最終更新日:2022/11/30

アペックスグループ【(株)アペックス/(株)アペックス西日本】[グループ募集]

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 給食・デリカ・フードビジネス
  • その他メーカー

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
(株)アペックス 5,000万円 (株)アペックス西日本 6,406万円
売上高
(株)アペックス 225億円 (株)アペックス西日本 185億円
従業員
(株)アペックス 900名 (株)アペックス西日本 600名

~誰かを、笑顔にする一杯を作りたい~【自動販売機という小さなカフェ】紙カップの飲み物を通して「やすらぎ」のひと時をお届けしませんか?

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
このロゴどこかで見たことありませんか?紙カップ式の飲み物に世界で初めて氷を入れたり、フローズン飲料を提供したり、アペックスが生んだイノベーションは数知れず!
PHOTO
先輩社員集まれ~!やすらぎを届ける仕事だからこそ、社内の雰囲気もアットホーム!毎年楽しい仲間たちが入社しています。

日本初の新機能“とろみボタン”付き「カップ式自動販売機」を共同開発

PHOTO

とろみは、薄い・中間・濃いの三段階から選べます!各メディアでも取り上げられた新機能。「とろみ自販機」で是非検索してみてください。

誤嚥性(ごえんせい)肺炎って知っていますか?

口から食道を通って胃に入るべき食べ物や飲み物が、気管に入ってしまい、それが原因でなってしまう肺炎の事だそうです。
飲み込む力の弱くなった高齢者や、寝たきりの方々に多いと聞きます。
その予防の為に飲み物の場合には「とろみ」をつけることが効果的だと言われています。
この度アペックスでは、「とろみ」ボタンのついた紙カップ式自動販売機をニュートリー(株)様と共同開発し、病院などに設置させて頂き、飲み込む力が低下した方でもお好みのお飲み物が楽しめるような新たな“イノベーション”を起こしました。
単に「とろみ」のあるお飲み物を提供するのではなく、その場で「とろみ」ボタンを使って調整して頂くので「とろみ」の無い今まで通りのお飲み物ももちろんお楽しみ頂けます。
この自販機は高齢化が進む日本において、医療・介護現場での深刻な人手不足の解決にも繋がると期待されています。

会社データ

事業内容
私たちは、「氷入りのコールドドリンクの販売」「映像表示の搭載」「フローズンドリンクの提供」「とろみ付き飲料の提供」「乳酸菌や食物繊維入り飲料の提供」など、紙カップ式の自動販売機における数々のイノベーションを生み出してきた自動販売機のプロデュース・運営管理のリーディングカンパニーです。
企画から運営、管理までをトータルで行い、オフィスや駅、学校、高速道路などでこだわりの味をご提供しています。

今後も幅広いお客様に「ほっ」とやすらぐ瞬間をお届けします。

PHOTO

ちょっとしたやすらぎの空間。私たちアペックスの自動販売機が、その「ほっ」とする空間作りのお手伝いをします。

東京本社郵便番号 102-0074
東京本社所在地 東京都千代田区九段南2丁目3番14号 靖國九段南ビル6F
東京本社電話番号 03-3234-6492
大府本社 愛知県大府市柊山町2-418 TEL:0562-47-1218
大阪本社 大阪府大阪市西区南堀江4-25-24 TEL:06‐6535-9024
資本金 (株)アペックス 5,000万円 (株)アペックス西日本 6,406万円
従業員 (株)アペックス 900名
(株)アペックス西日本 600名
売上高 (株)アペックス 225億円
(株)アペックス西日本 185億円
募集会社 ◆(株)アペックス
◆(株)アペックス西日本
(株)アペックス 会社名:(株)アペックス
設 立:1963(昭和38)年2月
資本金:5,000万円
従業員:900名(2020年12月末現在)
代表者:代表取締役社長  森 吉平

本 社:
〒474-0053 愛知県大府市柊山町2丁目418番地

電 話:0562-47-1218(代)
F A X :0562-48-3907

東京本社:
〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目3番14号
靖國九段南ビル6F

電 話: 03-3234-6501(代)
F A X : 03-3234-6502

営業拠点:
46拠点(詳細は当社HPでご確認ください)

