最終更新日:2022/7/20

エノテカ(株)【アサヒビールグループ】

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 通販・ネット販売
  • 専門店(食品・日用品)
  • 外食・レストラン
  • 食品

基本情報

本社
東京都
資本金
17億6,166万円
売上高
305億円(2021年12月期)
従業員
単体687名 連結858名 (2021年12月末現在、契約社員・アルバイト社員含まず)

アサヒビールグループのワイン専門商社です。買い付け・輸入、卸売、ワインショップ、通販まで一貫して展開。独自のビジネスモデルでアジアNo.1ワイン商社を目指す!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
ワイン専門商社としてトップクラスの実績を誇るエノテカ。買い付けから、輸入、卸売、小売まで自社で一貫した事業を展開し、業界内でもひと際高い評価を獲得しています。
PHOTO
エノテカでは数千種類以上のワインを取り扱い、その中からお客様にとって最適なものを提案します。日々知識を磨き続け、プロとしてのスキルを高めるのも私たちの仕事です。

日本のワイン文化をけん引してきた歴史と実績で、アジアNo.1へ!

PHOTO

エノテカが経営する「ワインショップ・エノテカ 広尾本店」。ワイン専門店としては日本最大級の広さと品揃えを誇る。海外からワインの生産者を招きイベントを頻繁に開催。

~底知れない魅力を秘める世界へようこそ!~
皆さんは「ワイン」と聞いてどんなことを想像されますか?「ソムリエ」や「ボジョレーヌーヴォー」といった言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。当社は1989年の創業以来、日本のワイン市場をけん引するリーディングカンパニーとして、確固たる地位を築いてきました。輸入ワイン専門商社と言えば、真っ先にエノテカの名前が上がるといっても過言ではありません。

●アジアNo.1ワイン商社も射程圏内に
現在は国内外に100店舗以上を展開し、百貨店、高級ホテルやスーパーなどへの卸売も手掛けています。売上高は12期連続して右肩上がりで成長しており、この拡大路線はまだまだ続く見込みです。今後は売上高350億円の達成を掲げ、アジア10カ国で事業を担うNo.1のワイン商社となることを目指しています。

●名門ワイナリーから厚い信頼を寄せられる実力
名だたるトップワイナリーと独占的な直取引を行えるのは、当社が信頼されているからこそ。ワインをよく知り、適切に取り扱う専門家集団としての実力と情熱が、現地の生産者に広く支持されています。当社の理念『For All Wine Lovers』における『Wine Lovers』は、消費者だけでなく生産者のことも意味しているのです。

●新たなるワイン文化を発信!
食のグローバル化に伴い、今後もさらに各地へワイン文化を根付かせていきたいと考えています。その取り組みの一環が「エノテカ体験」。生産者を招いて歓談しながらテイスティングをしたり、フラメンコを見ながらスペインワインを味わったりと、どんな地域でもワインの“楽しさ”を味わえるイベントを提供しています。

●ワインのエキスパートへの成長を全面支援
社員の育成にも力を入れており、「ワインエキスパート資格」取得のために週1回の勉強会を開催。受験・登録費用は会社が全額負担します。また入社後の半年間は専任者がマンツーマンで指導し、半年後・3年後にもフォローアップ研修を行うなど、成長過程に合わせて手厚くサポートします。

●ジョブローテーションで「なりたい自分」に!
キャリア申告制度を通して、将来的には卸売(営業)、EC(通販)、国際事業などへのステップアップも可能です。ワインには、時代や歴史を越えて誰もが虜になる魅力があります。

会社データ

正式社名
エノテカ(株)(アサヒビールグループ)
正式社名フリガナ
エノテカ
事業内容
・ワインの買い付け・輸入
・ワインショップ事業
・ワイン卸売事業
・ワイン通販事業

【今後の展望】
◆ワインショップ事業
「ワインショップ・エノテカ」を現在、国内68店舗、香港9店舗、中国15店舗、韓国9店舗、シンガポール1店舗、台湾1店舗、タイ1店舗合計104店舗を展開中。
今後も未出店エリアに進出する予定です。

◆ワイン卸売事業
全国の百貨店、スーパー、コンビニ、飲食店、ホテルなどへ卸売を行っています。今後はさらなるお取引様の開拓を行い、卸売事業だけで100億円以上の売上を目指します。

