最終更新日:2023/1/23

水戸ソフトエンジニアリング(株)

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理

基本情報

本社
茨城県
資本金
3,000万円
売上高
13億4,200万円(2021年3月)
従業員
220名(男子150名、女子70名)

グローバル企業を目指し、「車載システム開発」や「ファクトリオートメーションシステム開発」を中心に事業を展開しています。

会社紹介記事

PHOTO
車載コンピュータではエンジン制御、電動ブレーキや自動ブレーキなど、組込みソフトを開発しています。近年はより安全・環境に配慮した高度な技術が求められています。
PHOTO
情報制御では食品・化学工場の製造制御システムなどの産業系システム開発から、顧客ニーズにあわせてカスタマイズする業務系システムまで、幅広い開発を行います。

若手社員からみた「水戸ソフト」の仕事や人間関係、社風、教育とは

PHOTO

良好な人間関係の中で実践的な教育を受けた若手技術者が、多様な開発領域で活躍中!

■多様な開発分野。自社開発、提案型のシステム開発も可能。
 車載コンピュータ開発では35年以上の実績を持つ会社ですが、その他にも多様な産業系システム開発を手掛けています。
 大手企業のお客様のご要望を直接ヒアリングして開発するだけでなく、弊社からより良いシステムをプレゼン~ご提案する事もあります。

■人間関係の良い職場だから、良い開発が出来る。
 年が離れていても上下関係なく温厚な方ばかりで、アットホームな雰囲気です。チームワークを大事にしている社風なので、関係がぎくしゃくしたりすることはありませんし、そういう環境なので良い開発ができるのだと思います。
 最近はコロナの影響で実施する機会がありませんが、バーベキューや花見といったイベントを定期的に実施し、仕事以外でもコミュニケーションを図っています。

■長い歴史の中で磨かれた教育手法と、技術伝承の仕組み
 大学ではでプログラミングの経験は浅かったのですが、入社後の研修では自社の先輩社員が講師となり、実践的な内容までじっくりと教えてもらえるので、非常に助かりました。
 最初の研修は3カ月程度行われますが、理解が遅れている人を放っておかず、全体のペースを緩めたりしながら進めます。そうした積み重ねが、チームワークの良さに繋がっていると感じています。

会社データ

事業内容
  • 受託開発

PHOTO

本社がある茨城県ひたちなか市は、日立製作所の工場群や関連企業が集積しています。本社はそれらの工場群から近く、常磐線佐和駅からも徒歩10分の立地です。

 車載システム分野は、自動運転に向けて成長分野です。

 車載システムの仕事は、
・「自動ブレーキシステム(ステレオカメラ)」
・「ハイブリッド車/電気自動車用 ブレーキ制御システム」
・「ハイブリッド車/電気自動車用 モータ制御システム」
・「ハイブリッド車/電気自動車用 モータ用電池システム」
・「低燃費エンジン制御システム」
などのシステム設計やソフトウェア設計、テスト検証を中心に行っています。

 また、「工場における製造制御」、「生産管理システム」など、産業・電力・基幹システム等の開発をしています。
 
本社郵便番号 312-0062
本社所在地 茨城県ひたちなか市高場4丁目18番地30
本社電話番号 029-354-3101
求人専用フリーダイヤル 0120-314-269
設立 1980(昭和55)年
資本金 3,000万円
従業員 220名(男子150名、女子70名)
売上高 13億4,200万円(2021年3月)
売上高推移 14億4,300万円(2020年度)
14億9,100万円(2019年度)
14億9,700万円(2018年度)


事業所 本社:茨城県ひたちなか市
主な取引先 ・(株)日立製作所
・(株)日立パワーソリューションズ
・日立Astemo(株)
・(株)日立産業制御ソリューションズ
・三菱パワー(株)
開発分野 -車載システム開発-
・自動ブレーキシステム(ステレオカメラ)開発
・ハイブリッド車/電気自動車用 ブレーキ制御システム
・ハイブリッド車/電気自動車用 モータ制御システム
・ハイブリッド車/電気自動車用 モータ用電池システム
・低燃費エンジン制御システム
・MATLABを用いたシミュレーションモデル開発やオートコードモデル開発
 (C言語プログラムの自動生成)
・車載コンピュータの高速自動試験装置の開発


