最終更新日:2022/5/16

矢作建設工業(株)(矢作建設グループ)【東証プライム上場】

  • 上場企業

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 住宅
  • 不動産
  • 建設コンサルタント

基本情報

本社
愛知県
資本金
68億800万円
売上高
単体:901億4,300万円 連結:1,066億1,500万円(2021年3月)
従業員
単体:845名 連結:1,163名(2021年3月)

未来につながる街をつくる

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

社会の期待と信頼に応える創造をこれからも。

PHOTO

<夏季インターンシップについて>
当社インターンシップは「マイページ」からのみ予約を受け付けます。
マイナビからプレエントリーすることで、マイページへ登録することが出来ます。
プレエントリーではインターンシップ予約は確定いたしませんので、
少しでも興味をお持ちの方は、まずはお気軽にプレエントリーしてください!

■YAHAGI ENGINEERING
矢作建設工業は、名古屋市に本社を置く東証プライム上場の総合建設会社です。
私たちがなによりも大切にしていることは、お客さまの期待以上の創造力を発揮し、寄せられる信頼に確かな技術で応えることです。
そのために、私たちはこれからもさまざまなニーズを把握し、最適なソリューションをご提案していきます。
「創造」から生まれる新たな「価値」を、お客さまとわかちあうために。

■街を育てる仕事
街づくりのプロフェッショナルである当社は、土地活用に関する計画立案から、設計・施工、完成後の運用に至るまでの業務を一貫して行うことができます。
工業団地や宅地の開発、再開発など多様なニーズに柔軟に答えることで、地域の発展に貢献しています。

■社員一人ひとりが活躍できる環境
当社には、早くから責任ある仕事を任せ、自己成長を促す社風があり、若手社員であってもプロジェクトリーダーや主要メンバーに登用しています。
様々な業務にかかわることができ、自分の“やりたいこと”を発見し、人として社会人として成長できる環境があります。

会社データ

事業内容
<総合建設業および関連事業>

矢作建設工業は名古屋市に本社を置く総合建設会社(ゼネコン)です。
当社は名鉄グループ(名古屋鉄道)に属しており、建築・土木分野の建設工事はもちろん、鉄道関連工事、不動産事業など幅広い分野に注力しております。
建設・不動産に関わる豊富な知識や培った経験・技術を基に、お客様の多様なニーズに柔軟に応えています。
また、専門性に特化したグループ会社6社とともに矢作建設グループを形成し、設計・施工だけでなく企画・開発から維持・管理まで建設に関する幅広いソリューションを提案しています。
矢作建設グループは、グループの総合力を活かし、安全で安心して暮らせる魅力ある街づくりに貢献しています。

