最終更新日:2022/5/10

(株)ギフトプラザ

業種

  • 専門店(複合)

基本情報

本社
福島県
資本金
5,000万円
売上高
40憶9,700万円(2021年8月)
従業員
323名(2022年1月31日現在)

ちょっとしたキモチを伝える「カジュアルギフト」、冠婚葬祭の「ライフイベントギフト」を提案型接客スタイルで販売するギフト専門店です。お客様との深い関りが魅力です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
お客様からの「接客担当者指名」が多いギフトプラザは、社員1人ひとりが主体性を持って行動。一期一会のご縁を心から大切に思う気持ちと行動がお客様との絆を強くする。
PHOTO
お客様からの「ありがとう、また来るね」の一言が、何よりもうれしく、やりがいです。そのためにも日々努力!アドバイザーの資格取得に向け全員でチャレンジしています。

創業から40年。第2創業期における方向性。

PHOTO

【佐藤:人事担当者】皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

当社は設立40年を迎え、大きな新たな夢の実現に向けて社員一丸となって挑戦をしています。
そして、その原動力となるのは情熱と冒険心に溢れた若い社員たちです。
第2創業期の主戦力として、ぜひ一緒チャレンジをしていきましょう!

【10年ビジョンの策定】
企業理念に基づいた、この先10年で実現したい新たな大きな夢=ビジョンを以下、3つの視点で策定をしています。  

(1)会社成長 (2)地域貢献 (3)社員と会社の関係性

以上3つの視点から、社員と共に策定中です。
そしてこの夢の実現に向けて中期計画を策定しています。この計画の骨子は、収益の柱である店舗運営・出店戦略、新規事業計画、マーチャンダイジング改革、メーカ様との関係性強化、そして成長のエンジンである社員の幸せとやりがいの追及に向けたキャリアパス制度構築、働き方改革の推進となります。

【大きな夢へチャレンジ】
2022年現在、当社は南東北の主要国道沿いにに22店舗を運営しています。コロナ後は、北関東、甲信越エリアへの出店も計画中です。
また本部においても、商品開発プロジェクトの発足、新店舗システムの導入、採用・研修部門の強化など、若手の社員が新しい店舗、新しい業務で活躍できるチャンスが拡がっています。
そして会社の「大きな夢の実現=大きな成長」を通して、「社員の夢の実現=自己実現」に繋げていく事が、第2創業期における私のミッションであると考えています。

(代表取締役 丸山 和雄)

会社データ

事業内容
【事業内容】
総合ギフト専門店「ギフトプラザ」の運営・自社ECサイト、大手ECサイトへの出展と運営。
人生の様々な「節目」を彩る、冠婚葬祭などのライフイベントギフトを提案型接客で販売する総合ギフト専門店です。近年のギフト習慣の「カジュアル化」を受けて、若いお客様に向けて「カワイイ!」と言っていただけるような、独自仕入れの商品を「カジュアルギフト」として発信しています。気軽にプレゼントをしたり、自分へのご褒美にちょっと試したくなるような素敵な商品を、探して・企画して・開発しています。 
様々なギフトニーズに対し、郊外の大型ショッピングセンターや幹線道路沿いに、200~300坪クラスの店舗を出店し、2020年7月現在で南東北・北関東エリアに22店舗を運営。今後は年に2~3店舗のペースで新規出店し、企業としての成長と拡大を図る計画です。また、「新生活様式」に対応したECサイト(ネット通販)分野も大リニューアルを行い、重要戦略の1つに掲げています。

【強みの更なる進化】【市場環境の変化へのチャレンジ】
当社は「ギフト専門の小売チェーン」として、ロードサイドへの大型店舗の出店・常時3000種類以上の商品展示・お客様から指名を受ける程の深い関りを軸とした接客対応、という独自のビジネスモデルの下、地域のお客様との信頼関係を構築する事で創業以来、安定成長を続けてきました。しかし、お客様の購買行動や競合環境の多様化少子高齢化や核家族化、贈答品市場の習慣の変化など、当社を取り巻く外部環境は大きく変化しつつあります。
第2創業期を迎え、現在まで成長を支えた強み・長所は継続的に強化し、変化が必要な点については迅速かつ適切に「変革」し、「永続的な成長につながる仕組み」を構築していきます。
例えば、データ上、30万件にも及ぶ自社の会員様情報を基に、より効果的な情報発信をする為にCRMの導入、よりお客様の購買意欲を高める為のVMD、自社独自の商品開発とマーケティング、実際に見る・触る事もできる【店舗と連動したECサイト】やSNSも活用するべく、新部署・プロジェクトチームを立ち上げ活動しています。
お客様の利便性や時代の流れに則したオムニチャネル化を図り、更なる「強みの進化」を目指します。


