最終更新日:2023/8/25

(株)東京自働機械製作所【東証スタンダード上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 機械
  • 機械設計
  • 精密機器
  • その他電子・電気関連

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 5年目以内
  • 機械系
  • 技術・研究系

幅広く設計の経験を積むことができます!

I.N
2021年入社
東京都市大学
工学部機械工学科
設計開発部
包装機械の機械設計

会社・仕事について

ワークスタイル
  • ヒット商品を作る仕事
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
  • 形の残る仕事
現在の仕事
  • 部署名設計開発部

  • 仕事内容包装機械の機械設計

現在の仕事内容

お客様毎のご要望に対応したオーダーメイドの機械の設計をしています。
設計した部品が実際に機能するかどうかの検証や、機械が円滑に組みあがるように組立担当の社員と連携をとりながら業務を進めていきます。設計は3DCADソフトでおこないますが、特に検証が必要な部品は、3Dプリンタを使って実際に出力してみて確認をすることもあります。
自分が経験したことのない要素を持つ機械を取り扱うことが多いので、経験豊富な先輩方と綿密にコミュニケーションをとりながら業務を進めていくことが不可欠です。


今の仕事のやりがい

1機種ごとに全く構造の異なる機械を担当するので、幅広く設計の経験を積むことができます。
必要に応じて新しい要素について勉強し続ける必要がありますが、常に新鮮な気持ちで臨むことができます。自分が設計した部品が、自分の意図した通りにうまく機能したときに達成感を感じます。
また、機械が出荷されて、自分が担当した機械で作られた製品が世に出回っているのを見ると社会に貢献しているという実感が得られ、やりがいを感じます。


この会社に決めた理由

自分はピタゴラスイッチのようなカラクリが好きだったので、なんとなく産業機械を中心に就職活動を進めていました。そこでインターンシップを通じて東京自働機械製作所のことを知りました。
工場見学で実際に機械を見せてもらい、包装機械について興味が沸いたのがきっかけです。長い歴史を持ち多くのノウハウを蓄積していることも魅力に感じました。また、職場の雰囲気がよく、穏やかそうな人が多いと感じたことも理由の一つです。


就活生へアドバイス

自分は面接や発表など人前に立たされるとガチガチに緊張してしまうタイプなのですが、体を動かすことで気持ちが大きくなって緊張感が薄れるらしいということを耳にしたので、面接前にバキバキに筋トレしてパンパンにパンプアップした状態で面接を受けてみました。
実際なんとなく緊張感がやわらいだことに加え、血行が良くなったのか、普段よりハキハキと受け答えできたような気がします。デメリットは翌日筋肉痛で動けなくなることです。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)東京自働機械製作所【東証スタンダード上場】の先輩情報