最終更新日:2024/1/29

ナス物産(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 金属製品
  • 非鉄金属
  • 商社(建材)
  • プラント・エンジニアリング

基本情報

本社
東京都
資本金
7億8,500万円
売上高
484億円(2023年3月)
従業員
198(男146・女52)名(2022年)

「創業150年」ステンレス業界屈指の「老舗」!「充実した福利厚生」も当社の魅力です!

  • My Career Box利用中

選考直結!説明会予約受付中! (2023/02/13更新)

PHOTO


---------------------------------------------------
● ナス物産(株) 採用継続中!!
---------------------------------------------------
就職活動中の皆さん、はじめまして。
この度は当社に興味を持っていただきありがとうございます!

当社は、国内大手のステンレス専業メーカー 日本冶金工業(株)NASグループの専門商社として、ステンレスをはじめ、高機能材、加工品など専門分野に特化した商品を広く国内外にお届けしております。

また、社内は優しい社員が多く、皆さんにとっても働きやすい環境だと思います。
事実、入社した理由を聞くと「社員に魅力を感じて」という回答も多いんですよ。

少しでも当社に興味を持っていただけましたら、エントリーをお願いします!
エントリーしていただいた方には、説明会の日程などが決まり次第ご連絡いたします。

皆さんとお会いできることを採用担当一同楽しみにしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
創立150年の歴史を持つ商社。家電や自動車から工場での機械まで、さまざまな場面で使われるステンレスや特殊鋼を専門に扱い、お客さまのニーズに的確に応えていく。
PHOTO
お客さまである企業の事業を理解し、綿密に情報を交換しながらお互いの信頼を深めていく。お客さまの要求をかなえるにはどんなアプローチがあるのか、段階的に考える。

加工技術と機能を持つステンレスの専門商社として、お客さまの要望に素早く応える

PHOTO

社員同士の距離感が近い、アットホームな社風が特徴だという野末さん(写真右)と邊見さん。「若手が困っているとすぐに助けてくれる頼もしい先輩たちがいます」

環境問題に関心を持っていた学生時代。就職活動でも“環境”をキーワードに企業を探していました。ナス物産との出会いは偶然参加した説明会。そこでステンレスの材料は使い終わったら溶かして再利用ができると知り、この視点から環境問題にアプローチするのも面白いと入社を決めました。
当社はステンレスを日本冶金工業から直接、安定して仕入れることができるという強みがあります。そのぶんお客さまからは専門商社としての知識が求められるのも事実。仕入れ先であるメーカーもお客さまも、金属を扱うプロです。新人時代は、そのプロの間に立って提案をするのに苦労しました。少しずつ担当するお客さまとの関係を深め、何となくの思い込みで仕事をせず、しっかりニーズを聞き取る大切さを学んでいきました。
嘘をつかず、誠心誠意お客さまと向き合うという営業の基本を忘れずに仕事をしていきたいですね。時には仕入れ先に無理を言って商材を用意してもらうこともあります。そんなときに生きてくるのが普段のコミュニケーション。お客さまはもちろん、仕入れ先との協力体制も強く持ち、独りよがりにならない営業を心掛けています。また当社はステンレスの加工センターを持ち、細かなカスタマイズなどの要望にお応えできるのも強みです。商品知識を磨き、お客さま企業の事業内容までも理解した上で最適な提案ができる営業でありたいと思っています。

【東京支店第1チーム 野末直人/2014年入社】

ナス物産に入社して、1年間は営業を担当していました。商社の事業の根幹を支えるのは営業。企業としての在り方をここでしっかり理解することができましたが、お客さまとの会話が苦手で、仕事に行き詰まりを感じていました。1年間のOJT後は経理部に異動となり、社内で出納管理や伝票の整理を担当することで、当社の事業をバックアップするようになりました。
経理部の仕事を始めて気づいたのが、他部門からの問い合わせの連絡が思ったよりも多いということ。その質問に経理の専門用語を使わず、わかりやすい言葉で答えていくことを心掛けています。営業時代に分かりずらいと思っていた部分を解消できるようにしたいと思います。

【経理部 邊見俊宏/2014年入社】

会社データ

プロフィール

■今日の大きなテーマである高度な情報力とグローバルな視野。優れた商社の属性ともいえるこの2つの能力を明治5(1872)年の創業以来の伝統として持つナス物産(株)は、ステンレス鋼の専門商社として、社会や産業から与えられたテーマの解決に向かって果敢にチャレンジし、前進を続けています。

■ステンレス鋼は、さびにくく、熱に強く、しかも美しい…など数々の優れた特性を持っています。生産材として、生活材として、また環境素材として、さまざまに加工され製品化されて、その高い品質でニーズにお応えしています。ナス物産では、日本冶金工業の品質に定評あるNASステンレス鋼の素材から完成品まで、その全てを取り扱っています。また、ハイテクノロジーによって高機能を与えられ、電子部品等に使用されている新しいステンレス素材や、ステンレスをベースに作られる特殊鋼さらに非鉄金属など多彩な商品をお届けしています。

■ナス物産は、150年に及ぶ企業活動の中で、ビジネスノウハウを磨き、強固な営業基盤を培ってきました。全国に張り巡らされた事業所は本社をベースにネットワーク化され、営業情報を相互に提供、また受信しながら、スピーディーで的確な企業活動を進めています。

