最終更新日:2022/8/19

(株)メビウス

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理

基本情報

本社
東京都、新潟県
資本金
2億4,000万円
売上高
27億5,908万円 【2022年3月期】
従業員数
240名(男性 184名/女性 56名) 【2022年4月1日現在】
  • 会社概要

『ITで笑顔の輪を広げる』

会社紹介記事

PHOTO
企業向けソフトウエア開発を基盤として、AI・バイオ・DX等、新たな分野に挑戦!共感・共創のプロフェッショナルとして『なりたい未来』を叶える会社を目指します。

当社の魅力はここ!!

【首都圏-新潟の連携で、企業システムをトータルサポート!】
メビウスは創業以来、首都圏大手企業を中心にお客様のビジネスパートナーとして企業システムをワンストップで提供し、信頼関係を築いてきました。中でも10年来の資本提携関係にある三井情報とは、グループ戦略強化とさらなる成長を目指すべく資本強化を行うなど、安定した経営基盤を築いています。これまで培った豊富な開発ノウハウ・エンジニアリング力を活かし、基幹システム(商社)、製造業、金融業を中心に新たなソリューションや高付加価値サービスの提供を目指しています。新潟・東京・長岡の3拠点で連携した事業体制を構築し、新潟を中心にIT活用で地域課題解決に取り組むなど、地域活性化・イノベーション創出にも取り組んでいます。

【創業以来の知財を活かし、先端領域・DXビジネスにも挑戦!】
長年培った知財・エンジニアリング力を活かし、先端領域、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進にも挑戦しています。近年力を入れているAI分野では地場産業を中心に導入事例があり、機械学習を用いた錦鯉個体識別システム(特許第6650984号)をはじめ、応用技術による製造業へのAI導入にも取り組んでいます。さらに、近年は三井情報と共同でがん遺伝子の解析プログラムを開発するなど、バイオサイエンス領域にも挑戦しています。また、昨年設立したDX本部においては、長年培ってきた豊富なノウハウ、UXデザインやデータ分析知見を活かし、お客様の新たな企業価値を”共創”し、ITでビジネス変革を実現するDXビジネスにも取り組んでいます。

【共感・共創のプロフェッショナルとしてなりたい未来を叶える会社】
メビウスは“ITで笑顔の輪を広げる”という理念のもと、社員がプロフェッショナルとして共感・共創し、「なりたい未来」を実現していく会社を目指しています。近年、社員一人一人の「なりたい未来」を描くための複線型人事/評価制度やキャリアパスを再構築し、プロとしてのエンジニアリング力・専門性を磨く“そだつ仕組み”を整備しています。また、ライフワークバランス先進企業を目指し、テレワーク導入をはじめ、ライフステージに応じて、育児/介護休業や短時間/時差勤務等、多様な働き方を選択できるような制度を整えています。独立系ならではのオープンな社風を生かし、創業40周年に向けてさらなる成長を目指しています。

会社データ

事業内容
まもなく創業40周年を迎えるメビウスは、企業向けソフトウエア開発を基盤として、常に環境の変化に対応し、AI・IoT・バイオインフォマティクス・DXなど、新たな技術・分野に挑戦することで成長してきました。
今後さらにニーズが多様化する中で、IT技術、業務知識、提案、ビジネスデザイン、人材育成など各プロフェッショナルが力を合わせてお客様の思いと社員の思いを形にし、『なりたい未来』を叶えていく会社を目指します。
本社郵便番号 950-0917
本社所在地 新潟県新潟市中央区天神1丁目12番地3
本社電話番号 025-242-3123
第二本社郵便番号 160-0023
第二本社所在地 東京都新宿区西新宿6丁目24番1号
第二本社電話番号 03-5577-7790
設立 1983年10月1日
資本金 2億4,000万円
従業員数 240名(男性 184名/女性 56名)
【2022年4月1日現在】
売上高 27億5,908万円
【2022年3月期】
事業内容1 【システムインテグレーション】

■商社(基幹)向け
大手商社の基幹システムにおいて開発・保守・運用を長年トータルサポートしています。お客様のIT戦略を熟知したうえで基幹システムをサポートするため、専用回線を引いたITSM-C(IT Service Management Center)を新潟に設置しています。東京の常駐先でコンサルタントがシステムのライフサイクルに合わせた提案を行い、新潟センターと連携してお客様に合わせた柔軟なサービスを提供します。

■製造業向け
創業以来、製造業のお客様へのシステムインテグレーションサービスを提供してきました。Microsoft Dynamics365などのERPパッケージを活用しながら生産管理、在庫管理、販売管理など多くのシステムを提供しています。
また、製造業×AIとして不良品を自動で検出する『製品外観検査システム』や、工場設備の故障を予測する『設備故障予測システム』などの開発実績があります。