【事業内容】
飲料の自動販売機による中身商品の販売
カフェサーバー事業
ヘルスケア事業(とろみ・機能性食品)
レストランの経営
上記に付帯する一切の業務
(株)アペックス西日本 会社名:(株)アペックス西日本
設 立:2009(平成21)年11月
資本金:6,406万円
従業員:600名(2020年12月末現在)
代表者:代表取締役社長  森 吉平

本 社:
〒550-0015 大阪市西区南堀江4-25-24

電 話:06‐6535-9024

営業拠点:
39拠点(詳細は当社HPでご確認ください)

【事業内容】
飲料の自動販売機による中身商品の販売
カフェサーバー事業
ヘルスケア事業(とろみ・機能性食品)
上記に付帯する一切の業務
関連会社 日本ベンダー整備(株)、(株)アピシウス、(株)名古屋フーヅ
沿革
  • 1963(S38)年
    • 2月:日本自動販売(株)を資本金500万円で設立
  • 1981(S56)年
    • 6月:1台でホット&コールド飲料の販売を可能にした「APEX2400」を開発・発表
  • 1984(S59)年
    • 8月:「(株)アペックス」と商号変更
  • 1986(S61)年
    • 7月:1台で2杯分の同時販売を可能にした「APEX5000」を開発・発表
  • 1988(S63)年
    • 1月:衛生面で画期的なカップミキシング機構を搭載した「APEX AX‐1」を開発・発表
  • 1993(H5)年
    • 2月:密封原料パックを使用した新ドリンクシステム「フラビア220」を発表
  • 1997(H9)年
    • 12月:画期的なデポジット式紙カップ回収機「カップエコジット」を開発・発表
  • 2001(H13)年
    • 10月:驚くほど調理時間が速いカップ式自動販売機「120QV」を開発・発表
  • 2002(H14)年
    • 1月:ISO14001を全事業所で認証取得
  • 2004(H16)年
    • 9月:中部リサイクルセンター開設
  • 2005(H17)年
    • 1月:本格的なカフェの味わいを実現した「APEX130REC(T)」通称「エムワン・カフェ」開発・発表

      11月:環境への取り組みが認められ、「ウェステック大賞」事業活動部門賞受賞
  • 2006(H18)年
    • 10月:「資源循環技術・システム表彰」会長賞受賞
  • 2007(H19)年
    • 7月:森吉平社長が文部科学大臣賞受賞
  • 2008(H20)年
    • 1月:「エム-ワン カフェ コーヒーシステム」展開

      4月:本格レギュラーコーヒー「APEX50RB」開発・発表
         次世代紙カップ式自販機「APEX120QREC」開発・発表
  • 2009(H21)年
    • 11月:(株)アペックス西日本設立

      12月:ISO14001認証取得から10年経ち、「継続賞」受賞
  • 2010(H22)年
    • 7月:省エネカップ式飲料自販機「APEX 100QRC」発表

      8月:コカ・コーラウエスト(株)と資本・業務提携契約締結
  • 2011(H23)年
    • 3月:「イタリアンレストラン“トラットリア アルコバレーノ”」がリニューアルし「Specialita di carne CHICCIANO(キッチャーノ)」としてオープン

      6月:大府本社耐震工事完了、社屋に太陽光パネル設置

      8月:「災害対応型カップ自販機」展開開始
  • 2012(H24)年
    • 5月:「APEX AMV9(小型物販機)」展開開始
  • 2013(H25)年
    • 2月:創立50周年

      3月:カップ式飲料自動販売機「APEX 85QVR」発表
  • 2016(H28)年
    • 2月:カップ式自動販売機「APEX 100RS」発表
  • 2018(H30)年
    • 10月:日本初の新機能”とろみボタン”付き「カップ式自動調理機」を発表
  • 2019(R1)年
    • 3月:マイクロマーケット事業開始

      5月:「とろみ自動調理サーバー」発表
  • 2020(R2)年
    • 2月:「とろみ小型自動調理機」発表

      6月:健康サポート機能付きカップ式自動販売機
         「ヘルスチャージスタンド」発表

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.6年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.2時間
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 12名 66名 78名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 12名 0名 12名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.4%
      (263名中9名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、営業新任者研修、フォロー研修、中堅社員研修、拠点研修、メカニック研修、マネージャー研修、拠点長研修など様々な研修制度を用意しています。

