最終更新日:2022/6/1

ヤマザキマザック(株)

業種

  • 機械
  • ソフトウエア

基本情報

本社
愛知県
資本金
20億円(単純合計136億2,000万円)
売上高
非上場の為、非公開
従業員
8,400人(グループ企業合計)2021年6月現在

「全ては世界中のモノづくりのために」業界トップクラス!素材加工の革新パートナー

会社紹介記事

PHOTO
海外での展示会の様子(国際工作機械見本市:アメリカシカゴ)
PHOTO
自動化ニーズへの対応力を高めた新型複合加工機“INTEGREX i-Hシリーズ”

お客様の想いを具現化するために、主体性と行動力ある人を求めています。

PHOTO

世界各国に拠点があり、海外勤務のチャンスにも恵まれた環境。「海外で活躍したい」という思いを持ち続ける強い気持ちがあれば、チャンスはさらに広がることでしょう。

当社は工作機械メーカーとして、開発から生産、販売、海外への輸出まで一連の流れを自社で行っています。工作機械のほかにも、レーザ加工機なども手掛け、最近では、これまでの私たちのノウハウをいかし、お客様の工場の仕様全体を提案するビジネスにも注力しています。昨今では、中国や韓国、台湾などのメーカーが競争力を高めており、品質や精度だけでは勝負できない時代になってきました。素晴らしい機械を提供することは当然のことながら、その機械をベストパフォーマンスで使っていただくために、私たちが長年培ってきたノウハウを合わせて提供していくことが今後ますます重要になると考えています。
そして、その根底にあるのが「すべてはお客様のために」という顧客第一主義です。単にスローガンとして掲げるだけでなく、それを実現するために、私たちは常に理念に伴った行動を意識しています。そのひとつが、製品開発から提供、サービスまで自分たちで行うという「自前主義」です。お客様が求めるものを開発・製造して販売するだけでなく、販売後のフォローにも自分たちの目を届かせて、自分たちの手で行うことでお客様満足に繋げていきたいと考えています。
私たちが求めるのは「主体性と行動力」です。私はやりがいとは会社が与えるものではなく、与えられた仕事の中から自分で見出していくものだと思っています。まわりに流されることなく、自分自身で仕事の意義や価値を見つけ出せる主体性。そして、描いたビジョンを実現させるために自ら働きかけることができる行動力。学生生活の中で、一生懸命何かに取り組んだことがあったり、物事に対して自分なりの価値を見出しながら行動した経験のある人なら、当社で大いに活躍できると期待しています。

(柳見澤 健/人事・総務部 採用・教育課 /2008年入社)

会社データ

事業内容
CNC工作機械・自動化システム・生産支援ソフトウェア・レーザ加工機等の開発・生産・販売・輸出を行っています。
本社郵便番号 480-0197
本社所在地 愛知県丹羽郡大口町竹田1-131
本社電話番号 0587‐95‐6352
創業 1919年
資本金 20億円(単純合計136億2,000万円)
従業員 8,400人(グループ企業合計)2021年6月現在
売上高 非上場の為、非公開
代表者 代表取締役会長 山崎 智久
代表取締役社長 山崎 高嗣
国内事業所 ■本社、生産工場
愛知県大口町
サポート拠点 世界84カ所(テクノロジーセンタ:38カ所、テクニカルセンタ:46カ所)
国内:北海道・東北/関東/甲信越/東海/北陸/関西/中国/四国/九州
海外:北米/中南米/ヨーロッパ/CIS/アジア
主要取引先 Aerospatiale、Air Bus S.A.S.、Caterpillar Inc.、Ferrari S.p.A、General Electric Co.、ITT Corp.、Mercedes Benz、Rolls Royce、Samsung Electronics Co.、The Boeing Co.、(株)INAX、川崎重工業(株)、キヤノン(株)、(株)クボタ、三洋電機(株)、シャープ(株)、トヨタ自動車(株)、(株)東芝、日産自動車(株)、日本電気(株)、(株)日立製作所、富士電機(株)、ブラザー工業(株)、(株)ブリヂストン、本田技研工業(株)、パナソニック電工(株)、三菱電機(株)、他全世界主要各種メーカー
経営理念 マザックは、お客様、社員、国際社会に貢献するために存在します。

