最終更新日:2022/12/3

(株)東ソー分析センター

業種

  • シンクタンク・マーケティング・調査

基本情報

本社
山口県
資本金
5,000万円
売上高
36億9,400万円(2022年3月期実績)
従業員
249名(2022年3月31日現在)

無機・有機・高分子・バイオなど多彩な材料の分析で、お客様の研究開発や生産活動をサポートする会社。めざす将来ビジョンを実現しやすい「人事制度」にも注目の会社です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
多彩な分析分野の中から、任された専門分野に関するスキルや知識を追求していきます。単に装置による分析をするのでなく、「現象を冷静に観る」姿勢を重視しています。
PHOTO
社員同士の仲も良く、公私にわたり意見交換ができる風通しの良さが自慢です。育休取得も奨励しており、仕事と子育ての両立などの働く環境づくりにも力を注いでいます。

分析スキルはもちろん説明のためのプレゼン能力など総合的にレベルアップできます

PHOTO

「分析に興味があり、意欲的に仕事へ取組む姿勢があれば、未経験分野でも、心強い先輩方の指導と十分なOJTで、技術者として成長できます。」と中野さんと西山さん。

■経験や知識を積みスペシャリストをめざします
 大学では、ナノ粒子の特性解析を行っていました。社会に出た後も、解析業務に携わりたいと感じ、また高分子化学専攻だったため、GPC測定に強みを持っている当社を希望しました。出身も大学も東北地方の私にとって山口県は未知の土地でしたが、入社したての私に、先輩方は何かと気をかけてくれたため、不安もすぐになくなりました。
 現在は主にXRD等の装置を使い、無機材料の構造解析を行っています。限られた時間で複数の業務を同時に進めていく点が学生時代との違いでしょうか。また、事前の予想と違う結果が出て考え込むこともあります。それでも最終的にお客様に納得してもらえる結果を示せたときは、やりがいを感じます。気軽に相談できる上司や先輩がいる心強い環境の中、今後はさらに知識や経験を積み、社内制度として特定の装置の取扱いを極めた人に与えられる「スペシャリスト」になりたいと考えています。
(中野雅比古/南陽事業部 解析グループ/山形大学有機材料システム研究科/2020年入社)

■初めての無機分野も基礎から教えてもらえました
 大学院では有機臭素化合物の効率的合成に関する研究を行っており、主に500MHzのNMRを用いて生成物の構造決定や定量分析を行っていました。そんな中、700MHzのNMRを導入している当社に興味を持ち、インターンシップに参加しました。インターンシップでは様々な分析機器を体験できる機会があり、また質問に対する回答が丁寧で的確であったことから、社員の方々の人柄の良さも感じられ、当社を志望しました。
 現在はICP-MSなどを用いて製品や原料に含まれる超微量不純物を分析しています。無機分野は初めてで基礎的なこともわかりませんでしたが、上司や先輩に何度も教わり、今では前処理から報告書の作成まで任せてもらえるようになりました。
 当社はWEBセミナーや学会などにも気軽に参加させてもらえる環境ですので、自己研鑽を重ねて研究開発にも積極的に取り組んでいきます。
 入社して数カ月。あらためて思うのは、ここが安心して働ける場所であることです。
(西山菜々美/南陽事業部 解析グループ/山口大学創成科学研究科化学系専攻/2021年入社)

会社データ

事業内容
■無機分析
 各種材料の主成分から超微量成分までの無機元素分析を行います。

 ○対象分野:セラミックス 、金属、電子材料、化学製品・原料
 ○機能:無機元素組成(主成分)分析、超微量分析(pptレベル)

■有機分析
 定評ある分離分析技術を駆使し各種材料の分析を行います。

 ○対象分野:高分子・有機材料、無機-有機複合材料、機能性材料など
 ○機能:単一化合物および混合物試料の全組成分析、高分子材料の組成分析、
  高分子材料の添加剤一斉分析、新規化合物の構造解析など

■高分子分析
 各種高分子材料の添加剤分析、組成分析、構造解析および物性試験から
 総合的な評価を行います。

 ○対象分野:高分子材料、複合材料、包装材料、農業用資材、自動車関連など
 ○機能:材料の組成分析、添加剤の分析、積層材料の層構成分析、異物の定性
  と発生原因の調査、臭気原因物質の調査、VOCの分析など

