最終更新日:2023/7/6

大分信用金庫

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
大分県
PHOTO
  • 10年目以内
  • 経済学部

地域に寄り添い、地域社会の繁栄に貢献します!

  • 黒田 雄太
  • 2013年入庫
  • 30歳
  • 北九州市立大学
  • 経済学部 経済学科 卒業
  • 西新町支店

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • 地域社会・地域密着型の仕事
  • チームワークを活かす仕事
現在の仕事
  • 部署名西新町支店

現在の仕事内容

当庫のお客様は、地域の事業所や個人の皆様であり、私は現在、得意先係として、日によって異なりますが1日に20軒程、お客様を訪問し、預金業務や融資業務、為替業務を中心に行っています。事業所等、訪問活動を行うことにより事業に専念できる環境を作っています。
また得意先係として注力している融資業務について、事業所であれば、企業の更なる発展や問題解決のためのご融資、個人のお客様であれば、住宅購入資金や車購入資金をご融資することで、地域の事業所や個人のお客様の夢の実現に向け金融サービスを通じてお手伝いをしています。


今の仕事のやりがい

日々の訪問活動の際、お客様とのコミュニケーションを図り、信頼関係を築くことを心掛けています。企業の代表者や個人のお客様との何気ない会話や悩みから資金ニーズを捉え、より良いご提案を行い、成約に結びつくことで、お客様から喜んでいただき、「黒田さんに任せて(相談して)良かった」と感謝の言葉をいただいた時、やりがいを感じます。
現在、様々な業界でIT化は進んでいますが、大分信用金庫は「Face to Face」を大事にし地域との密着度が高い金融機関です。時には地域の行事に参加し、地域の色々な方と関わることができ、また日々の業務において多くの経営者の方と会話ができるため自身の価値観を広げることにも繋がっていると実感できており、やりがいを感じています。


この会社に決めた理由

私は大分市で高校時代まで育ち、県外の大学に進学しましたが、県外で生活を送る中でやはり大分が良い(魅力的)と思い、「大分で生活ができる」、「大分で仕事をする」、「大分に貢献できる」を軸とし就職活動を行ってきました。その中で、生活する上で一番身近で、大切なお金(金融サービス)を通じて地元の活性化に貢献できればと思うようになり、大分市内を中心に基盤を置き、大分市に本店がある大分信用金庫に入庫を決めました。


当面の目標

現在の目標は、より地に足のついた確実なご案内ができるように厚みや幅のある知識が必要だと感じており、その知識を習得することです。そして一人でも多くのお客様に「ベスト」をご提案し、地域のお客様の満足度を向上させ、頼られることで、地域のお客様から欠かせない職員となることです。2022年は当庫100周年の年であり、これからも地域密着金融機関として地域社会の期待に応えていきます。


トップへ

  1. トップ
  2. 大分信用金庫の先輩情報