最終更新日:2022/7/15

(株)カクヤス

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 専門店(食品・日用品)
  • スーパーマーケット

基本情報

本社
東京都
資本金
1,000万円((株)カクヤスグループ100%出資)
売上高
802億円(2021年3月期 (株)カクヤスグループ連結実績)
従業員
4,100名(パート・アルバイト含む 2022年2月1日時点)

お客様の日常の中に、自然ととけ込む存在でありたい

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
大正10年(1921年)「カクヤス酒店」を創業。2021年で100周年を迎えました!
PHOTO
2019年12月に東京証券取引所市場第二部に上場。2020年10月に会社分割によりグループ会社化し、当社「(株)カクヤス」が設立された。

お客様の要望や期待に応えたい、お客様に喜んでもらいたい、その一心で

PHOTO

代表取締役社長 佐藤順一

現在、小売・流通業はネットショッピングが主流になってきていますが、カクヤスとネット販売会社との一番の大きな違い何か…?
それは、自社で運んでいるか、物流会社に委託して運んでいるか、の違いだと思います。

多くのネット販売会社は物流会社に委託しています。
そうなると、物流会社の人件費コストが上昇した場合、経営に大きな影響を与えてしまいます。
一方、カクヤスのように自社物流だと物流コストの上昇に影響されにくい安定した配達サービスが可能になり、配達コストの部分が他社のように大きく経営に影響する事はありません。更に、もっと大きな違いは、自分で運んでいるからこそ分かる“お客様のご要望や温度感”です。

カクヤスの直雇用しているスタッフが玄関先でお客様と直接コミュニケーションを行う、配達するスタッフは配達職だけではなく、販売職でもあるのです。
そこが他社に真似できない付加価値であり、差別化出来る大事な部分です。

カクヤスの強みである「自社配達型Eコマース」は、最後には流通の主役となり、生き残っていくのではないでしょうか。

お客様との接点をより多くし「あとなにができるか?」「どんなサービスで喜んで頂けるか?」を常に考えることは、弊社にとって売り上げ目標よりも大切にしていることです。
そこに価値を感じて頂ける方は、ぜひ社員として、仕事を一緒に楽しみましょう!

会社データ

事業内容
酒類・食品等の料飲店および一般個人向け販売等 。
酒類量販チェーン店「なんでも酒やカクヤス」「KYリカー」「KAKUYASU class」「KAKUYASU SELECT」「CORK」の運営。

業務用向と個人向のお客様に対する酒類の販売を行っております。一般的な酒類販売業者は、業務用向販売と個人向販売の手法の違いから、業務用向販売に特化又は個人向販売に特化する形で事業運営を行っておりますが、カクヤスは両方のお客様に対し販売を展開することで、商圏エリアの配達量を増加させ、短時間でお届けできるよう効率的な配達サービスの実現を目指しております。

PHOTO

「なんでも酒やカクヤス」…小売り販売の店舗だけでなく、配送拠点としての役割も併せ持つ

本社郵便番号 114-0003
本社所在地 東京都北区豊島2-3-1
本社電話番号 03-5902-3619
創業 1921年11月1日
設立 2020年10月1日
資本金 1,000万円((株)カクヤスグループ100%出資)
従業員 4,100名(パート・アルバイト含む 2022年2月1日時点)
売上高 802億円(2021年3月期 (株)カクヤスグループ連結実績)
事業所 ■本社(北区)
■店舗:174店舗(直営店)
■小型倉庫:42拠点
■業務用センター:10拠点
■営業事務所(文京区・江東区・板橋区・横浜市神奈川区・大阪市港区)

※2022年2月1日現在
関連会社 (株)カクヤスグループ(親会社)
(株)検校(子会社)
(株)NSK
ダンガミ・サンノー(株)
明和物産(株)
SPRIT OF KAKUYASU 創業から100年近い歴史を持つカクヤスですが、会社が大きく変わったのはこの20年ほどのこと。その中で、私たちの顧客志向の理念が形成され、ビジネスが拡大していくなかで、行動規範も形作られました。それがSPIRIT OF KAKUYASUです。

【嘘をつかない】
カクヤスは酒販業界屈指の規模の会社ではありますが、お客様に応対するのは、ひとりひとりの社員です。それは店舗でも、営業でも、コールセンターでも、配送でも何ら変わりありません。まず社員ひとりひとりがお客様に信頼されて、初めて会社としての信頼が蓄積されます。ですから、ひとりひとりが自らの行動に責任を持つという意識は徹底しています。

【ごまかさない】
お客様に対して正直であることは、このビジネスにおいて重要なことです。たとえば配達時間のお問合せに対し、何時にお届けできるかを正確にお知らせしたり、配達の遅れに必ず連絡を入れたりと、基本的な対応を徹底することが、お客様の信頼を得る第一歩になると考えています。また支社内でも同様です。正確な情報共有で部署間の連携を高めることを目指しています。

【手を抜かない】
お客様のご要望にはとことん応えるのがカクヤスの理念。その仕事はお客様のニーズを100%満たしているか。自分たちの都合を優先させていないか。もっとやれることはないか。トップダウンではなく、社員ひとりひとりが自らを主体的に考えることが、カクヤスのサービス向上につながっています。

