最終更新日:2022/12/2

清和海運(株)

業種

  • 物流・倉庫

基本情報

本社
静岡県
資本金
1億6,750万円
売上高
99億円 (2021年3月末)
従業員
548名(2022年10月1日現在) 内訳:男性52% 女性48%

〈清水港×総合物流〉世界に名を馳せる大手メーカーから地域の中小企業まで、物流パートナーとして幅広くサポートしています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
今日まで培ってきた物流会社としての信頼を土台に、物流という切り口から顧客の課題解決に貢献する唯一無二の物流パートナーを目指します。
PHOTO
物流はチームプレー。社内外問わず円滑なコミュニケーションが必須です。自分の前の仕事の状況、後の仕事の状況をしっかり把握し、フォローし合って成功へ導きます。

お客様にとっての唯一無二の物流パートナーをめざして。

PHOTO

2021年11月に開設した南部町物流センター

清和海運はお客様(企業様)のパートナー企業として、安全・迅速かつ高品質な物流サービスを国内外問わず提供している総合物流会社です。

コロナ禍で浮き彫りとなった、生産者と人々を繋ぐ物流の重要性。
わたしたちの欲しいものが当たり前に手に入る日常を守るために一役買っている物流業、その業務・形態は幅広くあります。

当社は「A地点」から「B地点」へモノを届けるまでに発生する様々なタスク(通関手続きや輸送の手配、自社倉庫での保管・流通加工など)を総合的にお引き受けするだけでなく、お客様企業一社一社に合った最善の物流をご提案・ご提供しています。

当社は船・トラックなどの輸送手段を直接所有していません。
輸送業者の手段を利用して物流ルートを構築する ”コーディネーター” です。

物流の専門家である清和海運は、チームの総力を結集してお客様のリクエストに確実にお応えする事はもちろん、より良い物流をご提供すべく、創業以来70年に渡って積み重ねてきた総合物流のノウハウをいかし、あらゆる角度から改善を追求しています。




このような当社で必要としている人材は、

 ★挨拶をはじめとした円滑なコミュニケーションができる人

 ★自分のアイディアで現状を変えていこうとする人 

 ★様々なことに興味がある好奇心旺盛な人

 ★どんな状況でも臨機応変な対応ができる人

 ★粘り強く小さなことからやりきる人


現状に満足することなく成長を続けている清和海運の歴史を、一緒に作っていきませんか?

会社データ

事業内容
当社が行っている事業のうち、主な4つの事業を紹介します。


【輸出入物流業】
陸海空さまざまな輸送方法を組み合わせたお客様貨物の輸出入手続き業務

・自動車部品、楽器、食品など、多種多様なメーカー様の商品に携わる
・経験とお客様についての研究結果を基に先回りした改善案をご提案する
・商品ごとの各省庁の法令や世界情勢を含む幅広い知識が求められる


【国内物流業】
お客様の貨物の保管・管理と全国各地への配送手配業務

・大量の国内向け貨物をスピーディーかつ適正に取扱う
・最先端の設備やシステムを活用する
・消費者として店頭で見かける身近な商品の物流に携わる


【国際一貫輸送業】
お客様の貨物を始点(工場)から終点(納品先)まで一括して引き受ける国際輸送手配業務

・豊富なネットワークの中からお客様のニーズにあった最適な船会社を選定
・海上運賃の見積もり、コンテナ船スペースの予約
・最終目的地まで貨物を輸送し納品するための手続き
(当社現地法人や海外代理店を介する)


【通関業】
幅広い商品知識や法令に関する知識と国家資格を持った「通関士」が行う、税関への輸出入申告業務

・貨物を輸出、輸入する際の税関に対する貨物情報の申告
・関税額の算出


PHOTO

物流に求められるニーズがますます高度化、多様化する昨今。従業員に求められるのは、より豊富な知識は勿論、より高いレベルの課題解決力、提案力、構想力です。

本社郵便番号 422-8061
本社所在地 静岡県静岡市駿河区森下町1-35 静岡MYタワー 2階、3階
本社電話番号 054-288-2741
本店郵便番号 424-8666
本店所在地 静岡県静岡市清水区日の出町4-18
設立 1949年8月3日
資本金 1億6,750万円
従業員 548名(2022年10月1日現在)
内訳:男性52% 女性48%
売上高 99億円 (2021年3月末)

平均年齢 39.2歳
事業所 【国内】
●静岡県静岡市:
本社、静岡事務所(情報システム室)、本店(日の出町事務所)、日の出地区各倉庫、袖師センター、興津国際流通センター(FAZ)、興津地区各倉庫、宍原センター、新清水物流センター、新興津国際物流センター 他

