最終更新日:2024/1/19

(株)アルトナー【東証プライム上場】

  • 正社員
  • 無期雇用派遣
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • 受託開発
  • 自動車・自動車部品
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
神奈川県、大阪府

取材情報仕事・キャリアパスについて伝えたい

PHOTO

スペシャリストの道も、マネジメントの道も。アルトナーならここまで成長できる!

半導体検査装置の開発・立ち上げのスペシャリストへ。入社2年目で数回の海外長期出張を経験(K.Tさん)

学生時代は材料工学の研究室に所属。新しい磁石を開発するための研究に取り組んでいました。レアアース(希土類)を使うことなく、ネオジム磁石のような強力な磁性を得るために、研究室では鉄隕石の結晶構造に着目。鉄やニッケルの層を原子レベルで積み重なった構造を人工的に再現するための理論計算、物性解析に取り組んでいました。会社選びにあたってはメーカーを志望していたのですが、体調を崩したことやコロナ禍の影響もあり、就職活動をなかなかスムーズに進められませんでした。そんなときに就職活動エージェントから紹介されたのが、アルトナーだったのです。研究開発の第一線で先端的な技術に関わりながら、自分の力を伸ばしていくこと... 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「理系の選択」

PHOTO
電気・電子系

新しい分野に挑戦したい!「光物性」から「リチウムイオン電池」の研究開発へ

「光物性」の研究から、アルトナーへ。入社の決め手は技術に対するひたむきな姿勢

学部・修士時代は電子・数物系を専攻。研究室では、半導体の素材の物理的な性質に関する研究に取り組んでいました。私の専門は、光と物質の相互作用を研究する「光物性」という分野の理論研究です。「量子コンピュータ」への活用を視野に入れながら、複数の「量子ドット(量子力学的な特性を持つ、ナノスケールの半導体粒子)」が光を出して相互作用を行ったときにいかなる挙動を示すのか、光がどのように吸収・放出されるのかといったテーマに関する基礎研究に取り組んでいました。理論モデルの構築のみならず、コンピュータによる数値シミュレーションも研究の一部です。理論物理学を中心にプログラミングなど、幅広い分野の知識とスキルを身に... 続きを読む


  1. トップ
  2. (株)アルトナー【東証プライム上場】の取材・特集