最終更新日:2022/7/22

(株)アズミ村田製作所

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 機械設計
  • コンピュータ・通信機器
  • 精密機器
  • 機械

基本情報

本社
長野県
資本金
1億1,000万円
売上高
1兆6,302億円(村田製作所連結: 2021年3月期)
従業員
400名(正社員のみ)

◇売上高1兆円超 村田製作所グループ◇世界の電子部品を支える技術力

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
アズミ村田製作所は、総合電子部品メーカー「村田製作所」の一員として、ノイズ除去フィルタ、パワーインダクタ等の製品を開発・生産し世界へ供給しています。
PHOTO
長野・安曇野から世界へ羽ばたく小さな巨人!小さな力で世の中の発展を支えます!

長野・安曇野から世界へ羽ばたく小さな巨人!

PHOTO

アズミ村田製作所は、総合電子部品メーカー「村田製作所」の一員として、ノイズ除去フィルタ、パワーインダクタ等の製品を開発・生産し世界へ供給しています。当社の製品は、スマートフォン・タブレットなどの移動体通信機器や、エレクトロニクス化の進む自動車部品をはじめ 様々な製品を造るうえで欠かせない存在となっています。
電気・電子、機械、化学・材料等さまざまな分野の技術者が集まり、新しい製品を開発したり、今ある製品を改良しています。そして出来上がった製品を生産しています。技術者と生産現場の連携で”ものづくり”を実現しています。
アズミ村田製作所は、これからも長野・安曇野から世界中の人々の安全・安心・快適に貢献する製品を発信し続けます

会社データ

事業内容
電子部品の開発・生産。
電気・電子、機械、化学・材料等さまざまな分野の技術者が集まり、新しい製品を開発したり、今ある製品を改良しています。そして出来上がった製品を生産しています。技術者と生産現場の連携で最先端の”ものづくり”を実現しています。
アズミ村田製作所は、これからも長野・安曇野から世界中の人々の安全・安心・快適に貢献する製品を発信し続けます

PHOTO

電子機器が正常に作動するために電気ノイズを取りのぞく電子部品や、電気の消費を抑え効率的に活用するための電子部品などを開発・生産しています。

本社郵便番号 399-8204
本社所在地 長野県安曇野市豊科高家1020
本社電話番号 0263-72-2811
設立 1994年10月3日
資本金 1億1,000万円
従業員 400名(正社員のみ)
売上高 1兆6,302億円(村田製作所連結: 2021年3月期)
事業所 長野県
業績 売上高:1兆6,302億円(村田製作所連結: 2021年3月期)
営業利益: 3,132億円(村田製作所連結: 2021年3月期)
関連会社 村田製作所、福井村田製作所、岡山村田製作所、埼玉村田製作所、登米村田製作所
平均年齢 39歳

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
■集合教育
新入社員研修、階層研修、各種技術スキル研修・ビジネススキル研修など
■その他
小集団サークル活動・改善報告制度

※ムラタグループで実施されている数100種類の様々な講座でスキルを磨くことが可能です。
自己啓発支援制度 制度あり
■自己啓発
社外講習会、公的資格取得補助、通信教育補助制度、社内英語研修など
メンター制度 制度あり
入社1年目エルダー制度あり
「先輩社員がマンツーマンで教育計画に沿って指導します」

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
金沢大学、信州大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学
<大学>
埼玉大学、信州大学、名古屋大学、新潟大学、山口大学、立命館大学

前年度の採用実績(人数) 2021年 5名
2020年 7名
2019年 5名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)アズミ村田製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)アズミ村田製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)アズミ村田製作所の会社概要