最終更新日:2023/9/13

東洋技研(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 機械

基本情報

本社
長野県
PHOTO
  • 10年目以内
  • 電気・電子系

『自分が設計した』と胸を張って言える製品を開発する!

  • H.K (出身:長野県)
  • 2013年入社
  • 信州大学
  • 工学部 電気電子工学科 卒業
  • 【所属部署】開発技術部 技術設計課

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 研究をメインにする仕事
  • ヒット商品を作る仕事
  • 高品質・高性能にこだわる仕事
現在の仕事
  • 部署名【所属部署】開発技術部 技術設計課

東洋技研に入社した理由

 私は長野県の出身で就職も実家に近い長野県内の企業でしたいと考えていました。その中で企業を選ぶポイントとして製造業の中でもメーカーで働きたいと考えていました。東洋技研は端子台を製造するメーカーであり、設計から生産、販売までを自社で、さらに国内で行っているというところにとても興味を持ちました。実際に会社説明会に参加してみると社内の雰囲気もよく、少数精鋭で様々な工夫をしながらものづくりをしていました。「東洋技研は研究と努力に生きる」という社是からも常に新しい物を作っていくという強い意志があり、社員の方々も社是のとおり様々な工夫や努力をしている姿を見て私自身も東洋技研で働きたいと思い入社を決めました。


これが私の仕事!

 現在私は技術設計係という部署で製品の設計開発を行っています。新製品の開発ではこれまでにない新しい機能や構造を持った製品の開発を行うため、良いアイディアが出るまではとても苦労しますが、自分が設計した製品が出来上がり発売までたどり着くととても達成感があります。
 また製品の設計をすることだけが仕事ではなく、設計後も試作や評価試験など発売までの一連の流れを担当することになるため様々な部署の方とも連携して仕事ができ、コミュニケーションもとれてやりがいのある仕事だと思います。


印象に残っているエピソード

 技術設計係に配属になってから約1年が経過した時に特注製品として製品の検査治具(検査の補助をする道具)の設計開発を行いました。端子台に取付けて使用するため簡単に取り付け、取り外しが出来なければならず何回も試作と失敗を繰り返しながら最終的にはバネの力を利用した構造を考え付きました。頭の中ではうまくいくだろうと思っていても実際に形にしてみると思わぬところに問題があり、考えているものを形にすることの難しさを実感しました。また設計している中で先輩社員の方にも様々なアイディアを出して頂き、自分の考えだけではなく周りの意見を取り入れながら製品を作っていくことが重要だと感じました。


今後の目標

 これまでは先輩社員の方々に様々なアドバイスを頂きながら新製品、特注製品の設計開発を行ってきましたが、入社して5年目になり、これからは自分自身の考えやアイディアを基に製品開発を行っていきたいと考えています。現在も新しい端子台の設計を進めており、またその後にも新しい案件が控えているのでそれぞれの製品を設計していく中で自分独自のアイディアを盛り込み、私が設計したと胸を張って言えるような製品を作ることが目標です。


トップへ

  1. トップ
  2. 東洋技研(株)の先輩情報