最終更新日:2022/12/28

(株)富山銀行

  • 上場企業

業種

  • 銀行(地銀)

基本情報

本社
富山県
資本金
67億3,080万円
預金残高
5,090億円(2022年9月30日現在)
従業員
341名(2022年9月30日現在)

地域と共に歩む金融機関として、幅広いご相談にお応えする「地域商社」の機能を更に強化し、持続可能な地域社会とSDGsの実現を目指します!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2019年11月、本店ビルを高岡駅前に新築移転しました。「進化~未来に向かって~」をコンセプトに、行員の働き方改革や健康経営に配慮した働きやすい環境を整備しました。
PHOTO
本店コンサルティングプラザは、「高付加価値・オンリーワンの金融サービスの提供」をテーマにした新しいスタイルの店舗です。

地域社会と共に。「地域商社」として持続可能な地域社会とSDGsを実現します

PHOTO

地域の賑わい創出を目的として、季節ごとのイベントに合わせ、毎日ライトアップを実施しています。

【目指す銀行像】

「先進技術」「地域密着」「お客さま本位」「行員の働きがい」が融和した「革新的な銀行」を目指し、さらに進化します。

【富山銀行の特徴】

1.地域愛はどこにも負けません
 当行が目指す銀行像は、地域の皆さまのための銀行として、「地域の皆さまを愛し、皆さまの「夢」の実現を応援する銀行」です。1人でも多くのお客さまに喜んでいただける銀行を目指します。

2.地域経済・社会への貢献
 地元でお預かりした預金を、地元の企業や事業主さまに還元させていただくことで、地域経済・社会へ貢献しています。

3.お客さまのOnly1に
 当行は、すべてのお客さまに誠心誠意・親切の心をもって接し、他にはない特別なOnly1のサービスを提供します。

4.「働きやすさ」「やりがい」を実感できる職場づくり
 当行は、働き方改革の推進や健康経営に配慮した職場環境を整備し、行員1人1人が働きやすく、やりがいを実感できる職場づくりに取り組んでいます。また、役員および部店長の管理職が、部下のキャリアと人生を応援する「イクボス宣言」を行い、全ての行員が様々なステージで輝ける職場環境の構築を目指しています。

5.「地域商社」として質の高い金融サービスを提供
 地域への資金供給に留まることなく、幅広いご相談にお応えする「地域商社」として質の高い金融サービスを提供し、持続可能な地域社会とSDGsの実現に向けて取り組みます。

会社データ

事業内容
普通銀行業務
本社郵便番号 933-8606
本社所在地 富山県高岡市下関町3番1号
本社電話番号 0766-21-3535
設立 1954年
資本金 67億3,080万円
従業員 341名(2022年9月30日現在)
預金残高 5,090億円(2022年9月30日現在)
貸出金残高 3,810億円(2022年9月30日現在)
事業所 富山県内38店舗、金沢営業部
業績 決算期    預金残高   貸出残高
―――――――――――――――――――
2020年3月   4,545     3,326
2021年3月   4,868     3,639
2022年3月   4,963     3,739
              (単位:億円)
子会社等 富山リース(株)、富山保証サービス(株)
平均年齢 41歳
沿革
  • 1954年
    • 富山産業銀行創立(資本金1億円)
  • 1964年
    • 本店を現在地に移転
  • 1967年
    • 富山銀行に行名改称
  • 1979年
    • オンラインシステム導入
  • 1993年
    • 資本金を28億円に増資
      名古屋証券取引所市場第二部に上場
  • 2000年
    • 資本金を54億円に増資
  • 2004年
    • 新・第一次中期経営計画スタート
  • 2007年
    • 第二次中期経営計画スタート
  • 2009年
    • 第三次中期経営計画スタート
  • 2010年
    • 資本金を67億円に増資
  • 2012年
    • 第四次中期経営計画スタート
      新基幹システム稼働
      金沢信用金庫より3店舗譲り受け
  • 2014年
    • 創立60周年
      第五次中期経営計画スタート
      東京証券取引所市場第二部に上場
  • 2015年
    • 東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2017年
    • 金沢営業部コンサルティングプラザ開設
  • 2019年
    • 第六次中期経営計画スタート
      新本店ビル完成、現在地にて移転新築オープン
  • 2020年
    • 五代目頭取に中沖雄が就任

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.9年
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.8%
      (106名中4名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入行員研修:総合職3.5カ月集合研修、一般職1.5カ月集合研修
階層別研修:2年目フォローアップ員研修、3年目キャリア研修、中堅行員キャリアアップ研修、新任代理研修、新任主任事務研修、新任支店長研修等
業務別研修:CS研修、オペレーション研修、新商品研修、各種販売推進研修、融資研修等
自己啓発支援制度 制度あり
通信講座:必須講座(総合職20講座、一般職10講座) 全額銀行負担
販売資格試験:証券外務員、生命保険募集人、損害保険募集人 全額銀行負担
各種銀行業務試験:難易度に応じ奨励金支給制度あり
公的資格:難易度に応じ奨励金支給制度あり

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 9 15 24
    2021年 8 5 13
    2020年 3 11 14

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、茨城大学、桜美林大学、金沢大学、金沢星稜大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、学習院大学、京都産業大学、京都女子大学、京都府立大学、近畿大学、慶應義塾大学、神戸女子大学、駒澤大学、埼玉大学、滋賀大学、静岡大学、信州大学、仁愛大学、成蹊大学、専修大学、高岡法科大学、高崎経済大学、大東文化大学、千葉大学、中央大学、中京大学、筑波大学、都留文科大学、東京大学、東洋大学、富山大学、富山国際大学、同志社大学、同志社女子大学、奈良女子大学、新潟大学、新潟県立大学、日本大学、日本体育大学、一橋大学、兵庫県立大学、フェリス女学院大学、福島大学、文教大学、法政大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、名城大学、山形大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
富山短期大学、日本ビジネス公務員専門学校

前年度の採用実績(人数)          2020年 2021年 2022年(予)
--------------------------------------------------------
大   卒    13名   13名   22名

短大・高専
専   門    1名     -    1名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)富山銀行と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)富山銀行を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)富山銀行の会社概要