-産業系システム開発-
・ビール工場醸造プロセス制御
・生産管理システム
・物流工程管理システム
          他
開発例 【自動ブレーキシステム(ステレオカメラ)】
 自動ブレーキは障害物や人物をステレオカメラで確認し、衝突を回避するためのシステムです。そのシステム設計やソフトウェア設計、システム検証を行っています。

【ハイブリッド車/電気自動車用 ブレーキ制御システム】
 ブレーキをかける際、発電システムと連動してブレーキ制御するシステムです。その制御設計やソフトウェア設計、システム検証を行っています。

【ハイブリッド車/電気自動車用 バッテリー・インバータ制御システム】
 バッテリーの充放電、インバータによる電力変換を管理するシステムの設計やソフトウェアの設計を行っています。

【ハイブリッド車/電気自動車用 モータ用電池システム】
 充放電を管理するシステムで、そのシステム設計や制御設計、ソフトウェア設計を行っています。

【ビール工場の醸造プロセス制御システム】
 人が直接操作していたタンク・バルブ・ポンプなどの設備をソフトで遠隔制御することにより、安全で迅速な対応ができます。

【納入設備部品・保守管理システム】
 設備の点検日程や部品の手配などトータル的な管理を行うシステムで、円滑に業務を遂行するためのサポートシステムです。
加盟団体 【JasPar準会員】
 JasPar(Japan Automotive Software Platform Architecture)は、自動車の電子制御ユニットであるECU(Electric Control Unit) の基本ソフトウェア規格、車内LAN規格などの標準化を目指す団体です。 国内自動車メーカー、カーエレクトロニクス関連メーカー等が加入しています。
沿革
  • 1980年
    • 茨城県水戸市に各種電気機器産業機器等の設計業務を主要業務として発足
  • 1983年
    • 水戸ソフトエンジニアリング(株) に社名変更
  • 1991年
    • 業容拡大に伴い、日立市に事業所を設置
  • 1992年
    • 業容拡大に伴い、ひたちなか市に事業所を設置
  • 1997年
    • 営業基盤の中心となる日立市へ本社を水戸市より移転
  • 2005年
    • ひたちなか市に社屋を建設。本社(日立市)と事業所(ひたちなか市)を統合
  • 2006年
    • JASPAR(Japan Automotive Software Platform Architecture)に準会員として入会

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 25時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■ビジネス基礎研修
・パソコン操作(基礎から応用まで)
・コミュニケーション(ビジネスマナー、ビジネス文書)
 
■情報処理基礎教育
・ソフトウェア(C言語基礎)
・コンピュータ知識(コンピュータのしくみ等)
   
■技術者教育
○車載系システム技術者教育
・マイコン基礎・実習
・MATLAB基礎
・C言語
○産業系システム技術者教育
・データベース
・Visual Basic
・Web技術

※この他、勉強会の実施、外部部講習会へ参加しています。

【特徴】
・外部講師ではなく、自社の先輩技術者が講師となって丁寧に指導します。
・実務に基づいた研修を行っています。
・理解が進まない社員を置いていかず、ペースを調整しながら進めていきます。

その後は各配属先にて、先輩の指導のもと、実務に携わりながら経験を積んでいきます。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
筑波大学、茨城大学、群馬大学
<大学>
茨城大学、筑波大学、群馬大学、新潟大学、芝浦工業大学、専修大学、日本大学、千葉工業大学、帝京大学、神奈川大学

採用実績(人数) <大卒採用実績>

2017年…1名
2018年…4名
2019年…2名
2020年…2名
2021年…2名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

水戸ソフトエンジニアリング(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