【お 客 様】マザックは、マザーマシンを通して、世界中のお客様のモノづくりに貢献します。
【社  員】マザックは、働きがいのある職場を通して、社員とその家族の幸福に貢献します。
【国際社会】マザックは、誠実で責任のある企業活動を通して成長し、国際社会に貢献します。
今後の展開 本格的な幕開けを迎えたIoTの時代。工場やサプライチェーンのネットワーク化と、それによる効率化・生産改善の取り組みが製造業全体でより明確なテーマとなりました。このような中で1998年から工場のネットワーク化・IT化を進めてきたマザックはそれらをさらに深化させ、新たな製造業のあり方を実践するプロジェクトを進めています。Mazak iSMART Factoryと呼ばれる次世代工場は、専用ソフトウェア・自動化システム・インターネット回線を利用しモノとデータを高度に同期・連携させることで、多様化する顧客のニーズに柔軟に対応するマスカスタマイゼーションを実現します。
沿革
  • 1919年
    • ・山崎鉄工所創業
  • 1927年
    • ・工作機械の製造に着手
  • 1962年
    • ・日本初工作機械の対米輸出に成功
  • 1963年
    • ・MAZAKブランドの初号機完成
  • 1974年
    • ・米国工場稼働
  • 1981年
    • ・対話型CNC装置マザトロールT1完成
      ・大口製作所無人加工(FMF)工場稼働
  • 1985年
    • ・ヤマザキマザック(株)に社名変更
  • 1987年
    • ・イギリスに現地生産工場が完成
  • 1992年
    • ・シンガポール工場稼働
  • 1997年
    • INTEGREX 200Y完成
  • 1998年
    • ・パソコンとCNCを融合させた新CNC装置「Mazatrol Fusion 640」を開発
  • 2000年
    • ・中国小巨人工場稼働
  • 2004年
    • ・「INTEGREX e-1060V」が、
       「機械工業デザイン賞最優秀賞 経済産業大臣賞」を受賞。
       2002年のフランス、米国での受賞に続く、
       トリプル受賞となる
  • 2004年
    • ・「DONE IN ONE」コンセプト発表
  • 2008年
    • ・インダストリアルデザイナー奥山清行氏と共に
       工作機械のデザイン共同開発プロジェクト始動
  • 2013年
    • ・遼寧工場稼働
  • 2014年
    • ・19インチのタッチパネルを採用した独自のCNC装置
       「MAZATROL SmoothX」完成
      ・3D積層造形技術と複合加工機の
       ハイブリット複合加工機「INTEGREX i-400 AM 」を発表
      ・世界初 摩擦攪拌接合とマシニングセンタの
       ハイブリット複合加工機「VTC-530/20 FSW」を発表
  • 2016年
    • ・サイバーセキュリティに対応したIoT対応
       ネットワークスイッチ「MAZAK SMARTBOX」完成
  • 2017年
    • ・本社 大口製作所のスマート化を完了
       「Mazak iSMART Factory」として稼働開始
  • 2018年
    • ・三重県いなべ市に「いなべ製作所」稼働(第一期工事完了)
      ・複合加工機と歯車加工専用機を融合させた
       ハイブリッド複合加工機「INTEGREX AGシリーズ」完成
      ・世界初、青色半導体レーザーAM技術を搭載した
       ハイブリッド複合加工機「VARIAXIS j-600/5X AM」発表
  • 2019年
    • ・創業100周年
      ・新型複合加工機「INTEGREX i-Hシリーズ」完成
      ・新CNC装置「MAZATROL SmoothAi」及び
       ソフトウェアシリーズ「MAZATROL TWINS」完成
      ・ヤマザキマザック工作機械博物館 開業
  • 2020年
    • ・コンパクトCNC旋盤 「QTEシリーズ」完成
      ・新型CNC装置「MAZATROL SmoothEz」完成
      ・同時5軸加工機「VARIAXIS i-800 NEO」完成
  • 2021年
    • ・Mazak iCONNECTTM 「WEBサービス」の提供を開始
      ・協働ロボット自動化セル 「Ez LOADER 10」 完成
      ・3次元ファイバーレーザ加工機 「FG-220」 完成

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.6年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.8時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 8名 85名 93名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 8名 12名 20名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
●工作機械の操作、加工技術を習得するための研修機関あり。
実機を用いたプログラム実習など、工作機械の操作について深く学ぶことが出来ます。技術職、営業職の方に必要な技能と知識はこの研修機関を利用して身につけられます。

●海外研修制度あり。
営業部門及び設計部門の若手社員を対象とした研修制度。この制度を利用し、年に約20名が海を渡ります。半年間、アメリカ・イギリス・シンガポールいづれかの拠点にて、現地社員との業務を通じ、語学力だけでなく営業活動・設計プロセスの習得を目指します。参加者は公募による選抜の為、自身の目的と熱意を明確に示すことができれば誰にでも参加するチャンスがあります。

●語学研修制度あり。
海外赴任を控えた社員に対し、英語や中国語の語学教育を実施し赴任者に対する万全のバックアップ体制を整えています。社内での教育にとどまらず、海外への語学短期留学(フィリピン)にて語学力を磨く社員もいます。
自己啓発支援制度 制度あり
●通信教育制度あり。
マザック社員用に厳選された200講座の中から選択し学習する通信教育です。費用助成制度があり(奨励講座は受講修了時に費用の100%が助成されます!)社員の自己啓発を全力でバックアップします。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 36 5 41
    2020年 51 7 58
    2019年 63 4 67
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 41
    2020年 58
    2019年 67

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
北海道大学、弘前大学、東北大学、山形大学、長岡技術科学大学、茨城大学、東京大学、東京工業大学、東京外国語大学、千葉大学、早稲田大学、中央大学、明治大学、東京理科大学、上智大学、電気通信大学、横浜国立大学、東京農工大学、山梨大学、静岡大学、富山大学、金沢大学、福井大学、信州大学、名古屋大学、名古屋工業大学、岐阜大学、三重大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、南山大学、愛知大学、名城大学、豊橋技術科学大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、広島大学、岡山大学、徳島大学、九州大学、九州工業大学、宮崎大学、長崎大学、熊本大学、鹿児島大学、琉球大学

ほか

前年度の採用実績(人数) 2019年度入社   技術職 51名 / 文系職 16名
2020年度入社   技術職 40名 / 文系職 18名
2021年度入社   技術職 34名 / 文系職  7名
前年度の採用実績(学部・学科) 機械工学系、電気電子工学系、制御工学系、情報工学系、
知能システム工学系、ロボット工学系、光学系、材料工学系、
数学・物理系、経済・経営系、法学系、外国語学系、会計学系、
商学系、文学系等

先輩情報

営業
Y.I
南山大学
経済学科
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ヤマザキマザック(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
ヤマザキマザック(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. ヤマザキマザック(株)の会社概要