最終更新日:2022/6/10

小原建設(株)

業種

  • 建設
  • 設備工事
  • 建築設計
  • 住宅

基本情報

本社
愛知県
資本金
1億8,000万円
売上高
160億円(2021年9月末)
従業員
297名

創業115年を越える総合建設会社。「誠実」をモットーに社会を支えます。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
愛知県岡崎市を拠点に、関東、関西でも確かな実績を残してきた小原建設。まちのシンボルとなる建物を数多く手がけてきました。
PHOTO
「人の良さ」も小原建設の大きな魅力。110周年記念には旅行に行ってきました!

成長するのは、自ら考えるプラスαの提案で「誠実な仕事」ができる人。

PHOTO

小原建設は「誠実な対応」と「堅実な経営」の精神で、110年続いてきた会社です。これは地域社会との信頼関係を、とにかく地道に積み重ねてきた結果だと考えています。私自身が仕事の中で最も大切にしているのも「お客様にどれだけ寄りそえるか」ということ。信頼が先にあるのではなく、きちんとした仕事をするから信頼が生まれ、その信頼がまた新しい仕事へとつながっていくのではないでしょうか。

そんな私たちですが、近年は新しいチャレンジにも積極的に取り組んでいます。BIM/CIMやドローンの導入など、ICT化の推進もそのひとつです。現場の生産性向上の意味合いもありますが、いつお客様に求められてもすぐに応えられる状態にしておくことが大事だと思っています。

採用で求めているのは、モノづくりが好きなことはもちろん、目的のためには自分を変えることもできる人。物事を自ら考えて、プラスαを提案できる人。そして成長するための「意欲」がある人です。安心して働ける環境は整っています。私たちと共に、「誠実な仕事」「一流の仕事」のできる会社を作っていきましょう。

会社データ

事業内容
◇総合建設業

■建築事業
<建築技術を通じて、安全で快適な生活環境を創造します。>
私たち小原建設は、“もの”づくりに一つの使命を抱いています。それは「建築技術を通じて、安全で快適な生活環境を創造し、“地域社会”に貢献」すること。なぜなら、私たちのつくる“もの”は、そこでの暮らしや仕事等、生活の舞台・土台となるからです。だからこそ、安全で快適な“もの”を創造し続けなければならないのです。これが地域社会への貢献につながると、私たちは信じています。

■土木事業
<私たちがこの道をつくりました自信と誇りに満ちたサインが、町に残り続けます。>
町に「これが私たちの仕事です」というサインを残す、それが土木事業。道路、橋、公園等、常に市民の皆さんの目に触れ、日常茶飯事に利用されるものばかりです。しかも、それら町に残した小原建設のサインは、10年・20年・30年…と長い年月にわたり存在し続けます。ですから土木工事には、私たちのもてる最高の技術と品質を注ぎ込まなくてはなりません。「この道をつくった」この橋が安全に利用されている」ことが、私たちの貴重な財産であり、同時に町に刻んだ自信と誇りとなるのです。

■リニューアル事業
<発展型から成熟型の建築へ。もっと快適に、もっと美しく、もっと永く。>
発展型社会から成熟型社会へ。今、新しいもの生み出すと同時に、既存のものを上手に再利用、もしくは新たな付加価値もたせて再生産する時代へ移りつつあります。私たち小原建設も同じ。既に存在する建物は、これまでに注ぎ込まれた技術・コスト、そして積み重ねられた人々の暮らしぶり等々が相まって、大きな価値を含んでいます。その価値を維持し、かつ「もっと快適に」「もっと美しく」「もっと永く」、さらに建物の利用方法の幅をぐんと広げるのが、小原建設のリニューアルです。


PHOTO

本社郵便番号 444-0867
本社所在地 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中37番地
本社電話番号 0564-51-2621
創業 1906年(明治39年)1月
設立 1946年(昭和21年)3月
資本金 1億8,000万円
従業員 297名
売上高 160億円(2021年9月末)
事業所 【本社】 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中37番地      
【岡崎事業部】 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中37番地
【名古屋支店】 名古屋市中区栄3丁目32番20号朝日生命矢場町ビル2階
【東京支店】 東京都杉並区和田一丁目20番1号
【大阪支店】 大阪市淀川区西三国一丁目8番44号
【土木事業部】 愛知県岡崎市針崎町字蓮谷15番地
【豊橋営業所】 愛知県豊橋市八通町124番地
主な取引先 国土交通省
日本郵政
愛知県
名古屋市
岡崎市
東京都
日清紡
岡崎信用金庫
ソニーイーエムシーエス
三遠メディメイツ  ほか
関連会社 ◆小原木材(株)
◆八洲商事(株)
◆(株)サンコンサルタント
◆(株)営繕ロジェ
平均年齢 43.3歳(2021年度実績)
社会貢献 <愛知県安全なまちづくり・交通安全パートナーシップ企業>
犯罪のない安全なまちづくりと交通安全の推進を愛知県と連携して行う企業や団体をいいます。 こうした企業や団体を愛知県のパートナーとして登録し、企業や団体の皆様と連携して、安全で安心して暮らせる地域づくりを進めます。