■金融業向け
金融業では大手銀行やリース業などのお客様へのシステムインテグレーションサービスを長年手がけています。大手銀行については主に市場系管理システムの導入と保守を行ない、運用を推進するため金融技術者の育成を図っています。
リース業のお客様には基幹システム・部門(自動販売機、不動産など)向けシステムや経理部向け管理会計システムの導入から保守運用までトータルサポートしています。


事業内容2 【デジタルトランスフォーメーション(DX)推進】
お客様の持つ商品・サービスに対して、メビウスが長年培ってきた豊富なノウハウや、UXデザイナー・データサイエンティストなどの多彩なエンジニア集団を総動員し、デジタル化により付加価値を加えるために技術と、ビジネスデザインをサポートするコンサルティングで、企業のDX化を支援・推進しています。

【先端技術分野の研究開発】
AI分野に精通した専門技術者と多数の業務システム設計のノウハウをもとに、企業価値・業績アップに最適なAIソリューションをご提案します。
主要領域としている製造業では不良品の自動検出や工場設備の故障予測といったAI導入事例があり、新潟県の地場産業である錦鯉をAIで個体識別するシステムも開発しました。
(【特許番号】特許第6650984号(P6650984)、【発明の名称】錦鯉の個体識別方法)
その他にも、データセンターの環境データ(気温、湿度、照度など)から異常値を検知するソリューション開発に協力するなど、IoTにも取り組んでいます。

【バイオサイエンス領域への進出】
資本関係にある三井情報株式会社(以下、MKI)とお互いの強みを生かして協創・協業を行うことで、より社会に貢献できる活動ができると考え、MKIが進める、医療研究機関様や製薬会社様への各種ソリューションにおいてメビウスは強みであるITシステム構築ノウハウで、開発、保守を支援しています。
例えば、がん遺伝子パネル検査の解析プログラムや計算創薬のシミュレーションを行なうプラットフォームの環境構築など、開発から保守までを支援しています。
代表者 代表取締役社長 加藤 幸久
平均年齢 36.6歳(男性 37.8歳/女性 32.8歳)
【2022年4月1日現在】
事業所 [新潟本社]
〒950-0917
新潟県新潟市中央区天神1丁目12番地3
TEL:025-242-3123

[東京本社]
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目24番1号
TEL:03-5577-7790

[長岡システム開発センター]
〒940-0071
新潟県長岡市表町1丁目10番地7
TEL:0258-36-7253
社名の由来 私たちの社名の由来はドイツの数学者メビウスから。

彼が発見した「メビウスの輪」に終わりがなく、表も裏もないように、
私たちの発展の意志にも終わりはありません。

新たな技術革新、付加価値の高いサービスの提供など、
無限の可能性に積極的にチャレンジしています。
株主構成 三井情報(株) 40%
(株)メビウスビル事業 25%
東京中小企業投資育成(株) 21%
グループ会社 (株)インプレッシヴ 【持分法適用関連会社】
主要取引先 三井情報(株)
三井物産(株)
MKIテクノロジーズ(株)
日本電気(株)
NECソリューションイノベータ(株)
BIPROGY(株)
(株)フジクラ
(株)フジクラ・ダイヤケーブル
藤倉商事(株)
(株)リード
(株)大昌電子
飛島建設(株)
日揮触媒化成(株)
千住金属工業(株)
第一タンカー(株)
東洋ガラス(株)
(株)サン・システム
(株)ソルクシーズ
テックスエンジソリューションズ(株)
(株)シグマクシス
大日養鯉場(株)
日本ケミコン(株)
(順不同)
システム開発実績 ■商社系
・与信管理システム
・物流システム
・約定管理システム
・経費管理システム
・輸出入業管理システム
・品種別売買システム

■製造系
・生産管理システム全般
・統合管理(ERP)システム
・販購買システム
・環境システム
・EDIクラウドシステム

■金融・流通系
・自動倉庫システム
・物流・情報システム
・市場管理システム
・部門(自動販売機・不動産・アセット等)向けシステム
・決済システム
・印鑑照合システム

■AI(機械学習)/データ解析分野
・養鯉業向け錦鯉の個体識別システム
・製造業向け製品外観検査システム
・製造業向け工場設備故障予測システム
・総合商社向けデータセンターの異常値検知PoC(概念実証実験) 

■バイオ分野
・がん遺伝子検査解析プログラム
・脂質分析ソフトウェア
・計算創薬シミュレーションプラットフォーム環境構築 他
YouTube公式チャンネル YouTubeメビウス公式チャンネル随時更新中です!
仕事や社内の様子などが分かる動画をアップしていますので、ぜひご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCgObkizwWMzuJTn1e72SKyQ/featured
コロナウイルスへの対応 当社では、新型コロナウィルス感染症対策として以下の対応を実施しています。

