最終更新日:2022/12/4

JFEプラントエンジ(株)

業種

  • プラント・エンジニアリング
  • 機械設計
  • 設備工事
  • ソフトウエア
  • 輸送用機器

基本情報

本社
東京都
資本金
17億円
売上高
2,003億8,100万円(2021年度実績)
従業員
3,985名/2022年3月末現在

日本が世界に誇る『モノづくり』を力強くサポート

会社紹介記事

PHOTO
製鉄所で培った技術をもとに、機械メーカーとしても様々な製品を開発・製造しています。特に業務用の大型クレーンの分野では、世界的な実績を誇っています。
PHOTO
空港灯火や橋梁の電気・通信工事や、産業用太陽光発電所の建設など皆さんの身近な生活を支えているインフラでも当社は活躍しています。

【機械×電気×制御】の技術で、モノづくりの現場を支えます!

PHOTO

オフィスはパーティションが無くオープンな雰囲気。社員同士のコミュニケーションがとりやすく、先輩社員にも臆することなく質問ができます。

■「日本のモノづくり」を支える総合エンジニアリング企業。
日本が世界に誇る【モノづくり】。その根底を支えているのが、JFEスチールが
製造する鉄です。私たちJFEプラントエンジは、そのグループの一員として、機械、電気計装、制御システムのハード/ソフトの企画・設計・製作から据え付け工事、ならびにプラント設備の劣化診断・メンテナンス・解体までを一貫して手掛ける総合エンジニアリング企業です。製鉄所は、あらゆる製造業のプラントで用いられている膨大な数と種類の機械・装置が集結しているハイテクノロジーの塊です。「設備のデパート」とも言われ、グループ内外問わず様々なお客様から高い評価を頂いています。

■自らの手と人とのつながりを武器に、ものづくりと社会を支える。
端に立てば向こう側が霞んで見えるほどの巨大な工場ライン、一度に500トンもの荷の積み下ろしを可能とするクレーン、1カ所で一般家庭2万世帯分の電力を賄う太陽光発電所。当社のプロジェクトの多くは、規模が非常に大きく、技術的にも高度なものを必要とします。その達成を可能にする重要な要素の一つは、人との関わり。日々の仕事の現場には様々な技術・知識を持った人々が集結し、時には意見をぶつけ合い、試行錯誤を繰り返して、同じ目標に進んでいきます。その中で、自らの手で生み出した技術が段々とかたちをとって、ものづくりを、ひいては社会を支えていく、その醍醐味を感じられるのが、当社のエンジニアの仕事です。

会社データ

事業内容
■各種プラントの開発・設計、製作・据付、劣化診断・メンテナンス、解体
■各種プラントにおける電気制御設備関連ハード・ソフトの企画、設計・製作、施工、メンテナンス
■電気設備(電気・計装・空調・通信)工事
■クレーン、ブラストマシン、スキーリフトなどオリジナル製品の製造、販売

PHOTO

JFEスチールグループの中核を担う設備に関するプロフェッショナルとして、ダイナミックなものづくりに携わります。

本社郵便番号 111-0051
本社所在地 東京都台東区蔵前2-17-4 JFE蔵前ビル8F
本社電話番号 03-3864-3704
設立 1937年
資本金 17億円
従業員 3,985名/2022年3月末現在
売上高 2,003億8,100万円(2021年度実績)
事業所 本   社  東京都台東区蔵前2丁目17番4号 
千葉事業所  千葉県千葉市中央区川崎町1番地
京浜事業所  神奈川県川崎市川崎区池上新町3丁目4番3号
倉敷事業所  岡山県倉敷市水島川崎通1丁目
福山事業所  広島県福山市鋼管町1番地
中部事業所  愛知県半田市川崎町1丁目1番地
播磨製作所  兵庫県加古郡播磨町新島1番地
※その他全国に支店・営業所あり
業績 決算期     売上高    経常利益
─────────────────────────
2022年3月  2,003億    69億
2021年3月  1,740億    45億
2020年3月  2,179億    122億
2019年3月  1,889億    64億
                  (単位:円)
グループ会社 (株)JFEメカフロント 千葉
(株)JFEメカフロント 京浜
(株)JFEメカフロント 阪神
(株)JFEメカフロント 倉敷
(株)JFEメカフロント 福山
(株)JFEメカテクノ
JFEメカニカル ベトナム(有)
三和計電(株)
沿革
  • 1937年4月
    • (株)布引製作所が神戸市で発足(1959年11月、(株)川崎電機工業に商号変更)
  • 1973年4月
    • 川鉄電気設備工事(株)が発足(1987年1月川鉄電設(株)に改称)
  • 1978年4月
    • (株)川崎電機工業が生浜鉄工(株)を吸収合併し、川鉄鉄構工業(株)に商号変更(その後1994年に川鉄マシナリー(株)に商号変更)
  • 2004年4月
    • 川鉄マシナリー(株)とメンテック機工(株)が合併し、JFEメカニカル(株)に改称

      川鉄電設(株)とメンテック機工(株)電装事業部およびケーディケーエレシス(株)が統合し、JFE電制(株)発足
  • 2016年4月
    • JFEメカニカル(株)とJFE電制(株)が合併し、JFEプラントエンジ(株)発足

