最終更新日:2022/11/30

たんぽぽ薬局(株)【薬剤師採用】

業種

  • 調剤薬局

基本情報

本社
岐阜県
資本金
6億9,300万円
売上高
465億円(2022年3月期)
従業員
1,407名(うち薬剤師809名) 2022年4月現在

想像以上の薬剤師はあなたの中にいる  寄り添うチカラで、あなたを輝かせる

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
在宅医療では施設在宅が93%を占め、チーム医療の一員として、多職種(医師/看護師/ケアマネ/施設スタッフ 等)と連携し、処方適正化に貢献。
PHOTO
全店舗の1/4が、がん診療拠点病院の門前へ出店。抗がん剤の使用割合は全国平均を大きく上回り、高度な薬学管理が必要な薬剤に向き合える環境があります。

1on1の姿勢で地域と向き合う調剤薬局。薬剤師としての成長も、しっかり見守ります。

PHOTO

たんぽぽ薬局が向き合うのは、患者さまの「心」。たんぽぽの根のように、強く地域に根差し、地域の医療に貢献しています。

●いつも心に1on1のポリシーがあります
たんぽぽ薬局は1on1で向き合うことを大切に、地域に根ざした「かかりつけ薬局」をめざしています。
“たんぽぽ”の社名自体が、地域のみなさまに愛される存在になりたいという願いから付けられたもの。
それを実践するために1on1の姿勢で患者さまや地域の方々と向き合い、併せて従業員満足度の向上も図っています。
その考え方は、薬学生のみなさんに対しても変わりません。
進路を決めかねている方へも親身になって相談に乗ります!

●健康と安心を守る多彩な店舗
患者さまに心から喜んでいただける薬局づくりを真剣に考え、1店舗ごと慎重に出店を続けてきたたんぽぽ薬局。
現在では、敷地内薬局や大病院門前薬局、クリニック門前や医療モール型薬局、在宅医療に特化した薬局など、様々なスタイルの店舗を149店舗展開しています。
各店舗では経験や知識など、一定の基準を満たした多くのかかりつけ薬剤師が活躍しています。
さらにかかりつけ薬局の機能を踏まえた上で、地域のみなさまの健康維持・推進を積極的に支援する「健康サポート薬局」も増え続けており、これまでに8店舗が認定。
数字的には全体の1割程度ではあるものの、健康サポート薬局に必要な機能はすべての店舗で備えています。

●ラダー別研修制度導入で真のプロを育てます
調剤薬局の薬剤師にとって、最も大切なことは“いかに患者さまの健康に貢献できるか”です。
そして「安全・安心」を提供できる薬剤師を育てることが、私たちの使命だと考えています。
たんぽぽ薬局では入社時の集合研修を始め、店舗でのOJTマンツーマントレーニングで新人薬剤師をサポート。
加えて2年目以降も独自のラダー別研修プログラムのもと、長期にわたって薬剤師としての知識と経験を磨き、幅広い活躍を可能にしています。

●働く環境づくりにも自信があります
2007年に業界初としてくるみんマークを認定以来、6回の認定を受けたほか、えるぼしにも認定されています。
また、2020年には「ぎふし共育・女性活躍企業」にも認定。
子育てサポート制度(無条件で2年間の育児休業制度・最大2時間半の勤務時間短縮制度など)、年間休日127日(2021年度実績)など充実の福利厚生も設け、ライフスタイル等が変わっても長く働くことのできる環境を提供しています。

会社データ

事業内容
■保険調剤薬局の経営
■医療機器・医療用具・衛生材料・介護用品の販売
■在宅関連事業

※全店舗で進化形薬局機能を発揮し、安心・安全を届けられる様、つとめています。

 ■地域連携薬局
 
 ・かかりつけ薬剤師
   289名が専属薬剤師として活躍中
 
 ・健康サポート機能
   薬局トリアージ・健康イベント開催
 
 ・在宅医療
   施設在宅を中心にチーム医療で多職種と連携
   減薬提案により、ポリファーマシーの改善に貢献
 
 ・オンライン服薬指導
   全店舗にオンライン服薬指導支援システムを導入

 ■専門医療機関連携薬局
 
 ・専門薬剤師
   資格取得の為、様々な支援
   (取得費用負担、スケジューリング、情報共有など)
 
