最終更新日:2022/11/9

進学プラザグループ【(株)仙台進学プラザ/(株)札幌進学プラザ】[グループ募集]

業種

  • 教育

基本情報

本社
北海道、宮城県
PHOTO
  • 5年目以内
  • 文学部
  • 企画・マーケティング系
  • 営業系
  • 販売・サービス系
  • 専門系

生徒と自分自身の成長の場

星 菜穂子
2020年入社
東北学院大学
文学部
第一事業部 俊英四谷大塚 仙台本部校/長町校/泉中央校

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 人を育てる仕事
  • 若いうちからマネジメントをする仕事
現在の仕事
  • 部署名第一事業部 俊英四谷大塚 仙台本部校/長町校/泉中央校

現在の仕事内容

塾そのものが、生徒の学習を支える場ですが、それと同時に自分自身の成長の場とも感じています。私が所属する部署では、中学受験を目指す小学生がほとんどで、志望校合格に向け日々指導を行っています。「学校」との違いとしては、「生徒に何を教えて何を持ち帰ってもらうか、生徒がそれをどのように使いこなしていくか」だと思い、普段の授業で意識しています。授業を行うにも、自分が現在持つ知識だけでは足りないので、生涯学習という言葉の通り、生徒とともに学んでいます。また、小学生は英語の授業が本格化しており、中学受験にも英語の問題が出るようになります。現代社会の教育状況にいち早く対応できるのも、この職場ならではだと感じています。


この会社に決めた理由

学生時代は学校教員を目指して勉強をしていたので、これまで学んだことが活かせると思い入社しました。就職アドバイザーの方にこの会社を勧めてもらい、入社するまでの間も採用担当の方がインターンシップを行ってくださったので、とても感謝しています。一言で「塾」といっても、小学生から高校生まで、生徒の成長を最後まで支えてあげられるのはこの会社の強みであると考えています。大学で私は高校英語を中心に勉強をしていましたが、俊英四谷大塚で小学生へ向けた授業をすることになり、最初は抵抗を感じていました。しかし、四谷に通う小学生の多くは中学受験という最初の受験に向け勉強に励み、ここで培った学習スタイルを今後の受験に活かす力を身に着けます。そうした最初の成長場面を担当できることが、現在の誇りでありやりがいになっています。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 進学プラザグループ【(株)仙台進学プラザ/(株)札幌進学プラザ】の先輩情報