最終更新日:2022/12/2

山本電気(株)

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 家電・AV機器
  • 半導体・電子・電気機器

基本情報

本社
福島県
資本金
9,000万円
売上高
46億円(2022年3月期)
従業員
141名(2022年3月)

先進のモータテクノロジーで、世界をあっと言わせたい! 当社は創業90年に向かうモータと家電製品のメーカーです。【福島/東京勤務】【自動車関連/海外取引にも注力】

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
モータ・エンジニアリングのプロ集団。そのフレキシブルな開発力と高精度な製造力、安定した生産力は国内外の各種メーカーから高く評価されている。
PHOTO
同社が開発・生産する自動車用モータと調理家電製品。特に家電製品には専業メーカーならではのノウハウ(小型化、ハイパワー化、静音性等)が上手に取り入れられている。

モータの開発・生産で世界の産業と生活にイノベーションを!

PHOTO

今回取材した平和也さん(2017年入社)。『ちょうどいい規模感と家族的な雰囲気が自分に合ってます。休暇も取りやすく自分の時間を大切にできるところもいいですね』

私たち山本電気(株)は各種モータを開発・生産する専業老舗メーカーです。古くは1950年に生産を開始したミシンモータに始まり、自動車用のクーリングファンモータ、ブロワモータ、掃除機用モータ、OA機器用モータ、ゲーム機器用モータ等々、駆動系から制御系まで国内外の多様なメーカーの要求に応えています。また1982年には家庭用精米機を自社製品として独自開発し、その後もフードプロセッサーやブレンダー、いろいろな食材を粉砕して煮る万能調理機をリリースするなど、高性能なモータを日頃の健康と美味しさに役立てる調理家電製品の開発・生産も行ってきました。

 こうした製品を設計開発するのが私のいる技術部です。モータ部門と家電部門に分かれており、私はモータ部門に所属し、新規モータの開発業務を行っております。当社では高精度なパーツ群を金型から自社製作しており、さらにコンピュータ上の試作品で製品の動作や性能をテストするCAEシミュレーションを導入するなど、「レガシーなノウハウ」と「モダンなチャレンジ」の両面をもって高度化するニーズに応えています。ただし、お客様から最終的なオーケーサインをいただくには、やはり実機での動作確認が欠かせません。必要十分なトルクは出るのか、小型化・軽量化は達成されているのか、作動時の静粛性はどうか…等々、試作品での実証を必ず行います。電磁場という目に見えない世界を制御するにはとにかく「緻密さ」を積み上げていかなければならず、そのためハイレベルな要求をクリアするために幾度も試作を重ねることも少なくありません。それでも、トライアルの結果に喜んでもらえると本当に嬉しいですし、量産されたモーターが実際の市販車に搭載されたときにはとても大きな手応えが感じられます。

 今後については、まずはモータ全般について十分な知識・技術を身につけるために技術部でさらに経験を重ねていきたいと考えています。先輩たちのキャリアステップはそれぞれ多様(技術部で設計に特化する先輩もいれば、技術部での経験を品質保証などの他部門で活かしている先輩も)なので、私も自分らしい独自のキャリアを形成できるよう頑張っていきたいです。