■社内消毒液完備
■イベントWeb開催
沿革
  • 1983年 10月
    • 資本金1,000万円にて製造業ユーザ向けシステムを中心に業務を開始
  • 1990年 10月
    • 資本金を5,000万円に増資
  • 1992年 05月
    • 東京中小企業投資育成(株)の投資3,000万円を受け、資本金を8,000万円に増資
  • 1993年 06月
    • 東京事業所を池袋に開設
  • 1998年 02月
    • 新潟事業所を開設
  • 2000年 03月
    • 東京事業所を水道橋へ移転と同時に東京支店に昇格
  • 2000年 04月
    • (株)メビウスビル事業を設立
  • 2000年 07月
    • 資本金を8,800万円に増資
  • 2002年 07月
    • 資本金を9,980万円に増資 
      新潟市に自社ビルを建設、新潟事業所を移転
  • 2003年 05月
    • 東京支店を神田錦町に拡張移転
  • 2006年 06月
    • 商号を(株)メビウスグループに変更と同時に会社分割により
      (株)メビウスを新規設立し、資本金を 8,000万円とする
  • 2007年 02月
    • 三井情報開発(株)との資本提携により、
      6,000万円の株式払込みを受け資本金を 12,000万円とする
  • 2008年 01月
    • 本社を新潟市に移転
  • 2008年 08月
    • プライバシーマークを取得
  • 2010年 04月
    • (株)メビウスグループに吸収合併されると同時に
      商号を(株)メビウスに変更
  • 2013年 10月
    • 新潟本社及び長岡システム開発センターにおいて、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2005 /JIS Q 27001:2006」の認証を取得
  • 2014年 12月
    • 新潟県男女共同参画推進企業(ハッピー・パートナー企業)に
      登録
  • 2014年 12月
    • 新潟労働局より「子育てサポート企業」として認定され、次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん」マークを取得
  • 2018年 10月
    • 東京本社オフィスにおいて、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001」の認証を取得
  • 2019年 06月
    • 東京本社オフィスを西新宿へ移転と同時に東京本社に昇格
  • 2020年 09月
    • 三井情報(株)との資本提携強化により、資本金を2億4,000万円に増資
  • 2021年 11月
    • (株)インプレッシヴと業務資本提携

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 10.1年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.2時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.5日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 6名 8名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 2名 4名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.6%
      (93名中8名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■入社前研修
 ・集合研修
 ・学習サポート(プログラミング未経験者向け)
 ・基本情報技術者 試験対策
 ・近況報告書(内定者SNS)

■新人研修
 ・ビジネスマナー研修
 ・技術研修(~3カ月)
 ・OJT(~9カ月)

■その他
 ・若手フォローアップ研修
 ・リーダー/マネージャー/幹部研修
 ・各種スキルアップセミナー
 ・専門部署による先端技術セミナー
 ・動画学習サイト利用

■CDP期間~キャリア支援について

 当社では、入社6年目(院卒は4年目)までを
 「キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)」期間と位置づけ、
 若手のうちにジョブローテーションや複数のプロジェクトを経験することで
 メビウス社員としてのマインド・知識・スキルを習得し、キャリアを見極める
 期間としています。

 日々の業務とは別に、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、
 コンセプチュアルスキルの講座を組み込んで実施していきます。
 特にコンセプチュアルスキルについては、学生時代には未経験の部分が
 多いかもしれません。各スキルそれぞれ単発の講座で終わるのではなく、
 繰り返し復習し・知識を定着させられるように2年次、3年次と毎年継続して
 講座を開いていくような形式です。

 CDP期間を経て、将来的に目指すキャリアは、
 大きく分けて以下の7つの領域があります。

 ●コンサル人材
 ●ITサービス人材
 ●システム開発・保守人材
 ●クラウド人材
 ●技術特化人材
 ●PMO人材
 ●情報管理人材

 この領域の中にさらに職種を設定していて、自分の得意とする分野での
 成長を目指していくことができます。漠然と目指していくのではなく、
 会社として、職種ごとに目指してほしい人物像を設定しています。
 当社では、社員の多様性を重視し、社員それぞれが自分なりのキャリアを描けるよう
 若手のうちから定期的なキャリア面談を実施する等、キャリアサポートの体制を
 整備しています。
自己啓発支援制度 制度あり
■資格取得一時金制度
 会社規定で定められた資格について一時金(20,000円~200,000円)を支給
 ※対象資格、金額は社内規定による
メンター制度 制度あり
新入社員に対し、 中堅先輩社員が指導員となるOJT制度を導入し、月に1回面談を実施しています。また、人事担当から若手社員に対して、定期的に近況を確認し、業務以外のことも相談できるようフォロー体制を整えています。
社内検定制度 制度なし
社内独自の検定制度はありませんが、入社後、基本情報技術者の資格合格必須としています。
内定~入社後4月までの合格が望ましいですが、それ以降でも問題ありません。

過去3年間の新卒採用者情報

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 6 7 13
    2020年 12 6 18
    2019年 10 1 11
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 13
    2020年 18
    2019年 11
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 0
  • 会社概要

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)メビウスと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)メビウスを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)メビウスの会社概要