最終更新日:2022/7/6

マルマテクニカ(株)

業種

  • 機械
  • 商社(機械・プラント・環境)

基本情報

本社
東京都、神奈川県
資本金
1億円
売上高
67億円(2021年9月)
従業員
236名(2022年4月)

【技術職体験ができる1day仕事体験、予約受付中★】75余年の技術で国内外のお客様と時代のニーズに応える、建設機械の枠を超えたメーカー商社

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
建設機械のプロ集団として、本体の製造以外のあらゆるニーズに対応できる同社。販売から整備・改造までのワンストップサービスを提供している。
PHOTO
75余年にわたって培われた、高い技術力と豊富なノウハウが同社の強み。業界からの信頼も厚く、他社で断られた依頼が舞い込むケースも少なくない。

やりがいの大きな仕事と働きやすい環境が揃う、マルマテクニカの5つの魅力!

PHOTO

若手社員が高いモチベーションで働ける職場。だからこそ、長年の技術がしっかり受け継がれ、次世代を担うメンバーが育っていく。

★魅力1:4つの顔をもつ希有な会社
1946年に産声をあげた当社は、建設機械のプロ集団です。整備工場・製造会社・エンジニアリング会社・商社と4つの顔をもち、多彩なフィールドで事業を展開。幅広い活躍の場が用意されているので、さまざまな可能性に挑戦していけます。私たちが販売・整備・改造した建設機械はあらゆる業界で活躍しており、建設や林業、湾岸、鉄道などは、そのほんの一例。ODA(政府開発援助)関連で、海外で技術指導を行うことも。当社が手がけているのは、広く社会に貢献できる仕事なのです。

★魅力2:「こういう機械がほしい」に応える技術力
長年の実績におごることなく、常に新しい挑戦を続けている当社。これまでも高い技術力で数々の機械を世に送り出してきました。モノづくりの醍醐味を、存分に味わうことができるでしょう。

★魅力3:「なりたい自分」になれる環境
創業以来、当社が目指しているのは「働くもののユートピア建設」です。(https://maruma.co.jp/recruit/special/)要望を経営陣に伝えられる自己申告書制度があるなど、自分の理想を具現化していける環境。当社でなら、「なりたい自分」になれるに違いありません。歴史の長い会社ですが、堅苦しい雰囲気もなく、イベントや懇親会を企画する「JL(ジュニアリーダー)の会」があるなど、若手の主体性を尊重する社風です。ですから、自分が主役となって働けるでしょう。

★魅力4:充実の教育制度が、高い社員定着率を実現
新入社員合宿研修から部門研修まで、多彩な研修制度が成長をバックアップ。「建設機械整備技能士」をはじめとする国家資格の取得も全面サポートします。制度を上手に活用し、スピーディにキャリアアップしていってください。多彩な制度や数々の取り組みからもわかるように、当社は社員第一の会社。働きやすい環境が整っているので、腰を据えて長く活躍していくことができます。

★魅力5:自分らしさを発揮していける職場
私たちが必要としているのは、型にはまらない自由な発想で取り組める人材です。好奇心やチャレンジ精神が旺盛な方も大歓迎。若手の声にもしっかり耳を傾けるので、自分らしさをおおいに発揮しながら仕事に打ち込めるでしょう。

会社データ

事業内容
建設機械の整備から始まり、その後75年余りに渡り、モノづくりや、輸出入販売に業容を拡大していったのが、私達の会社です。
ですから、整備/設計製造/輸出販売/国内販売…などを幅広く行っています。

■整備・サービス
#75余年の実績が信頼を産んでいる
マルマの事業の原点です。建設機械を中心に多様な車両・機器類の整備サービス・出張サービス(海外を含む)を行っています。この実績と信頼が、他の事業に好影響を及ぼしているのです。

■製造・改造
#現場に最適化したマシンを創りあげる
建設機械に新たな付加価値を加える各種作業装置(アタッチメント)のメーカーであると同時に、また、独自のアイデアで特殊な機械を開発し、ニーズにぴったり合うオリジナルマシンを創りあげるメーカーでもあります。

