最終更新日:2022/5/12

日本証券業協会

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • 証券
  • その他金融

基本情報

本社
東京都
資本金
認可法人のためなし
売上高
認可法人のためなし
職員数
359名(2022年4月1日現在)

私たちは、公正で透明性が高く、信頼のできる金融・資本市場の環境作りに貢献しています!

会社紹介記事

PHOTO
日本証券業協会は、金融商品取引法に基づく内閣総理大臣の認可を受けたわが国唯一の自主規制団体です。公正で透明性の高いマーケット環境の実現を目指しています。
PHOTO
金融・資本市場の健全な発展を推進するため、自主規制業務だけでなく、市場活性化策の提言、金融・証券知識の普及・啓発活動など、幅広い業務を行っています。

金融商品取引業の健全な発展と投資者の保護を目的とした、公益性の高い仕事です。

PHOTO

大学での専攻にはこだわらず、幅広く人材を求めています。意思とやる気が大切です。

「金融」とは、お金(資金)を融通(ゆうずう)することを意味します。資金が必要な企業や国・地方公共団体は、銀行などからの借入のほか、自らが株式や債券を発行し、個人や企業に購入してもらうことにより、必要な資金を調達しています。
このように、金融・資本市場は、次代を担う成長産業をはじめとする企業の資金調達の場であり、国民の資産運用・財産形成のための場として、企業の成長や国民の生活を支える重要な役割を担っています。我が国が安定した経済成長を持続し、国民一人ひとりの豊かな生活を実現するためにも、金融・資本市場は、公正で透明性が高く、信頼のできるものでなくてはなりません。
私たち日本証券業協会は、公正で透明性が高く、信頼のできる金融・資本市場の環境作りのため、様々な課題に積極的に取り組んでいます。

(当面の主要課題)
日本証券業協会は、「SDGs(※)に貢献する証券市場の実現」に向け、以下の3つの施策を柱として掲げています。

(1)人生100年時代を支える個人金融資産の形成
・NISA等を活用した中長期的な資産形成の促進
・世界一の長寿社会における多様化するニーズへの対応
・証券投資の普及に資する投資教育のさらなる取組み

(2)SDGsの実質化の促進
・SDGsに貢献する商品・サービスの開発と普及
・テレワーク等の新しい職場環境整備と女性活躍の推進
・経済的に厳しい状況にある人々への支援
・大学等との連携によるSDGsの実装化

(3)証券業の持続的な成長
・市場の公平性・透明性向上に向けた取組み
・顧客本位の業務運営の徹底に向けた取組み
・証券会社の業務の合理化・効率化に資する施策の検討・実施
・デジタルトランスフォーメーションの時代に適応した取組み

※「SDGs(持続可能な開発目標)」とは…
国連は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、先進国を含む国際社会全体の持続可能な開発目標(SDGs)として、2030年を期限とする17の目標と169のターゲットを定め、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取組みを進めています。
本協会としても、SDGsの達成に向けた取組みを本協会の重要課題と位置付け、「SDGs宣言」の下、積極的に取り組んでいます。

これらの内容は「当面の主要課題」として、日本証券業協会のホームページに詳しく掲載していますので、是非ご覧ください。

会社データ

事業内容
金融・資本市場の公正かつ円滑な運営、金融商品取引業の健全な発展及び投資者の保護を目的とした、公益性の高い業務を行っています。

■自主規制、金融商品市場の運営に関する業務
(1) 自主規制ルールの制定、監査の実施、自主制裁の発動
(2) 外務員登録事務及び資格試験・更新研修の実施
(3) 協会員の役職員向け研修等の実施
(4) 金融商品市場の制度整備・市場管理業務
(5) 証券取引等の相談・苦情、あっせん
(6) 認定個人情報保護団体の業務の実施

■金融商品取引業、金融商品市場の健全な発展を推進する業務
(1) 金融商品市場に関する調査研究及び意見表明
(2) 統計資料等の発表
(3) 広報事業
(4) 関係団体等との意思の疎通及び意見の調整
(5) 反社会的勢力の排除に関する支援
(6) 金融商品市場全体の事業継続に関する支援

