最終更新日:2022/12/5

トタニ技研工業(株)

業種

  • 機械
  • 重電・産業用電気機器
  • 機械設計

基本情報

本社
京都府
資本金
1億円
売上高
126億円(2022年1月期)
従業員
224名

「世の中の役に立つ」最高性能の機械が世界中で活躍中!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
ボックスパウチ(角底袋)向けの製袋機は、同容量のスタンドパックで使用するフィルムの消費を12%カット。省資源化に大いに貢献することが可能です
PHOTO
省資源・省エネルギー・環境への負荷低減に有効なプラスチック素材を使用する機械が、当社のスタンダードです

トタニの採用戦略~九州出身者19名活躍中!!その理由は・・・

PHOTO

全国各地出身の先輩社員が活躍中

トタニの採用活動では全国各地の大学のみならず留学生も含めて採用してきました。
九州地区においてはここ10年で九州大学10名、九州工業大学4名、熊本大学、長崎大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学各1名がトタニに入社しています。
トタニは九州地区に拠点があるわけでもなく大企業でもありません。実際のところ選考に進んだ会社の中でトタニが一番小さな会社だったという人も多いです。それでもあえて京都にあるトタニに入社を決めたのは、同郷の先輩社員がいる安心感や「良い機械を作り、お客様に喜んでもらうことが全て」というポリシーに共感したというのが理由です。

初めての一人暮らしでも安心です~「借上げ寮制度」。

トタニには一人暮らしをしている社員も多いのですが、「借上げ寮制度」で一人暮らしをバックアップしています。例えば家賃60,000円の部屋に住む場合は、月7,000円と光熱費が本人負担となり、家賃の残りと敷金、礼金などの初期費用は会社が負担する制度です。
また会社の周囲にも先輩社員がたくさん住んでいますので、初めての一人暮らしでも安心です。

会社データ

事業内容
自動製袋機設計製造および販売
自動製袋包装機設計製造および販売

PHOTO

いい機械を作るためにはチームワークも重要です

本社郵便番号 601-8213
本社所在地 京都市南区久世中久世町5-81
本社電話番号 075-933-7610
創業 1952年
設立 1961年
資本金 1億円
従業員 224名
売上高 126億円(2022年1月期)
事業所 本社/京都
工場/4カ所
主な取引先 東洋製罐(株)、大日本印刷(株)、凸版印刷(株)、藤森工業(株)、(株)大塚製薬工場、朋和産業(株)、(株)サンエー化研、丸東産業(株)大倉工業(株)、福助工業(株)など
海外輸出先 ドイツ、フランス、スイス、オーストリア、ロシア、トルコ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、中国、台湾、韓国、タイ、インドネシア、インド、オーストラリアなど60カ国
沿革
  • 1952年
    • 京都市に「戸谷鉄工所」創業
  • 1956年
    • 国産初の製袋機の製造を開始する
  • 1961年
    • 法人化、社名を「戸谷技研工業(株)」とする
      代表取締役社長に戸谷 湶が就任
  • 1966年
    • HK-1型溶断シール(サイドウェルド)自動製袋機開発
  • 1967年
    • H-510型三方プレスヒートシール自動製袋機開発
      世界初 レトルト食品パウチ(カレー)製袋機
  • 1976年
    • 社名を「トタニ技研工業(株)」とする
      LC-650型全自動ゴミ袋製袋包装機開発
      (業界初マイコン搭載機⇒無人運転可能)
      週休2日制導入
  • 1977年
    • BH-600型高速三方プレスシール自動製袋機開発
  • 1978年
    • 全自動ゴミ袋製袋包装機が、機械振興協会の「第9回自動化機械開発賞」を受賞
  • 1985年
    • CAD導入
  • 1986年
    • LAN導入
  • 1987年
    • FMS(Flexible Manufacturing System)稼働
      MRP(Manufacturing Resource Planning)稼働
      ※自社開発の生産管理システム
  • 1990年
    • ボイスメール導入
  • 1994年
    • 京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術賞」受賞
      京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
  • 1995年
    • フレックスタイム制度導入
  • 1997年
    • 社内にインターネットサーバを設置し、ホームページを開設
  • 1999年
    • 基幹光ファイバーによる高速LANの導入
  • 2002年
    • 代表取締役社長に戸谷幹夫が就任
      生分解性フィルム製袋仕様サイドウェルド自動製袋機開発
  • 2004年
    • Totani America Inc.設立(米国/ウィスコンシン州)
      3次元CADへ全面移管
  • 2005年
    • 新本社工場に移転(JR東海道本線向日町駅東側)
      大連戸谷技研工業有限公司設立(中国/大連)
  • 2009年
    • Totani Europe Gmbh設立(ドイツ/デュッセルドルフ)
  • 2011年
    • Totani Asia Pacific Pce.Ltd設立(シンガポール)
  • 2014年
    • 公益社団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術賞」受賞
      公益社団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
  • 2015年
    • 「大連戸谷技研工業有限公司」新工場建設
  • 2017年
    • 同年1月期決算にて売上実績が100億円を超える
  • 2022年
    • 戸谷隆一 代表取締役社長に就任

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修/入社後2カ月
自己啓発支援制度 制度あり
能力開発の一環として会社が認めた教育を受ける場合、終了時には費用全額およびその時間に対する奨励金を支給します。
英会話に関しては、入社2~3年以内におよそ8週間の語学研修(アメリカの語学学校への留学、トタニアメリカでの研修)を受講してもらいます。
基本的に新入社員は全員交替で派遣しています。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 0 2
    2021年 2 0 2
    2020年 3 0 3

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
大阪大学、大阪市立大学、大阪工業大学、大阪府立大学、岡山大学、関西大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、近畿大学、熊本大学、神戸大学、信州大学、摂南大学、同志社大学、徳島大学、豊橋技術科学大学、立命館大学、宮崎大学、龍谷大学
<大学>
大分大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、鹿児島大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、近畿大学、熊本大学、神戸大学、徳島大学、同志社大学、長崎大学、名古屋大学、新潟大学、三重大学、立命館大学

前年度の採用実績(人数) 2021年実績:大学院了・大学卒 2名
2020年実績:大学院了・大学卒 3名
2019年実績:大学院了・大学卒 6名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トタニ技研工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
トタニ技研工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. トタニ技研工業(株)の会社概要