最終更新日:2023/1/26

(株)マックスガイ

業種

  • 専門店(その他小売)
  • 商社(アパレル・ファッション関連)
  • 専門店(アパレル・ファッション関連)
  • 専門店(メガネ・貴金属・ジュエリー)
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
5,000万円
売上高
75億円(2022年5月末現在)
従業員
323名(2022年5月末現在) ※グループ全体

2021年、東京・大阪・名古屋・福岡に新拠点立ち上げ。不況に強い超成長産業★リユース業界★楽しくなければ仕事じゃない!をモットーに全国で出張買取事業を展開中!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「自ら進んで楽しく学ぶ」というマックスガイが掲げる企業文化を会社の原動力である社員のシルエットと、社名頭文字の「M」で表現しました。
PHOTO
2021年、東京、大阪、名古屋、福岡に新拠点を開設。「THE GOLD」の店舗は、全店直営77店舗。東京は「THE GOLD 銀座店」があります。

『学ぶことを誇りとし、学ばないことを恥とする』

PHOTO

「共に学び、共に育つ」経営者は社員をパートナーとして考え、お互いを高め合うことが大切であると語る矢内社長。

「この会社に入社して良かった」「矢内芳則に出会えて、幸せだ」。私は、社員にこう思ってもらう事が、自分に与えられた使命だと自覚しています。縁があって当社へ入社してくれた社員には、“働きがい”だけではなく“生きがい”を感じてもらいたいという想いを込めてこの使命に至りました。

社員だけでなく、多くの人に生きがいを感じてもらうためには、共に学び、成長し続ける事が重要です。そこで、当社の企業文化を体現するために導入したのが、私から社員への「ビデオレター」。2009年から現在まで、毎月数回、全店舗へ向けたビデオレターを配信しています。このビデオレターは、経営方針や今後のビジョンなど、毎回テーマに沿った内容を伝えるものです。これを通して、社員は会社の考え方を再認識し、私自身も得るものがあります。

また、社員にはよく、古代中国の思想家である老子の「飢えている人に魚を与えれば一日は食べられるが、釣り方を教えれば一生食べていける」という格言を伝えています。当社ではこの考え方を、教育制度にも取り入れています。多くの教育制度を通して学び、実践を繰り返すことで、一人でも生きていける力を体得して欲しいと願っているのです。人はインプットするだけでは育ちません。アウトプットをすることで、周囲に影響を与え自身の成長にもつながります。まさに「共に学び、共に育つ」を具現化できている取り組みだと自負しています。

自ら進んで楽しく学ぶ企業文化こそ、マックスガイを成長させる最大の原動力です。一緒に楽しく学び、共に育っていきましょう。
(代表取締役社長 矢内 芳則)

会社データ

事業内容
■3Rの取り組み
企業の技術革新に伴い、経済環境も日々変化しています。私たちをとりまく生活環境も様々なサービスが生まれ、便利になっています。当社の事業は、家電販売業からスタートし、ビデオレンタルやインターネットカフェ事業などを経て、現在はリユース事業、及びオークション事業をメインに展開しています。これからも私たちの経営理念である「人と環境が融合してできるビジネス」をさらに飛躍させ、新たな事業を推進してまいります。

【リユース事業】
リユースと社会貢献の事業化として「THE GOLD」はスタートしました。地球の環境問題に端を発し、当社は希少金属の中でも、日常生活で身近にある金、プラチナ、ダイヤモンドをリユースする買取専門店を展開し、ブランド品・時計・着物・骨董品等の買い取り、一部の店舗での販売を行っております。このようなリユース活動を通じて、さらなる地球環境の負荷低減を目指しています。

【オークション事業】
当社が運営する「東京エムジーオークション」は、オークションの可能性を追求して、新たな価値を創造するため、変革に挑戦するオークション事業です。全国展開している買取専門店「THE GOLD」で買い取りした商品のほか、日本全国から鮮度の高い商品を集めています。価格帯のラインナップが豊富で欲しい商品がみつけやすく、初心者でも参加しやすいオークションを目指しています。

ホテル、旅行、化粧品、アパレルなどのサービス業を志望されている方にもぜひ弊社知っていただければと思っております。

PHOTO

本社郵便番号 103-0027
本社所在地 東京都中央区日本橋三丁目3番9号 メルクロスビル 5階
本社電話番号 0362621243
創業 1962年6月
設立 1968年7月
資本金 5,000万円
従業員 323名(2022年5月末現在)
※グループ全体
売上高 75億円(2022年5月末現在)
事業所 ■日本橋サポートオフィス(本社)
〒103-0027 東京都中央区日本橋三丁目3番9号 メルクロスビル5階

