最終更新日:2023/2/1

宮崎富士通コンポーネント(株)

業種

  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
宮崎県
資本金
9,000万円
売上高
73億4,700万円※2021年3月
従業員
345名(男性:221名、女性:124名)※2021年3月

みなさんの生活のあちこちで使われる”リレー(電子部品)”を製造しています。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
1973年創立。富士通コンポーネント(FCL)の製造子会社として、FCLグループのリレーマザー工場として機能。日南市内に3カ所の工場を持っている。
PHOTO
地元出身の社員が多く、フレンドリーで温かな雰囲気の職場環境。地元を離れて就職した社員も、日南の自然と人に癒されながら業務に打ち込んでいるそう。

時代を創る技術力と人を育てながら、信頼を得ているリレーを製造しています!

PHOTO

入社4年目の諸岡さん(左)と高森さん(右)が異口同音に「包容力の大きさ、若手を育てようとする姿勢を感じられる会社」と話し、技術者としてのさらなる成長を誓った。

●固定観念にとらわれない考え方を大切に
現場の品質管理・改善やお客様不具合の対応などを担当する品質管理職。
その中でも重要なのは、不良内容を分析しその原因を究明することです。例えば「リレーが作動しない」という不良内容に対して、考えられる原因は一つではありません。接点や駆動部に障害がある導通不良・コイルに障害がある断線不良・ばね角度等に問題がある組立不良・落下や衝撃で機能障害となる取扱い不良等の場合もあります。
ひとつの不良をあらゆる角度から検証し、なぜ起きたのかを理論立てて分析する。このような繰り返し作業に取り組むことではじめて、次の不良を防止することができます。私たちは多くのリレーを扱っておりますが、多様な不良に対して妥協することなく一つ一つの問題解決を図り良い品質(製品)造りに取り組むことが、品質管理職のミッションです。
(諸岡義隆さん/品質管理部/2015年入社/宮崎大学工学部材料物理工学科卒)


●ゼロから学び、成長できる環境があります!
生産技術部では、生産ライン工程における設備の動かし方やトラブル発生時の対処方法、製品を作る際の注意点といった作業を行うときの説明書のようなものを作っています。また、製品に使用している材料を変更する場合に必要な検討をしたり、工程で発生したトラブルの原因調査をしたりするのも同部の仕事。私の場合は、業務時間の多くを現場で過ごして作業性の確認を行い、その後デスクに戻って発見した課題や改良点などをまとめています。
苦労したのは、製品についての知識がゼロだったこと。単語ひとつから調べなければならず、手間も時間もかかりました。以前、原因が誰もわからない現場で不具合がありました。経験則だけでは解明できず、小さいところから一つずつ確認し、時間をかけて調査し突き止めたのですが、既成概念にとらわれない新しい目線の大切さを感じました。経験値だけでなく知識の重要性を感じ、今は設計のスキルも身に付ける努力をしています。私は就職してからリレーを学びました。資格や専攻について必須という会社もありますが、ここは何も知らないところから始められるのも魅力だと思います。
(高森駿さん/生産技術部/2015年入社/宮崎大学工学部材料物理工学科卒)

会社データ

事業内容
■リレー(電磁継電器)の製造
・部品製造:精密プレス加工、接点溶接、精密モールド成形
・製品組立:自動組立ラインによる製造 及び 検査
■リレーの種類・用途
・車載用(自動車用)リレー
→ ワイパー、ドアロック、ドアミラー、シートベルト等のコントロール
・信号用(通信機用)リレー
→ 交換機等の回路
・その他産業用リレー
→ テレビ、エアコン、冷蔵庫、自販機等のスイッチ回路

PHOTO

宮崎富士通コンポーネントで製造されるリレーは超小形で高密度実装対応。このこだわりが高いシェア率や満足度を生み出している

本社郵便番号 889-2521
本社所在地 宮崎県日南市大字東弁分乙1011
本社電話番号 0987-22-5211
設立 1973年7月5日
資本金 9,000万円
従業員 345名(男性:221名、女性:124名)※2021年3月
売上高 73億4,700万円※2021年3月
事業所 ■本社工場:宮崎県日南市大字東弁分乙1011
■日高嶋工場
■飫肥工場
代表者 代表取締役社長 高橋憲吾
品質及び環境国際規格 2001年1月:ISO14001 認証取得
2003年4月:ISO9001/2000年版認証取得
2004年4月:QS-9000 認証取得
2006年3月:ISO14001 MFCL3工場及びFCLグループ統合認証取得
2007年1月:TS-16949 認証取得
2015年8月:ISO9001/2015年版 認証取得
2018年3月:IATF-16949 2016 認証取得
2018年3月:ISO14001/2015年版 認証取得
2019年12月:ISO14001 FCLグループ独自認証取得
平均年齢 43歳
平均勤続年数 11.8年
沿革
  • 1973年7月
    • 設立
      飫肥工場創業開始(手組式)
  • 1984年8月
    • 本社工場創業開始(自動組立)
  • 2001年10月
    • 日高嶋工場創業開始(モールド部品)
  • 2001年12月
    • 生産革新(TPS)運動開始
  • 2002年5月
    • 接点溶接開始(飫肥工場)
  • 2004年2月
    • 巻線開始(本社工場)
  • 2004年4月
    • 宮崎富士通コンポーネント(株)に社名変更
  • 2005年1月
    • プレス部品加工開始(飫肥工場)
  • 2006年12月
    • 金型パーツ加工開始(本社工場)
  • 2007年1月
    • FBR53リレー(車載用)量産開始
  • 2009年8月
    • FTR-G1リレー(車載用)量産開始
  • 2009年9月
    • FBR50/510リレー(車載用)量産開始
  • 2009年10月
    • JY/NYリレー(パワー産機)量産開始
  • 2010年1月
    • FRL230リレー(車両用・パワー産機)量産開始
  • 2011年9月
    • FRL-MYリレー(パワー産機)量産開始
  • 2014年1月
    • FRL-P7リレー(車載用)量産開始
  • 2014年4月
    • FRL-K1リレー(民生用)増産開始
  • 2017年5月
    • FTR-59HWリレー(車載用)新規量産開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.8年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 26.0時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
【階層別研修】
新入社員研修、昇給研修、幹部社員候補者研修、幹部社員登用後研修、幹部社員昇格後研修

【全社研修】
環境研修、セキュリティ研修、人権啓発研修
自己啓発支援制度 制度あり
【自己啓発および専門研修】
社外研修、技術者専門研修

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 0 0
    2020年 1 0 1
    2019年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

宮崎富士通コンポーネント(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
宮崎富士通コンポーネント(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 宮崎富士通コンポーネント(株)の会社概要