<エコ事業所>
事業活動における環境に配慮した取組を自主的かつ積極的に実施している事業所を名古屋市が「エコ事業所」と認定し、自主的な取組を支援するものです。環境に配慮した事業活動への転換を促進するため、エコ事業所での取組事例は、他の事業所の参考となるよう普及に努めます。
施工実績 学校、病院、福祉施設、事務所、工場、倉庫、共同住宅、寺社、店舗 河川、道路、舗装、造成、橋梁、下水、上水 等

詳しくは弊社HPの【施工事例一覧】をご覧ください。
https://www.obara-group.com/construction/
職種比率 建築技術職(56%)、土木技術職(16%)、事務職(15%)、営業職(12%)
有資格者 1級建築士(30名)
2級建築士 (34名)
1級建築施工管理技士(107名)
2級建築施工管理技士(20名)
1級管工事施工管理(11名)
1級土木施工管理技士(49名)
2級土木施工管理技士(16名)
1級造園施工管理技士(17名)
測量士(15名)
宅地建物取引士 (25名)
衛生管理者(15名)
建設業経理士1級(4名)
建設業経理士2級(25名)
【本社総務】 <人事は答えがないから難しい。だからこそそこにやりがいがある。>
総務部 総務課 鈴木 直也 建築学科 2017年入社

◆誰と仕事をするか。自分の働くイメージが想像できた
2017年7月に中途採用で入社をして主に採用を担当しています。転職活動の軸としては“自分だからこその仕事ができるか“という事でした。自分自身で会社の魅力を世の中に発信し、学生を集め惹きつけていくという段階から採用に携わりたかったので、大手企業は検討に入れず転職活動をしていました。そんな時に出会った小原建設の面接では、私という人間が小原建設にマッチしているかという部分をきちんと見てくれていたり、私が納得のいくまで話す時間を設けてくれたりと、お互いが独りよがりにならない面接をしてくれた部分に惹かれました。

◆自分にしかできない仕事をやり遂げたい
新卒採用に従事しているのですが、やりがいのある仕事だと実感しています。それは学生のキャリアステップのスタート地点に携われる事です。一人一人に寄り添いその学生に合った道を一緒に探して、時には相手の為であれば他社を勧める事もあります。そして最終的にその学生が納得をして一歩踏み出している姿を見る事が、今のやりがいに繋がっています。内定者が小原建設での自分の未来を生き生きとした目で話してくれている姿を見られた時は、とても嬉しいですし、皆が本当に小原建設に入社して良かったといつまでも思える様に自分も頑張ろうと身が引き締まります。たくさんの学生や社内の人と関わる事で、自分自身日々成長させてもらっています。
【建築施工】 <常にお客様目線で満足いただける建物を造り続けたい>
岡崎事業部 工事部 柴田 大冴 工学部 建築学科 2016年入社

◆社員同士の距離の近さが当社の魅力
学生時代に当社のインターンシップに参加し、作業所内でベテランが培ってきた技術・知識を惜しみなく若手に伝えようとする先輩の親身さ、社員同士の距離の近さが魅力的な会社だと感じました。
私は、現在は岡崎事業部で現場管理をしており、現場監督の行なう業務である「安全・品質・工程・コスト・環境」管理を日々勉強中です。
工事物件や上司によって上記の管理の仕方や考え方が異なり、面白いと感じます。
縦・横のつながりを大事にしながら、早く現場所長として自分の色を現場で表現していきたいです。

◆自分の現場でお客様の想いをカタチにしたい
まだまだ経験が浅く携わった現場も数える程ですが、自分にとってはどれも思い出深く、全てが貴重な経験です。
特に印象に残っているのが、工場の建設工事に携わり、お施主様のご厚意にて竣工式に当社をご招待頂いたことです。
お施主様のスピーチから、事業拡大に向けて計画~建物の完成までの時間と関係者各位への働き掛けなど、とても強い思いで臨まれているのだと感じました。
お施主様にとってはまだまだ計画の途中かもしれませんが、そういった思いの中で節目であろう建物の完成に携われることに常々やりがいを感じます。
今後もお施主様の思いをカタチに実現できるよう寄り添い、いつかは私の現場で実現をしたいです。
【建築設計】 <小原建設では初となる、新システム導入の立ち上げに参加>
営業部 設計課 宮下 邦義 大学院 工学研究科博士前期課程 建設システム工学専攻修了 2015年入社

