最終更新日:2023/2/1

大阪シティ信用金庫

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
大阪府
出資金
266億円
預金積金・融資残高
預金量:2兆6,254億円 融資量:1兆4,349億円  (2022年3月)
役職員数
1,631名(男性950名、女性681名)

大阪市の発意により1927年に設立。お客さま(地域)・職員・金庫の発展と幸せを築く「三者共栄」の経営理念のもと「課題解決No.1信用金庫」を目指しています。

会社紹介記事

PHOTO
信頼で地域とつながる大阪シティ信用金庫

大阪府を中心に87の店舗網。会話を大切にする信用金庫です。

PHOTO

大阪市中央区北浜の本店

 大阪シティ信用金庫は2013年11月に大阪市信用金庫・大阪東信用金庫・大福信用金庫が合併して誕生した信用金庫です。預金量は2兆6,254億円、融資量は1兆4,349億円であり、全国の信用金庫でもトップグループに属する規模を誇っています。現在の店舗網は、大阪市24全区を網羅しているだけでなく、大阪東部・南部にも店舗を広げ、より広域で活動を展開しています。2020年11月には、当金庫初の大阪府外の支店、尼崎支店をオープンしました。

 本業である総合金融サービスの提供のほか、企業スポーツの振興、地域イベントへの積極的な協賛・参加など、「三者共栄」の経営理念のもと、幅広い社会貢献活動に努めてまいりました。これからも「信頼で地域とつながる」をスローガンとして、地域社会の皆さまから愛される信用金庫を目指し、幅広く地域社会の活性化に役職員一丸となって取り組んでまいります。
 
 そんな当金庫に根付いているのはビジネスライクな考え方よりも、会話を大切にした社風であり、人財育成の方針です。職員一人ひとりのキャリアプランを考えた研修制度も階層別に実施し、意欲的に仕事に取り組める環境を整えています。

会社データ

事業内容
信用金庫法に基づく一般金融業務および付随業務
 1.預金および定期積金の受け入れ
 2.資金の貸付および手形の割引
 3.内国為替・外国為替業務
 4.上記1~3の業務に付随する業務、その他の業務
 5.証券取引法により信用金庫が営むことのできる業務
 6.法律により信用金庫が営むことのできる業務
本社郵便番号 541-0041
本社所在地 大阪府大阪市中央区北浜2-5-4
本社電話番号 06-6201-2881
創立 1927年(大阪市の発意により創立)
出資金 266億円
役職員数 1,631名(男性950名、女性681名)
預金積金・融資残高 預金量:2兆6,254億円
融資量:1兆4,349億円  (2022年3月)
主な経営指標の推移 決算期  預金積金残高  自己資本比率
2019.3  2兆4,912億円   8.79%
2020.3  2兆4,787億円   8.59%
2021.3  2兆6,238億円   9.59%
2022.3  2兆6,254億円   9.82%
店舗網 大阪府 86店舗 尼崎市 1店舗
 大阪市:42 東大阪市:16 など
クラブ・サークル活動 (1)軟式野球部
(2)フェンシング部
(3)バレーボール部
(4)弓道部
社会貢献 天神祭、セレッソ大阪などの協賛、清掃活動、募金活動 など
沿革
  • 1927年
    • 大阪市の発意により、大阪市昭和信用組合設立
  • 1951年
    • 本店を北浜に移転(旧本店は大阪市役所内)
      信用金庫法により信用金庫に改組(大阪市信用金庫に改称)
  • 1985年
    • 外国為替公認銀行として外国為替業務開始
  • 1994年
    • 海外コルレス業務取扱開始
  • 1997年
    • 旧大阪中央信用金庫と合併
      預金積金残高1兆円達成
  • 1998年
    • 証券投資信託の窓口販売業務開始
  • 2001年
    • 損害保険の窓口販売業務開始
      確定拠出年金取扱開始
  • 2002年
    • インターネットバンキング取扱開始
      生命保険の窓口販売業務開始
  • 2003年
    • 大阪市立大学と産業連携開始
  • 2004年
    • (社)中小企業診断協会と業務提携
      大阪工業大学と産学連携開始
  • 2005年
    • 遺言信託、遺産整理業務開始
  • 2006年
    • 外為インターネットバンキング開始
      「生体認証ICキャッシュカード」開始
  • 2008年
    • 大阪経済大学・関西大学と産学連携開始
  • 2009年
    • 新本店移転
  • 2010年
    • 人民元建て貿易決済業務の取扱開始
  • 2013年
    • 大阪市信用金庫・大阪東信用金庫・大福信用金庫
      3金庫が合併し、新金庫名は『大阪シティ信用金庫』に
      (大阪府下信用金庫初の2兆円信用金庫が誕生)
  • 2020年
    • 兵庫県尼崎市に当金庫初の大阪府外の店舗、尼崎支店を開設
  • 2022年
    • 創立95周年を迎える