●静岡県掛川市:掛川物流センター

●静岡県菊川市:菊川物流センター

●静岡県浜松市:浜松支店、米津物流センター、国際物流センター、浜松インランドデポ

●神奈川県:京浜支店

●東京都:東京受渡事務所

●山梨県:南部町物流センター
主な取引銀行 (株)静岡銀行、(株)清水銀行、(株)三菱UFJ銀行、(株)みずほ銀行
関連会社 【国内】
・清和トラック輸送(株)
・三保運輸(株)
・清和物流(株)
・(株)エムオーエルロジスティクス静岡
・JS物流(株)

【国外】
●中国:清和(上海)国際貨運代理有限公司
    清和(上海)国際貨運代理有限公司深セン分公司
●香港:清和海運(香港)有限公司

●インドネシア:PT.SEIWA LOGISTICS INDONESIA

●タイ:SEIWA PIONEER LOGISTICS CO.,LTD.
    SEIWA PIONEER INTERNATIONAL FREIGHT CO.,LTD.
    SEIWA KAIUN (THAILAND) CO., LTD.

●ベトナム:SEIWA KAIUN (VIETNAM) CO.,LTD.
      SEIWA KAIUN INTERNATIONAL FREIGHT (VIETNAM) CO.,LTD.

●フィリピン:SEIWA KAIUN PHILIPPINES INC.
税関AEO制度 2009年「特定保税承認者」承認
2015年「認定通関業者」認定

※AEO制度とは
貨物のセキュリティ管理と法令遵守(コンプライアンス)の体制が整備された事業者に対し、税関が承認・認定し、税関手続の緩和・簡素化策を提供する制度です。(税関ホームページ引用)
ISO認証 ISO9001(品質マネジメントシステムに関する国際規格)認証取得
SDGsに関連する取組み例 ●ジェンダー平等を実現しよう
 ・女性社員の事務制服全面廃止
 ・時短勤務制度の拡充

●エネルギーをみんなに そしてクリーンに
 ・南部町物流センターに太陽光パネルを設置
 ・新興津国際物流センター(同業4社合同設立倉庫)が建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)において最高ランクの評価

●働きがいも経済成長も
 ・特別支援学校生徒の就業体験受け入れ

●気候変動に具体的な対策を
 ・クールビズの推進
 ・男性社員のノーネクタイ化
 ・日々チーム単位で環境活動の実施、半期ごとの総括

●住み続けられる街づくりを
 ・富士山の清掃プロジェクトへの協賛、参加
 ・市内の清掃活動への参加
 ・地域イベントへの協賛、運営ボランティア参加

●陸の豊かさを守ろう
 ・給与明細書の電子化、紙配布の廃止

                      など
沿革
  • 1949年 8月
    • 静岡県清水市(現:静岡市清水区)に清水通商(株)設立。
      倉庫業、保険代理業などを行う。
  • 1964年 4月
    • 社名を現在の清和海運(株)に変更。
  • 1970年1月
    • 静岡県浜松地区における倉庫、海運貨物取扱いの営業開始。
  • 1981年 11月
    • 袖師第一埠頭内清水コンテナターミナル整備に併せて袖師保税上屋完成。
  • 1995年 5月
    • 清和海運(香港)有限公司設立。
  • 1998年 9月
    • 静岡市清水区の興津国際流通センター開設に参加。
  • 1999年 4月
    • 川崎市川崎区に京浜支店開設。
  • 1999年11月
    • ISO9002(後に9001)取得。
  • 2003年 4月
    • 中国・上海に上海駐在員事務所開設。
  •     10月
    • タイ・バンコクに清和海運タイランド設立。
  •     10月
    • 中国・上海に清和(上海)国際貨運代理有限公司設立。
  •     12月
    • 中国・深センに深セン駐在員事務所開設。
  • 2006年 8月
    • ベトナム・ホーチミンに清和海運ベトナム設立。
  • 2007年 8月
    • 浜松市南区米津町に米津物流センター開設。
  •    11月
    • 掛川市淡陽・エコポリス工業団地内に掛川物流センター開設。
  • 2008年 5月
    • 清和(上海)国際貨運代理有限公司深セン分公司設立。
  • 2009年3月
    • AEO制度 特定保税承認者の認定を受ける。
  • 2013年 6月
    • インドネシア・ジャカルタにインドネシア駐在員事務所開設。
  • 2015年 3月
    • AEO制度 特定通関承認者の認定を受ける。
  • 2015年 4月
    • 静岡市清水区宍原に新清水物流センター開設。
  • 2016年 11月
    • 菊川市河東に菊川物流センター開設。
  • 2019年 1月
    • インドネシア・ジャカルタに PT.SEIWA LOGISTIC INDONESIA設立。
  • 2020年 2月
    • 同業4社による新興津国際物流センター(静岡市清水区)の開設に参加。
  • 2021年 1月
    • フィリピン・マニラにSEIWA KAIUN PHILIPPINES INC.設立。
  • 2021年 11月
    • 山梨県南巨摩郡南部町に倉庫完成、南部町物流センター開設。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.2年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.7日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 4名 7名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 7.7%
      (52名中4名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
当社では「自律型人材の育成」を目的とし、教育研修制度を実施しています。