◆工場に店舗、事務所や病院などさまざまな設計・監理業務に携われるのが魅力
もともとマチや建物に興味があり、大学院卒業後は設計事務所に就職しました。設計事務所では意匠設計業務に携わりましたが、仕事をしている中でもっと様々な分野の建築を手掛けてみたいと思うようになり、大学の先生の紹介で小原建設に入社。当社は聞いていた以上にいろいろな仕事があり、私はまだ入社して3年ですが、プレス加工工場や試験所の実施設計・監理、病院や自動車整備工場の改修計画など多種多様なプロジェクトに参加させていただいています。

◆お客様の潜在ニーズを引き出す、対話力を身に付けたい
現在、実施設計を行っている店舗付き住宅の仕事では、BIM(Building Information Modeling)で図面を作成するプロジェクトチームの立ち上げに参加。当社にとっては初の取り組みでしたが、チームで試行錯誤しながら実施設計をまとめることができました。当社は長い歴史がありながら、それが良いものなら新しい技術の導入にも積極的。今後はBIMをはじめとした新しい技術を取り入れながら、お客様の潜在的な思いを引き出す対話力を磨いていきたいです。そしてどんなプロジェクトでも任せられる人材になるのが目標です。
【土木施工】 <地元に強い小原建設で、信頼される作業所長に>
土木事業部 工事部 中林 純一 理工学部 環境創造学科卒 2011年入社

◆じっくり腰を据えて働きたくて、転勤の少ない小原建設に入社
小原建設への入社を考えたのは、説明会でお話を聞いて「地元の信頼を得ている会社なんだな」と強く感じたことがきっかけです。また、土木事業部は愛知県の仕事をメインとしており、ほとんど転勤がないということで、地元でじっくり腰を据えて働きたかった自分にぴったりだと思いました。入社後は土木事業部工事部に配属。先輩社員の下で河川工事や道路修繕工事、ポンプ場の耐震工事などに携わりました。現在のミッションは、県から依頼された農水管の取替工事。現場の作業所長として日々業務に取り組んでいます。

◆現場のすべてを仕切る責任者として、地元の発展に貢献していきたい
作業所長は工事看板に責任者として名前が載り、大変ですが非常にやりがいのある仕事です。発注者様とのやりとりはもちろん、予算管理や品質管理、安全管理など現場のすべてを自分自身で管理する必要があります。農水管は地中に埋設される設備で工事後は目に見えなくなってしまうので、細部に至るまで誠実な仕事になるようやりきりたいですね。次のステップは作業所長としてより多くの現場を経験し、さらなるスキルアップをすること。そしてここ岡崎で、地元や会社に長く貢献していけたらと思います。
【営業】 <知識と経験を積み、お客様に 満足いただける営業を志す>
営業部 矢田 明隆 経済学部 経済学科卒 2011年入社

◆地域に密着した仕事ができる小原建設に魅力を感じて
父が建築業を営んでいることもあり、物心ついた頃から建築が身近な存在でした。また、地域に密着した仕事に就きたいという想いもあったため、地元で確かな信用を築いている当社への就職を決めました。当社の長所は「真面目な社員が多い」こと。人生をかけて建設されるお客様もおられます。当然ですが、いい加減な仕事はできません。社員が取り組むすべての業務に「お客様の立場になって考える」という姿勢が貫かれています。また、物件を受注するために多くの部署が関わるため、協力的なマインドを持った方が多いと感じます。

◆難しい仕事をやり遂げたことが大きな自信につながった
私が取り組む営業職の醍醐味はやはり「仕事をとってくる」ことにあります。思い出深い仕事は、2年ほど前に手がけた案件。まず遊休地を探すところからスタートし、地主さまと交渉して土地を確保。そこから施主さまを探してプロジェクトを完遂させるという、全て当社にお任せをいただいたプロジェクトでした。スケジュール管理等大変なこともありましたが、奮闘したかいがあって素敵なクリニックが完成し、「矢田さんにお願いしてよかった!」と喜びの言葉をいただくことができました。
Q&A <Q.仕事をするのにどんな資格が必要ですか>
A.現場管理では、施工管理の資格が必要となります。1級資格を取得するには大卒の方で最短で3年の実務経験が必要となります。当社では30歳までにほとんどの者が取得しています。設計では1級建築士の資格が必要となります。独学で取得を目指す者もいますが、多くが資格学校に通い取得しています。この場合、学習費用の貸付制度を設けています。現場管理の方もスキル・レベルアップのため、1級建築士の資格取得を奨励しています。事務・営業については、宅地建物取引士、建設業経理士、衛生管理者等を資格手当対象として指定しています。

<Q.施工管理者として小原建設に就職するとどんなメリットがありますか?>
A.工事の最初から最後まで携わる事が出来ます。そして早くから責任のある仕事を任されます。その為、幅広く知識、経験を積みながら成長出来ます。工事の規模にもよりますが4,5年で1つの現場の作業所長として現場運営ができるようになります。

