最終更新日:2023/1/3

(株)崎陽軒

業種

  • 食品
  • 外食・レストラン

基本情報

本社
神奈川県
資本金
1億円
売上高
178億1,493万円(2021年2月)
従業員
1,840名 [うち正社員 男性:306名、女性:226名](2022年1月現在)

崎陽軒は横浜に密着し、シウマイをはじめとする数々の横浜名物=ブランドを生み出してきました。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
”崎陽軒のシウマイ”という磐石のブランドを基にした歴史と伝統、常に新しい食文化を創造していくチャレンジ精神。この一見相反する文化を持つ会社が崎陽軒です。
PHOTO
創業から今日まで、崎陽軒は横浜の「名物名所」を創造するため様々な挑戦を繰り返してきました。これからも崎陽軒は「横浜名物創造企業」として、チャレンジし続けます。

技術を磨き、常に挑戦する人材へのバックアップは惜しみません

PHOTO

横浜で生まれ、横浜と共に歩んできた崎陽軒。2022年4月、崎陽軒はおかげさまで創業114周年を迎えました。

崎陽軒を冠した商品に誇りと自信を持って作り、販売し、お客様に提供するプロフェッショナル精神が当社には息づいています。
そして横浜という地域に根ざした新商品の開発、新事業展開のためには常に新しいことを発想・企画し、チャレンジしていく精神が不可欠です。
求める人材像は言うなればそのことに集約されます。
「向上心を持って自分の技術を磨き続け、新たなことに挑戦する。」
当社はそういった人材へのバックアップは惜しみませんし、 活躍の場も幅広くあります。
当社の経営理念に共感できる方、旺盛なチャレンジ精神を持つ方を心からお待ちしています。

会社データ

事業内容

PHOTO

横浜と言えば「シウマイ」!1928年の発売以来、たくさんのお客様にご愛顧頂いております。

横浜には、海外と日本の融合した文化を生み出す拠点という地域の特徴があります。
新たな食文化の創造を提唱する崎陽軒も、そのような地域特性を踏まえシウマイをはじめとする数々の横浜名物=ブランドを生み出してきました。
現在崎陽軒では、シウマイ・弁当・点心・レストラン・本店の5つの事業体を柱に事業を展開しています。
この事業展開も、ただやみくもに拡大してきたわけではありません。「名物名所の創造」という創業当時からの経営姿勢のもと、横浜らしさを追求し続けてきた結果生まれてきたものです。
本社郵便番号 220-0011
本社所在地 神奈川県横浜市西区高島2-12-6
本社電話番号 045-441-8851(代)
創業 1908年4月
資本金 1億円
従業員 1,840名
[うち正社員 男性:306名、女性:226名](2022年1月現在)
売上高 178億1,493万円(2021年2月)
売上高推移 決算期   売上高  
――――――――――     
2019.2   24,575
2020.2   26,144
2021.2   17,814
  (単位:百万円)
事業所 【営業所】
・横浜市西区/都筑区
・東京都江東区
・大阪市淀川区

【工場】
・横浜市西区/都筑区
・東京都江東区

【店舗】
・神奈川県
・東京都
・埼玉県
・千葉県
・静岡県
沿革
  • 1908年
    • 崎陽軒、創業。
      横浜駅(現在の桜木町駅)において、鉄道構内営業の許可を受け、「崎陽軒」として開業。創業当初は主に牛乳やサイダーなど飲食雑貨を扱っていた。
  • 1928年
    • 横浜名物「シウマイ」の誕生。
      発売当初から現在に至るまでレシピは変えず、昔ながらの味を今も伝えている。
  • 1950年
    • 「シウマイ娘」の登場。
      横浜駅ホームにおいて、赤い服を着てたすきをかけ、籠にシウマイを入れ販売。「横浜にシウマイ娘あり」と評判を呼んだ。
  • 1954年
    • 「シウマイ弁当」の販売スタート。
      シウマイと並び、崎陽軒の看板商品の一つであるシウマイ弁当。現在では1日平均約2万3,000食を製造・販売している、崎陽軒になくてはならない商品である。
  • 1967年
    • 「真空パックシウマイ」の販売スタート。
      「遠方へのお土産に」というお客様の声に応えるため、開発。現在では常温で5カ月間保存できるようになった。
  • 1989年
    • 「点心部」の創設。
      日本人の口に合う中華菓子の創造を目指し、創設。定番製品からオリジナル製品まで幅広く展開している。
  • 1996年
    • 「崎陽軒本店」オープン。
      横浜の歴史を背景に、崎陽軒ならではの味とサービスでお客様をおもてなししたいという想いを形にした本店。中華・イタリアンなど世界の食文化が集う拠点となっている。
  • 2003年
    • 「横浜工場」リニューアル。
      シウマイの品質安定、安全性の向上のため既存の製造拠点をリニューアル。一般向けの見学通路も設け、好評を博している。
  • 2008年
    • 崎陽軒創業100周年。
      「崎陽軒100周年100企画」を実施。記念製品やメニューの提供、キャンペーン実施やCSR(企業の社会的責任)への取り組みも行っている。新たな理念「横浜のおいしさを、創りつづける。」を掲げ、これまで以上にお客様の心を満たす製品・サービスの提供に取り組む。
  • 2017年
    • それまでシウマイと点心類のみの製造であった横浜工場に、弁当製造ラインを新設。
      工場見学でも、シウマイの製造工程に加え、弁当の製造工程を見学できるようになった。
  • 2018年
    • 創業110周年と、シウマイ誕生90周年の2つの節目を迎え、記念企画を実施。
      (株)KADOKAWA監修のムック本「崎陽軒Walker」や、神奈川県警察やJR横浜線とのコラボ商品の発売、崎陽軒本店での記念メニュー提供など、1年を通して多くの企画を行った。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.1年
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.2%
      (65名中6名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、麻布大学、桜美林大学、お茶の水女子大学、神奈川大学、鎌倉女子大学、関東学院大学、学習院大学、北里大学、共立女子大学、近畿大学、慶應義塾大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、相模女子大学、静岡大学、芝浦工業大学、昭和女子大学、信州大学、実践女子大学、上智大学、成蹊大学、専修大学、拓殖大学、多摩大学、玉川大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京家政大学、東京工科大学、東京女子大学、東京都市大学、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、日本体育大学、フェリス女学院大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、山梨大学、山梨学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、早稲田大学

ほか

採用実績(人数)    2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予)
―――――――――――――――――――――――――――
大卒  4名   3名   4名   2名   3名
院了  0名   0名   0名   0名   0名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 1 2
    2020年 1 3 4
    2019年 2 1 3

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)崎陽軒と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)崎陽軒を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