最終更新日:2022/10/24

滋賀県信用農業協同組合連合会【JAバンク滋賀信連】

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
滋賀県
出資金
407億円
総資産
1兆6,606億円(2022年3月)
職員
職員96名(2022年10月)

滋賀県の農業と経済の活性化を目指す農林系金融機関です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
県内に展開する9つのJAの担当者とも連携しながら、お客さまのニーズに合った金融商品やサービスをご提供。滋賀県の農業振興や地域社会の発展に貢献しています。
PHOTO
入会後は、担当する金融業務の一つひとつを理解することからスタート。周りの先輩たちが成長をしっかりサポートしてくれるので、前向きに業務に取り組めます。

さまざまな業務を通じて、JAや農業、地域社会に貢献する喜びが待っています。

PHOTO

「無事に融資実行できた時は、うれしさとともに地域農業の発展に貢献することができたと感じます。」と、業務へのやりがいを語る脇坂さん。

■JAバンク滋賀信連について
JAバンク滋賀信連は、滋賀県内に9つある農業協同組合(JA)の金融/信用事業を統括・サポートする役割を担って設立されました。以来約70年、地域金融機関として堅調に活動を続けてお客さまの裾野を拡大。JAや農業者はもとより、地方公共団体や各種法人、企業といった多数のお客さまにご利用いただいています。

■私のシゴトについて
〇配属部署のこと
 入会後は営業部に配属されました。営業部には「窓口担当」「融資担当」「農業金融・受託担当」があり、このうち、私の担当は「農業金融・受託担当」です。

〇農業金融・受託担当のこと
 農業金融・受託担当のシゴトは、JAの組合員をはじめとする農業者の皆さまに農業資金を融資することです。「農機具を購入したい」、「ハウスや農業倉庫を新しくしたい」などといったニーズに応えるため、JAの担当者とも連携して面談を重ね、融資実行につなげていきます。

〇入会1年目から現在、そしてこれからのこと
 入会当初には電話のかけ方、お客さまへの対応の仕方、金融商品の知識など、先輩職員からマンツーマンで指導を受けました。この指導はトレーナー制度といって1年間続きますが、半年ほどたったころから、融資実行に向けた面談や審査を主担当として任せてもらえるようになりました。
 3年目となった現在も、まだまだ勉強中の毎日ですが、目の前の仕事に真摯に取り組むことで日々成長し、将来どこの部署に配属されても活躍できる人材になりたいです。
   
(脇坂 京介/営業部 農業金融・受託担当/2020年入会)

会社データ

事業内容
(1)貯金業務
県内JAや農業団体・地方公共団体をはじめ一般の方々や企業等からの当座貯金・普通貯金・定期貯金等のお預かり等。

(2)融資業務
農業関連融資、一般企業向け融資ほか、住宅ローンや資産運用ローン等の個人向け融資等。

(3)為替・決済業務
全国銀行内国為替制度加盟金融機関の一員として、振込や代金取立等の各種サービスのほか、給振・年金のお受け取りや公共料金の口座振替や各種クレジットカードの代金決済等。

(4)資金運用業務
国債をはじめとした各種有価証券の運用。

(5)JA推進支援業務
税金・年金・資産運用相談をはじめ、JA向け各種研修、金融商品やサービスの企画・運営・PR等、JAの信用事業全般の支援。

(6)金銭収納業務
日本銀行歳入復代理店として、国税・歳入金の受け入れのほか、滋賀県の収納代理金融機関として滋賀県税、県立学校授業料等の各種収納金の取扱い。

PHOTO

本社郵便番号 520-0044
本社所在地 滋賀県大津市京町4-3-38
本社電話番号 077-521-1631(代)
創業 1911(明治44)年8月
設立 1948(昭和23)年8月
出資金 407億円
職員 職員96名(2022年10月)
総資産 1兆6,606億円(2022年3月)
事業所 本所
〒520-0044 滋賀県大津市京町4-3-38

事務センター
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜3-3-31
貯金残高 1兆3,973億円(2022年3月)
経営理念  当会は以下の経営理念に基づき、県内JA信用事業の中核的機関として、経営の健全性を確保しながら、農家組合員等利用者・地域に貢献するという使命に邁進してまいります。

<経営理念>
・ 会員JAの負託と信頼に応えて、安定的な収益還元をはかるとともに、県内JA信用事業の中核的機関としての機能を発揮する。
・ 組合員及び地域の人々に対する快適な生活の実現と、農業の発展に貢献する事業を展開する。
・ 役職員の相互信頼を基礎として、能力開発を進めるとともに、社会的及び経済的地位の向上をはかる。
沿革
  • 1911年 8月
    • 滋賀県信用組合連合会設立
  • 1937年 5月
    • 滋賀県信用販売購買利用組合連合会に改組
  • 1943年12月
    • 滋賀県農業会設立
  • 1948年 8月
    • 滋賀県信用農業協同組合連合会設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.6年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 12.7時間
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 3名 5名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 25.0%
      (36名中9名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入職員研修、階層別研修、外部派遣研修 ほか
自己啓発支援制度 制度あり
<通信教育報奨金制度>
 推奨コースの通信教育修了者に、通信教育報奨金を支給します。
<国家資格等取得奨励制度>
 会が定める国家資格受験に向けての通信教育受講料、検定試験受験代を全額助成します。
 また合格者に対して資格手当一時金を支給します。
メンター制度 制度あり
<トレーナー制度>
 新入職員に対し、1年間指導役として部署内の先輩職員が指導にあたります。新入職員の1年間の目標や、それに向けての計画を新入職員と考え、サポートします。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 2 4
    2021年 0 3 3
    2020年 1 2 3
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 4
    2021年 3
    2020年 3
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
大阪市立大学、岡山大学、関西大学、京都産業大学、京都女子大学、近畿大学、高知大学、國學院大學、滋賀大学、滋賀県立大学、下関市立大学、同志社大学、同志社女子大学、佛教大学、名城大学、立命館大学、龍谷大学
<短大・高専・専門学校>
華頂短期大学、関西外国語大学短期大学部、龍谷大学短期大学部

前年度の採用実績(人数)     2019年  2020年 2021年
――――――――――――――――――
大 卒   2名   3名    3名
短大卒   -    -    -

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

滋賀県信用農業協同組合連合会【JAバンク滋賀信連】と業種や本社が同じ企業を探す。
滋賀県信用農業協同組合連合会【JAバンク滋賀信連】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 滋賀県信用農業協同組合連合会【JAバンク滋賀信連】の会社概要