最終更新日:2022/12/1

フィルネクスト(株)【旧社名:京阪セロファン(株)】

業種

  • 化学
  • 印刷・印刷関連

基本情報

本社
京都府
資本金
3億125万円
売上高
209億3,883万円(2021年12月期)
従業員
430名

「あ、このパッケージ、ここで作っているの!?」食品から医療・電子機器材料まで、お客様の商品を包むメーカー、フィルネクストです。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
技術力・事業内容だけではなく働きやすさも当社の自慢。幅広い年代の社員がいますが、部門間の距離が近く、先輩・後輩関係なく話ができ冗談も言い合える、そんな職場です。
PHOTO
食品を中心としたフィルム包装材を研究・開発、製造、販売し、現在は包装以外の分野にも目を向け領域を拡大しています。弊社の加工技術で社会に貢献することが目標です。

身の回りの「包む」「守る」「彩る」を創っている当社。目に見えるやりがいがここに!

PHOTO

食べ物や医薬品など「包む」必要のあるものを包装する【軟包装材】のメーカーです。当社が開発・製造したパッケージは、技術とこだわりの詰まった「作品」です!

スライスチーズに付いているフィルムを剥くときの心地良さ、あの感覚をご存知でしょうか。あの心地良さを追及した技術、実は、私たちが生み出したものなのです。3年間改良を繰り返して作りました。フィルムの材質によってはチーズがくっつく。しかし、密封状態にしないとすぐカビが生える。そんな困難を乗り越えて作られたのが、この機能性フィルムです。他にも、お弁当についているソースの袋では、手で切りやすく中身を出しやすい構成を研究しています。商品の特性に合わせた軟包装材は、一つひとつがオーダーメイド。食品メーカーや日用品メーカーと協働し、様々なものを提案・開発しています。
商品名を実名で申し上げることができないのが残念ですが、「あ、このパッケージ、ここで作っているの!?」と思ってもらえるようなものを扱っています。

パッケージのことなら何でもお任せの当社ですから、私たちの商品・サービスはどんな場所でも必要とされています。たとえば、お弁当、レトルト食品、冷凍食品。さらに食品だけではなく、洗剤、シャンプー等、ありとあらゆるものがパッケージに包まれています。中身を同じ状態で保存すること、外部環境から中身を守ること、食べやすいように形が工夫されていること。また、そのまま電子レンジにかけられる特殊技術を備えていること、思わず手に取りたくなるデザインであること、など。世の中が進歩するごとに、包むという行為の役割も増えてきました。今後も人と環境にやさしいパッケージで、便利な生活を支えていくのが私たちの使命です。

会社データ

事業内容
【ちょっと難しく言うと】
●軟包装材(パッケージ・フィルム)の研究開発、デザイン企画、
製造(製版、印刷、加工)ならびに販売。
商材の領域は、食品用の包装材から、医薬品、
そして電子部品などの産業用包装材に至ります。

【もっとわかりやすく言うと】
●みなさんもお好きな、お菓子などの食べ物。
これらが店頭に並ぶ時、必ずと言っていいほど軟らかい包装材に包まれていますよね。
例えば、スナック菓子の入っている袋、なんてものも、それです。
それが「軟包装材」です。プラスチックフィルムなどの素材で作られ、
食品などの中身を大切に包み、守り、彩るものです。
フィルネクストでは、そうした軟包装材を主に食品向けに作っています。

●一口に「作る」と言っても、最終的に納品するまでの工程は短くありません。
まず、新製品の開発やデザインのリニューアルなど、お客様からのご要望を承る営業。
そして、消費者の動きを見据えつつ、最適なデザインを提案するデザイン企画。
デザインが決まればそれを製版し、印刷し、多層ラミネート(貼り合わせ)加工し、
切り取り・巻き取りを行い、袋の形に加工(製袋)します。
巻き取ったものは自動包装ラインでクリーンな状態のままロール包装され、
製袋したものはその場で安全なケースに箱詰めされ、お客様に納品します。

●フィルム構成の設定など、お客様からのニーズにしっかり応えられる技術的基盤を作る、
技術研究・開発も行っています。

フィルネクストで行っているのは、このような事業。
みなさんのお好きなあの食べ物の軟包装材も、私たちが作ったものかもしれませんよ。

軟包装材/軟包材/梱包/食品/パッケージ/化学メーカー/
本社郵便番号 615-0054
本社所在地 京都府京都市右京区西院月双町5
本社電話番号 075-311-0185
創業 1933年4月1日
設立 1950年1月5日
資本金 3億125万円
従業員 430名
売上高 209億3,883万円(2021年12月期)
経常利益 3億920万円(2021年12月期)
事業所 【本社】
・京都本社(京都市右京区)

【支店】
・東京支店(東京都千代田区)
・関西支店(大阪市淀川区)
・北海道支店(北海道岩見沢市)

【営業所】
・九州営業所(福岡県筑紫野市)

