最終更新日:2022/11/28

青い森信用金庫

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
青森県
出資金
90億8,078万円(優先出資含む)
預金高
6,458億円(2022年3月末現在)
役職員数
484名(男性264名、女性220名)

お客さまに笑顔を届けること。お客さまから笑顔をいただくこと。そして、地域を笑顔にすることが私たちの仕事です。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
窓口で接客中の増川さん。常に笑顔を忘れず、お客様のニーズに合わせてきめ細かい対応を心がけている。
PHOTO
渉外担当として、日々、個人・法人のお客様たちと接している吉田さん。地域のお客様に喜んでいただける仕事にやりがいを感じている。

私たちの使命は地域を「笑顔」にすること。地域に根ざしお客様の事業をサポート!

PHOTO

創立以来、「地域のみなさまの繁栄と豊かな暮らしづくりのお手伝い」を経営理念とし、地域経済の成長・発展とともに歩んできた「青い森信用金庫」。

大学時代のバスケ部の先輩が当庫に入庫しており、仕事の話を聞く機会がありました。金融機関というとお堅いイメージがあったのですが、先輩方の話を聞くうちに、お客様に寄り添いながら地域貢献する仕事に魅力を感じて入庫を志望しました。現在、営業担当として窓口に来店されたお客様の接客をしています。研修でプラスワンフレーズが大事だということを学んだので、高齢のお客様にはできるだけわかりやすい言葉で説明したり、「お帰り、気をつけてくださいね」などとお声がけすることもあります。当庫はマンツーマンリーダー制度を採り入れており、年齢の近い先輩が仕事やプライベートの相談に乗ってくれます。先輩たちも皆さん優しく気さくなので、一度も人間関係で悩んだことがなく恵まれた環境で働けることに感謝しています。現在、地域のバスケットボールのクラブチームに所属しており、休みの日は練習に励んでいます。今後は幅広いスキルを身につけて、地域のお客様から信頼される職員になりたいと思っています。
増川 梨花 鍛冶町支店 営業/2020年入庫

金融機関のなかでも信用金庫は地域密着型で、地域に根ざした仕事ができることから入庫を志望しました。現在は渉外担当として集金業務や各種ローン・保険商品のご提案などを行っています。最初は、あまり気に留めてくださらなかったお客様でも会話を重ねるうちに仲良くなり、その方を通じてさらに別なお客様を紹介してくださったこともあります。大変な面もありますが、そうした出来事があると、やりがいを感じます。現在、配属されている支店は、明るく活気があり何でも気軽に相談できる環境です。先輩方は、フットワークが軽く、約束を取り付けてから訪問に伺うまでのスピードの速さに驚くこともあります。そうした先輩たちから盗めるところはどんどん盗んで、スキルアップしていきたいと思っています。知識と経験を積み重ね、地域のお客様をサポートできるよう職員になるのが夢です。
吉田 健汰 八戸桔梗野支店 渉外/2020年入庫

会社データ

事業内容
預金業務、融資業務、為替業務、各種代理業務(公金収納業務、日本銀行歳入代理店業務、住宅金融公庫等の代理業務、国民生活金融公庫等の代理貸付業務)、両替業務、国債販売、投資信託販売、生命保険販売など
本店郵便番号 031-0086
本店所在地 青森県八戸市大字八日町18番地
本店電話番号 0178-44-2121
創立 1922年12月27日
出資金 90億8,078万円(優先出資含む)
役職員数 484名(男性264名、女性220名)
預金高 6,458億円(2022年3月末現在)
貸出金残高 2,366億円(2022年3月末現在)
事業所 青森県内、秋田県鹿角市のうち十和田および
鹿角郡小坂町に42店舗
経営方針 1.地域社会に対する貢献
2.調和のある経営
3.経営の安定と発展
経営理念 地域のみなさまの繁栄と豊かな暮らしづくりのお手伝い
沿革
  • 1922(大正11)年12月
    • 産業組合法に基づき、八戸鍛冶町信用組合として設立
  • 1925(大正14)年6月
    • 八戸信用組合に名称変更
  • 1951(昭和26)年10月
    • 信用金庫法に基づく「八戸信用金庫」に改組
  • 2008(平成20)年5月
    • 十和田信用金庫と合併
  • 2009(平成21)年11月
    • あおもり信用金庫・下北信用金庫と合併し、「青い森信用金庫」となる

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 11名 9名 20名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 11名 0名 11名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
【内部研修】
・階層別研修(新入職員訓練講座、新入職員補習研修、一般職員研修、初級管理者研修、次長研修、新任支店長研修)
・職能別研修(融資渉外実践研修、CS研修他)
【外部派遣研修】
・全国信用金庫協会、東北地区信用金庫協会主催の階層別、職能別研修へ年間50名程度を派遣しています。
自己啓発支援制度 制度あり
各種検定試験合格奨励金支援
(所定の検定試験を合格した際に難易度に応じた合格奨励金を支給いたします。また、その中でも特に定めた資格については、入庫年次の早さに応じて増額して支給しております。)
メンター制度 制度あり
マンツーマン教育制度
(配属となる店舗または部署において、新入職員1人に対して必ず1人のマンツーマンリーダーを据えて、メンターとしての役割を果たしてもらいます。)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 6 8 14
    2021年 9 10 19
    2022年 5 8 13

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
東北大学、早稲田大学、青山学院大学、中央大学、明治大学、八戸工業大学、青森大学、青森公立大学、青森中央学院大学、弘前大学、岩手大学、福島大学、電気通信大学、東京経済大学、東京理科大学、東北学院大学、同志社大学、日本大学、駒澤大学、帝京大学、法政大学、立教大学、北海道大学、北海道教育大学

その他全国の国公立・私立大学、短大、専門学校

前年度の採用実績(人数) 入庫年   大卒 短大卒 専門卒  高卒
―――――――――――――――――――― 
2017年  25名   1名    0名  6名
2018年  20名   0名   2名  5名
2019年  12名   0名   0名  3名
2020年  10名   0名   1名  3名
2021年  15名   1名   1名   2名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

青い森信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
青い森信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 青い森信用金庫の会社概要