最終更新日:2023/1/23

和弘食品(株)

  • 上場企業

業種

  • 食品

基本情報

本社
北海道
資本金
14億1,379万6,100円
売上高
99億7,542万円(2021年3月)
従業員
233名(2021年3月末現在)

エントリーシート提出受付中!私たちはとびきり新鮮な食材をもとにつくり出す、スープとタレと天然エキスの専門メーカーです。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
飲食店、食品メーカー、外食チェーン、コンビニといったお客様から依頼を受け、スープやたれを製造しています。全国1,470社と取引があり、製品数は3,280種類に上ります。
PHOTO
ラーメン店のスープ、コンビニの麺つゆ、焼きそばのソース…など、皆さんも知らず知らずのうちに当社の製品を口にしているかもしれません。

信頼と品質を牽引する和弘食品。安心して長期的に働ける体制が整っています。

PHOTO

社名が表に出ることはありませんが、当社の製品は各地に並んでいるため、やりがいもって仕事に取り組めます。研修制度も整っており、安心して働ける環境があります。

2013年入社 営業部大阪支店T・H
Q仕事内容を教えてください
外食チェーン、食品メーカー、ラーメン店向けにタレ・スープの提案を行っています。お客様の、工程・物流・客層・トレンド・現行メニュー・自社の強みなどを踏まえて提案します。
Qやりがいを教えてください
自ら携わった商品が採用され、メニュー化、製品化することにやりがいを感じます。商品の味の傾向や原料のこだわりを自分で考え提案した商品が、ロングセラーになると本当に嬉しいですね。
Q現在までのキャリアステップは?
入社後は本社営業企画課に配属され、東京支店を経由し大阪支店へ異動になりました。初めは小規模のお客様から担当し、徐々に大きなお客様や新規のお客様と商談する機会が増えました。感覚を掴むまで苦労しましたが、様々な案件を経験し慣れていくことができました。
Q社内でのフォロー体制について教えてください
入社後は基礎研修と、工場・品質管理部門での現場研修、商品部での開発研修を経て配属されました。配属後は一定期間先輩に同行し、考え方や商談の雰囲気を学びます。その後はOJTがメインとなり、年に数回の社内研修や階層研修など、研修制度も充実しています。

2016年入社 生産本部管理グループS・S
Q入社を決めた理由は?
元々ラーメンが好きで、製造に携わった仕事をしたいと思っていました。就職活動をしていく中で、北海道で数少ない上場企業であり、将来性を感じた和弘食品に入社を決めました。
Q現在の仕事内容を教えてください。
北海道工場の受注管理や、出荷業務、在庫管理、各部署のイレギュラー対応など幅広く担当しています。
Qやりがいを教えてください。
スーパーなどで、自社が製造にかかわっている製品が陳列されているのを見たときは、やりがいを感じますし、モチベーションアップにも繋がります。
Qどんな社風ですか?
「親しみある社風」は魅力の1つです。風通しがよく、相談しやすい環境でありながら、仕事に対して真摯に向き合っている社員が多いですね。仕事以外でも気兼ねなく関わりを持てる仲間ができます。
Q入社後、社内でのフォロー体制について教えてください。
入社後は1~2か月程度の新人研修があり、各部署1週間程度、工場の各ラインについて学ぶ機会があります。メンター制度も整っており、サポートされる安心感のみならず、教えるスキルを身に着けられる点は非常に心強いです。

会社データ

事業内容
和弘食品は北海道小樽市に本社を置くスープ、天然エキスの製造・販売を行っている会社です。厳選した素材から、様々な旨味を独自の技術により抽出、美味しさを製造しています。商品はラーメンスープ、めんつゆ、焼きそばソース、肉・海鮮料理のソース・たれ、各種スープ、エキス(昆布エキス、ホタテエキス等)など調味料全般の多岐にわたっており、こうした商品を加工食品メーカー、外食産業、コンビニエンスストア等の各業界に向けて販売しています。商品の大半をお客様ブランド名により供給しているので和弘食品という名前は知らないかもしれませんが、きっとあなたもどこかで和弘食品の美味しさを口にしているでしょう。
本社郵便番号 047-0261
本社所在地 小樽市銭函3丁目504-1
本社電話番号 0134-62-0505
設立 1964年(昭和39年)3月
資本金 14億1,379万6,100円
従業員 233名(2021年3月末現在)
売上高 99億7,542万円(2021年3月)
事業所 本社/北海道小樽市銭函3-504-1

支店/札幌(小樽市)、東京(目黒区)、東北(仙台市)、大阪(大阪市)