【基本研修】
・OJT研修
・階層別研修:新入社員研修、若手研修、管理職向け研修 他

◆新入社員研修
会社の制度・ビジネスマナー・貿易実務や国内物流についての座学、社長や各部門長による講義、自社倉庫・支店の見学、倉庫での現場作業実習、事務実習など配属後に必要とされるスキルを一通り身につける研修です。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては期間、内容等適宜変更となります。

◆フォローアップ研修(配属後月1回程度)
苦手分野のフォローやスキル向上を目的とした座学、業務内容や取引先様に関する調査・各種プレゼン、関連施設や他社工場の見学、総務部との面談など日々の不安や悩みに対しサポートを行いながら、当社の一員として成長した事を感じてもらえる研修です。

~新入社員の声~
「社内外で行われる研修で、社会人としての教養と物流に携わる上での教養を同時に身につけることができた」
「入社後はじっくりと学ぶことができ、配属後にも定期的に同期と顔を合わせ、喜怒哀楽を共有することができる」


【その他教育研修】
・貿易実務オンライン講座 
・社外研修多数                           他

自己啓発支援制度 制度あり
◆通関士試験資格取得支援
物流業界において重要な国家資格である「通関士」。
この資格の取得を目指す社員に対し、通関部門の管理職によるサポートを行っています。
合格率10%程度の難関な試験ですが、毎年数名が合格しています。

◆自己研鑽表彰
自己研鑽として資格等取得した社員には会社より表彰を行います。
メンター制度 制度あり
◆当社のメンター制度
新入社員1名と他部署の先輩社員1名がペアになり、月に1回面談を行います。

<新入社員にとって>
仕事上の悩みや将来のプラン、自己研鑽のことなど様々なことを相談できるだけではなく、他部署の先輩と知り合うことで視野が広がります。

<先輩社員にとって>
新入社員の話や悩みを聞くことで、自分自身のことを振り返るいい機会になるだけではなく、部下を育成する意識を高めます。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
◆2年目フォローアップ研修、3年目フォローアップ研修
自身が担当する業務内容の発表や、自らの過去・現在を見つめ、未来を考える機会としてグループワークを行います。
自分の業務や成長を振り返り、同期入社の仲間と課題を共有しながら不安を解消する事で、意欲的に業務に取り組んでもらう事を目的としています。


◆自己申告書制度
年に一度、今後の働き方や異動希望について申告ができる制度です。
社内検定制度 制度あり
◆フォークリフト講習
フォークリフト作業を行う社員に対して社内にて講習を行っています。
お客様の大切なお荷物や、一緒に働く同僚を傷つけてしまう可能性が格段に高まるフォークリフト作業。厳しく技量を確認する事で品質と安全を守っています。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 4 4 8
    2021年 2 4 6
    2020年 4 0 4
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 8
    2021年 6
    2020年 4
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 1
    2021年 1
    2020年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
静岡大学、信州大学、北海道大学、立命館大学、流通経済大学(茨城)
<大学>
愛知大学、愛知県立大学、青山学院大学、桜美林大学、大谷大学、尾道市立大学、神奈川大学、金沢大学、関西外国語大学、北九州市立大学、京都産業大学、岐阜聖徳学園大学、群馬大学、高知工科大学、神戸市外国語大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、静岡大学、静岡県立大学、静岡文化芸術大学、静岡理工科大学、尚美学園大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学、中央大学、中京大学、都留文科大学、東海大学、東京海洋大学、東京農業大学、常葉大学、富山大学、同志社大学、獨協大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、南山大学、新潟県立大学、日本大学、一橋大学、福井県立大学、法政大学、名城大学、山口大学、山梨学院大学、横浜商科大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学

前年度の採用実績(人数)    2020年 2021年 2022年(予定)
------------------------------------------
大卒  4名   6名   8名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

清和海運(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
清和海運(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 清和海運(株)の会社概要