■商品販売
#お客様の望む機器を提供する
国内外の優れた機器を選定・輸入し、さらにキメ細かく改良を加え、現場で最大の能力を発揮するマシンとして万全のサポートとともにお客様へ提供します。

■海外エンジニアリング
#「ソフト」が「モノ」を活かす
それぞれの国情に合わせて最適な整備設備・工具を輸出します。
もちろん設備や工場の設計配置、社員派遣や研修生受け入れでの教育指導など、ソフト面でのサービスも行います。

■開発・設計
#高い基礎技術をもとに応用力を利かせる
様々なニーズに応えるために、高い専門技術をコアとして、開発・エンジニアリングを行います。

PHOTO

こちらは無人走行放水車という機械です。お客様の要望に合わせて、このような珍しい機械を一から作ることができる技術力があります。

本店郵便番号 156-0054
本店所在地 東京都世田谷区桜丘1-2-22
本店電話番号 03-3429-2141
本社郵便番号 252-0331
本社所在地 神奈川県相模原市南区大野台6-2-1
本社電話番号 042-751-3806
創業 2022年9月11日に創立76周年を迎えます。
設立 1946(昭和21)年
資本金 1億円
従業員 236名(2022年4月)
売上高 67億円(2021年9月)
事業所 ■本社・相模原事業所
 〒252-0331 神奈川県相模原市南区大野台6-2-1

■東京工場(本店所在地) 
 〒156-0054 東京都世田谷区桜丘1-2-22

■厚木工場 
 〒243-0125 神奈川県厚木市小野651

■名古屋事業所
 〒485-0037 愛知県小牧市小針2-18
主な取引先 VERMEER MANUFACTURN
日本キャタピラー合同会社
前田製作所
コマツカスタマーサポート(株)
(株)小松製作所
みちのくリース(株)
日本パルフィンガー(株)
関連会社 マルマ機工(株)
平均年齢 43.04歳
こんな人が働いています マルマの社員は、一言では言い表せないほど様々なタイプがいます。

出身学部も工学系・生物系・情報系・経済系・語学系などなど。

それぞれの趣味もスポーツ・ゲーム・旅行・アニメ・映画・バイク・自動車・プラモデル・キャンプ・音楽と多種多様です。

性格も年齢も趣味嗜好も考え方もそれぞれ違いはありますが、お互いを尊重しながら、自分らしく働くことができる会社だと思っています。

是非仲間に加わりませんか?
沿革
  • 1946年(S.21)
    • 旧陸軍機甲整備学校車輌整備工場の跡地で、(有)マルマ重車輌整備工場として発足。
  • 1949年(S.24)
    • 米国Caterpillar Tractor Co.の日本における指定サービス工場となる。
  • 1953年(S.28)
    • マルマ重車輌(株)に名称を変更。
  • 1957年(S.32)
    • 小松製作所、三菱重工の建設機械の指定サービス工場となる。
  • 1959年(S.34)
    • 建設機械分解組立用特殊工具の製造を開始。
  • 1963年(S.38)
    • 名古屋工場を開設。
  • 1964年(S.39)
    • 相模原工場を開設。
  • 1968年(S.43)
    • 相模原工場を拡充し、トラクタ用特殊アタッチメントの専門製造工場を建設。
  • 1980年(S.55)
    • 建設機械整備工場向け設備の輸出を本格化。
  • 1987年(S.62)
    • 化工機部と地下建機部を統合し、マルマ機工(株)を設立。
  • 1994年(H. 6)
    • 東京工場跡地に合同ビルを建設。
  • 1996年(H. 8)
    • 社名をマルマテクニカ(株)に変更。
      東京工場跡地に本社ビル建設。
      厚木工場を開設。
  • 2002年(H.14)
    • 本社機能を東京から相模原に移転。
  • 2006年(H.18)
    • 名古屋にエンジン整備・試験工場建設。
  • 2012年(H.24)
    • オーストリア パルフィンガー社トラック搭載型屈曲式クレーンの販売代理店契約を締結。
  • 2013年(H.25)
    • オーストリア エプシロン社トラック搭載型の金属スクラップ専用クレーンの販売代理店契約を締結。
      英JCB社ディーゼルエンジン販売店契約を締結。
      米コーラー社小型ディーゼルエンジンの販売店契約を締結。
      英ハートリッジ社ディーゼル燃料噴射試験装置の販売代理店契約を締結。
  • 2015年(H.27)
    • オーストリア エプシロン社トラック搭載型の林業用クレーンの販売代理店契約を締結。
  • 2016年(H.28)
    • 創業70周年。
  • 2019年(R.01)
    • 無電柱化工事用溝掘削機械の輸入販売を開始。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.2年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.2時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 5名 5名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 3名 3名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(入社後3カ月間研修実施)
・階層別研修 (初級クラス、中級クラス、上級クラスなどの階層別に研修実施)
・職種別研修 (事務職・営業職・技能職・技術職・購買職・品質管理職)
・管理職研修 (管理職候補者及び管理職者を対象とした研修実施)
 他
自己啓発支援制度 制度あり
■通信教育支援
会社が指定した内容のプログラムから個人が希望する通信教育を受けて修了証を受け取った場合、受講料金は全額、会社が負担します。