◆ワイン通販事業
自社サイトや他のショッピングモールを通じて、ワインのネット通販を行っています。今後は通販事業だけで100億円以上の売り上げを目指します。


PHOTO

営業部の社内打ち合わせ風景。エノテカのワインをもっと多くのスーパー、コンビニ、飲食店などで取り扱っていただけるよう、日々マーケティングを行っています。

本社郵便番号 106-0047
本社所在地 東京都港区南麻布5-14-15
本社電話番号 03-3280-3678
設立 1988年8月31日
資本金 17億6,166万円
従業員 単体687名
連結858名
(2021年12月末現在、契約社員・アルバイト社員含まず)
売上高 305億円(2021年12月期)
店舗・事業所 ■WINE SHOP ENOTECA
【国内】
広尾本店、渋谷ヒカリエShinQs店、GINZA SIX店、小田急新宿ハルク店、エスプリ・ド・タイユヴァン、レ・カーヴ・ド・タイユヴァン 東京、東京駅グランスタ丸の内店、銀座ミレ店、丸の内店、六本木ヒルズ店、表参道ヒルズ店、ANAインタ-コンチネンタルホテル東京店、ウイング高輪店、二子玉川東急フードショー店、成城学園前店、東武池袋店、吉祥寺店、アトレ吉祥寺店、ルミネ荻窪店、京王聖蹟桜ヶ丘店、南町田グランベリーパーク店、たまプラーザ店、アトレ川崎店、グランツリー武蔵小杉店、横浜そごう店、レ・カーヴ・ド・タイユヴァン 横浜、横浜元町店、タカシマヤフードメゾン新横浜店、柏高島屋店、東武船橋店、フードメゾンおおたかの森店、三井アウトレットパーク幕張店、酒々井プレミアム・アウトレット店、ルミネ大宮店、佐野プレミアムアウトレット店、御殿場プレミアムアウトレット店、浜松遠鉄店、大名古屋ビルヂング店、JR名古屋高島屋店、土岐プレミアムアウトレット店、京都高島屋店、大阪店、グランフロント大阪店、大阪高島屋店、近鉄上本町店、芦屋大丸店、姫路山陽店、神戸三田プレミアムアウトレット店、広島三越店、松山三越店、軽井沢店、新潟店、金沢香林坊大和店、富山大和店、博多店、アミュプラザ博多店、鳥栖プレミアムアウトレット店、仙台藤崎店、札幌ステラプレイス店、札幌円山店

■ロジスティクス・センター
那須ロジスティクス・センター

■卸売営業所
東京営業所、大宮営業所、札幌営業所、仙台営業所、名古屋営業所、京都営業所、大阪営業所、広島営業所、福岡営業所、沖縄営業所

※今後も続々と新規に出店する予定です。
売上高推移 105億円(2009年3月期)
109億円(2010年3月期)
119億円(2011年3月期)
131億円(2012年3月期)
144億円(2013年3月期)
173億円(2014年3月期)
195億円(2015年3月期)
212億円(2015年12月期)※
220億円(2016年12月期)
235億円(2017年12月期)
256億円(2018年12月期)
266億円(2019年12月期)
267億円(2020年12月期)
305億円(2021年12月期)

※2015年12月期は決算期変更のため、2015年1-3月実績と4-12月実績(165億円)を合算して表記(参考値)
主な取引先 (株)西武百貨店、(株)伊勢丹、(株)三越、(株)高島屋、(株)東急百貨店、(株)京王百貨店、(株)藤崎、(株)川徳、
(株)岩田屋、(株)丸井今井、(株)紀ノ国屋、(株)ミレニアムリテイリング、(株)シェルガーデン、
(株)イトーヨーカ堂、(株)大丸、(株)阪急百貨店、
タイユヴァン シャトー・ラトゥール、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド 他
沿革
  • 1988年
    • 資本金1,000万円にて東京都港区南麻布五丁目14番15号にエノテカ(株)を設立する
  • 1989年
    • 酒類販売業免許取得、卸し営業開始
      国内1号店開店(ワインショップ・エノテカ広尾本店)
      レストラン事業開始
  • 1995年
    • プリムール国内販売開始
  • 2000年
    • 通販事業開始
  • 2004年
    • レストラン事業部を(株)セパージュ及びブルディガラ(株)へ会社分割により分社
  • 2006年
    • (株)大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット「ヘラクレス」へ株式上場
      栃木県那須にエノテカ・エイジングワインセラー竣工
  • 2008年
    • 東京証券取引所市場第二部に株式上場
      海外1号店(ワインショップ香港店)開店
      ※以後、現在まで海外に15店舗出店)
  • 2010年
    • 中国上海に現地法人を設立
      中国1号店(ワインショップ・エノテカIFC上海店)開店
      シンガポール1号店(ワインショップ・エノテカシンガポール高島屋店)開店
  • 2011年
    • エノテカ韓国(株)を韓国・ソウルに100%子会社として設立
      MBOによりバッカス(株)(ユニゾン・キャピタル・グループ投資会社)の完全子会社となり東京証券取引所市場第二部上場廃止
  • 2012年
    • 韓国1号店(ワインショップ・エノテカ ソウル狎鴎亭店)開店
  • 2015年
    • 株主の変更により、アサヒビールグループとなる
  • 2016年
    • 物流拠点の移転、アサヒグループとの物流オペレーション開始
  • 2017年
    • 日本最大級のワインショップ GINZA SIX店オープン
      台湾進出
  • 2018年
    • アトレ川崎店 新規出店
      表参道ヒルズ 店新規出店
      たまプラーザ 店新規出店
      レ・カーヴ・ド・タイユヴァン東京
  • 2019年
    • あざみ野東急フードショースライス店 新規出店
      アトレ吉祥寺店 新規出店
      阪急西宮ガーデンズ店 新規出店
      田園調布店 新規出店
      南町田グランベリーパーク店 新規出店
  • 2020年
    • タイに現地法人を設立
      中国 杭州 MIXC 店 新規出店
      韓国 シグニエル釜山店 新規出店
      中国 長春東域店 新規出店
      ESPRIT de TAILLEVENT 新規出店
      韓国 Grand Walker Hill店 新規出店
      韓国 盆唐 AK PLAZA 店 新規出店
      LES CAVES de TAILLEVENT YOKOHAMA 新規出店
  • 2021年
    • 中国 深セン万象天地店 新規出店

