最終更新日:2023/2/1

(株)セブン銀行

  • 上場企業

業種

  • 銀行(ネットバンク・その他)
  • インターネット関連
  • 情報処理

基本情報

本社
東京都
資本金
307億2,400万円(2022年12月末現在)
経常収益・利益
経常収益 1,102億9,800万円 経常利益 284億1,200万円 (2022年3月期実績)※単体
従業員
533名(2022年12月末現在)

お客さまの「あったらいいな」を超えて、日常の未来を生みだし続ける。

会社紹介記事

PHOTO
若手社員がいきいきと活躍する職場です。セブン銀行では「オーナーシップ、共感力、向上心、洞察力、創造力」が求められます。
PHOTO
活発な意見交換と情報共有によって、創造的な仕事ができます。

新たな成長へ、新しいセブン銀行づくりへのチャレンジ

PHOTO

ATMネットワークを中心とした、『人々の生活に溶け込んだ社会インフラ』を提供しています。

お客さまの「あったらいいな」を超えて、日常の未来を生みだし続ける。

未来の芽は、いつもお客さまの想いの中に生まれる。

「セブン-イレブンにATMがあったら」
そんなお客さまの想いが私たちを生んだ。
はじめに、お客さまの想い。
それが私たちの原点。

時代とともに
お客さまの想いが変化し、多様化しても、
私たちの姿勢は「変わらない」。
そして、そのために私たちは「変わり続ける」。

「近くて便利」、「信頼と安心」を実現する
ユニークな銀行として、
人と社会を支え続ける新たな取組みへ。
その上で、一人ひとりの暮らしに寄り添い、
金融サービスの枠を超え、
独創的な新しい価値づくりの挑戦へ。

誰よりもお客さまのいちばん近くで
想いを、望みを共にすること。
テクノロジーと人の力で、常識を跳び超え、
その実現に挑むこと。
そして、あらゆる人にもっと便利な、
日常の未来を生みだし続けること。

私たちセブン銀行は、そのために存在します。

会社データ

事業内容
【ATMプラットフォームビジネス】
お客さまに、より便利に安心してATMをご利用いただくことを目指しています。
たとえば、ATMの設置台数を増やしたり、金融機関や事業会社等との新規提携に努めたり、ATMへの現金補填等を行ったりしています。
更なる成長に向けて、現金チャージの促進や行政・医療サービスとの連携拡大などにより、新たなATMの社会的価値を追求していきます。

【リテールビジネス】
各種口座サービスの提供、「Myセブン銀行」アプリの開発・運用、コンタクトセンター(コールセンター)の運営などを行っています。
今後もユニークな金融商品の提供や、外国人居住者のお客さまのトータルサポートに努めていきます。

【法人ビジネス】
口座不要でATMで現金を受取ることができる「ATM受取」、銀行事務の受託サービス、不正検知サービス、本人確認サービスなどを提供しています。
これからも、当社が創業以来培ってきたさまざまなノウハウを活かし、法人のお客さまのニーズに応えていきます。

【海外ビジネス】
「世の中のすべての人たちにお金をより便利に」というミッションを掲げ、現在はアメリカ、インドネシア、フィリピンでATMサービスを展開し、ATMのグローバルプラットフォームを構築しています。
今後は、新規マーケットを開拓したり、ATMのグローバルプラットフォーム上に新たなサービスを多層的に提供するなどして、多くの人が利用できる金融プラットフォームの構築を目指します。

【新規ビジネス】
新規事業戦略の調査や策定、新商品・新サービスの企画や開発をしています。また国内子会社の戦略策定や管理、他社との業務提携の検討等を行っています。
今後も将来のビジネス創出に向けて取組んでいきます。

PHOTO

1日に約250万人のお客さまにご利用いただくセブン銀行ATM。

本社郵便番号 100-0005
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-6-1 丸の内センタービルディング
メールアドレス shinsotsu@sevenbank.co.jp 
設立 2001年4月10日
資本金 307億2,400万円(2022年12月末現在)
従業員 533名(2022年12月末現在)
経常収益・利益 経常収益 1,102億9,800万円
経常利益 284億1,200万円
(2022年3月期実績)※単体
代表者 代表取締役会長 舟竹 泰昭
代表取締役社長 松橋 正明
事業所 本店/東京(丸の内)
事業所/東京・大阪・神奈川
子会社 ◆FCTI, Inc.【米国】