■資格取得支援
職務に必要な資格取得者に報奨金を支給します。
メンター制度 制度あり
■JLの会(ジュニアリーダーの会)
入社5年目以降で35歳未満の社員で構成される組織が、入社1~4年目までの社員の悩みや不満を聞き、会社に解決を求める“若年社員懇談会”を定期的に実施します。
その他、コミュニケーションを取りやすくするための社内イベントを企画・実施します。(お花見、BBQ、ボーリング大会、大忘年会など)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
■自己申告書制度
毎年全員が「自己申告書」を提出し、上司との面談でキャリア等の相談をします。
社内検定制度 制度あり
■改善提案報奨金制度 
個人またはグループで「業務改善」「製品改善」などを行って一定の評価を得た場合、報奨金を受け取ることが出来ます。
(報奨金を受け取る機会は1件の提案で3回もあります)

■TOEIC受検支援制度
 企業内受検実施、成績優秀者には報奨金を支給します。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 8 0 8
    2021年 8 0 8
    2020年 6 1 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 8
    2021年 8
    2020年 7

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
工学院大学、東京電機大学、首都大学東京、山梨大学
<大学>
北海道大学、室蘭工業大学、北見工業大学、北海道科学大学、東北学院大学、足利工業大学、日本工業大学、上智大学、明治大学、法政大学、日本大学、電気通信大学、芝浦工業大学、東京大学、東京都市大学、東京電機大学、東京理科大学、成蹊大学、国士舘大学、工学院大学、東京工科大学、大東文化大学、帝京大学、中央大学、明星大学、専修大学、東洋大学、東洋英和女学院大学、東京農業大学、東海大学、神奈川大学、神奈川工科大学、関東学院大学、湘南工科大学、東京工芸大学、職業能力開発総合大学校、千葉大学、千葉工業大学、長岡技術科学大学、山梨大学、名古屋大学、大同大学、中部大学、愛知工業大学、朝日大学、名城大学、名古屋経済大学、同志社女子大学、富山大学、京都外国語大学、広島工業大学、松山大学、立命館アジア太平洋大学、沖縄大学
<短大・高専・専門学校>
北海道科学大学短期大学部、釧路工業高等専門学校、秋田情報ビジネス専門学校、鶴岡工業高等専門学校、東京都立産業技術高等専門学校、日本工学院八王子専門学校、大妻女子大学短期大学部、東京女子体育短期大学、専門学校トヨタ東京自動車大学校、専門学校日産横浜自動車大学校、東京工科自動車大学校中野校、産業技術短期大学、高山自動車短期大学、あいちビジネス専門学校、中日本自動車短期大学、名古屋短期大学

前年度の採用実績(人数)          2020年 2021年 2022年
--------------------------------------------------------
大卒・短大卒    6名   6名   7名
高卒        1名   2名   1名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

マルマテクニカ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
マルマテクニカ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. マルマテクニカ(株)の会社概要