最終更新日:2022/12/5

最上CAN(株)

業種

  • 金属製品
  • 非鉄金属
  • その他メーカー

基本情報

本社
埼玉県
資本金
1,500万円
売上高
7億520万円(2020年4月期)
従業員
26名

全社員と共に最上CAN(出来る)会社を目指します!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
埼玉県久喜市に本社を構える。50周年の節目の年を超えて、これからも力強く歴史を積み上げられるように、社員が一丸となって確かな仕事を残しつづけている。
PHOTO
スチール缶をはじめとする同社の製品は、インキや化学品、食品の保存や物流に欠かせない存在。近年はアルミ缶などにも進出し、技術の幅を広げている。

家族のように温かく、従業員一人ひとりの成長と幸福を願う

PHOTO

「日本はまだまだ素晴らしいチャンスにあふれた国だと思います。夢や希望をしっかりと持って仕事に打ち込み、みんなで幸せになれるように頑張りたいですね」(最上代表)

設立52期目を迎える最上CANは、「スチール缶」の開発・製造を手掛けるメーカーとして歩んでまいりました。密閉性や保存性に長けたスチール缶は、劣化しやすいモノの長期保存で力を発揮し、インキ・塗料、化学品、食品、医療品などに幅広く用いられています。

取引先からは「機能性を向上させたい」「できるだけ価格を抑えたい」といったさまざま要望が寄せられます。当社の場合、従業員20数名のコンパクトな会社だからこそ、そうした個別のニーズに小回りを利かせて対応し、付加価値や信頼性の高いスチール缶を届けてきました。そうした真摯な姿勢が今日、大手上場企業を含むお客さまからの信頼につながっていると自負しています。

スチール缶をはじめとする金属容器は、いつの時代も世の中から必要とされる存在。当社はこれからも、スチール以外の金属材料を用いた缶の開発など、ニーズに合った改善を地道に重ねる姿勢を貫いて社会に貢献していきます。そのためには技術力や営業力の研鑽も大事ですが、私たちは、社員の会社生活が充実していなければ発展することはできないと考えています。社員・従業員はパートナーであり、家族であり、仲間であるとの思いのもと、働く人間たちがお互いに信頼できる関係づくりを大切にしてきました。その人のことを親身になって考え、お互いを補い合い、一人ひとりの幸せと成長を願う。そんなことが当たり前にできる会社であり続けたいと願っています。

私自身も社員にしっかりと向き合っているつもりです。一緒に製造現場に入り、掃除や食事も共にして、朝礼や「社長塾」といった場で人生や仕事の取り組み方などについて社員と一緒に考える機会を整えています。また、月1回は必ず20数名の一人ひとりと面談を行っており、その人への期待を伝え、各自が抱えている課題についてヒアリングしながら、個々に合った成長を促していくように努めています。

会社データ

事業内容
スチール缶・アルミ缶の製造・加工・販売をおこなっております。

インキ・塗料・化粧品缶・調味料などの食品缶

【特徴】
中身が漏れたら大変!外気に触れさせたくない!
そういう時に、密封性の高い缶の特性が活かされます。
スチール缶は中身を長期間守り続けて、安全に運べます。
本社郵便番号 346-0035
本社所在地 埼玉県久喜市清久町2-3
本社電話番号 0480-96-1690
創業 1960年
設立 1971年
資本金 1,500万円
従業員 26名
売上高 7億520万円(2020年4月期)
事業所 本社
埼玉県久喜市清久町2-3
主な取引先 インキ/塗料メーカー
食品メーカー 等
関連会社 杭州康和包装有限公司
平均年齢 38歳
沿革
  • 1960年
    • 最上俊夫により東京都江戸川区にて最上製作所を設立
  • 1970年
    • 現住所埼玉県草加市青柳に移転
  • 1971年
    • 資本金300万円にて最上製缶(有)を設立
  • 1973年
    • 自動製缶ライン1号機導入
  • 1991年
    • 資本金600万円に増資
  • 1996年
    • 最上裕光 代表取締役就任
      最上俊夫 会長就任
      テーパーインキ缶ライン導入
  • 1997年
    • 資本金1,000万円に増資
  • 2001年
    • 資本金1,500万円に増資
  • 2003年
    • 埼玉県「彩の国」指定工場認定
      埼玉県県知事より経営革新計画の承認を受ける
  • 2004年
    • 埼玉県草加市弁天に第2工場設立
      2ピース缶設備導入
  • 2007年
    • ISO9001認証取得
  • 2011年
    • 久喜市清久町に統合移転
  • 2015年
    • アルミ缶設備導入及び生産開始
  • 2017年
    • 調味料食品缶設備導入及び生産開始
  • 2021年
    • 角缶設備導入

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11年
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 50.0%
      (2名中1名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
各種研修制度
・新入社員研修
・社長塾
・品質社内勉強会
・資格取得支援
・スキル見極め制度

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 0 1
    2020年 2 1 3
    2018年 1 1 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 1
    2020年 3
    2018年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 2
    2018年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
東京理科大学、東京国際大学、大東文化大学、早稲田大学、日本大学、東洋大学、法政大学、駒澤大学、國學院大學、城西大学
<短大・高専・専門学校>
大妻女子大学短期大学部、駿台電子情報&ビジネス専門学校

前年度の採用実績(人数)     2018年   2019年   2020年   2021年   2022年 
----------------------------------------------------------------------------------------
大卒  1名     ー      3名     1    2名(予)
短大卒 1名     ー      ー      ー
前年度の採用実績(学部・学科) 生産工学部 電気電子工学科
経済学部 社会経済学科
現代制作学部 社会経済システム学科

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

最上CAN(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
最上CAN(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 最上CAN(株)の会社概要