最終更新日:2022/11/17

日本ピラー工業(株)【東証プライム市場上場】

  • 上場企業

業種

  • 金属製品
  • 機械
  • 化学
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
大阪府
PHOTO
  • 5年目以内
  • 技術・研究系

社内研修から外部の社会人プログラムまで、学びの機会が豊富

F.H
2019年入社
28歳
香川大学 大学院
工学研究科知能機械システム工学専攻
三田技術1部MS開発グループ 
メカニカルシールと関連製品の開発

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
  • 形の残る仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名三田技術1部MS開発グループ 

  • 勤務地兵庫県

  • 仕事内容メカニカルシールと関連製品の開発

日本ピラー工業の志望動機を教えてください(なぜ受けようと思ったのか)。

多くの経験を重ねて成長したかったので、設計だけでなく、開発や品質管理、営業など、さまざまな仕事を任せてもらえる会社を探していたためです。

また、人間関係が良好で、気持ちよく働ける環境である点も重視していました。
気になった会社についてはインターンシップなどを利用し、自ら直接社風を確認しました。


入社を決めた理由は何ですか。

就活の軸としていた上記2つの条件に当てはまる会社だったからです。
インターンシップでは先輩方が製品説明をしてくれたのですが、「自分が作った製品をこんなに楽しそうに紹介できるってすばらしい!」と思い、私もその輪に加わりたいと思いました。
入社後の研修もその先輩が担当でしたが、とても楽しい研修でした。

研修センターに勤める先輩方も親身で優しい人ばかり、今でも製品の試験や社内向け研修会の講師をする際に訪れるのですが、いつも気さくに声をかけてくれます。


所属部署での業務内容ややりがいを教えてください。

メカニカルシールや関連製品の開発を行っています。
開発は、お客様であるメーカーから依頼があり、設計、試作、試験、評価の流れで進んでいきます。
既存の製品を応用して開発するケースがほとんどですが、依頼によっては新規で開発する場合もあります。

メカニカルシールの開発には、機械だけでなく、情報処理や電子の知識も必要とされます。
そのため学生時代に身につけた知識や技術を生かせていますし、難しい分、やりがいも感じています。
また、当社は学びの機会も豊富に用意されており、昨年には大学主催の社会人向けプログラム「データサイエンス・リカレントプログラム」に参加しました。


データサイエンスの大学派遣でどのようなことを学びましたか。

長念蓄積してきた経験やデータを活用しながら、新たな価値を創出する可能性について学びました。
近年はDX普及により、社会やビジネスの仕組み自体が変化したため、当社が長年携わってきたモノづくりだけでなく、データを用いた新たなサービスの提供なども求められるようになっています。

データサイエンスのプログラムでは、そのような新たな価値を創出するためのデータの取り扱いや解析技術、プログラミングなどを習得し、そこで得た知識は今の開発業務にも生かされています。


学生の皆さんへのメッセージをお願いします。

学生時代の専攻は機械でしたが、研究では画像処理を行っており、機械と情報処理の両方のスキルが生かせる仕事をしたいと思い、就職活動を進めました。
そして、幸運なことにそのような仕事に就くことができ、今はやりがいのある日々を送っています。

学生時代に身につけた知識やスキルがすぐに生かせるかどうかは就職した会社の業務内容によると思いますが、今後、人生のどこかで役立つ可能性は十分あります。
将来、やりがいのある楽しい仕事をするためにも、学生時代の学びの機会を逃さず、いろいろな知識やスキルを貪欲に身につけてほしいと思います。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本ピラー工業(株)【東証プライム市場上場】の先輩情報