最終更新日:2022/11/26

(株)東和銀行

  • 上場企業

業種

  • 銀行(地銀)

基本情報

本社
群馬県
資本金
386億5,300万円
経常収益
327億円(2021年3月期)
従業員
1,344名(2022年3月)

群馬・埼玉・東京・栃木の1都3県に94店舗を展開。お客様の企業価値の向上や地域経済の活性化に取組み、東和銀行の収益力の向上を図る『共通価値の創造』を目指しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
能力のある人がだれでも活躍できる銀行。行員一人ひとりが主役になり、お客様・地域経済と共に『共通価値の創造』を目指して誠心誠意取り組んでいる。
PHOTO
誰もが長く勤められる職場を目指し、2017年には「子育て支援に積極的な企業・団体」の中でも優良な子育てサポート企業として『プラチナくるみん』認定を受ける。

自由闊達な行風の下、地域社会に貢献する金融人の醍醐味を味わってほしい!

PHOTO

1917年(大正6年)の創立以来、100年にわたって地域の発展と共に歩んできた東和銀行。地域社会から愛され信頼される銀行を目指す姿勢に変わりはない。

◆お客様・地域経済と共に『共通価値の創造』を目指します
 東和銀行は1917(大正6)年の創立から地域のための銀行として地域社会の発展とともに歩み続け、群馬県(41店舗)、埼玉県(42店舗)、東京都(8店舗)、栃木県(3店舗)の1都3県に94店舗を展開し、「靴底を減らす活動」と「雨でも傘をさし続ける銀行」、「謙虚さのDNAを忘れない銀行」の3つをモットーに、ビジネスモデルである「真の資金繰り支援(お客様が資金繰りの心配なく事業に専念できる環境づくり)」「TOWAお客様応援活動(本業支援・経営改善支援・事業再生支援・資産形成支援)」に積極的に取り組んでいます。
 そして、現在、東和銀行は「真の資金繰り支援」および「TOWAお客様応援活動」を通じて、お客様の企業価値の向上や地域経済の活性化に取り組み、東和銀行の収益力の向上を図る『共通価値の創造』の実現を目指しています。

◆「真の資金繰り支援」に総力をあげて取り組んでいます
 「真の資金繰り支援」とは、お客様に寄り添い、一緒になって年間の資金繰り表を作成し、お客様が資金繰りを気にせず事業に専念できる環境作りをお手伝いするもので、本業支援と併せて、お客様の企業価値の向上を目指すものです。
 この「真の資金繰り支援」に全職員が一丸となって取り組み、地域経済の持続的発展に寄与することで、当行自身も持続的な発展を目指しています。

◆困難なことにも立ち向かえる粘り強い忍耐力のある人材の育成に注力
 地域経済を取り巻く環境が大きく変化するなか、自分の役割をしっかり自覚し、困難なことにも立ち向かえる粘り強い忍耐力のある人材を求めています。
 例えば学生時代、学業はもちろんのこと、クラブやサークルの活動に一生懸命取り組んだ人は、何事にも積極的に立ち向かい、途中であきらめないという心を持っているのではないでしょうか。こうした人材に、新入行員研修だけでなく、自主参加型の土曜勉強会や資格取得支援など自らを高める機会を積極的に提供し、「地域の発展に貢献できる行員」を育成していきます。
 当行には、創立以来、自由闊達な行風が息づいています。この行風のもと、地域社会の発展に貢献する金融人の醍醐味を存分に味わってほしいと期待しています。

会社データ

事業内容
普通銀行業務(預金、融資、内国為替、外国為替)、その他一切の代理業務

PHOTO

お客様の企業価値の向上や地域経済の活性化に取り組み、東和銀行の収益力の向上を図る『共通価値の創造』の実現を目指している。

本店郵便番号 371-8560
本店所在地 群馬県前橋市本町2-12-6
本店電話番号 027-234-1111
創立 1917年6月
資本金 386億5,300万円
従業員 1,344名(2022年3月)
経常収益 327億円(2021年3月期)
預金 2兆1,368億円(2022年3月)
貸出金 1兆5,281億円(2022年3月)
営業店 群馬県内37店舗(本店営業部、高崎、太田ほか)
埼玉県内41店舗(浦和、川越、熊谷ほか)
東京都内8店舗(東京、昭島ほか)
栃木県内3店舗(足利ほか)
その他仮想店舗3店舗(インターネット支店ほか)

合計92店舗(2022年3月現在)
沿革
  • 1917年 6月
    • 群馬貯蓄無尽(株)創立
  • 1942年 9月
    • 群馬大生無尽(株)設立
  • 1951年10月
    • (株)大生相互銀行に改称
  • 1973年 4月
    • 深川信用組合と合併
  • 1977年 4月
    • 赤羽信用組合と合併
  • 1989年 2月
    • (株)東和銀行に改称
  • 1990年 2月
    • 東証二部上場
  • 1991年 9月
    • 東証一部に指定替え
  • 1997年10月
    • インターネットバンキング開始
  • 1998年12月
    • 投資信託窓口販売業務開始
  • 1999年 1月
    • デビットカードサービス開始
  • 2000年 4月
    • ダイレクトサービス開始
  • 2001年 1月
    • 総合オンラインシステム(自営)稼動
  • 2002年
    • 1月 ATMの365日稼動
      10月 生命保険商品の窓口販売業務開始
  • 2004年 1月
    • 料金払込みサービス(ペイジー)の取扱開始
  • 2005年 9月
    • キャッシュカードの「マルチ暗証方式」取扱開始
  • 2006年 4月
    • セブン銀行とATM利用提携開始
  • 2007年 9月
    • 東和インターネット投資信託の取扱開始
  • 2008年10月
    • 医療保険、がん保険、介護保険の取扱開始
  • 2010年3月
    • インターネット支店開設
  • 2012年4月
    • リレバンサポートシステムの導入
  • 2014年12月
    • 「地域経済活性化に関する広域連携協定」締結
  • 2017年10月
    • お客様資産形成部新設
  • 2020年
    • 1月 「東和銀行アプリ」リリース
      10月 お客様が資金繰りの心配なく事業に専念できる環境づくりを行う『真の資金繰り支援』を開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.9年
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 34名 30名 64名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 34名 30名 64名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
職員研修所/新入行員研修、フォロー研修、職務別研修、土曜勉強会、各種通信教育他
配属先/先輩指導員によるマンツーマン研修を実施

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

全国の国公私立大学の文・理系

前年度の採用実績(人数) 2018年4月    83名(大卒63名 短卒6名 高卒14名)
2019年4月    60名(大卒42名 短卒2名 高卒16名)
2020年4月    59名(大卒39名 短卒4名 高卒16名)
2021年4月    70名(大卒47名 短卒4名 高卒19名)
2022年4月(予定) 51名(大卒38名 短卒3名 高卒10名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)東和銀行と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)東和銀行を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)東和銀行の会社概要