PHOTO

日本贈答文化協会主催の「ギフトアドバイザー検定」に合格したスタッフが、お客様のご要望にお応えします。ギフト選びのプロがいる会社です。※入社後に取得できます。

本社郵便番号 963-0552
本社所在地 (ギフトプラザ本部)
福島県郡山市東原3丁目187番地
本社電話番号 024-973-7070
創業 1978年8月
設立 1986年1月
資本金 5,000万円
従業員 323名(2022年1月31日現在)
売上高 40憶9,700万円(2021年8月)
店舗展開エリア 【本部】 福島県郡山市 

【店舗】
■福島県:11店舗
 郡山店、郡山安積店、白河店、会津店、福島店、福島南店、
 坂下店、喜多方店、船引店、原町店、いわき店

■山形県:4店舗
 山形店、山形北店、米沢店、天童店

■宮城県:4店舗
 仙台南店、古川店、大河原店、石巻店

■栃木県:1店舗
 大田原店

■新潟県:1店舗
 長岡店

■茨城県:1店舗
 日立店

 計22店舗(2022年3月現在)
地域密着型ビジネス (株)ギフトプラザは、東日本を中心に広いエリアで店舗展開を行っています。
各店それぞれのスタッフが、その土地ならではの伝統や文化を熟知したギフトの
スペシャリストです。

人生の節目には、さまざまなライフイベントがありますが、地域によって異なるしきたりや独自の風習がある場合も少なくありません。

地域に根ざしたマーケティング活動を通して、店舗ごとに商品構成を考え、
地元のお客様のニーズにしっかりとこたえることが当社の目指す地域密着型ビジネスです。
経営戦略 地域密着のギフト専門店として新規出店、マーチャンダイジング、広告、プロモーションなど競合企業とは明確に差別化された戦略のもと店舗運営を行っております。
また、自社開発のオペレーションシステムを活用し商品・仕入・販売・顧客などのデータを効率的かつ安全に管理しています。その膨大なデータベースから算出した情報をもとにメーカーや工場と共同で、より良い商品やサービスを生み出しています。
接客(販売)スタイル 「親切な思いやり」それが私たちの接客スタイルです。

ギフトプラザの接客は、「お客様に声をかける」ところから始まります。
なぜなら、お客様の購入用途が事前には分からないためです。
ギフト(贈答品)には御祝いやお返し物・お引物など様々な用途があり、ご来店いただいた時点では、お祝い事に使われるのか、ご不幸があったのかの見当がつきません。

ときには「何人かに別々のお返し物を選びたい(贈り分けしたい)」
という場合もあり、250坪の広い売り場を何度も行ったり来たりしてしまうことも考えられます。そういうご不便をかけないためにも、スタッフが“待つ姿勢”ではいけません。

また、お客様の多くが自分で使うものではなく、相手に贈るものを選びに来ているため、「差し上げる相手は喜んでくれるだろうか」「これを贈って失礼にあたらないだろうか」という疑問や不安を少なからず抱えていらっしゃいます。

例えば、“内祝は半返し”という金額の目安は知っていても、その金額内で「何を選んだらよいのか」ということまでは、なかなか分からないものです。
しかも店内には数千点ものアイテムが揃っているので、迷われてしまうこともあります。

そこで頼られるのが、“ギフトアドバイザー”※による適切なアドバイスと「これなら大丈夫ですよ」とういう後押し。それによってお客様は安心して気持ちを託した商品を購入し、相手様へ贈ることができます。

すべてはお客様への親身なおもいやりから。
その気持ちが積極的に声をかける接客へとつながっていきます。

※入社後、実務経験を経て“ギフトアドバイザー”の検定を受け、資格を取得することができます。
接客(販売)スタイル2 ギフトプラザは、1人のお客様とのお付き合いがとても長くなる事も特徴です。
【ご結婚のお返し】でご利用下さったお客様が、数年後に大きくなったお腹をさすりながら、ご出産のお返しの下見に来ていただけることも多くあります。
「お久しぶりです~!!」なんて会話がそこらで聞かれます。
お産まれになった後、実際にお店まで赤ちゃんのお顔も見せに来てくれて、【出産内祝い】でもご利用いただきます。
数か月後、その子の【初節句】の際にはご実家様含め、家族皆様で【お雛様や5月人形】を選びに来ていただける。それをきっかけに、ご実家のお父様お母様もギフトプラザのファンになっていただいて、毎年の【お中元お歳暮】を購入して頂ける様になる。
そうこうしている間に、赤ちゃんが幼稚園に入園して、そのお祝いのお返しにご来店されて・・・そんな繰り返しが日常です。

