最終更新日:2022/4/27

日立Astemo(株)

業種

  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
東京都
資本金
515億円
売上高
9,875億円(2021年3月期連結ベース)
従業員
約90,000人

私たちは、世界をリードする先進的なモビリティソリューションの提供を通じて、持続可能な社会と人々の豊かな生活の実現に貢献します。

会社紹介記事

PHOTO
2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社は経営統合により、グローバルメガサプライヤー「日立Astemo」として新たに歩み始めました。

4社の強みを発揮し、新たな価値を創造する

PHOTO

世界の27の国や地域で働く約90,000人の従業員が、日立グループの主たるメンバーとして、よりよい世界を実現するため、多様性な視点と個性を発揮し、モビリティの未来に革新をもたらすようなシステム・製品の開発を進めていきます。各社の強みを活かした、内燃機関と電動パワートレイン、 先進シャシー、自動運転・先進運転支援システム分野における先進技術開発により、グローバルで競争力のあるソリューションを提供します。

会社データ

事業内容
自動車部分品及び輸送用並びに産業用機械器具・システムの開発、製造、販売及びサービス

【パワートレインシステム(エンジン・電動)】
 環境負荷の低減に貢献する熱効率を高めたクリーンなエンジンシステムと
 高い環境性能と走行性能を両立する電動パワートレインシステムを
提供しています。
 <主要製品・システム>
  ・ 高効率エンジンシステム
  ・ 低排気パワートレインシステム
  ・ 高効率モーター
  ・ 高出力インバーター

【シャシーシステム】
 電子化と電動化により運動性能を高め、さらなる安全性と快適性を追求した
 ブレーキ・ステアリング・サスペンションを含む車両運動統合システムを
提供しています。
 <主要製品・システム>
  ・ サスペンションシステム
  ・ 電動パワーステアリングシステム
  ・ ブレーキシステム

【自動運転・先進運転支援システム、コネクテッド】
 交通事故のない安心・安全なモビリティライフに向けて、
周囲の状況を検知するセンシング技術や車両の状態を瞬時に判断する
電子制御など、自動運転・先進運転支援システムを提供しています。
 <主要製品・システム>
  ・ 周辺認識センサー(ステレオカメラ・レーダー)
  ・ 自動運転ECU
  ・ OTAによる制御ソフトウエア更新技術

【二輪車用システム】
 高い環境性能を誇る電子燃料噴射システム、操縦安定性と乗り心地を
 向上させるサスペンション、車両の安全性能を高めるブレーキシステムなど、
 先進的な技術と製品により、二輪車の進化をリードしていきます。
 <主要製品・システム>
  ・ フロントフォーク
  ・ リヤクッション
  ・ ディスクブレーキ
  ・ ABS
  ・ マスターシリンダー
  ・ 電子制御ユニット
  ・ インジェクター

【アフターマーケット、産業機器・汎用製品】
 自動車・二輪車製品開発で培った技術を応用し、
 鉄道車両用製品・建物用地震対策製品、産業機器、汎用製品など、
 快適な社会の実現に貢献する優れた製品を提供しています。
 <主要製品・システム>
  ・ アフターマーケット製品/整備用品
  ・ 鉄道車両用製品
  ・ 地震対策製品
  ・ 汎用製品

PHOTO

本社郵便番号 100-0004
本社所在地 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
本社電話番号 03-4232-5300
設立 2021年1月1日
資本金 515億円
従業員 約90,000人
売上高 9,875億円(2021年3月期連結ベース)
代表者 プレジデント&CEO ブリス・コッホ (Brice Koch)
事業所 ■本社
東京都千代田区
■国内事業所
茨城県、その他全国各事業所、支店
海外グループ拠点 ■米州、欧州、中国、アジア
ビジョン 【グローバルモビリティソリューションプロバイダー の誕生】

日立Astemoは、モビリティソリューションの提供を通じ、持続可能な社会に大きく貢献し、世界をリードする企業として、2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の統合会社として誕生しました。

今後、自動車や二輪車の中核となる電動化、自動運転、コネクテッドの領域において、世界をリードする先進的なモビリティソリューションの提供を通じて、持続可能な社会と人々の豊かな生活の実現に貢献する、という私たちの意志を明確に表現する「Advanced Sustainable Technologies for Mobility」の頭文字をつなげてAstemoとしました。

私たちは、世界中のお客さまやパートナーに対し、技術的専門知識と規模により、急速に変化するモビリティ領域をけん引する技術を提供します。

また、パートナー企業の技術やデータを活用し、パワートレイン、シャシー、先進的な運転支援における技術とソリューションを通じて、モビリティの未来を切り開いていきます。日立Astemoの先進技術とソリューションで、環境負荷の低減、交通事故の減少、快適性の向上を実現し、クオリティ・オブ・ライフの向上とともに世界をより良くしていきます。
沿革
  • 事業に携わり80年
    • 1930年に日立製作所が自動車用電装品の国産化に進出しました。
      1964年に自動車機器事業部が設立。
      以後、日立の自動車関連技術を、国内外の完成車メーカーに広く提案してきました。
  • 海外への進出
    • 1985年以降、北米、欧州、アジア地域への拠点の進出をはかり、世界の市場を視野にいれた事業展開を図ってきました。
  • 自動車機器事業の強化
    • 2004年に、当時独立系企業だったユニシアジェックスとトキコ(TOKICO)を吸収合併し、日立製作所の事業グループとして「オートモティブシステムグループ」を発足。
      車体以外は、社内で開発・設計・製造・提案が出来る環境を整えてきました。
  • 新たな挑戦
    • 2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社は経営統合により、「日立Astemo」として新たに歩み始めました。
      各社の強みを融合した新たなモビリティソリューションの提供を通じて、地球と人にやさしい、安全かつ快適で持続可能な社会の実現に貢献していきます。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 20.2日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
導入教育、海外語学研修、海外業務研修、職種別専門教育等 など
メンター制度 制度あり
あり(入社2年目迄対象)

採用実績

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

全国国公私立大学および高等専門学校

前年度の採用実績(人数)  2018年 2019年 2020年 2021年 2022年(予)
---------------------------------------------------------
 87名  109名   81名   42名   90名 

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日立Astemo(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日立Astemo(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】日立グループ

トップへ

  1. トップ
  2. 日立Astemo(株)の会社概要