PHOTO

本社郵便番号 461-0004
本社所在地 愛知県名古屋市東区葵3-19-7
本社電話番号 052-935-2393
設立 1949年 5月14日
資本金 68億800万円
従業員 単体:845名 連結:1,163名(2021年3月)
売上高 単体:901億4,300万円 連結:1,066億1,500万円(2021年3月)
事業所 支店:東京、東北、大阪、広島、九州
売上高推移(連結) 決算期  売上高  
───────────────
2021.3  1,066億1,500万円
2020.3   901億2,900万円
2019.3   927億5,400万円
2018.3   916億6,800万円
2017.3   892億6,300万円
2016.3   887億5,800万円
2015.3   825億2,800万円
関連会社  矢作地所(株)
 ヤハギ緑化(株)
 矢作ビル&ライフ(株)
 ヤハギ道路(株)
 (株)テクノサポート
 南信高森開発(株)
平均年齢 42.9歳(2021年3月)
平均勤続年数 19.4年(2021年3月)
沿革
  • 1949年
    • 愛知県西加茂郡挙母町(現 豊田市竹生町)に会社設立
      社名 矢作建設工業(株)
  • 1964年
    • 東京支店開設
  • 1967年
    • 大阪支店開設
      名鉄建設(株)と合併
      矢作地所(株)、国際開発ビルディング(株)[現 矢作ビル&ライフ(株)]設立
  • 1972年
    • ヤハギ緑化(株)設立
  • 1982年
    • 名古屋証券取引所 市場第二部 上場
  • 1985年
    • 広島支店開設
  • 1987年
    • 1992年満期スイスフラン建新株引受権付社債(3,500万スイスフラン)発行
  • 1989年
    • 東京支店新築移転(ヤハギ湊ビル)
  • 1990年
    • CI導入(新しいシンボルマーク、スローガンを発表)
      本社移転(葵センタービル)
  • 1991年
    • 東北支店開設
      大阪支店新築移転
      名古屋証券取引所 市場第一部 昇格
      1995年満期ドイツマルク建新株引受権付社債(1億ドイツマルク)発行
  • 1995年
    • 東京証券取引所 市場第一部 上場
  • 1997年
    • ISO9002認証取得(本社 建築部門・土木部門)
  • 1998年
    • 九州支店開設
      ISO9001認証取得(本社 建築部門)
  • 1999年
    • ISO9001認証取得(東京・大阪支店建築部門)
      ISO9002認証取得(東京・大阪支店建築部門)
  • 2000年
    • (株)テクノサポート設立
      ISO14001認証取得(本社、およびその管理下にある作業所群)
  • 2001年
    • ISO14001認証全社拡大
      ヤハギ道路(株)設立
  • 2003年
    • (株)ピタコラム設立
  • 2004年
    • 建設コンサルタント登録(第8073号)
  • 2006年
    • 信託受益権販売業登録 東海財務局長(売信)第30号
      地震工学技術研究所設立 [現 エンジニアリングセンター]
  • 2007年
    • 施工統括本部、鉄道事業本部設置(機構改革)
      長野山梨営業所、四国営業所開設
  • 2008年
    • (株)ピタリフォーム設立 [現 (株)ピタコラム]
      カンパニー制の導入
  • 2014年
    • (株)ピタコラム・(株)ウッドピタ合併
      鉄道技術研修センター設立
  • 2016年
    • 業務組織の変更(カンパニー制から機能別組織に再編)
  • 2017年
    • 不動産事業本部設置(機構改革)
  • 2019年
    • スタイルリンク(株)子会社化
      (株)テクノサポート、(株)ピタコラム 合併

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 19.4年
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.1日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(4月、他複数回)、3年次研修、各階層別研修、各種技術研修、組織横断研修 等
自己啓発支援制度 制度あり
資格奨励金制度、e-Learning、資格専門学校業務提携 等
メンター制度 制度なし
但し、OJT教育を実施しており、OJT指導員がメンターを兼ねております。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 38 9 47
    2020年 41 6 47
    2019年 33 12 45

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
大阪工業大学、岡山大学、金沢工業大学、京都大学、近畿大学、岐阜大学、高知工科大学、神戸大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、大同大学、東京工業大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、日本大学、福井大学、三重大学、名城大学、山口大学、横浜国立大学、立命館大学、早稲田大学
<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、秋田大学、茨城大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、香川大学、神奈川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、学習院大学、北見工業大学、九州大学、京都大学、京都産業大学、京都府立大学、近畿大学、金城学院大学、岐阜大学、熊本大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、國學院大學、国士舘大学、佐賀大学、滋賀大学、滋賀県立大学、静岡大学、芝浦工業大学、島根大学、信州大学、上智大学、椙山女学園大学、成蹊大学、摂南大学、専修大学、大同大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、中部大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東海学園大学、東京大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東北工業大学、徳山大学、鳥取大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、南山大学、新潟大学、日本大学、広島大学、広島工業大学、広島修道大学、福井大学、福井工業大学、福山大学、法政大学、北海道大学、前橋工科大学、三重大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、山梨大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
石川工業高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、豊田工業高等専門学校

前年度の採用実績(人数)        2021年 2020年 2019年 2018年 
─────────────────────────
技 術 系  40名   43名  40名  33名  
事務営業系  05名   04名  03名  03名  
エリア限定  02名   ー名   02名  02名  

※ 高卒・短大卒も含む

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

矢作建設工業(株)(矢作建設グループ)【東証プライム上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
矢作建設工業(株)(矢作建設グループ)【東証プライム上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 矢作建設工業(株)(矢作建設グループ)【東証プライム上場】の会社概要