◆PT.ABADI TAMBAH MULIA INTERNASIONAL【インドネシア】

◆(株)バンク・ビジネスファクトリー

◆(株)セブン・ペイメントサービス

◆(株)Pito AxM Platform, Inc.【フィリピン】

◆(株)セブン・グローバルレミット

◆(株)ACSiON

◆(株)Credd Finance

(2022年3月末現在)
社会貢献性 セブン銀行の目指す姿。
それは人々の生活になくてはならない、安全かつ効率的なインフラであることです。
当社は社会に溶け込んだ「近くて便利」なATMサービスの拡充を進め、生活に寄り添った新しい金融インフラを提供してきました。
「安心」を追求した災害時におけるATM対応や、外国人のお客さま向けに最大12言語に対応した環境整備など「社会の期待と信頼」に応えてきました。
セブン銀行は、社会に新たな価値を創造する金融インフラとして、変わり続けます。
企業成長性 お客さまの声や社会の変化を捉え、セブン銀行は移り変わる時代の先を行くサービスを展開してきました。
これまでにも、海外送金サービス、スマホATMサービス、ATM受取(ATMで口座を介さず現金を受取るサービス)、電子マネーチャージの対応等、さまざまな新サービスを実現しています。
今後も、金融商品の充実・事業領域の拡大に向け、パートナー企業等との連携を強化し、外国人向け金融サービスのインフラの提供やマネー・ローンダリング対策などのセキュリティ強化、また、次世代ATMの導入による本人認証機能を活用したサービスの検討など、銀行という枠組みに捉われない自由かつ斬新なアイデアで「新しい時代の当たり前」をつくる存在を目指します。
イノベーションの促進 イノベーションの推進を目的として2016年に「セブン・ラボ」を立ち上げました。セブン・ラボは、部署の垣根を越え、フレキシブルかつ高速に動き、既存の部署が取組んでいないようなテーマを主導して立ち上げる役割を担っています。
設立以来、外部企業との連携を中心とした「オープンイノベーションの推進による新規事業の創出」、社内のイノベーションマインドを盛り上げることによる「イントレプレナーマインドを持った人材の育成」、大学との共同研究や外部企業とのワークショップを通じた「新しい事業の種の探索」という3つのミッションを掲げて活動をしてきました。
このような活動を行うことで、新たなビジネスに対するチャレンジ意欲や事業化へのスピード感が強化されています。
沿革
  • 2001年
    • 4月6日
      予備免許取得
      4月10日
      「(株)アイワイバンク銀行」設立
  •  
    • 5月7日 
      営業開始(新規口座開設の受付開始)
      5月15日 
      ATMサービス開始
      5月23日 
      全国銀行協会入会(正会員)
  •  
    • 6月13日 
      BANCS接続(都市銀行カードによるセブン銀行ATMでの出金取扱い開始)
      6月18日 
      振込サービス開始
  •  
    • 12月17日 
      インターネット・モバイル・テレホンバンキングサービス開始
  • 2003年
    • 3月24日
      ATM設置台数が5,000台を突破
  • 2005年
    • 4月4日 
      ATM設置台数が10,000台を突破
      4月27日 
      イトーヨーカドー蘇我店に初の有人店舗開設
      7月26日 
      第2世代ATM導入開始
      10月11日 
      社名変更(「(株)セブン銀行」に変更)
  • 2006年
    • 3月2日
      イトーヨーカドー川口店出張所にて初の銀行代理業務開始
      3月20日
      定期預金開始
      4月3日
      ICキャッシュカード対応開始
  • 2007年
    • 6月25日
      ATMの運営・管理一括受託開始
      7月11日
      海外発行カード対応開始
  •  
    • 9月3日
      ATMで電子マネー『nanaco(ナナコ)』のチャージ開始
      9月27日
      セブン-イレブン、イトーヨーカドー出店エリア36都道府県でのATM展開完了
  •  
    • 11月26日
      視覚障がいのあるお客さま向けサービス開始(音声ガイダンスによる取引実現)
      12月17日
      47都道府県へのATM展開完了
  • 2008年
    • 2月29日
      ジャスダック証券取引所(現・大阪証券取引所JASDAQ市場)に上場
  • 2010年
    • 1月25日
      個人向けローンサービス開始
      7月7日
      直営ATMコーナーを開設
      11月5日
      ATM設置台数が15,000台を突破
      11月29日
      第3世代ATM導入開始
  • 2011年
    • 3月22日
      インターネット・モバイルバンキングでの海外送金サービス開始
      7月19日
      ATMでの海外送金サービス開始
      12月26日
      東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2012年
    • 6月27日
      セブン銀行口座 100万口座突破
      10月6日
      Financial Consulting & Trafing International, Inc.の全発行済株式取得(子会社化)
  • 2013年
    • 2月1日
      海外送金カスタマーセンター稼働開始
      9月27日
      米国完全子会社Financial Consulting & Trafing International, Inc.がGlobal Axcess Corp.のATM事業を買収
  • 2014年
    • 1月8日
      全ATMでセブン銀行口座取引画面の9言語表示開始
      6月10日
      インドネシアにATM運営事業を行う合弁会社PT.ABADI TAMBAH MULIA INTERNASIONALを設立
      7月1日
      事務受託業務を行う完全子会社 (株)バンク・ビジネスファクトリーを設立
      7月31日
      ATM設置台数が20,000台を突破
  • 2015年
    • 7月8日
      米国完全子会社Financial Consulting&Trading International,Inc.がカナダにATM運営事業を行う子会社FCTI Canada,Inc.を設立
      10月1日
      米国完全子会社Financial Consulting&Trading International,Inc.の社名を「FCTI,Inc.」に変更
  •  
    • 12月16日
      海外発行カード利用時のATM画面、明細票、ATM音声を12言語対応に拡充
  • 2016年
    • 10月17日
      デビット付きキャッシュカードを発行開始
  • 2017年
    • 3月27日
      スマートフォンによるATM入出金サービスを提供開始
  • 2018年
    • 1月11日
      送金・決済サービスを行う完全子会社 (株)セブン・ペイメントサービスを設立
  • 2019年
    • 4月1日
      フィリピンにATM運営事業を行う完全子会社Pito AxM Platform, Inc.を設立
      7月16日
      セキュリティーサービスを行う合弁会社
      (株)ACSiONを設立
      9月26日
      第4世代ATM導入開始
  • 2020年
    • 1月22日
      外国人居住者向け貸金業を行う合併会社
      (株)Credd Financeを設立
      4月20日
      即時口座開設が可能なスマホアプリ「Myセブン銀行」開始
      8月31日
      ATMでマイナンバーカードでの手続き開始(マイナポイント申込み)
  • 2021年
    • 2月26日
      Pito AxM Platform, Inc.がフィリピン国内でのATM運営事業開始
      3月26日
      ATMでマイナンバーカードでの健康保険証利用の申込開始
      3月26日
      (株)セブン・グローバルレミットがスマホアプリによる海外送金サービス「Sendy」開始
  •  
    • 4月5日
      セブン銀行グループのパーパス(存在意義)を策定
      9月21日
      「セブン銀行後払いサービス」を開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.8年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 24.9時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.6日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 9名 13名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 1名 5名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
◆自らの成長を促す環境づくり
  ~社員の学びを積極的に支援~