会社データ

事業内容
小型各種モータの開発・製造・販売
 ●当社の主要製品となる自動車用のモータや、掃除機用のモータなどを扱っております。

電動調理機器等の家電製品の開発・製造・販売
 ●家庭用精米機やフードプロセッサーなどモータを活用した製品のほか、様々な家電製品を扱っております。

PHOTO

本社郵便番号 962-0818
本社所在地 福島県須賀川市和田道116
本社電話番号 0248-73-3181
創業 1934年
資本金 9,000万円
従業員 141名(2022年3月)
売上高 46億円(2022年3月期)
事業所 本社:福島県須賀川市和田道116
小塩江工場:福島県須賀川市塩田字中丸木116
東京支店:東京都千代田区外神田5-1-15 KSKビル8F 
主な取引先 ●(株)ヴァレオジャパン ●エクスプライス(株) ●タイガー魔法瓶(株) ●(株)デンソー
●(株)ニトリ ●ハイリマレリジャパン(株) ●マーレベーアジャパン(株)
●三菱重工サーマルシステムズ(株) ●DAIHAN CALSONIC CORP
●Subros Auto Airconditioning Systems
関連会社 台湾山本電気工業有限公司
上海山本電気有限公司
GLOBALYDK ELECTRIC PRIVATE LIMITED(インド)
平均年齢 45.16歳(2022年3月)
沿革
  • 1934年
    • 東京都港区に山本プレス工業所発足
  • 1945年
    • 福島県須賀川市に移転
  • 1952年
    • 山本電気工業(株)に改称
  • 1969年
    • 福島県須賀川市にファミリー電器製作所を設立
  • 1972年
    • 福島県須賀川市に小塩江工場を新設
      福島県須賀川市に山本電工(株)を設立
  • 1979年
    • 台湾山本電気工業有限公司を設立
  • 1985年
    • 山本電気(株)に改称
  • 1994年
    • 中国上海市に上海山本電気有限公司を設立
  • 1999年
    • 山本電気(株)と山本電気商事(株)が合併し山本電気(株)となる
  • 2004年
    • 掃除機用モータ自動ライン1号機稼働
  • 2005年
    • 掃除機用モータ自動ライン2号機稼働
      自動車用モータ自動ライン1号機稼働
  • 2007年
    • 香港にYDK HONG KONG LIMITEDを設立
      MICHIBA KITCHEN PRODUCT 精米機MBシリーズを発売
  • 2010年
    • 自動車用モータ自動ライン2号機稼働(上海)
  • 2014年
    • 家電にてYAMAMOTOブランドを立ち上げ
      精米機YE-RC41(美鮮)を発売
  • 2015年
    • 自動車用モータ自動ライン3号機稼働(上海)
      自動車用モータ自動ライン4号機稼働
  • 2016年
    • 万能調理器YE-CM61(旬彩)を発売
  • 2017年
    • 精米機YE-RC17A(Shin美鮮)を発売
  • 2018年
    • インドにGLOBALYDK ELECTRIC PRIVATE LIMITEDを設立
      自動車用モータ自動ライン5号機稼働
      万能調理器YE-CM17B(旬彩Pro)を発売
  • 2019年
    • 創立85周年を迎える
  • 2020年
    • 自動車用モータ自動ライン6号機稼働(インド)

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.9日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
<OJT研修>
入社後に配属された部署にて必要な知識や技術などを、業務を通じながら上司や先輩社員が指導致します。
自己啓発支援制度 制度あり
<キャリア開発支援>
各々の能力やスキルを伸ばすための資格取得や講習会・セミナーへの参加などを会社で支援しています。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 5
    2021年 2
    2020年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 1
    2021年 1
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
日本大学、福島大学、山形大学
<大学>
会津大学、青山学院大学、秋田大学、亜細亜大学、いわき明星大学、岩手大学、宇都宮大学、公立諏訪東京理科大学、郡山女子大学、國學院大學、静岡県立大学、成蹊大学、拓殖大学、帝京大学、東海大学、東京国際大学、東京都市大学、東京農業大学、東北大学、東北工業大学、同志社大学、日本大学、弘前大学、福島大学、山形大学、立正大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
福島県立テクノアカデミー郡山職業能力開発校

前年度の採用実績(人数) 2019年4月 2020年4月 2021年4月
----------------------------------------
  ー     1名     2名

取材情報

車や家電に使われる多彩なモータを製造。搭載製品を通じて世の中の暮らしを支える。
精米機、フードプロセッサー、掃除機など自社製品も展開。
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

山本電気(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
山本電気(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 山本電気(株)の会社概要