【あきらめない】
東京23区全域の無料宅配実現のために店舗を大量出店した際、売上が軌道に乗るまで、困難な時期が続きました。また、銀座にサテライト・ステーションを開設した時も、最初からうまくいったわけではありません。それでもあきらめずに続けることで、事業は成功しました。あきらめずに耐えることは、カクヤスが大切にするポリシーのひとつです。

【とどまらない】
長年、免許に守られた規制業界であった酒販業界では、現状維持が基本。売上アップへの戦略と努力はほとんど行われていませんでした。カクヤスはそういった業界の古い常識を破り、事業の絶え間ない成長を目指してきました。真の消費者のためのお酒の流通システムを作り上げるという目的があったからです。業界屈指の規模となった今も、その目的を達成すべく努力を続けていきます。
カクヤスを支える条件 -もっとも大事なのは、将来にわたって「カクヤスらしさ」を持ち続けていくこと
-経営トップ以下全員が、5つの「カクヤスを支える条件」を忘れない

■売上・利益という指標は大切だが、それ以上に大切なのはお客様に対し何が出来るかである。出来たことの結果が売上・利益となる。売上は利益を得るための手段、利益は事業目的達成のための手段。

■お客様のご要望にはなんでも応えるべく社をあげて全力を尽くす。スタッフはお客様に、マネージャーはスタッフに、ボードはマネージャーに向く。

■新しい仕組み・サービス構築のために、試行錯誤が常に行われている。どんな提案にも必ず意味があると、みんなで考えられる。

■人としての上下関係はなく、常に相手を尊重し、役割分担とチームプレーの精神が浸透している。

■公正な評価基準に基づき社員の自主性が重んじられ、各々が課題の達成に向けて仕事を楽しんでいる。
沿革 ■2020年
10月/「(株)カクヤス」設立。「(株)カクヤスグループ」より事業継承。
※「旧(株)カクヤス」は持株会社へ移行し「(株)カクヤスグループ」へ商号変更。
グループ沿革1 ■1921年
11月/東京都北区豊島4丁目においてカクヤス酒店の商号で酒類販売業を創業
■1982年
6月/(株)カクヤス本店を東京都北区豊島2丁目4番地に設立
■1983年
10月/本店を東京都北区豊島2丁目3番地に移転
12月/本社新社屋が完成
■1990年
12月/本社第2社屋が完成
■1992年
6月/酒類小売店 酒 スーパーディスカウント大安を東京都北区に2店舗オープン
■1997年
9月/関西第1号店を大阪府吹田市にオープン
■1998年
1月/配送サービスを無料とする
■1999年
1月/店舗営業を年中無休とする
■2000年
1月/料飲店向け配送を年中無休とする
9月/店舗屋号を、酒 スーパーディスカウント大安からなんでも酒やカクヤスに変更
■2002年
1月/来店者への無料配送サービスを開始
9月/商号を(株)カクヤス本店から(株)カクヤスに変更し、事
   業名をなんでも酒やカクヤスに統一
■2003年
6月/カクヤス店舗数100店を達成
    東京23区内全域での2時間枠無料配送網完成
■2006年
12月/KAKUYASU classの1号店を東京都新宿区歌舞伎町にオープン
■2007年
5月/総合酒類展示会 KAKUYASU DEXPO第1回目開催
10月/(株)ミクリードの株式を取得
■2008年
3月/インターネットでの受注販売サービスを開始
■2010年
12月/オフィス・デポ・ジャパン(株)の株式を取得   
■2011年   
7月/子会社 (株)NSKを設立
11月/KYリカー第1号店を神奈川県相模原市にオープン
グループ沿革2 ■2012年
1月/店舗において1時間枠での配送を開始
2月/(株)検校の株式を取得
5月/PBブランド、K-Priceの販売開始
11月/子会社 (株)リンクフローリストを設立
■2013年
1月/フード事業の会社分割及び(株)ミクリード(新)への事業承継
6月/(株)検校の株式を(株)NSKに譲渡 
■2014年
1月/(株)スペースアート十番の株式を取得 
■2016年
1月/事業再編を行い、(株)SKYグループホールディングスの子会社となる
3月/CORK第1号店を東京都新宿区にオープン
10月/一般個人向け販売において、配送時間を23時まで延長
■2017年
6月/子会社 (株)大安を設立
7月/子会社 (株)KYマネジメントを設立
8月/社内物流専用の平和島流通センターを東京都大田区に開設
■2018年
1月/料飲店向インターネットサイト なんでも酒やカクヤスナビオンラインを公開
8月/(株)リンクフローリストよりCORK-WINE&FLOWER-に関わる事業を譲受
   (株)NSKより(株)検校の株式を譲受
■2019年
3月/子会社 (株)大安を合併
12月/東京証券取引所市場第二部に上場
■2020年
5月/サンノー(株)の株式を取得
7月/子会社 (株)KYマネジメントを合併
10月/会社分割により持株会社体制に移行し、商号を(株)カクヤスから(株)カクヤスグループに変更
12月/(株)ダンガミの株式を取得
■2021年
2月/明和物産(株)の株式を取得