社員個々の成長ステージに合わせた能力開発プログラムを整備し、それぞれの階層に必要な知識・スキルを習得するための各種研修を実施しています。
また、社内選抜を実施したうえで、希望者を社会人向けビジネススクールへ派遣しています。
さらに外国語でコミュニケーションがとれる人材の育成にも力を入れており、通信教育に対する補助や、外部研修を活用した語学習得支援を行っています。

≪研修制度の例≫
新入社員研修、コミュニケーション研修(屋外体験型研修)、全社研修(当社で勤務するために必要な知識やマインド)、階層別研修、中途入社者研修、MBA派遣 等
自己啓発支援制度 制度あり
金融知識、教養、語学、ビジネススキル習得の奨励(修了により、費用の全額または一部を補助)
メンター制度 制度あり
OJTをサポートするトレーナー制度、人事担当との定期的な面談

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 6 9 15
    2022年 9 8 17
    2021年 8 4 12
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2023年 15
    2022年 17
    2021年 12
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
お茶の水女子大学、首都大学東京、筑波大学、山形大学
<大学>
青山学院大学、大阪大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、慶應義塾大学、甲南大学、国際教養大学、国際基督教大学、埼玉大学、首都大学東京、上智大学、成蹊大学、千葉大学、中央大学、津田塾大学、東京女子大学、東京理科大学、東洋大学、同志社大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、福島大学、福山市立大学、法政大学、明治学院大学、明治大学、山形大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

ウィットマン大学、カリフォルニア大学院サンタバーバラ校、サンノゼ州立大学

前年度の採用実績(人数)        2019年 2020年 2021年 
───────────────────────
総合職    13名   12名   12名  

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)セブン銀行と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)セブン銀行を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)セブン銀行の会社概要