 ・テレフォンフォローアップ
   抗がん剤や糖尿病薬のフォロー実績多数
   患者さま情報も医療機関と共有
本社郵便番号 500-8828
本社所在地 岐阜市若宮町9丁目16番地 トーカイビル9階
本社電話番号 058-263-6606
設立 1995年10月2日
資本金 6億9,300万円
従業員 1,407名(うち薬剤師809名) 2022年4月現在
売上高 465億円(2022年3月期)
平均年齢 33.1歳(2022年5月現在)
売上高推移 決算期  売上高
─────────―
2022年3月  465億円
2021年3月  440憶円
2020年3月  450憶円
2019年3月  418億円
2018年3月  430億円
2017年3月  407億円
事業所 ◆調剤専門薬局 149店舗(2022年10月現在)
 東海地区店舗95(愛知49、岐阜34、三重9、静岡3)
 北陸地区19店舗(富山12、石川6、福井1)
 関西地区27店舗(大阪7、兵庫4、京都2、奈良6、滋賀6、和歌山2)
 四国地区 8店舗(香川3、愛媛5)
◆研修センター(愛知県名古屋市)
関連会社 (株)トーカイ
トーカイフーズ(株)
(株)ティ・アシスト
他グループ会社18社
平均年齢 33.1歳
平均勤続年数 7.3年
沿革
  • 1995年
    • 10月 
      ■「たんぽぽ薬局(株)」設立。
       野に咲く“たんぽぽ”のように、地域にしっかりと根ざした、人々から愛される存在でありたいとの願いを込めて社名とした。
  • 1996年
    • 4月 
      ■当社第1号店を岐阜市内に開設(たんぽぽ薬局長良八代店)。
  • 1997年
    • 7月
      ■当社独自の薬局機能評価(※)を開始。
       ※店舗ごとに客観的かつ自主的な判断で、店舗運営や設備の現状を評価する仕組み。
  • 2000年
    • 2月
      ■(株)日本海ファーマシー設立(2002年合併)。

      9月
      ■ 「処方箋7万枚応需記念行事」を上宝トーカイリゾートホテルで開催。
  • 2002年
    • 4月
      ■AM(エリアマネジャー)制度の確立。

      7月
      ■当社初の在宅調剤センター殿町店開設(2007年閉店)。

      10月
      ■100億円達成記念社員旅行」として全従業員で北海道旅行を実施する。
  • 2004年
    • 12月
      ■研修センターを名古屋市内に開設(現在、八事日赤前店)。
  • 2005年
    • 11月
      ■西日本たんぽぽ薬局(株)(香川県)と合併。
       岐阜市男女共同参画 優良事業者表彰を受ける。
  • 2006年
    • 「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」への寄付を開始(~現在)。

      7月
      ■(株)高山調剤センター(岐阜県)と合併。「グリーン薬局」の屋号が増える。
  • 2007年
    • 4月
      ■調剤薬局で初めて(※)、子育てサポート企業として「くるみん認定」を受ける。
       ※厚生労働省くるみん認定及びプラチナくるみん認定企業名都道府県別一覧(令和3年2月末時点)より
  • 2009年
    • 「骨髄バンク」への寄付を開始(~現在)。

      10月
      ■MSL(エムエスリーダー)制度の確立。MS=Medical Staff
  • 2010年
    • 5月
      ■(有)レベルアップを子会社化。

      11月
      ■第四回日本薬局学会学術総会を、総会会長会社として岐阜市(長良川国際会議場)で開催する。

      12月
      ■社内報「たんぽぽ通信」発刊。
  • 2012年
    • 海外研修制度導入(米国)。

      1月
      ■名古屋市子育て支援企業 優秀賞を受ける。

      11月
      ■第一回社内学術大会を開催。
  • 2013年
    • 1月
      ■(有)レベルアップで医薬品卸売業を開始。
  • 2014年
    • 5月
      ■名古屋市(かすもり店)と岐阜市(西改田店内)に在宅センター開設。無菌室を完備
  • 2015年
    • 11月
      ■創立20周年記念として、記念誌の発行と全従業員を集めてUSJでパーティーを行う。
  • 2016年
    • 1月
      ■岐阜県WLBエクセレント企業に認定される。

