最終更新日:2022/11/24

東京貿易グループ[グループ募集]

業種

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • セキュリティ
  • 精密機器
  • プラント・エンジニアリング
  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都
資本金
50億円
売上高
326億円(2022年3月末時点)
従業員
963名(2022年3月末時点)

国内トップシェア商材・メーカー機能で新たな価値を提供する商社「エネルギー機械」「技術・自動車・情報」「医療・生活・科学」「資材・資源・鉄鋼」など幅広く活躍!!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
東京貿易グループ3社の若手・中堅社員と採用担当者たち。各社ともに若い頃から活躍できる環境が整っており、チャレンジ精神旺盛な人材が活躍している。
PHOTO
東京中央区京橋の「東京貿易ホールディングス本社オフィス」。グループ会社の社員がワンフロアに集う光景は壮観である。

進化をつづける事業創造型企業グループ。「東京貿易グループ」の挑戦と創造

PHOTO

「体育会系の人材が多い印象ですが、優しい社員ばかりです」(生嶋さん)「自分の主張をきちんと発信できる人、責任感の強い人と一緒に仕事がしたいですね」(飯野さん)

「東京貿易グループ」は国内外の14社から構成され、エネルギーやセキュリティ、自動車、情報、医療、資材・資源・鉄鋼など、多彩な産業を支える製品・サービスを展開しています。

■(株)ティービーアイ セキュリティ2部 生嶋克成(2017年入社)
当社は、監視カメラシステムやインカムなどの商材を取り扱うメーカー商社です。監視カメラシステムに関しては、持ち前の技術力を生かしてシステムの開発・商品化も行っています。営業の仕事を手掛ける私は、販売代理店である大手警備会社さまの担当者と一緒に、エンドユーザーさまのもとを訪問しています。現地調査からシステム提案、機器の設置、アフターサービスまで“トータルサービス”を提供できることが当社の強み。エンドユーザーの皆さまの安全・安心を守る、やりがいのある仕事です。

■TBグローバルテクノロジーズ(株) 国内営業部 飯野裕介(2016年入社)
当社はエネルギー業界専門の荷役機械が主力商材のメーカー商社です。原油やLNGなど流体の荷役装置「ローディングアーム」をはじめとするエネルギー関連機械の開発や製造、販売、メンテナンスサービスを一貫して手掛けています。私は国内営業部でローディングアーム本体の販売を担当。お客さまは電力会社やガス会社、石油会社など、日本のエネルギーインフラを支える会社ばかりです。カーボンニュートラルが世界的な潮流となった今、エネルギー業界は一大転換期を迎えています。水素やアンモニアなど次世代エネルギーを安全・安心・迅速に荷役することのできるローディングアームの開発・販売に挑戦していきます。

会社データ

事業内容
「エネルギー機械」、「技術・自動車・情報」、「医療・生活・科学」、「資材・資源・鉄鋼」の4産業グループで、大型産業用機械の製造・販売、測定関連機器・生産管理システムの開発・販売、電子機器の輸入販売、鉄鋼・資材原料の輸出入販売等多様な事業を行っています。

国内トップシェアを誇る商材もあり、また商社機能の仲介型ビジネスから、メーカー機能を活かした付加価値あるサービスの提供まで、BtoBの中で専門的に強みのある分野を多数持ち、活躍しています。

