最終更新日:2022/12/28

公益社団法人地域医療振興協会【横須賀市立うわまち病院】

業種

  • 医療機関

基本情報

本社
神奈川県
資本金
公益社団法人のためなし
売上高
108億円(2022年3月)
職員数
874名(2022年4月)

2025年3月 新病院オープン!!『優しい心、深い知識、高い技術をもって良質な医療を提供し、地域社会に貢献します』

会社紹介記事

PHOTO
横須賀市の中心に立地し417床を有する総合病院。急性期から社会復帰まで地域の医療機関と協力して一貫した患者支援を行い、横須賀の医療に貢献している。
PHOTO
2025年3月に新病院オープン予定!横須賀市久里浜に移転建替が決定しています。高い病院機能や増床に伴い、薬剤師の需要も増えていきます!

目指すのは、オールラウンダーにしてスペシャリストの薬剤師。

PHOTO

職場の雰囲気はとても明るく和やかな会話が飛び交っています。質の高い医療の提供を目指し、皆向上心をもって日々の業務にあたっています。

地域医療を支えている当院には28の診療科があり、さまざまな疾患の患者さんに関わることができます。
また、高精度放射線治療をはじめとした最新医療にも触れる機会があり、薬剤師としても広範囲における経験を積むことができます。チーム医療にも注力しており、様々なチームに薬のスペシャリストとして参入できることも、専門性を高める絶好の機会だといえます。一通りの業務をこなせるようになると、それぞれ専門的な知識の習得に興味を持ち、認定資格にチャレンジする薬剤師も多くいます。
薬剤師としての幅を広げ、大きな可能性に挑戦するのに理想的な職場です。

そして、2025年3月には現在の横須賀市上町地区から、横須賀市久里浜地区へ病院が移転します。病床も増加し、より高い機能を備えた「横須賀市立総合医療センター(予定)」がオープンする予定です。
新病院では薬剤師の更なる活躍も期待されます。新しい病院に向けて、一緒に地域医療に貢献しましょう!

会社データ

事業内容
病院の管理運営とそれに付随する業務
本社郵便番号 238-8567
本社所在地 神奈川県横須賀市上町2-36
本社電話番号 046-823-2630
設立 2002年7月1日
資本金 公益社団法人のためなし
職員数 874名(2022年4月)
売上高 108億円(2022年3月)
理念 私たちは、優しい心、深い知識、高い技術をもって
良質な医療を提供し、地域社会に貢献します。
基本方針 私たちは説明責任を果たし、医療の透明性を保つことで、安全な医療を受診者とともに築きます。

私たちは、救急・災害医療の充実につとめます。

私たちは診療連携に力を入れ、市民とともに地域医療を守ります。

私たちは、医療に従事する誇りとよろこびを持ち、勤勉であり、強い意志を持ち、進歩的で合理的な考え方に基づいた医療を提供します。

私たちは、自己の教育能力を高め、教育研修病院として将来の地域医療を担う人材の育成につとめます。
平均年齢 38.0歳
平均勤続年数 8.8年(2021年度実績)
沿革
  • 1891年3月
    • 横須賀衛戌病院として創設する
  • 1945年12月
    • 厚生省へ移管される
      本院(不入斗)及び分院(中里、走水)を併せて国立横須賀病院とする
  • 2002年6月
    • 国から横須賀市に経営委譲され、国立横須賀病院は、この日で歴史を閉じる
  • 2002年7月
    • 横須賀市立うわまち病院として開院する
  • 2004年5月
    • ドクターカー(高レベルの医療機器を搭載し、医師が同乗する救急車)を導入する
  • 2006年7月
    • 新病棟(南館)完成し、新手術センター、新総合リハビリテーションセンター稼働病床380床へ
  • 2006年10月
    • 公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価が認定される
  • 2008年4月
    • DPC対象病院となる
  • 2009年10月
    • 地域医療支援病院を取得する
  • 2011年10月
    • 公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価認定(ver.6)を受ける
  • 2013年4月
    • 救命救急センター指定 20床開設
  • 2014年3月
    • 神奈川県災害協力病院の指定を受ける
  • 2014年8月
    • 神奈川県周産期救急医療システムにおける中核病院の指定および地域周産期母子医療センターに認定される
  • 2015年2月
    • 高精度放射線治療棟を開設し、治療を開始する
  • 2015年6月
    • 自治体立優良病院として総務大臣表彰を受ける
  • 2016年9月
    • 公益財団法人日本医療機能評価機構の病院機能評価認定(3rdG:Ver.1.1)を受ける
  • 2017年1月
    • 横須賀市歯科医師会と医科歯科連携協定を締結

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 8.8年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 7.4時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.0日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
薬剤部:新人教育について研修制度あり。1週間毎予定をたて、教育担当者が指導する。
病院全体:新入職員合同研修、職員研修講座(月1回)、e-learning研修
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得奨励金あり(業務に関係するものとして管理者が認めた場合)
キャリアコンサルティング制度 制度あり
業績評価制度あり(年2回、自己評価および所属長による面談・評価)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 1 1 2
    2021年 0 0 0
    2022年 0 1 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
星薬科大学、昭和大学、北里大学、東京薬科大学、崇城大学、城西国際大学、帝京大学、法政大学、関東学院大学、日本女子大学、早稲田大学、明治学院大学、亜細亜大学、中央学院大学
<短大・高専・専門学校>
横浜医療秘書専門学校、麻生医療福祉専門学校福岡校、早稲田速記医療福祉専門学校、横浜医療情報専門学校

過去5年間の実績(薬剤師/経営マネジメント職(事務総合職))

前年度の採用実績(人数) ■薬剤師【新卒のみ】
    2017年   2018年   2019年   2020年   2021年
--------------------------------------------------------------------------------
大卒  2名     ー     3名     2名      ー


■経営マネジメント職(事務総合職)【新卒のみ】
    2017年   2018年   2019年   2020年   2021年
--------------------------------------------------------------------------------
大卒  4名     2名     2名     4名     2名


先輩情報

頼られる薬剤師を目指しています
K・K
2015年
31歳
昭和大学
薬学部
薬剤部
調剤業務、病棟業務、院内製剤業務、フォーミュラリー委員会
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

公益社団法人地域医療振興協会【横須賀市立うわまち病院】と業種や本社が同じ企業を探す。
公益社団法人地域医療振興協会【横須賀市立うわまち病院】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 公益社団法人地域医療振興協会【横須賀市立うわまち病院】の会社概要