      4月
      ■調剤薬局で初めて(※)、えるぼし認定(第3段階)を受ける。
       ※厚生労働省「えるぼし」認定企業一覧(令和3年2月末時点)より

      6月
      ■CBCラジオでコマーシャルを開始。
  • 2017年
    • 10月
      ■調剤薬局で初めて(※) 6回目となる「子育てサポート企業」に認定。
       ※厚生労働省くるみん認定及びプラチナくるみん認定企業名都道府県別一覧(令和3年2月末時点)より
  • 2018年
    • 1月
      ■名古屋市女性活躍推進企業に認定される。

      7月
      ■豪雨被災地の岡山県倉敷市真備町にて医療支援活動に参加する。

      11月
      ■新城店(愛知県)が、国家戦略特区における薬剤遠隔指導事業者として登録認可を受ける。
       なんと!やさしい子育て応援企業認定(富山県南砺市)を受ける。
  • 2019年
    • 2月
      ■エーザイ(株)と(株)カナエとの間で、MEDLLECT技術を利用して医薬品の服薬アドヒアランスの検証に関して、共同研究契約を締結する。

      10月
      ■長野県「特定非常災害(豪雨災害)」に対して、避難所へ救援物資を届ける。
  • 2020年
    • 2月 
      ■ぎふし共育・女性活躍企業認定を受ける。

      3月~6月
      ■「健康サポート薬局」受理 6店舗
       たんぽぽ薬局聖護院店
       たんぽぽ薬局鹿田店
       瑠璃光薬局
       たんぽぽ薬局不二越店
       たんぽほ薬局四日市中央店
       たんぽほ薬局豊田センター店
  • 2020年
    • 7月
      ■「健康サポート薬局」受理
       たんぽほ薬局山西店

      9月
      ■ONLINE服薬指導のツールとして全店に「CURON」「PHARMS」を導入する。

      10月
      ■PayPay、メルペイ、d払いに全店導入。
      ■創立25周年を迎える。

      12月
      ■「薬剤師転職ファーム」を開設
  • 2021年
    • 8月
      ■「地域連携薬局」に認定
       たんぽぽ薬局池田店

      12月
      ■宅配業者「ARUU」による薬の配送サービス開始
      ■岐阜名鉄タクシーによる薬の配送サービス開始
      ■Smartロッカーによる薬の保管サービスに開始
  • 2022年
    • 1月
      ■抗原検査キット【医療用】を全店で販売

      ■「地域連携薬局」に認定 2店舗
       たんぽぽ薬局豊田センター店
       たんぽぽ薬局聖護院店

      2月
      ■「地域連携薬局」に認定
       たんぽぽ薬局桃山店

      4月
      ■藤田医科大学寄付講座開始
       「先進診断システム探索部門」山村恵子特任教授
  • 2022年
    • 4月
      ■オリジナルアプリを公開

      6月
      ■大阪大学大学院経済学研究科 教授 松村真宏先生とMountain Bottom Agency株式会社の3者間で、松村真宏先生が創始する「仕掛学」を元にした服薬コンプライアンスの向上に関する産学共同の取り組みを開始