■SEC(サイズ排除クロマトグラフィー、GPC)
 ポリマーの種類にとらわれず、簡単に分子量測定を行う分析方法です。単に
 平均分子量を求めるだけでなく、ポリマー特有の「分子量分布」を求める
 ことができます。

■形態観察・構造解析
 電子、磁気、X線等を駆使して物質の形態、組成、分子配列、結晶構造を
 明らかにします。

 ○対象分野:セラミックス、金属、電子材料、触媒、高分子材料、医薬
 ○機能:表面およびバルクの形態観察、組成分析、表面およびバルクの結晶
  構造、分子構造分析、各種材料の構造観察など

■表面・微小領域分析
 表面、界面が関与する現象を探り、形態、組成、構造、物性など様々な
 情報を提供します。

 ○対象分野:セラミックス、金属、各種電子材料、触媒、高分子材料
 ○機能:表面および断面の化学状態分析、材料の深さ方向分析など

■材料物性解析
 高分子材料を中心に各種試験、物性解析を行います。

 ○対象分野:高分子材料、複合材料、包装材料、農業用資材、自動車関連など
 ○機能:機械物性の評価と解析、熱特性評価、界面特性、溶融物性の評価と
  解析、粒度分布など

■バイオ分析
 バイオ関係材料の分析、構造解析を行います。

 ○対象分野:抗体、細胞、医薬など
 ○機能:抗体、糖鎖、タンパク質等のクロマト分析、質量分析、構造解析
本社郵便番号 746-0006
本社所在地 山口県周南市開成町4560
本社電話番号 0834-63-9603
設立 1999年10月
資本金 5,000万円
従業員 249名(2022年3月31日現在)
売上高 36億9,400万円(2022年3月期実績)
事業所 南陽事業部(山口県)、四日市事業部(三重県) 、東京事業部[解析グループ(神奈川県)、山形グループ(山形県)]、
営業部(東京都港区芝、各事業部内)
株主構成 東ソー(株):100%
沿革
  • 1999年
    •  10月 会社設立 資本金900万円(有)東ソー分析センター
  • 2000年
    •   4月 東ソー(株)の解析研究・検査・試験部門を分社し、
          営業開始
       10月 ISO14001認証取得
  • 2002年
    •   3月 ISO9001認証取得
  • 2004年
    •   1月 株式会社へ改組。資本金5,000万円に増資
  • 2006年
    •  10月 山形グループを開設
  • 2008年
    •   4月 土浦グループ開設
  • 2014年
    •  10月 戸塚グループ開設
  • 2016年
    •   4月 営業部開設
  • 2017年
    •   6月 営業部東京オフィス開設
  • 2019年
    •  10月 戸塚グループ閉鎖(四日市事業部に統合)
          営業部バイオグループを東京オフィスに移転
  • 2021年
    •   3月 土浦グループ廃止
  • 2022年
    •   3月 営業部大阪オフィス開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 6.7年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 10.0時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.0日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 4名 10名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 3名 9名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 5.0%
      (20名中1名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人・中堅・幹部職社員研修、資格免許取得奨励制度、通信教育制度
自己啓発支援制度 制度あり
・資格試験取得奨励制度/報奨金制度
・通信教育支援制度/合格終了時に受講料半額補助
メンター制度 制度あり
・ブラザー/シスター制度
キャリアコンサルティング制度 制度あり
年3回の育成面談制度
社内検定制度 制度あり
試験員等認定制度

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 3 3 6
    2021年 2 1 3
    2020年 2 0 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 6
    2021年 3
    2020年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 1

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、筑波大学、埼玉大学、千葉大学、法政大学、首都大学東京、静岡大学、明治大学、金沢大学、北陸先端科学技術大学院大学、名古屋大学、三重大学、大阪府立大学、兵庫県立大学、岡山大学、岡山理科大学、広島大学、山口大学、九州大学、山形大学

前年度の採用実績(人数) 2018年:9名
2019年:4名
2020年:2名
2021年:3名
2022年:6名(予定)
前年度の採用実績(学部・学科) 大学院:化学工学、森林資源科学、物質系工学、凝集系科学、地球惑星科学、分子素材工学、医歯薬学総合研究、理学研究、水産学、薬学、農学など

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)東ソー分析センターと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)東ソー分析センターを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)東ソー分析センターの会社概要