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9.7時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.4日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 16名 3名 19名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修(入社後約2週間集中的に研修を実施。入社3年目まで随時研修を実施)
・ワイン資格取得費用支援(ソムリエ、WSETなどの受験費用、登録料等全額会社負担)
・スタッフテイスティング(生産者による社員向け勉強会など、各事業所で実施)
・キャリアデベロップメント(入社から数年かけて複数の業務、部門、勤務地を経験)
・海外研修制度(毎年40人前後が海外のワイン生産者を訪問。高い専門性を身につける)
・ワインコンクール参加支援制度
・ボルドーマラソン参加支援制度(毎年数人を会社負担で派遣。生産者訪問も実施)
・責任者養成研修(これから責任者になる人材を育成するための初級研修を実施)
・上級責任者養成研修(人材育成、収益管理、戦略構築等マネジメント研修を実施)
・アサヒグループ研修への参加
・アサヒビール社への武者修行研修(1年間)
自己啓発支援制度 制度あり
・自己啓発支援制度(通信教育282 講座から自分で任意選択して受講。修了者は費用の半額を会社負担)
メンター制度 制度あり
・ベーシックプログラム(入社後約3年間、先輩社員が細かい業務までマンツーマンで指導)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
・人事面談の実施(年1回全社員を対象に面談を実施。今後のキャリア形成を一緒に考え実現していく)
・キャリア登録制度(年1回、自分が希望する将来のキャリア、部署異動などの希望を必ず提出する)
社内検定制度 制度あり
・資格取得支援講座(ワインエキスパート、ソムリエ取得必須のため、社内勉強会を随時開催)
※全事業所、全部署にソムリエ、ワインエキスパート、WSET(国際ワイン資格)が在籍(全社員の約6割)

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 14 23 37
    2021年 17 16 33
    2022年 12 15 27

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、山梨大学
<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知工業大学、青山学院大学、秋田県立大学、亜細亜大学、茨城大学、愛媛大学、大分大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪教育大学、大阪産業大学、大阪市立大学、岡山大学、沖縄国際大学、小樽商科大学、お茶の水女子大学、鹿児島大学、神奈川大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、学習院女子大学、九州大学、九州産業大学、京都大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都女子大学、近畿大学、岐阜大学、熊本大学、群馬県立女子大学、慶應義塾大学、高知大学、甲南大学、神戸大学、神戸市外国語大学、國學院大學、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、静岡大学、静岡県立大学、芝浦工業大学、島根大学、昭和女子大学、上智大学、成蹊大学、西南学院大学、専修大学、高崎経済大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、都留文科大学、帝京大学、帝塚山大学、帝塚山学院大学、東海大学、東京大学、東京家政大学、東京家政学院大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京基督教大学、東京経済大学、東京工業大学、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東洋大学、富山大学、同志社大学、同志社女子大学、獨協大学、長崎大学、長崎外国語大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、名古屋市立大学、奈良県立大学、南山大学、新潟大学、新潟県立大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、弘前大学、広島大学、広島修道大学、広島市立大学、福岡大学、藤女子大学、法政大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、松山大学、三重大学、宮崎大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、山形大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、琉球大学、龍谷大学、早稲田大学、和洋女子大学

前年度の採用実績(人数) ■2021年4月入社
大卒のみ33名

■2020年4月入社
大卒のみ37名

■2019年4月入社
大卒のみ34名

先輩情報

年齢の垣根を越えて出会うことができるワインの魅力
伊藤 卓武
2016年入社
25歳
静岡大学
人文社会科学部
商品部
ブランド商品の販売戦略
PHOTO

取材情報

ワインを愛し、情熱をかけてその魅力をお届けする
ワインショップ・卸営業・商品部の社員が語るエノテカの魅力
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

エノテカ(株)【アサヒビールグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
エノテカ(株)【アサヒビールグループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. エノテカ(株)【アサヒビールグループ】の会社概要