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.4年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 7.9時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
 ・階層別研修
  新入職員研修~新任支店長研修
 ・担当職務別研修
  新任テラー研修、営業役席レベルアップ研修、融資実践講座、得意先養成講座、
  外為スペシャリスト講座 など
自己啓発支援制度 制度あり
・通信講座の受講
 新入職員~支店長
・公的資格支援制度
 取得した資格に応じた奨励金支給や資格継続の費用助成
 受験対策講座の実施 など
・無料Eラーニング
メンター制度 制度あり
新入職員アドバイザー制度
キャリアコンサルティング制度 制度あり
・所属長との定期的な面談
・自己申告制度
社内検定制度 制度あり
 銀行業務検定試験、FP技能検定試験、窓口サービス技能検定試験、日商簿記検定試験、なにわなんでも大阪検定 など

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 23 26 49
    2021年 19 34 53
    2020年 12 20 32

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
大阪市立大学、奈良女子大学、日本大学
<大学>
朝日大学、亜細亜大学、追手門学院大学、大阪大学、大阪大谷大学、大阪音楽大学、大阪学院大学、大阪教育大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪国際大学、大阪産業大学、大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、大阪市立大学、大阪女学院大学、大阪成蹊大学、大阪体育大学、大阪電気通信大学、大阪府立大学、大谷大学、大手前大学、岡山大学、香川大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西国際大学、関西福祉大学、関西福祉科学大学、関西学院大学、畿央大学、九州大学、京都大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都女子大学、京都橘大学、京都ノートルダム女子大学、京都府立大学、近畿大学、慶應義塾大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸大学、神戸学院大学、神戸松蔭女子学院大学、神戸親和女子大学、神戸女学院大学、神戸女子大学、神戸山手大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、佐賀大学、滋賀大学、四天王寺大学、島根大学、下関市立大学、信州大学、成安造形大学、西南学院大学、摂南大学、専修大学、相愛大学、園田学園女子大学、大東文化大学、中京大学、帝塚山大学、天理大学、東海大学、東京経済大学、東京農業大学、東北福祉大学、東洋大学、同志社大学、同志社女子大学、奈良大学、奈良教育大学、奈良女子大学、日本大学、日本福祉大学、花園大学、阪南大学、兵庫県立大学、びわこ成蹊スポーツ大学、福井工業大学、福岡大学、佛教大学、平安女学院大学、北海道大学、武庫川女子大学、武蔵大学、明治大学、桃山学院大学、山口大学、横浜国立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、流通科学大学、和歌山大学
<短大・高専・専門学校>
池坊短期大学、大阪ITプログラミング&会計専門学校、大阪青山大学短期大学部、大阪学院大学短期大学部、大阪城南女子短期大学、大阪女学院短期大学、大阪成蹊短期大学、大手前短期大学、関西外国語大学短期大学部、関西女子短期大学、京都文教短期大学、甲子園短期大学、四條畷学園短期大学、四天王寺大学短期大学部、園田学園女子大学短期大学部、奈良佐保短期大学、HAL大阪、武庫川女子大学短期大学部、龍谷大学短期大学部

前年度の採用実績(人数)     2019年 2020年 2021年
------------------------------------------
大卒   50名  28名  48名
短大卒   1名   4名   5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大阪シティ信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
大阪シティ信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 大阪シティ信用金庫の会社概要