最終更新日:2023/1/31

サンメディックス(株)

業種

  • 商社(精密・医療機器)
  • 商社(電子・電気機器)
  • 商社(その他製品)

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
508億円(2021年3月期)
従業員
男性283名、女性126名  計409名(2021年11月期)

【秋採用】【10月・11月に説明会を実施します!】もしも病院に医療機器がなかったら!?私たちは医療機器を通して医療現場を支えます!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
医薬品以外のすべての医療機器と医療材料を扱うサンメディックス。特に整形外科や放射線関連機器の評価は高く、関東圏の商社において存在感を示している。
PHOTO
フリーアドレスのオフィスやガラス張りの会議室はオープンな社風の象徴。

関東で幅広いシェアを誇る医療機器総合商社。激変する医療業界に適確に対応します。

PHOTO

「資質として求めるのは、相手のその時の状況や気持ちが読み取れる人。日々緊張状態にある医療関係者と上手に話ができコミュニケーションの図れる人です」と須山常務。

私たちサンメディックスは首都圏一円に営業拠点を展開する、医療機器・サービスの総合商社です。特色としては人工関節、骨の再生などの整形・インプラント領域、CT、MRI、超音波診断装置などの画像診断領域に強く、それらを活かして医療材料や機器の提案から、経営・開業支援まで、幅広い事業領域で高度な医療技術を支えています。総合病院やクリニック、福祉施設など多岐にわたるお客様を獲得していますが、今後は地域の中核となる大学病院に特に力を入れ、そのサテライトの医療機関から在宅医療まで、トータルな支援体制を強化します。当社がチャレンジしていないところはない、というほど網羅する方針です。

医療の世界は今、かつてないほどの激変の波にさらされています。急性期病院の入院日数の短期化にともなう病院経営の変化はもとより、再生医療の進化やAIの活用により、診断や治療の方法も大きく変わりつつあります。医療関連の法令も毎年のように改正されています。そうした中、当社はグループ会社の方針により、いち早く再生医療分野の商品販売プロジェクトに着手するなど先駆的に取り組んでいます。しかしAIや、いずれはIoTなど、一見医療とは関わりない技術が、今後医療と密接に関連してくることは間違いありません。また日本は間もなく世界のどの国も経験したことのない超高齢社会に突入し、地域包括ケアなど医療提供の場も変化します。医療機器営業も当然この潮流に対応しなければなりません。もちろん経験値は必要ですが、従来の経験が通用しない領域もこれからは増えるでしょう。ですから私たちは、企業として変化に対応するとともに、医療の最前線に身を置く者として様々に考えを巡らし、「こういうことがやりたい」という自分なりのテーマを見出し、それをプロジェクト化できる人、すなわち「変化に対応できる人材」を切に求めています。

そしてそうした人材を育成するため、当社では様々な環境づくりを進めています。かねてより強化してきた教育・研修制度に加えて、ここ数年は1病院1担当者制を2人体制にする、モバイルPCの携帯により帰社不要を図り残業をなくす、さらに物流体制や受注センターをアウトソースするなど、営業の負荷を可能な限り軽減して、本来の医療支援に注力できるようにしています。当社であれば、日本の医療を支えるこの仕事に全力投球できるはずです。
(取締役常務執行役員 須山 知樹)

会社データ

事業内容
■医療機器・理化学機器・放射線機器・介護用品・各種医療材料の販売
■医療施設のプランニング・コンサルタント、機器の保守点検サービス
本社郵便番号 104-6136
本社所在地 東京都中央区晴海1-8-11 晴海トリトンスクエアY棟36階
本社電話番号 03-5144-0855
創業 1889年(明治22年)3月
設立 1950年(昭和25年)8月
資本金 1億円
従業員 男性283名、女性126名  計409名(2021年11月期)
売上高 508億円(2021年3月期)
事業所 ■本社・本店/東京
■支店/東京第一・東京第二・東京第三・横浜・相模原・川崎・宇都宮
■営業所/多摩・厚木・千葉・埼玉・埼玉西・前橋・佐野・
小山・筑波・水戸・長野・松本・名古屋
■出張所/山梨出張所
■物流拠点/首都圏物流センター・北関東物流センター
主な取引先 主要大学病院・国公私立病院・各地保健所・診療所・クリニック・健康保険組合など
沿革
  • 1889年3月
    • 東京 日本橋に「倭屋森川惣助商店(やまとやもりかわそうすけしょうてん)」として創業。
  • 1916年4月
    • 倭屋森川惣助商店(現、ヤマト科学(株))から、渡辺忠恕(初代森川惣助の甥)が分離・独立し、森川製作所を創業
  • 1943年7月
    • 森川製作所を分割し、レントゲン部門を日本医科器械工業と、医療衛生部門を森川商事として設立
  • 1950年8月
    • 東京都中央区日本橋本町のヤマト科学本社ビル内に、森川医科器械(株)を設立
  • 1955年9月
    • 日本医科器械工業を解散し、東京都中央区日本橋本町のヤマト科学本社ビル内に、新日本医科器械工業を設立
  • 1970年1月
    • 神奈川県座間市に石井医科工業(株)を設立
  • 1982年1月
    • 新日本医科器械工業(株)からヤマトメディカル(株)に改称
  • 2000年4月
    • 森川医科器械(株)とヤマトメディカル(株)が合併
      森川ヤマトメディカル(株)となる
      10月 森川ヤマトメディカル(株)と石井医科工業(株)が合併
      サンメディックス(株)となる

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 14名 18名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 1名 5名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新人向け研修  (入社前研修、入社時研修、フォローアップ研修)
・役職者向け研修 (係長職研修、課長職研修)
・全社員向け研修 (CS研修、ハラスメント研修)

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
神奈川大学、杏林大学、駒澤大学、作新学院大学、産業能率大学、静岡大学、淑徳大学、城西大学、上智大学、専修大学、大正大学、高千穂大学、拓殖大学、多摩大学、大東文化大学、千葉工業大学、中央大学、帝京大学、東京経済大学、東洋大学、獨協大学、日本大学、日本体育大学、白鴎大学、文教大学、武蔵大学、横浜国立大学、千葉商科大学、共栄大学、日本獣医生命科学大学、ルーテル学院大学、大妻女子大学、麗澤大学、日本薬科大学、明海大学、実践女子大学
<短大・高専・専門学校>
湘北短期大学、大妻女子大学短期大学部

採用実績(人数)     2019年 2020年 2021年 2022年(予)
大卒   6名    8名    4名    4名
短大卒  0名    0名    0名    2名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 3 4
    2020年 6 2 8
    2019年 2 4 6
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 4
    2020年 8
    2019年 6
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

サンメディックス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
サンメディックス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