工場/北海道(小樽市銭函、紋別郡湧別町)、関東(茨城県坂東市)
株主構成 (株)和山商店
日清オイリオグループ(株)
水元公仁
和山明弘
(株)北陸銀行
(株)北海道銀行
グループ企業 WAKOU USA INC.
平均年齢 38.0歳
平均勤続年数 10.3
平均給与 521万円
沿革
  • 1964年(S39年)3月
    • 生麺の製造販売、並びに各種スープの製造販売を目的として、北海道小樽市新光129番地に和弘食品(株) [資本金50万円]を設立。
  • 1965年(S40年)2月
    • 別添用スープの製造・販売を開始。
  • 1967年(S42年)4月
    • 生麺の製造・販売から撤退し、本格的なスープ専業メーカーに転換。
  • 1969年(S44年)4月
    • 道内への拡販のため、北海道札幌市西区に札幌営業所を開設。
  • 1970年(S45年)5月
    • 札幌ラーメンのスープ専業メーカーとしてイメージの定着化を図るため、北海道和弘食品(株)と商号変更。
  • 1971年(S46年)2月
    • 東北・北陸方面への拡販のため岩手県盛岡市みたけ町に盛岡出張所を開設。
  • 1971年(S46年)10月
    • 生産体制の設備確立のため小樽工場を増設。
  • 1972年(S47年)8月
    • 関東以南への拡販のため東京支店を東京都大田区中央に開設。
  • 1976年(S51年)6月
    • 顧客のニーズに合った味の迅速な開発体制及び多品種少量生産を確立強化するため本社社屋及び小樽工場を北海道小樽市新光4丁目12番1号に新築・移転。
  • 1977年(S52年)1月
    • 関西以南への拡販のため大阪出張所を大阪府大阪市天王寺区に開設。
  • 1988年(S63年)8月
    • 全国的な販売網の拡大に伴い、商号を和弘食品(株)に変更。
  • 1989年(H元年)2月
    • 販売業務拡張のため盛岡営業所を支店に昇格させ、併せて名称を東北支店に変更。
  • 1989年(H元年)7月
    • 販売業務拡張のため大阪営業所を大阪府大阪市中央区に移転。
  • 1989年(H元年)11月
    • 社団法人日本証券業協会に株式を登録。
  • 1998年(H10年)3月
    • 販売業務拡充のため盛岡市の東北支店を仙台市の仙台営業所に統合し名称を東北支店。
  • 1999年(H11年)6月
    • 本社社屋を北海道小樽市銭函の北海道第二工場の敷地内に新設し、同時に札幌支店を移転統合。
  • 2001年(H13年)11月
    • 本社住所を北海道小樽市新光4丁目12番1号から同市銭函3丁目504番地1へ移転。
  • 2004年(H16年)12月
    • 日本証券業協会の店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 2006年(H18年)4月
    • 販売網の整備拡張のため大阪営業所を大阪支店に昇格。
  • 2009年(H21年)8月
    • 販売業務拡張のため東京支店を東京都大田区大森北から神奈川県横浜市に移転。
  • 2010年(H22年)4月
    • ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に株式を上場。
  • 2010年(H22年)10月
    • 大阪証券取引所JASDAQ市場、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場。
  • 2012年(H24年)2月
    • WAKOU USA INC.設立
  • 2013年(H25年)7月
    • 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に株式を上場。
  • 2015年(H27年)8月
    • WAKOU USA INC.工場本格稼働

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.3年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.5日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修
・中途社員研修
・昇格者研修
・目的別研修など
自己啓発支援制度 制度あり
・社外留学制度
・資格取得奨励金制度
・リロクラブによるe-ラーニング受講など
メンター制度 制度あり
一般的なメンター制度ではなく、OJTも含めて当社ではメンター制度としています。

新入社員一人ひとりに同じ部署の先輩社員が教育担当として付き、公私問わずサポートいたします。「困ったことがあったらまずメンターに相談」という流れを作っています。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、帯広畜産大学、東京理科大学、山形大学、福岡大学、北見工業大学、慶應義塾大学、日本大学
<大学>
青山学院大学、秋田県立大学、岩手大学、小樽商科大学、帯広畜産大学、神奈川大学、関西学院大学、関東学院大学、北見工業大学、近畿大学、慶應義塾大学、神戸国際大学、札幌学院大学、信州大学、西南学院大学、天使大学、東京家政大学、東京農業大学、東京理科大学、中村学園大学、日本大学、日本福祉大学、広島工業大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、北海道情報大学、明治大学、山形大学、酪農学園大学、立命館大学、流通経済大学(千葉)
<短大・高専・専門学校>
大原簿記情報専門学校札幌校、大阪モード学園

採用実績(人数)     2020年 2021年 2022年(予)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大卒   2名   2名   2名
短大卒  0名   0名   0名  
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 1 2
    2020年 2 0 2
    2019年 0 2 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 2
    2020年 2
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

和弘食品(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
和弘食品(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