PHOTO

東京貿易グループは、エネルギー、自動車、セキュリティ、医療、製鐵などの各種業界に向け、開発・製造・販売・メンテナンスまでのトータルサービスを展開。

本社郵便番号 104-0031
本社所在地 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
本社電話番号 03-6841-8300
設立 1947年10月30日
資本金 50億円
従業員 963名(2022年3月末時点)
売上高 326億円(2022年3月末時点)
主な取引先 セコム
トヨタ自動車
本田技研工業
千代田化工建設
新日鉄住金
JFEスチール
関連会社 東京貿易テクノシステム(株)
東京貿易マテリアル(株)
東京貿易メカニクス(株)
東京貿易メディシス(株)
テービーテック(株)
(株)tb innovations
募集会社1 (株)ティービーアイ
【事業内容】   
・セキュリティ機器の輸入並びに開発、製造、販売、設計、施工、
 アフターサービス
・AI、画像解析技術を活用した各種ソリューションの開発、販売
・インカムをはじめとした各種通信機器の開発、製造、販売
・EC事業
【創業/設立】  1995年10月12日
【資本金】    4億5,000万円
【売上高】    グループ方針により単体非公開
【本社所在地】  東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
【事業所】    東京・木場オフィス・札幌・盛岡・仙台・高崎・
         埼玉・千葉・ 横浜・西東京・静岡・金沢・名古屋・京都・
         大阪・大阪南・神戸・岡山・広島・高松・福岡・鹿児島
【従業員数】   182名(2022年3月末)
【代表者】    代表取締役社長 キム ウォンヨン
【ホームページ】 https://www.tbeye.com/
【関連キーワード】 電気・電子回路設計、通信/ネットワーク関連、デジタル
募集会社2 TBグローバルテクノロジーズ(株)
※東京貿易マシナリー(株)と東京貿易エンジニアリング(株)は2021年4月1日に合併いたしました。
【事業内容】   エネルギープラント関連機器・港湾機械等の販売
         理科学機器等の販売
【創業/設立】  2021年4月1日
【資本金】    4億円
【売上高】    グループ方針により単体非公開
【本社所在地】  東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
【事業所】    (国内)東京・大阪・名古屋・広島・福岡・仙台・札幌・
             苫小牧
         (海外)北京・シンガポール
【従業員数】   329名(2022年3月末)
【代表者】     代表取締役社長 ローラン・ポワドヴァン
【ホームページ】  https://www.tbgtech.co.jp/
【関連キーワード】 油圧ポンプ、耐熱性、流体力学
募集会社3 東京貿易ホールディングス(株)
【事業内容】   グループ各社への経営指導等
【創業/設立】  1947年10月30日
【資本金】    50億円
【売上高】    グループ方針により単体非公開
【本社所在地】  東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
【従業員】    38名(2022年3月末)
【代表者】     代表取締役社長 坪内 秀介
【ホームページ】  http://www.tokyo-boeki.co.jp/
【関連キーワード】持株会社、管理部門
沿革
  • 1947年
    • 創業者・松宮康夫、(株)東京貿易商会を設立
  • 1953年
    • 中国との戦後初のバーター取引に成功、「トマス方式」を生み出し、日中貿易の先駆者となる
  • 1954年
    • 鉄鋼取引に進出し、八幡製鉄(現新日鐵住金)の指定輸出業者となり、鉄鋼および関連取引発展の基礎をつくる
  • 1955年
    • 米国チクサンジョイント、ローディングアームの総代理権を取得して機械輸入取引を開始、その後の電力、ガス、石油業界進出の足掛かりをつくる
  • 1957年
    • (株)東京貿易商会を改め、東京貿易(株)に社名変更
  • 1967年
    • モスクワ駐在事務所が、ソ連政府より自由圏企業第1号として正式事務所の許可を受け、ソ連、中国、東欧など、共産圏に強い東京貿易の評価を得る
  • 1969年
    • 厚木工場完成・操業開始、計測・デザイン機器メーカー分野へ進出
  • 1974年
    • カタールに合弁一貫製鉄所QATAR STEEL CO.LTD.を設立し、中東ではじめての製鉄所を建設、国外立地・多国間取引に進出
  • 1978年
    • トヨタ自動車、日野自動車製自動車を中国向けに大量成約し、長年の中国との取引が飛躍的に拡大する
  • 1983年
    • 原料炭供給源の多様化に対応しカナダ・クインテット コール社へ出資
  • 1994年
    • 厚木工場を東京貿易テクノシステム(株)として独立企業化させるなど、積極的に国内外拠点の独立企業化・ グループ会社編成を進め、「東京貿易グループ経営」を本格展開する
  • 1999年
    • 東京貿易メディカルシステム(株)( 現 東京貿易メディシス(株) )を設立、医療用自動分析装置の製造・販売事業に進出
  • 2003年
    • ニイガタ・ローディング・システムズ(株)を設立、営業開始。エネルギー業界向け流体荷役機械の開発・製造・販売の一体化を実現
  • 2006年
    • 東京貿易機械(株)、東京貿易金属(株)( 現 東京貿易マテリアル(株) )を新設分割により設立、「東京貿易グループ連邦経営」に移行
  • 2007年
    • モスクワにTOKYO BOEKI(RUS)LTD.を設立、CIS市場の一層の強化を目指す
  • 2013年
    • 東京貿易(株)を改め東京貿易ホールディングス(株)に名称を変更
  • 2014年
    • 資本金を50億円に増資
  • 2015年
    • 東京貿易機械(株)を改め東京貿易マシナリー(株)に、ニイガタ・ローディング・システムズ(株)を改め東京貿易エンジニアリング(株)に社名変更
  • 2017年
    • 加藤 三四郎副社長が、東京貿易ホールディングス(株)代表取締役社長に就任
  • 2020年
    • (株)tb innovationsを設立
  • 2021年
    • 東京貿易マシナリー(株)と東京貿易エンジニアリング(株)が合併し、TBグローバルテクノロジーズ(株)を設立
  • 2022年
    • 創業75周年
      坪内 秀介副社長が、東京貿易ホールディングス(株)代表取締役社長に就任

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 23.5時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.9日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
【各社共通】
新入社員研修・フォローアップ研修(入社1年目、2年目)・管理職研修・海外語学研修・コンプライアンス研修 他

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 5 3 8
    2021年 5 3 8
    2020年 11 1 12

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青山学院大学、秋田大学、神奈川大学、関西学院大学、学習院大学、慶應義塾大学、工学院大学、駒澤大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、高崎経済大学、千葉大学、中央大学、中京大学、筑波大学、電気通信大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京電機大学、東京都市大学、東京理科大学、東洋大学、同志社大学、長岡技術科学大学、新潟大学、日本大学、広島大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、早稲田大学

四年生大学・大学院卒の他、業種により専門学校・高校卒業見込みの学生を募集している場合がございます。

前年度の採用実績(人数) 2018年度実績:18名(男:12名、女:6名)
2019年度実績:16名(男:13名、女:3名)
2020年度実績:12名(男:11名、女:1名)
2021年度実績:8名(男:5名、女:3名)
2022年度実績:8名(男:5名、女:3名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

東京貿易グループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 東京貿易グループの会社概要