門学校、徳山工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、豊田工業高等専門学校、長野工業高等専門学校、新居浜工業高等専門学校、沼津工業高等専門学校、函館工業高等専門学校、船橋情報ビジネス専門学校、八戸工業高等専門学校、福島工業高等専門学校、松江工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、米子工業高等専門学校

採用実績(人数) 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
--------------------------------------
15名 15名 14名 12名 16名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 13 3 16
    2022年 12 0 12
    2021年 12 2 14
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 16
    2022年 12
    2021年 14
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 4

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp54405/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)エス・イー・シー・ハイテック【コムシスグループ(サンコム・グループ)】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)エス・イー・シー・ハイテック【コムシスグループ(サンコム・グループ)】の会社概要