【工場】
・京都工場(京都市伏見区)
・つくば工場(茨城県牛久市)
・北海道工場(北海道岩見沢市)
株主構成 大阪中小企業投資育成(株)
従業員持株会
その他、金融機関、お取引先様
主な取引先 アース製薬(株)
伊藤ハム(株)
井村屋(株)
亀田製菓(株)
カンロ(株)
小林製薬(株)
(株)聖護院八ツ橋総本店
テーブルマーク(株)
東洋水産(株)
(株)ニチレイフーズ
日清食品(株)
日本生活協同組合連合会
日本ハム(株)
フジッコ(株)
富士フイルム(株)
ホクレン農業協同組合連合会
(株)北海道フーズ
マルハニチロ(株)
(株)明治
(株)モリタン
森永乳業(株)
雪印メグミルク(株)
(株)ロッテ
関連会社 西日本パック(株)(当社100%出資会社)
沿革
  • 1933年
    • 京阪セロファン工業所開設。
      創業者横山和久平がセロファン卸売及び加工業を開始。
  • 1950年
    • 資本金50萬円で法人に改組。
      「京阪セロファン(株)」と称し、企業及び業界の発展に対処する。(初代社長 横山和久平)
  • 1954年
    • 大阪支店を開設。
  • 1956年
    • 本社事務所、工場を京都市右京区山ノ内に建設。
  • 1961年
    • 資本金を1,200萬円に増資。
      東京支店開設。
      中小企業庁長官より表彰を受く。
  • 1963年
    • 資本金を3,000萬円に増資。
      埼玉工場を松伏町に建設。
  • 1964年
    • 資本金を5,000萬円に増資。
      札幌支店を開設。
  • 1974年
    • 北海道工場を岩見沢市に建設。
  • 1983年
    • 埼玉工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。
  • 1986年
    • 本社及び京都支店を移転、併せて京都工場を移転・新設
  • 1987年
    • 京都工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定されると共に、
      京都府より中小企業モデル工場に指定される。
  • 1989年
    • 資本金を1億2,500萬円に増資。
      北海道工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。
  • 1994年
    • 資本金を2億1,000萬円に増資。
      九州営業所開設。
  • 1995年
    • 埼玉工場を移転・新設し、つくば工場と改称。
  • 2000年
    • ISO9001認証取得。(京都工場及び技術開発部・営業部)
      資本金を3億125萬円に増資。
  • 2001年
    • ISO9001認証拡大取得。(つくば工場、北海道工場)
  • 2002年
    • 京都支店と大阪支店を併合移転し、関西支店と改称。
  • 2003年
    • ISO14001認証取得。(京都工場、つくば工場、北海道工場)
      札幌支店を北海道工場内に移転し、北海道支店と改称。
  • 2010年
    • 会社設立60周年。
      北海道工場に新棟建設。
  • 2013年
    • 但田哲男 社長就任。
      創業80周年。
  • 2016年
    • ISO9001:2015及び1SO14001:2015 移行審査合格。
  • 2017年
    • 食品安全システムFSSC22000 認証取得。(つくば工場・京都工場)
  • 2018年
    • 食品安全システムFSSC22000 認証取得。(北海道工場・西日本パック(株))
  • 2020年
    • 会社設立70周年。
      FSSC22000スキームVersion5 移行審査合格
  • 2021年
    • 商号を「フィルネクスト(株)」に改称。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.1年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14.5時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.4日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■新入社員研修
全新入社員に対し、入社後1週間のビジネスマナー研修及び、社内講師による内部研修。

■MTP研修
中堅管理職(マネジメント)研修
MTP(Management Training Program)コースの研修。「管理者の役割」を体系的に学ぶ。

■TWI研修
監督者(マネジメント)研修
TWI(Training Within Industry for supervisor)コースの研修。「仕事の改善・改革」を目指す。

■包装管理士講座
日本包装技術協会主催
社内検定制度 制度なし

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
京都工芸繊維大学、京都産業大学、近畿大学、滋賀県立大学、東京電機大学、兵庫県立大学
<大学>
旭川大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪芸術大学、大阪工業大学、大阪産業大学、小樽商科大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、九州産業大学、京都学園大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、共立女子大学、近畿大学、甲南大学、駒澤大学、埼玉工業大学、札幌学院大学、札幌国際大学、札幌市立大学、札幌大学、志學館大学、島根大学、秀明大学、淑徳大学、上智大学、成蹊大学、摂南大学、高岡法科大学、宝塚大学、拓殖大学、大東文化大学、大同大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、東海大学、東京経済大学、東京都立大学、東京農業大学、東北学院大学、東洋大学、同志社女子大学、同志社大学、獨協大学、名古屋経済大学、奈良大学、日本大学、福井大学、福岡大学、文京学院大学、文教大学、法政大学、北星学園大学、北海学園大学、北海商科大学、北海道大学、明海大学、明治大学、目白大学、山口大学、山梨学院大学、酪農学園大学、立命館大学、龍谷大学、流通経済大学(茨城)
<短大・高専・専門学校>
池坊短期大学、京都文教短期大学、札幌大谷大学短期大学部、滋賀短期大学

前年度の採用実績(人数) 採用実績(人数)
     2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 
-----------------------------------------------------------------------
大卒   3名    5名    2名    2名   7名   2名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

フィルネクスト(株)【旧社名:京阪セロファン(株)】と業種や本社が同じ企業を探す。
フィルネクスト(株)【旧社名:京阪セロファン(株)】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. フィルネクスト(株)【旧社名:京阪セロファン(株)】の会社概要