■金融・証券知識の普及・啓発
国民各層が金融商品等に関する知識、情報を正しく理解し、自らが主体的に判断し、行動できる能力の向上を図るため、中立かつ公正な立場で、学校向け及び社会人向けに金融・証券知識の普及・啓発事業を展開しています。また、これらの事業に関する国際会議への参画及び国際機関との協力も積極的に行っています。

■国際業務・国際交流
金融・資本市場のグローバル化に対応して、証券監督者国際機構(IOSCO)、国際証券業協会会議(ICSA)、アジア証券人フォーラム(ASF)等の国際会議に参加し、海外の証券関係団体等との情報交換、国際交流の促進を図るとともに、日本市場の海外へのプロモーション、新興市場への技術支援、海外からの問い合わせへの対応、情報の収集、海外向け広報・情報発信などを行っています。

PHOTO

本部郵便番号 103-0027
本部所在地 東京都中央区日本橋二丁目11番2号 太陽生命日本橋ビル
本部電話番号 03-6665-6754
代表者 会長  森田 敏夫
設立 1973年7月1日
資本金 認可法人のためなし
職員数 359名(2022年4月1日現在)
売上高 認可法人のためなし
事務所 東京、札幌、仙台、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡
協会員数 ○会 員 272社
○特別会員 200機関
○特定業務会員 13社
(2022年4月1日現在)
沿革
  • 1973年7月
    • 社団法人日本証券業協会を設立。
      …東京に本部を、全国に10の地区協会を設置。
  • 1992年7月
    • 民法上の社団法人から、証券取引法上の認可法人に改組、名称を「日本証券業協会」に変更。
  • 1994年4月
    • 証券業務の認可を受けた金融機関(現在の「登録金融機関」)が特別会員として本協会に加入。
  • 1998年7月
    • 社団法人公社債引受協会を統合。
  • 2004年7月
    • 本協会の「自主規制機能」と「証券戦略機能(業界活動機能)」を同一法人内において独立的に運営するガバナンス構造を構築。
      東証取引参加者協会の業務等を受入れ。
  • 2005年4月
    • 社団法人証券広報センターを統合。
      金融庁から、「認定個人情報保護団体」の認定を受ける。
  • 2007年9月
    • 金融商品取引法の施行に伴い、同法上の認可金融商品取引業協会となる。
  • 2007年11月
    • 協会員の行動規範やモデル倫理コード等を審議するため「行動規範委員会」を設置。
  • 2009年3月
    • 国家公安委員会から、暴力団対策法上の「不当要求情報管理機関」の登録を受ける。
  • 2010年2月
    • 証券取引の利用者からの相談、苦情及び紛争解決のあっせん業務を、特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)に委託。
  • 2011年7月
    • より中立・公正な観点から金融・証券教育への支援を推進するため、「金融・証券教育支援委員会」を設置。
  • 2018年10月
    • 本部事務所を移転。
  • 2019年5月
    • 商品関連市場デリバティブ取引取次ぎ等に係る業務のみを行う業者が、特定業務会員として本協会に加入

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.1年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 14.4時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 8名 10名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 3名 5名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 14.5%
      (166名中24名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
階層別研修、新入職員研修、出向研修、国内大学院留学制度、海外大学院留学制度、海外語学留学制度など
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育…会社指定の通信講座の修了者(合格者)に対し、受講料を補助します。
資格取得支援…一定の資格(証券アナリスト、CFP、CIAなど)の資格取得者(試験合格者)に対し、受験料、資格維持費用等を補助します。
語学習得支援…外国語学校に係る費用の一部を補助致します。 など

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 5 5 10
    2020年 5 5 10
    2019年 5 5 10
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 10
    2020年 10
    2019年 10

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、大阪市立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、神奈川大学、金沢大学、関西学院大学、学習院大学、北九州市立大学、京都産業大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、駒澤大学、埼玉大学、島根大学、首都大学東京、上智大学、成蹊大学、聖心女子大学、成城大学、西南学院大学、専修大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、東京大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、同志社大学、南山大学、日本大学、一橋大学、福岡大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、和歌山大学、早稲田大学

ほか、全国各地の国公私立大学

前年度の採用実績(人数) 2017年4月 8名
2018年4月12名
2019年4月10名
2020年4月10名
2021年4月10名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本証券業協会と業種や本社が同じ企業を探す。
日本証券業協会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本証券業協会の会社概要