※ 各社共通となります
自己啓発支援制度 制度あり
「自動販売機調整技能士」:合格者への受験料会社負担
(実務経験2年以上で受験できる国家資格技能検定)

「コーヒーインストラクター検定」:合格者への講習会受講料・受験料・登録認定料負担

※ 各社共通となります
メンター制度 制度あり
「トレーナー制度」を導入しており、入社後、職場ごとにトレーナーを選任し、職場に溶け込むための指導やアドバイスを行います。
独り立ちまでのスケジュールやカリキュラムを共有し、ときにはプライベートの相談相手として、精神面においても新入社員をサポートするための制度があります。

※ 各社共通となります
キャリアコンサルティング制度 制度あり
「自己申告制度」を設けており、年に1回、仕事の状況や勤務地・職種の希望を記入して申請する事が出来ます。
また、「キャリアシート」を基に年に3回、上司との面談があります。

※ 各社共通となります
社内検定制度 制度あり
スーパールートセールス認定制度
スキルアップコンテスト
腕前ランク

※ 各社共通となります

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 15 13 28
    2021年 33 29 62
    2020年 51 24 75

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知県立大学、愛知東邦大学、青山学院大学、麻布大学、亜細亜大学、茨城大学、江戸川大学、愛媛大学、追手門学院大学、大阪大学、大阪大谷大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪経済法科大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、大阪成蹊大学、大阪体育大学、大阪府立大学、大谷大学、大手前大学、岡山商科大学、岡山理科大学、小樽商科大学、帯広畜産大学、香川大学、鹿児島大学、神奈川大学、神奈川工科大学、鹿屋体育大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、畿央大学、九州大学、九州工業大学、九州国際大学、九州産業大学、京都外国語大学、京都学園大学、京都教育大学、京都産業大学、京都精華大学、京都橘大学、京都府立大学、京都文教大学、共立女子大学、近畿大学、岐阜経済大学、久留米大学、群馬大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、工学院大学、皇學館大学、高知大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸学院大学、神戸女学院大学、國學院大學、国際武道大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、札幌大学、札幌学院大学、産業能率大学、滋賀大学、滋賀県立大学、静岡大学、四天王寺大学、下関市立大学、首都大学東京、信州大学、実践女子大学、城西大学、上智大学、女子栄養大学、駿河台大学、成蹊大学、成城大学、西南学院大学、西武文理大学、摂南大学、専修大学、大正大学、高崎経済大学、高崎健康福祉大学、高千穂大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、中京大学、中部大学、筑波大学、帝京大学、帝京科学大学(山梨)、帝塚山学院大学、東海大学、東京海洋大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京国際大学、東京聖栄大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京農工大学、東北大学、東北学院大学、東北工業大学、東北福祉大学、東洋大学、東洋学園大学、徳島大学、徳山大学、鳥取大学、同志社大学、同志社女子大学、長崎大学、長崎県立大学、長野大学、長浜バイオ大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋経済大学、名古屋商科大学、名古屋市立大学、名古屋女子大学、奈良大学、奈良県立大学、南山大学、二松学舎大学、日本大学、日本女子大学、日本体育大学、日本福祉大学、日本文理大学、白鴎大学、函館大学、花園大学、阪南大学、兵庫大学、弘前大学、広島大学、広島経済大学、広島国際大学、広島国際学院大学、福井県立大学、福岡大学、福岡工業大学、福島大学、福山大学、福山平成大学、佛教大学、文教大学、平成国際大学、法政大学、北海学園大学、松山大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、目白大学、桃山学院大学、山形大学、山口大学、山梨大学、山梨学院大学、横浜商科大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、流通科学大学、流通経済大学(茨城)、麗澤大学、和歌山大学、和光大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数) 大卒採用実績(アペックス・アペックス西日本 合計)
2022年度:28名
2021年度:62名
2020年度:75名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

アペックスグループ【(株)アペックス/(株)アペックス西日本】と業種や本社が同じ企業を探す。
アペックスグループ【(株)アペックス/(株)アペックス西日本】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. アペックスグループ【(株)アペックス/(株)アペックス西日本】の会社概要