本当の「接客って」・・
セルフ販売のお店や飲食のお店も、レジを打つこと・注文とりをすることを「接客」と呼んでいますが、私たちの考える「接客」とはこういうお客様を作るためのあらゆる「気遣いと歓迎と感謝」の事を指します。1人1人のお客様を想って、相談にのらせて頂く、楽しく会話をすること。自分がどれだけそのお客様のお役に立てたか。自分への評価・お客様からのフィードバックは「〇〇さん、ありがとう」という【店員さん】ではなくて、【〇〇さん】という自分の名前付きのお礼の言葉と、「〇〇さん、また来たよ!」という自分を憶えてくれていて、指名がある再来店です。
関連会社 (株)ボンズ・コネクト
平均給与 372.2万円(正社員のみ)
沿革
  • 1978年 8月
    • ギフトショップおおつか 創業
  • 1983年11月
    • 福島県猪苗代に店舗を開設
  • 1986年 1月
    • (株)シャディおおつか設立(資本金1,000万円)
  •     8月
    • 資本金を3,000万円に増資
  • 1987年 5月
    • 資本金を5,000万円に増資
  •     9月
    • おおつか会津坂下店開店
  • 1989年 4月
    • (株)ナーダ設立(資本金880万円)
  • 1990年 3月
    • (株)ナーダ資本金を5,000万円に増資
  •     6月
    • ギフトプラザ喜多方店開店
  • 1995年 3月
    • ギフトプラザ白河店開店
  • 1996年 9月
    • 両社グループ本部を会津若松に移転
      10月 ギフトプラザ会津本店開店
  • 1997年11月
    • ギフトプラザ郡山店開店
  • 1998年10月
    • ギフトプラザ船引店開店
  • 1999年 3月
    • ギフトプラザ福島店開店
  • 1999年 7月
    • ギフトプラザ郡山安積店開店
  • 2000年
    • ギフトプラザ古川店・山形店・原町店 3店舗開店
      以降、東北・北関東へ10店舗開店 店舗展開拡大
  • 2007年 9月
    • (株)ナーダが(株)おおつかに合併
      資本金9,500万円
  • 2009年 4月
    • ギフトプラザ福島南店開店
  • 2010年11月
    • ギフトプラザ石巻店開店
  • 2014年5月
    • 本部を郡山市へ移転
      (株)おおつか ギフトプラザ本部(新本部社屋)
  • 2017年6月
    • ギフトプラザ長岡店開店
      新潟県初進出
  • 2017年9月
    • ギフトプラザいわき店開店
  • 2019年10月
    • ギフトプラザ日立店開店
  • 2020年2月
    • 社名を(株)ギフトプラザへ変更

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.8年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.9時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 3名 1名 4名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 0名 3名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 64.9%
      (37名中24名)
    • 2021年度

    (役員2名中0名 店長職23名中20名)

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修会(入社時)
フォローアップ研修会(入社1年目)
スキルアップ研修会(入社2年目)
リーダーシップ研修(入社3年目)
マネジメント研修(入社4年目)
中途採用者研修・ラッピング講習他、
職位階層に応じた研修あり
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
ギフトアドバイザー検定

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 0 3 3
    2021年 1 1 2
    2020年 4 9 13
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 3
    2021年 2
    2020年 13
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 2

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
東北学院大学、宮城学院女子大学、尚絅学院大学、東北福祉大学、石巻専修大学、東北芸術工科大学、東北公益文科大学、宮城大学、東北生活文化大学、弘前大学、岩手県立大学、いわき明星大学、福島学院大学、東洋大学、帝京大学、神奈川大学、専修大学、大東文化大学、東海大学、駒澤大学、東京国際大学、明治学院大学、大正大学、高崎経済大学、明治大学、城西国際大学、東京経済大学、上武大学、立正大学、高千穂大学、福島大学、山形大学、新潟大学、茨城大学、岩手大学
<短大・高専・専門学校>
山形県立米沢女子短期大学、会津大学短期大学部、郡山女子大学短期大学部、聖和学園短期大学、国際アート&デザイン大学校

前年度の採用実績(人数)   2019年 2020年 2021年
────────────────
大卒  19名   13名    2名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ギフトプラザと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ギフトプラザを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ギフトプラザの会社概要