最終更新日:2022/12/3

社会福祉法人 育桜福祉会

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
神奈川県
資本金
社会福祉法人のため資本金はなし
事業活動収入
23億8,500万円(2020年3月)
従業員
425名(2021年4月現在)

発展を続ける街「川崎」で、障害のある方へ、あなたの力を発揮し、成長する場。そこが「育桜(いくおう)福祉会」

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
育桜福祉会は、川崎市内に拠点を置く社会福祉法人。地域に密着しながら、活動支援や生活支援、就労支援など、複数の障害福祉サービス事業を運営している。
PHOTO
「私たちが求めているのは、身近な人を思いやり、相手の立場で考えられる方。人柄重視の採用を行いますので、入職を検討いただけたらうれしいです」(採用担当)

一人ひとりの想いに寄り添った温かな支援で、自分自身もしっかり成長できる環境!

PHOTO

「ご利用者さまの想いを大切にしながら、一緒に成長していってもらいたいですね。失敗しても大丈夫。そこから得る学びもありますよ!」(石井さん・菊池さん)

■石井 拓郎さん/『しらかし園』サービス管理責任者・主査/2013年入職

入職して配属されたのは、ベーカリーを併設する通所施設の『ゆずりは園』。そこで、まずは支援員として、ご利用者さまの日中活動をパンづくり等の作業を通じてサポートしました。その後、サービス管理責任者となり、同施設全体のサービスの管理を担当するように。支援員たちと連携しながらそれぞれのご利用者さまに合った支援を計画し、実施に向けてサポートを行いました。

入職10年目となる2022年には初めての異動を経験しました。配属されたのは、同じく通所施設の『しらかし園』。そこで、現在、サービス管理責任者および主査として、サービス管理のほか、働く環境の整備などにも携わっています。

今の仕事で特にこれから「身に付けていきたな」と感じているのが、“先を読む力”。例えば、ご利用者さまがご高齢になれば、求められる支援の形も変わってきます。「今まで大丈夫だったからこれまでどおりで良い」のではなく、常に先を見据えながら、しっかりと安心の環境を整えていきたいですね。

■菊池 柚里さん/『いぬくら』支援員/2018年入職

『いぬくら』は、知的障害と身体障害のある方がご利用になる通所施設です。そこで、入職以来、支援員としてご利用者さまの日中活動をサポートしています。

やりがいを感じるのは、自分の気付きやアイデア、工夫が生きてご利用者さまを上手にサポートできたとき。最近のことになりますが、自閉症のご利用者さまに向けて、磨く順番をイラストで示したカードと、お気に入りのストップウォッチとを組み合わせた“歯磨き支援ツール”を自作しました。ご本人におわたししたところ、気に入って使ってくださり歯磨きがみるみる上達したのです。そうした光景が見られると、「この仕事を選んで良かった」と心から思いますね。

今年で入社5年目となり、教わる立場から教える立場へと変わってきています。そんななかで後輩たちに伝えていきたいと思うのは、日々の業務を作業と捉えるのではなく、常に「ご利用者さまのために」を意識して取り組んでもらいたいということです。そうすれば、それぞれのご利用者さまにぴったりと合った、最適な支援の形がおのずと見つけられると思います。

会社データ

事業内容
川崎市内で事業展開しています。
障害者総合支援法に基づき、多様な事業を通じて障害のある方の「地域生活」「社会参加」「その人らしい暮らし」の支援に携わります。
その人が、その人らしく、その地域で暮らし続けるために必要な支援をそれぞれの事業所で実施しています。

◎生活介護事業
生活の様々な場面で支援を必要とする重度の障害がある方を主な対象に、創作活動・生産活動などを通して、その人らしい個性が発揮され、地域社会との接点が広がることによって、自立した生活が送れるよう支援します。

◎就労継続支援事業
作業活動などの生産活動を通して、社会的自立に必要な知識や能力の向上のための支援を行うとともに、本来持っている力を発揮し、仕事に就けるよう、またはやりがいと役割意識をもって仕事を継続していけるよう支援します。

◎障害者支援施設(入所型施設)
重度の障害のある方も地域で自立した豊かな暮らしを営むことができるよう地域生活と同様な生活を入所施設のユニットケアで支援します。
「できない」という見方ではなく、「何があればできるか」「どこまでならできるか」「できない時にどうすればいいか」ということに視点を置き、地域で生活するうえで必要な力を高め、本来その人が持っている力を引きです支援をしています。
地域での生活が困難になった状態の方が、地域で再び暮らすことが出来るよう支える「地域生活支援型の入所施設」という新しい施設のあり方を提案し、挑戦しています。

PHOTO

本社郵便番号 211-0024
本社所在地 神奈川県川崎市中原区西加瀬10-3
本社電話番号 044-422-8877(代表)
設立 1981年2月12日
資本金 社会福祉法人のため資本金はなし
従業員 425名(2021年4月現在)
事業活動収入 23億8,500万円(2020年3月)
事業所 【事業所一覧】
◎白楊園
◎わかたけ作業所
◎しらかし園
◎こぶし園
◎ゆずりは園
◎あかしあ園
◎いぬくら
◎小向このはな園
◎川崎市北部身体障害者福祉会館作業室
◎川崎市わーくす高津
◎第1~10生活ホームいくおう
◎生活ホームいくおう・北加瀬
◎生活ホームいくおう・第1、第2神木
◎生活ホームいくおう・上作延
◎陽光ホーム
◎たかつ基幹相談支援センター
◎いまい地域相談支援センター
◎計画相談センターいくおう
◎川崎市北部身体障害者福祉会館
◎障害者支援施設 桜の風
平均年齢 36.7歳(正規職員)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 8年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3.8時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 12名 0名 12名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 12名 0名 12名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.1%
      (22名中2名)
    • 2020年度

    役員  12.5% 管理職 11.1%

社内制度

研修制度 制度あり
入職時研修
入職1・2・3・5年目職員研修、中堅職員研修
福祉専門分野研修 等
自己啓発支援制度 制度あり
資格取得者への祝い金

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 2 4 6
    2020年 3 2 5
    2019年 0 2 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 6
    2020年 5
    2019年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青森県立保健大学、桜美林大学、大妻女子大学、神奈川大学、神奈川県立保健福祉大学、関東学院大学、九州看護福祉大学、杏林大学、慶應義塾大学、健康科学大学、工学院大学、駒澤大学、相模女子大学、淑徳大学、昭和女子大学、専修大学、創価大学、帝京大学、田園調布学園大学、東海大学、東京家政大学、東京福祉大学、東洋大学、日本大学、日本社会事業大学、日本体育大学、フェリス女学院大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、横浜創英大学、立正大学

前年度の採用実績(人数)      2018年  2019年  2020年
_____________________
大卒    1名    1名    4名 
短大    2名    1名    1名

取材情報

地域移行や就労継続、法定研修の講師。福祉の専門性を利用者さんへの支援に生かす
「利用者さんのために」という思いが、私たちの原動力
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

社会福祉法人 育桜福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 育桜福祉会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人 育桜福祉会の会社概要