最終更新日:2022/11/18

東亜ディーケーケー(株)【東証スタンダード上場】

  • 上場企業

業種

  • 精密機器
  • 医療用機器・医療関連
  • 重電・産業用電気機器
  • 化学
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 10年目以内
  • 化学系
  • 技術・研究系

分析装置の開発を通して、広く世の中に貢献できるのが醍醐味

黒田朗弘
2012年入社
工学院大学大学院
工学研究科 化学応用学専攻
開発技術本部 水質技術部 水質1課
水道水に含まれる成分を自動測定する分析装置の開発

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 形の残る仕事
  • 環境・エコロジーに携わる仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名開発技術本部 水質技術部 水質1課

  • 仕事内容水道水に含まれる成分を自動測定する分析装置の開発

就職先としてこの会社を選んだ理由は?

学生時代は分析化学を専攻しており、研究で当社のpH計などを使っていました。製品に馴染みがあったことや、学生時代の知識や経験を生かして活躍できそうだと考え、就職先として当社を志望。当社で働いている研究室の先輩が「やさしい社員ばかりで働きやすい職場だよ」と教えてくれたことも、入社を決めた要因の一つです。自社製品を展開しているだけでなく、アメリカに本社を構える水質分析計の専門メーカー・HACH(ハック)の日本総代理店としての顔をもっている点もポイントに。メーカーでありながら、一つのことに固執するのではなく、さまざまな事業に挑戦していることに大きな魅力を感じました。


現在の仕事内容は?

水道水に含まれる成分を自動測定する分析装置の開発に携わっています。これは水道局などに設置されており、各家庭に安心で安全な水道水を届けるために欠かせないものです。具体的な業務は、部品の選定からソフトの検討、性能試験、設置後のトラブル対応まで多岐にわたります。私はこの春に今の部署に異動してきたばかりで、以前は工場排水に含まれる有害物質の濃度を測定する装置を開発していました。全てオーダーメイド品で、なかには高さや幅がそれぞれ2mにもおよぶ大きなものも。当時は、年間10~20のプロジェクトに携わっており、私は主に完成した装置が仕様を満たしているかを調べる、検査や動作確認を担当していました。


仕事のやりがいや印象に残るエピソードは?

当社の製品の多くは、水道局や浄水場といった社会インフラ施設で活躍しています。装置が実際に設置されている現場に足を運んだ際に、自分たちの仕事が世の中の役に立っていることを実感し、大きなやりがいを味わうことができます。また、オーダーメイド品を開発していた入社6~7年目には海外出張を経験。マレーシアや台湾で装置の設置や最終調整に携われたのは、とても貴重な体験になりました。入社して感じた意外なギャップは、化学の知識以上に電気や機械の知識が必要だということ。日々の勉強を通して新しい知識を吸収し、できることが少しずつ増えていくたびに成長を実感できるのもうれしいです。


今後の目標や将来の夢は?

今の部署には今年の4月に異動してきたばかりなので、まだカタチになった製品はありません。現在の目標は、自分が開発した分析装置を少しでも早く世に送り出すこと。ゆくゆくは、既存製品のモデルチェンジだけでなく、まったく新しい分析装置の開発にも携わってみたいです。電気や機械など、開発に欠かせない他分野の知識やスキルを貪欲に吸収していくことも目標の一つ。今以上にできることの幅を広げて、例えば装置の頭脳とも言えるソフトの開発などにもチャレンジしていきたいと思っています。若手の主体性を尊重してくれる当社でなら、きっと近い将来実現できるでしょう。


学生の皆さんへメッセージをお願いします。

就職活動では、業界や会社のリサーチと同じくらい、自己分析が大切です。人生のなかでじっくり自分と向き合うのは初めて、という人もいるかもしれません。けれども、自己分析を通して自分の適性や価値観を明確にすることが、理想の会社と出合うために重要なのです。自己分析の方法としては、二者択一の自問自答がおすすめ。「技術職or営業職」「転勤がある会社orない会社」といった二択で理想とするほうを選んでいけば、次第に自分の本音が見えてくるでしょう。また、仲のいい友人や先輩に自分の長所などを聞いてみるのもポイント。客観的な視点からさまざまな意見をもらうことで、意外な強みや適性が見つかるかもしれませんよ。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. 東亜ディーケーケー(株)【東証スタンダード上場】の先輩情報