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 9年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 26時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 6.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 11名 102名 113名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 11名 8名 19名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.0%
      (101名中5名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
●新入社員研修 導入研修として、4月から約3カ月行います。 社会人として最低限必要とされるマナーに始まり、各部門の紹介や酒販業界の概要、 店舗、営業のその他の部署の実務研修などカクヤス社員として知っておかなければならない 基本を身につけます。 また、メーカーの工場見学を通して、お酒に関する知識も深めていきます。 この間に、同期の結束が強まり、今後仕事をすすめていく上で大きな財産となります。 ●年次研修 新入社員を対象とした1年次から3年次まで行う研修です。 ここでは振り返り、日々の業務遂行に必要なスキルを学びます。 ●工場見学(ビール・ワイン・焼酎・ウイスキー・日本酒など) 商品が出来上がるまでの工程を見学、お手伝いさせていただきます。 生産者の方の想いを感じ取り、日々の業務に役立てていただきます。 ●海外研修(フランス・イタリア・アメリカ・オーストラリア等) フランスやイタリア、アメリカなどのワイン・ウイスキーの産地に行き、 実際に葡萄が収穫、製造される過程を学ぶ海外ワイナリー研修など ユニークな研修も用意されています。 ●リカーコンシェルジュ認定制度 販売力アップに繋がる商品基礎知識を体系的に学び、共有していくため、 カクヤス独自の酒類知識認定制度。認定に応じた奨励金を支給しています。 その他、ワインアドバイザー資格取得講座、通信教育講座、管理職研修、OAスキル研修、 安全運転講習会、運転実技講習など様々な研修があり、社員育成に注力しております。
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育・社内外セミナー、講座・eラーニング・社内検定試験
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
お酒のスペシャリストになるべく、リカーコンシェルジュ認定試験を毎年1回実施。
点数に応じた奨励金も支給有。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 2 6
    2020年 17 11 28
    2019年 16 12 28
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 5
    2019年 10
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 6
    2020年 28
    2019年 28

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
専修大学、東京大学、東洋大学、明治大学
<大学>
愛知県立大学、青山学院大学、足利工業大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、宇都宮大学、追手門学院大学、桜美林大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪経済大学、大阪芸術大学、大阪商業大学、大妻女子大学、尾道市立大学、開智国際大学、嘉悦大学、鹿児島大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢星稜大学、関西大学、関西外国語大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、学習院女子大学、北里大学、共栄大学、京都外国語大学、共立女子大学、杏林大学、近畿大学、釧路公立大学、国立音楽大学、恵泉女学園大学、工学院大学、神戸学院大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、相模女子大学、産業能率大学、静岡大学、淑徳大学、首都大学東京、松蔭大学、湘南工科大学、昭和女子大学、信州大学、実践女子大学、十文字学園女子大学、城西大学、城西国際大学、上智大学、上武大学、女子栄養大学、駿河台大学、聖学院大学、成蹊大学、聖心女子大学、成城大学、西南学院大学、専修大学、創価大学、大正大学、高崎経済大学、高千穂大学、拓殖大学、多摩大学、玉川大学、大東文化大学、千葉商科大学、中央大学、中京大学、筑波大学、都留文科大学、帝京大学、帝京科学大学(東京)、帝京平成大学、帝塚山学院大学、デジタルハリウッド大学、桐蔭横浜大学、東海大学、東京音楽大学、東京海洋大学、東京家政大学、東京家政学院大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京工科大学、東京国際大学、東京成徳大学、東京都市大学、東京都立大学、東京農業大学、東京農工大学、東京福祉大学、東京富士大学、東邦大学、東北公益文科大学、東洋大学、東洋学園大学、常磐大学、富山大学、同志社大学、獨協大学、長岡技術科学大学、奈良大学、南山大学、二松学舎大学、日本大学、日本工業大学、日本獣医生命科学大学、日本女子体育大学、日本体育大学、弘前大学、フェリス女学院大学、福山平成大学、藤女子大学、佛教大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、北星学園大学、北海道大学、松本大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、目白大学、山形大学、山梨学院大学、横浜国立大学、横浜商科大学、横浜市立大学、酪農学園大学、立教大学、立正大学、立命館大学、麗澤大学、和光大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
東海大学短期大学部、文化学園大学短期大学部

アリゾナ州立大学、フランシス・マリオン大学、ニューヨーク大学経営大学院

前年度の採用実績(人数) 2012年4月 15名
2013年4月 16名
2014年4月 15名
2015年4月 24名
2016年4月 27名
2017年4月 41名
2018年4月 21名
2019年4月 28名
2020年4月 28名
2021年4月 6名
2022年4月 8名

取材情報

多彩に広がる活躍の場! 十人十色で希望するキャリアパスを実現できるのが魅力
販売職を経て、幅広いフィールドで活躍する先輩たち!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)カクヤスを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)カクヤスの会社概要