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.2年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 19.9時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16.0日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 132名 134名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 30名 32名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
あらゆる機械・設備が高度に集約された、製鉄所。
この大規模な生産拠点の構造や機能、システムなどを熟知することが、プラントに携わるエンジニアとしての第一歩になります。入社後すぐに行われる「新入社員研修」は、座学と現場見学を立体的に組み合わせた密度の濃い内容となっており、1カ月かけて所内の仕組みをみっちり勉強します。
研修が終了してからは、機械系/電気・制御系それぞれ職種別の研修になり、約3カ月かけて本配属前に必要なエンジニアの基礎となる業務を学びます。
その間、それぞれの配属希望地域や職種に関するヒアリングが行われ、本配属が決まります。入社前に配属部署を決定しないのは、まずはそれぞれの部署でどんなことをしているのか自分の目で確かめて、自分で学んでもらって、その上で本当に自分がやりたい職種を考えてもらうためです。本配属後の仕事に対するイメージのギャップを埋め、職種のミスマッチを防ぎます。
本配属後は先輩社員による指導のもと、OJTを通して経験値を積み、実務に必要な技術を身につけていきます。また、新入社員以外にも、下記のような豊富な社内研修制度を用意して、技術系社員の成長を後押ししています。

■プラントエンジテクノスクール…機械系エンジニアを対象とした合同合宿による、完全オフライン教育
■電気・制御系専門教育…電気・制御系エンジニアを対象とした実務に直結した内容のメーカー教育
■フォローアップ研修…入社2年目のフォローアップ研修
■階層別研修…社員としてステップアップしていくための社内階層ごとの研修
■JFEカレッジ講習
■免許・資格取得支援…職務遂行に必要な免許・公的資格の取得を支援
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得奨励制度
……電検3種など会社が指定した資格を取得するのにかかってくる費用(資格試験受験料や参考書代など)は会社が負担します。また、試験会場に行くまでの交通費は申請することができ、さらに試験日が休日だった場合、「業務のための資格取得」と捉え休日出勤の扱いにするなど、積極的に資格取得を奨励しています。
メンター制度 制度あり
本配属後、メンター制度ということで指導先輩がつきます。業務に関する質問からささいな悩みまで、気軽に相談できる人がいる環境です。また、一定期間後に指導先輩が外れる、ということはありません。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
有り:所属長とのキャリア面談(年2回)
社内検定制度 制度あり
有り:PMC検定(プロジェクトマネジメントに関する検定:日本プロジェクトマネジメント協会主催)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 43 2 45
    2021年 43 4 47
    2020年 46 1 47
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 45
    2021年 47
    2020年 47
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 1
    2020年 4

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
室蘭工業大学、秋田大学、秋田県立大学、岩手大学、新潟大学、長岡技術科学大学、金沢大学、金沢工業大学、宇都宮大学、福島大学、筑波大学、信州大学、日本大学、東京電機大学、早稲田大学、明治大学、法政大学、芝浦工業大学、東京理科大学、東海大学、静岡大学、三重大学、豊橋技術科学大学、大阪大学、同志社大学、近畿大学、岡山大学、島根大学、鳥取大学、山口大学、香川大学、徳島大学、愛媛大学、大分大学、九州大学、九州工業大学、鹿児島大学
<大学>
北海道大学、室蘭工業大学、北見工業大学、秋田大学、岩手大学、新潟大学、宇都宮大学、埼玉大学、一橋大学、早稲田大学、東京都立大学、東京海洋大学、上智大学、明治大学、成蹊大学、青山学院大学、中央大学、立教大学、学習院大学、東京理科大学、日本大学、芝浦工業大学、東京電機大学、東京都市大学、千葉大学、千葉工業大学、國學院大學、東海大学、拓殖大学、帝京大学、日本工業大学、神奈川大学、神奈川工科大学、中部大学、静岡大学、愛知工業大学、三重大学、同志社大学、立命館大学、大阪工業大学、関西大学、神戸大学、神戸市外国語大学、近畿大学、兵庫県立大学、関西学院大学、鳥取大学、岡山大学、岡山理科大学、広島大学、広島工業大学、島根大学、香川大学、徳島大学、愛媛大学、山口大学、山陽小野田市立山口東京理科大学、九州大学、九州工業大学、福岡大学、西南学院大学、大分大学、日本文理大学、宮崎大学、熊本大学、鹿児島大学、琉球大学
<短大・高専・専門学校>
長岡工業高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校、木更津工業高等専門学校、津山工業高等専門学校、呉工業高等専門学校、香川高等専門学校、高知工業高等専門学校、米子工業高等専門学校、松江工業高等専門学校、北九州工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校

前年度の採用実績(人数) 2018年4月 52名
2019年4月 53名
2020年4月 47名
2021年4月 48名
2022年4月 47名
前年度の採用実績(学部・学科) 1)技術系総合職 機械系、電気・電子系、制御系、化工系、情報系学科
2)文系総合職 学部不問
        (法学部、経済学部、政治経済学部、商学部など実績あり)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

JFEプラントエンジ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
JFEプラントエンジ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. JFEプラントエンジ(株)の会社概要