      7月
      ■オリジナルフリーマガジン創刊

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.3年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6.2時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.7日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 49名 13名 62名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 49名 1名 50名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 37.1%
      (175名中65名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
【薬剤師職対象】
 薬剤師 『ラダー別研修システム』 を新規導入
 薬剤師としての”エキスパート”を目指す研修
 ◆スタートアップ研修
  座学(4月~2,3週間)、OJTトレーニング(~翌年3月)
  社会人基礎・マナー、医療人としてのおもてなしの心
  模擬薬局において患者応対・調剤機器操作を実践的に学ぶ
 ◆ラダー1研修
  服薬指導・薬歴作成におけるスキルアップ
  患者対応力強化 〇業務優先順位
 ◆ラダー2研修
  重複投薬や相互作用防止、プレアボイド事例の共有
  多職種間コミュニケーション
 ◆ラダー3研修
  医薬連携による薬の適正使用への貢献
  地域住民のニーズに対応した地域活動の実施
 ◆ラダー4研修
  かかりつけ薬剤師として減薬を含めた処方提案
 ◆エキスパート薬剤師
  専門薬剤師資格取得支援
  学会発表・論文投稿
  かかりつけ薬剤師
  企業や大学との共同研究
  地域貢献(学校薬剤師・地域活動参加)
  災害ボランティア
  健康サポート薬局 など

 マネジメントラダー(役職別研修)
 ◆Mラダー1(薬局長クラス)
  部下育成
  店舗マネジメント
  薬局長会議(年2回)
 ◆Mラダー2(マネジャークラス)
  マネジメント経営支店で行動できる幹部の育成
  海外研修
 ◆Mラダー3(トップマネジメント)
  優秀企業視察訪問による経営手法の研究

【全従業員】
 ブラッシュアッププログラム
 ◆CS研修
  〇社内接遇講師による接遇研修
 ◆社外のeラーニング受講支援
 ◆薬歴レビューミーティング
 ◆社内学術大会
 ◆全体集合研修(各エリア)

【新規認定実務実習指導薬剤師】
 ◆新規認定実務実習指導薬剤師事前研修

【資格取得支援制度】
 ◆研修認定薬剤師
 ◆健康サポート薬局研修修了薬剤師
 ◆認定実務実習指導薬剤師
 ◆外来がん治療専門薬剤師
 ◆認知症研修認定薬剤師
 ◆地域糖尿病療養指導士(CDEL)
 ◆腎臓病療養指導士
 ※その他下記を取得している薬剤師もいます
  在宅褥瘡予防管理師、OATHAS、妊娠授乳サポート薬剤師、
  スポーツファーマシスト、禁煙アドバイザー 他
自己啓発支援制度 制度あり
社外のeラーニング受講支援
専門資格の取得支援制度
メンター制度 制度あり
約1年間新入社員一人に対し、入社年次の近い先輩社員が一人OJTトレーナーとしてつきます(OJTプログラムは全社統一でどの店舗で誰が教えても同じ内容)。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 9 44 53
    2022年 11 57 68
    2021年 9 48 57

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
北海道大学、北海道医療大学、東北大学、奥羽大学、国際医療福祉大学、高崎健康福祉大学、城西大学、日本大学、日本薬科大学、慶應義塾大学、東邦大学、千葉科学大学、城西国際大学、帝京平成大学、東京理科大学、東京薬科大学、明治薬科大学、北里大学、昭和薬科大学、星薬科大学、昭和大学、帝京大学、武蔵野大学、横浜薬科大学、新潟薬科大学、富山大学、北陸大学、金沢大学、岐阜薬科大学、静岡県立大学、名城大学、名古屋市立大学、愛知学院大学、金城学院大学、鈴鹿医療科学大学、京都大学、京都薬科大学、立命館大学、同志社女子大学、大阪薬科大学、摂南大学、近畿大学、大阪大谷大学、大阪大学、武庫川女子大学、神戸薬科大学、神戸学院大学、兵庫医療大学、姫路獨協大学、就実大学、岡山大学、福山大学、広島大学、広島国際大学、徳島文理大学、徳島大学、松山大学、九州大学、福岡大学、第一薬科大学、長崎大学、熊本大学、九州保健福祉大学

前年度の採用実績(人数) <薬剤師職>
2021年…入社57名
2020年…入社41名
2019年…入社26名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

たんぽぽ薬局(株)【薬剤師採用】と業種や本社が同じ企業を探す。
たんぽぽ薬局(株)【薬剤師採用】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. たんぽぽ薬局(株)【薬剤師採用】の会社概要