■THE GOLDの出張買取拠点
大森オフィス(東京都品川区)
名古屋オフィス(愛知県名古屋市)
大阪オフィス(大阪府東大阪市)
福岡オフィス(福岡県福岡市)

■THE GOLDの店舗
【北海道エリア】
札幌狸小路3丁目店、発寒店、新川店、白石本通店、平岡店、江別店、苫小牧店、函館店、旭川末広店、北見店、釧路店、帯広店

【東北エリア】
八戸湊高台店、盛岡北店、北上インター店、古川店、石巻店、泉インター店、利府店、南吉成店、東仙台店、仙台中田店、柴田店、福島店、会津若松店、郡山新さくら通り店、郡山横塚店、須賀川インター店、新白河店、いわき平店、いわき小名浜店

【信越エリア】
新発田店、上木戸店、新潟中央店、新潟西店、亀田店、燕三条店、三条店、長岡店、柏崎店、上越店、長池店、稲里中央店、上田店、佐久平店、穂高店、南松本店、松本村井店、東岡谷店、諏訪店、伊那店、飯田上郷店

【北陸エリア】
富山東店、高岡店、砺波中神店、金沢南店、金沢玉鉾店、御経塚店

【関東エリア】
銀座店

【東海エリア】
136号三島店、富士店、浜松若林店

【中国エリア】
東岡山店、岡山中央店、倉敷店、福山神辺店、福山東店、東広島店、曙店

【四国エリア】
徳島田宮店、屋島店、高松レインボー通り店、丸亀店、四国中央店、新居浜北新町店、西条店、今治鳥生店
売上高 75億円(2022年5月)
56億円(2021年5月)
58億円(2020年5月)
主要取引銀行 みずほ銀行 上野支店
三井住友銀行 上野支店
三菱東京UFJ銀行 上野支店
東邦銀行 新宿支店
商工組合中央金庫 上野支店
日本政策金融公庫 福島支店
北陸銀行 東京支店
横浜銀行 東京支店
平均年齢 41歳(2022年5月時点)
沿革
  • 1962年
    • 福島県いわき市好間町で家電販売店「矢内電器商会」として創業
  • 1966年
    • 福島県いわき市平に家電販売店を出店
  • 1968年
    • 法人化、「矢内電機(株)」設立
  • 1985年
    • ビデオレンタルを始める
  • 1993年
    • ゲームソフト及びハード販売・買取を始める
  • 1998年
    • 矢内芳則 代表取締役に就任
  • 1999年
    • 福島県郡山市でインターネットカフェを始める
  • 2000年
    • Net事業に進出
  • 2001年
    • 社名を「矢内電気(株)」から 「(株) マックスガイ」に変更
      マックスガイグループ会社「(有) ファンホールディング」を設立
  • 2006年
    • ゲームソフト及びハード販売・買取で東京都千代田区秋葉原に出店
  • 2007年
    • 福島県福島市に貴金属などの買取専門店「THE GOLD」福島店(1号店)オープン
  • 2008年
    • 「THE GOLD」を宮城県、新潟県、岩手県、青森県、北海道、長野県に出店
  • 2009年
    • 時計の買取・販売を強化
  • 2010年
    • 「THE GOLD」を富山県、石川県に出店
  • 2011年
    • 本社(サポートオフィス)を東京都台東区に移転
  • 2012年
    • 「THE GOLD」を香川県、広島県、愛媛県に出店
  • 2013年
    • 「(有) ファンホールディング」を「(株) マックスガイホールディングス」へ組織変更
  • 2015年
    • 本社(サポートオフィス)を東京都中央区日本橋に移転
      企業ロゴを変更
      「THE GOLD」を静岡県に出店
      「東京エムジーオークション」事業開始
  • 2016年
    • 「THE GOLD」を東京都中央区銀座に出店
      「MaXGUY TOKYO(マックスガイ・トーキョー)」をタイ/バンコクに出店
      「IJT -国際宝飾展」に出展
  • 2017年
    • 本社(サポートオフィス)を東京都中央区日本橋メルクロスビルに移転
      着物、骨董、刀剣の出張買取を開始
  • 2019年
    • 「THE GOLD」札幌狸小路3丁目店をリニューアルオープン
  • 2021年
    • 東京都品川区に大森オフィスを開設
      愛知県名古屋市に名古屋オフィスを開設
      大阪府東大阪市に大阪オフィスを開設
      福岡県福岡市に福岡オフィスを開設
  • 2022年
    • 株式会社マックスガイ創業60周年として、『矢内芳則語録集』と『オリジナル風呂敷』を制作