<Q.社内イベントはありますか?>
1年に1回、グループ会社を含めて事業部対抗ボウリング大会や野球大会を開催しています。これからも競技を検討し、社員間の交流の場をつくっていきます。また事業部それぞれで、社内旅行や歓迎会などの懇親会を行って社内コミュニケーションをはかっています。
沿革
  • 1906年
    • 小原善太郎、請負業「大善」創業
  • 1920年
    • 日清紡績(株)岡崎工場建設工事に参加
  • 1929年
    • 初のRC造、岡崎市立高等女学校講堂竣工
  • 1931年
    • 合資会社 小原組設立
  • 1932年
    • 初の海上工事、蒲郡竹島橋架設竣工
  • 1946年
    • (株)小原組設立
  • 1948年
    • 小原建設(株)に社名変更
  • 1951年
    • 名古屋支店開設
  • 1959年
    • 土木部設置
  • 1960年
    • 東京支店開設、豊橋営業所開設
  • 1969年
    • 大阪支店開設
  • 1970年
    • 本社社屋竣工
  • 1972年
    • 岡崎市役所庁舎竣工
  • 1975年
    • 岡崎信用金庫本店ビル竣工
  • 1987年
    • 小原守、会長に就任 小原睦、社長に就任
  • 1991年
    • コーポレートマーク決定
  • 1996年
    • 文化会館「葵丘(ききゅう)」竣工
  • 2000年
    • ISO9001取得
  • 2004年
    • 中部国際空港CIQ棟竣工
  • 2005年
    • 2005年日本国際博覧会会場施設建設(海上地区)
  • 2006年
    • 創業100周年
  • 2007年
    • 第48回建築業協会賞 入選
      「名古屋大学 野依記念学術交流館」
  • 2008年
    • ISO14001取得
  • 2015年
    • 東京支店 新社屋完成
  • 2016年
    • 創業110周年

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.9年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 32.1時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.8日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 3名 6名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.8%
      (125名中1名)
    • 2021年度

    更なる女性管理職登用を目指します。

社内制度

研修制度 制度あり
最初は0からでも大丈夫!入社時研修や階層別研修、海外研修など社員のスキルアップのために様々な研修制度を設けています。

■入社時研修
ビジネスマナー、仕事の進め方等、基礎的な知識を学びます。また現場実習では、いくつかの工事を経験し現場の流れをつかみます。

■半年後研修
グループ討議で半年間を振り返り、自分の強み・弱みを明確にし、目指す自分への行動計画を立てます。

■1年後研修
1年間の担当業務や、身につけた事・出来なかった事、今後の取組についての発表を行い、さらなる成長へとつなげます。

■階層別研修(若手研修・主任研修・管理職研修)
各階層の職務を全うするために集合研修と職場実践をとおし、必要な知識・技術の習得を支援します。

■海外研修
毎年社内から数名が選抜され、海外研修に参加。グローバルな視点を養い新たな自分を発見します。

※そのほか、若手社員を中心にe-learningをはじめ、ビジネスマナーや現場業務に関する研修を定期的に行っています。
自己啓発支援制度 制度あり
■一級建築士
  資格取得学習費用貸付制度
  資格取得給付
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
認定資格手当毎月付与(資格によって金額は異なる)
例:一級建築士      1.2万円
  一級建築施工管理技士  9千円
  一級土木施工管理技士  9千円
  宅地建物取引士     6千円
  一級建設業経理士    9千円  等

※ほか各種(工事担当者教育、安全教育、VEリーダー)

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 7 1 8
    2021年 13 3 16
    2020年 11 9 20
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 2
    2020年 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 8
    2021年 16
    2020年 20

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知工業大学、愛知産業大学、愛知淑徳大学、秋田県立大学、亜細亜大学、大阪芸術大学、金沢工業大学、九州共立大学、京都産業大学、近畿大学、岐阜大学、久留米工業大学、工学院大学、駒澤大学、産業能率大学、芝浦工業大学、椙山女学園大学、摂南大学、多摩美術大学、第一工業大学、大東文化大学、大同大学、千葉工業大学、中京大学、中部大学、東海大学、東京工芸大学、徳島大学、同志社大学、長崎総合科学大学、名古屋大学、名古屋学院大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、南山大学、日本大学、日本福祉大学、日本文理大学、人間環境大学、広島大学、法政大学、三重大学、名城大学、山口大学、立命館大学
<短大・高専・専門学校>
青山製図専門学校、東海工業専門学校金山校、豊田工業高等専門学校

名古屋高等技術専門校

前年度の採用実績(人数) 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
--------------------------------------------------
13名   10名   16名  20名  16名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

小原建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
小原建設(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 小原建設(株)の会社概要