■NASグループ
日本冶金工業株式会社
ナストーア株式会社
ナス鋼帯株式会社
ナステック株式会社
クリーンメタル株式会社
ナスエンジニアリング株式会社
日邦冶金商貿(上海)有限公司
宮津海陸運輸株式会社

事業内容
ステンレス鋼の板・帯・パイプ・線材・型鋼等の販売及び加工、その他特殊鋼、木材加工品及び各種梱包資材の販売
本社郵便番号 103-0011
本社所在地 東京都中央区日本橋大伝馬町14-17
本社電話番号 03-3665-8181
創業 1872(明治5)年4月25日
資本金 7億8,500万円
従業員 198(男146・女52)名(2022年)
売上高 484億円(2023年3月)
代表者 代表取締役社長 伊藤 真平
事業所 ◆本社/東京都中央区日本橋大伝馬町14番17号
◆支店/東京・名古屋・大阪
◆営業所/北海道・東北・北陸・静岡・広島・四国・九州
◆加工センター/中部加工センター・関西加工センター
取扱品目 ●ステンレス鋼
ステンレス鋼(板、帯、棒、パイプ、型鋼、鍛造品、線溶接棒)、ナスコート(屋根材)、ナスロン(ステンレス繊維)、
ポルカプレート、チェッカープレート、継手類、鋳物、その他特殊鋼全般
●ステンレス加工品
製缶(各種タンク・コンテナ・パレット)、プレス(容器・キャップ)、板金(筐体・装置・厨房)、
切削(ボルト・ロール制作 等)
●非鉄金属
アルミニウム、チタン、銅、その他
●機械装置
各種機械装置
●ステンレス材料 賃加工
スリット、レベラー、シャーリング、溶断研磨他加工
●原材料・副材料
製鋼原材料としてのフェロアロイ・スクラップ・副材料としての耐火煉瓦、カーボン電極・鋳型石灰石、スチールボール、砥石
●木材加工品及び各種梱包資材
木箱、スキット、鋼材用ビニール、合紙
主要株主 日本冶金工業(株) 100%出資
関連会社 日本冶金工業(株)、ナストーア(株)、ナス鋼帯(株)、ナスエンジニアリング(株)、クリーンメタル(株)、ナステック(株)、宮津海陸運輸(株) 他
沿革
  • 1872年 4月
    • 当社の創始者上野半兵衛が神田材木町に鋼鉄商「上野半兵衛商店」を創業。特殊鋼の発展に大きく貢献した。
  • 1938年 7月
    • 特殊鋼第二次製品協会指定問屋、中間鋼指定問屋、磨帯鋼指定問屋等、各種の指定を受けた。
  • 1959年 8月
    • ステンレス鋼のトップメーカー日本冶金工業(株)の代理店となっていた当社を「上半商事(株)」と改称、グループの一翼を担って発展し、確固たる基礎を築く。
  • 1978年10月
    • 日本冶金工業(株)並びに関連グループにおける流通の核として機能を果たすため、社名を「ナス物産(株)」と改称。
  • 2000年10月
    • 日本冶金グループのコイルセンターである(株)ナビックと合併。加工機能を有し、顧客密着型の営業展開を図ることとなった。
  • 2003年 5月
    • ISO14001の認証を取得した。
  • 2006年 1月
    • ISO9001の認証を取得した。
  • 2006年11月
    • 本社および東京支店を東京都中央区日本橋大伝馬町に移転する。
  • 2011年12月
    • 日本冶金工業(株)と共同出資にて中国に現地法人「日邦冶金商貿有限公司」を開設。
  • 2021年4月
    • 日本冶金工業グループの経営の更なる効率化と当社事業の拡大を図ることを目的に、ナスクリエート(株)において会社分割する梱包資材及び金属製品販売事業を当社に継承するにあたり、NC事業部を新設する。
  • 2022年4月
    • 創業150周年を迎える。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6.6時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.9日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 2名 4名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修

営業部門や管理部門の先輩達からの業務内容説明の他、外部研修(ビジネスマナー等)への参加や自社工場での研修、及び関連会社の工場見学などを行っています。
自己啓発支援制度 制度あり
外部研修支援…会社指定の外部研修受講時の受講料の補助
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
亜細亜大学、神奈川大学、近畿大学、神戸大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、芝浦工業大学、尚美学園大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学、帝京大学、東海大学、東京外国語大学、東京経済大学、東洋大学、富山大学、同志社大学、獨協大学、二松学舎大学、日本大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、桃山学院大学、立教大学、立命館大学、流通経済大学(茨城)、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
大妻女子大学短期大学部、専門学校神田外語学院、JTBトラベル&ホテルカレッジ

採用実績(人数) 2018年  2019年  2020年  2021年 2022年
-----------------------------------------------------------------
 5名    6名    6名   5名   5名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 0 2
    2021年 5 0 5
    2020年 6 0 6
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2022年 2
    2021年 5
    2020年 6
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 1
    2021年 0
    2020年 1

取材情報

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp70029/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

トップへ

  1. トップ
  2. ナス物産(株)の会社概要