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 4.5年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 0名 5名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 0名 5名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
●表彰・報奨金制度
マックスガイには仕事の成果を評価し、還元する仕組みがあります。 買取りなどの営業成果はもちろん、きめ細やかな接客やリピーターづくりも評価します。様々な観点から社員の頑張りを認められる制度がありますので、頑張る事に対して、高いモチベーションを維持することができます。

■eラーニング
2012年より、熟練者の知識と経験を体系化した“eラーニング”を導入しました。 社員専用のウェブサイトにアクセスすることで、 一般的なビジネスマナーや「ザ・ゴールド」独自の接客業務から ブランド品の査定スキル、古物法などの専門知識など、 “基本”から“専門”までの幅広い知識を身に付けることができます。

■虎の穴研修・正社員研修
「ザ・ゴールド」独自の接客応対力や商品知識などが身に付く社内研修です。 研修ではブランド・宝石・着物・骨董など本物の商品をじっくり見て学べるため、短期間でプロの査定士としての知識を身に付けることができます。
自己啓発支援制度 制度あり
スキルアップしたい人のために、豊富なカリキュラムの中から研修を選んで受講できます。学びたい気持ちに応え、一人ひとりの成長をサポートします。
メンター制度 制度あり
教育担当者 2名
相談役 4名
計7名でバックアップします。
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
・各種商品知識検定
・バイヤー検定試験
・出張査定士検定試験
・リユース営業士試験
など多数ございます。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 16 14 30
    2021年 0 0 0
    2020年 5 0 5
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 30
    2021年 0
    2020年 5
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
横浜国立大学
<大学>
愛知県立芸術大学、愛知みずほ大学、秋田大学、育英大学、石巻専修大学、いわき明星大学、岩手大学、桜美林大学、大阪芸術大学、岡山商科大学、香川大学、神奈川大学、金沢工業大学、川村学園女子大学、関西大学、環太平洋大学、神田外語大学、関東学院大学、関東学園大学、学習院大学、九州国際大学、九州産業大学、京都産業大学、近畿大学、恵泉女学園大学、神戸学院大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、札幌大学、札幌学院大学、四国学院大学、淑徳大学、昭和女子大学、城西大学、城西国際大学、上智大学、女子美術大学、聖学院大学、成城大学、清泉女子大学、専修大学、創価大学、高千穂大学、拓殖大学、多摩大学、玉川大学、大東文化大学、千葉経済大学、中央大学、中央学院大学、都留文科大学、帝京大学、帝京平成大学、帝塚山学院大学、東海大学、東京音楽大学、東京家政学院大学、東京経済大学、東京工科大学、東京国際大学、東京電機大学、東京福祉大学、東京理科大学、東北学院大学、東北生活文化大学、東北福祉大学、東洋大学、東洋学園大学、徳島文理大学、獨協大学、長野大学、名古屋大学、南山大学、新潟国際情報大学、新潟青陵大学、日本大学、日本女子大学、日本女子体育大学、日本体育大学、白鴎大学、函館大学、東日本国際大学、広島修道大学、福岡大学、福岡女学院看護大学、富士大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、北陸学院大学、北海道教育大学、北海道文教大学、前橋工科大学、松本大学、松山大学、宮城学院女子大学、武庫川女子大学、明治大学、明星大学、目白大学、盛岡大学、安田女子大学、山口大学、山梨県立大学、横浜市立大学、立正大学、龍谷大学、早稲田大学、和洋女子大学
<短大・高専・専門学校>
東京スポーツ・レクリエーション専門学校

前年度の採用実績(人数) 2015年卒:院了 0名 大卒 6名  短大 0名  専門 0名
2016年卒:院了 0名 大卒 5名  短大 0名  専門 0名
2017年卒:院了 1名 大卒 2名  短大 0名  専門 0名
2018年卒:院了 0名 大卒 1名  短大 1名  専門 0名
2019年卒:院了 0名 大卒 0名  短大 0名  専門 1名
2020年卒:院了 0名 大卒 5名  短大 0名  専門 0名
2021年卒:院了 0名 大卒 0名  短大 0名  専門 0名
2022年卒:院了 0名 大卒 30名  短大 0名  専門 0名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)マックスガイを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)マックスガイの会社概要